Plr2xxe59dr9sda7j9fv

暮らし

CATEGORY | 暮らし

マスク依存症は危険?潜む危険や心理を徹底解説します!

2020.07.27

季節を問わずマスクをしている方が多く見かけられるようになりましたね。花粉症や病気などの理由以外でマスクをしていないとなんとなく不安、自信がないなんて感じたことありませんか?もしそうならマスク依存症かもしれません。マスク依存の理由・心理・改善策をまとめてみました。

  1. あなたはマスクしますか?
  2. マスク依存症とは?
  3. マスク依存症の原因とは?
  4. マスク依存になりやすい特徴
  5. マスク依存による様々な疾患
  6. マスク依存から抜け出すには?
  7. 脱マスク依存【しっかり今の自分を受け入れる】
  8. 脱マスク依存【少しずつマスクを外す時間を増やしてみる】
  9. 脱マスク依存【髪型やメイクでイメチェン】
  10. 脱マスク依存【マスクを外してコミュニケーション】
  11. どうしてもだめなら病院へ
  12. マスク依存を克服して前向きに
Wutuyqbpbz4swqx19vmv
マスクは今様々なタイプのものが販売され、用途に応じで使い分けている方も多いのではないでしょうか?花粉症やアレルギー疾患、咳が止まらない、また、病気が流行っているときに予防のためにマスクを着用する方も多いですよね。
Icgpnsohwn0vjnq1wwpy
ですがこのマスク現象、日本では当たり前ですが海外から見るととても異常な光景のようです。季節的にインフルエンザなどは流行している時期でもないのにマスクの着用率が高いこの現象、もしかするとマスク依存症かもしれませんよ。
Cocgmkccfao6rwtti6tu
マスク依存症って言葉聞いたことありますか?最近季節を問わず毎日マスクをされている方が男女問わずふえてきました。その要因には現代病である花粉症やアレルギー疾患の増加もありますが、健康体の方もマスクをされている方が多いのです。
Dpxyiur9lvflnznec2go
その主な原因として、メイクができなかった、日焼けが気になるなどの一時的なものからなんとなくマスクをしていまいと自信がない、不安で人前に出られないなど心理的理由でマスクを手放せない方も多いのです。
Rroib3jk75opucz2a1rx
主に心理的な理が大きな原因といわれているのマスク依存症の原因は様々です。心理的な事が理由の場合自分に自信がなかったり、外見のコンプレックスが大きな要因になったりしています。下記にまとめてみたのでチェックしてみましょう。

マスク依存心理的理由①自分に自信がない

Duvgk7jwn0ryxg7uefev
なんとなく自分に自信がない方見えますよね。そんな自分が受け入れられずマスクをすることでまもられているような気になってしまいます。マスクで顔を隠すことによって自身のない自分を隠しているように思えてくるのです。

マスク依存心理的理由②他人の評価が気になる

Zy5rlfqmou3lhtndbspk
常に他の人から見られている、他人の自分への評価が気になってしまう方も多いはずです。悪い方の評価ばかりが気になってしまい、知らないうちに自分を隠すようにマスクをしてしまう方も意外と多いかもしれませんね。

マスク依存心理的理由③見た目のコンプレックス

S4fyfbjgijvl1ufmz3mg
自分の外見に皆さん多少なりともコンプレックスを持っているのではないでしょうか?見た目に自信がない、自信がない自分の顔を見られたくないという要因でマスクが手放せなくなってしまっていませんか?過去に見た目のことで嫌な思いをされた事がある方が特にそういった理由でマスクが手放せない方が多いようです。

マスク依存心理的理由④コミュニケーションが苦手

Qemhowmiwnrl9o3cfrmg
他人とのコミュニケーションが苦手、何を話していいのかわからない方も意外にマスクに依存されている方が多いのです。喋りかけたくない、かけられたくないなどの心理的理由がマスクでで現れてしまいます。
Zdgj1xkkjid81kn5zu13
マスク依存になってしまうと様々な心理的な疾患にかかっている可能性もあります。なりやすい疾患を上げるのでマスク依存に心当たりなる方はチェックしてみましょう。

マスク依存による疾患予備軍【社会不安障害(社交不安障害)】

Plxlvow4f2hzknk9nbli
こちらの疾患は主に人前などの緊張する場面を避ける傾向があります。ひどい症状になると人前に出ること、家から出ることすらも困難になり、その場から逃げ出したり、引きこもってしまう可能性もあります。人前で赤面したり、汗が異常に噴き出してしまったり、ひどい場合は過呼吸などのパニックに陥ってしまう事もあるのです。

マスク依存による疾患予備軍【醜形恐怖症】

Klt1wa9yiyvdj58evyjl
こちらは自分の見た目に異常にコンプレックスを自分自身を醜いと極端に思い込んでしまう疾患です。異常に気にしてしまうので人前に出る、社会に出ることすら困難になってしまい、日常生活にも大きな支障が出てしまいます。特に女性の方に多い疾患なので女性の方は気を付けてくださいね。
Jpmckvharrh3k3adljho
マスク依存かもと心当たりのあった方も意外と多かったのではないでしょうか?ではそんなマスク依存を解消するには一体どうしたラいいのでしょうか?具体的な始めやすい対応策をご紹介いたしますのでできることから少しずつ取り組んでみてください。
Qhavyjmmlhyqjtigqmll
まずは、今の自分自身をしっかり見つめなおすことをしてみましょう。誰もいない鏡の前や、入浴の時などがおすすめです。自分自身の悪いところを見つけるのではなく、自分のいいところ好きなところを見つけてみませんか?自分の好きなとこを見つけて好きになってあげることで自分自身を否定することもなく、受け入れられるようになってくると思いますよ。
Kao7zlhp2pegqzwc7puy
少しずつでいいのでマスクをしていない時間をふやしてみませんか?いきなり人前では抵抗があるかもしれませんか、自宅から駅までの道のり、会社や学校に着くまで、日が暮れてから、夜の間など、自分にとって高くないハードルを設定してその間はマスクを外すチャレンジをしてみましょう。慣れてたらマスクを外す時間や、回数を無理なく増やしていけるといいですね。
C2y89ueiu8hrrcon69x0
自分自身の見た目に自信のないかたは思い切ってイメチェンしてみませんか?ちょっと今まで行っていた美容室を変えてみる、思い切ってデパートの美容カウンターでメイクをしてもらうなど、ほんの少し勇気を出してみましょう。髪型もコンプレックスをスタイリストさんに相談したら上手く隠してくれたり、スタイリングの決まる髪型を提案してくれますよね。美容部員さんもあなたに本当に合った色のメイクを丁寧にアドバイスしてくれますよ。
Irvlby40rlqk0qpgpanr
人と話すのが苦手な方は多いはず、そんな時マスクをしていたら声がこもってしまって聞き取りにくく、相手にあまりいい印象を与えていないかもしれません。思い切って人と話すときだけマスクを外してお話してみませんか?話すときにマスクを外すと、意外と相手には好印象を与えます。しっかり話をしてくれると相手に思ってもらえますよ。なかなか難しいかもしれませんが心にゆとりがあるときはぜひチャレンジしてみてくださいね。
Qhsdeyy64ucjmyjpvofh
マスクを外す行為がどうしてもできない、もう、外にも出たくないなどネガティブな発想が抜けなくなってしまった時、そんな時は病院へ行きましょう。
Dpzudpdtcnynigh0mlvp
心理的な要因のマスク依存は案外簡単に克服することが難しい場合も多いのです。無理をしてストレスになってしまうようでは意味がありません。専門医の診断を受けることで適切な治療やお薬などもいただけます。マスクごときでなんて思わずにつらいと感じたら遠慮せず専門医に相談してくださいね。
D2uywg6swakasvxp9uhb
今、マスクは様々な進化をしています。付け心地のいいものから小顔効果のあるもの、CUTEな色や柄もたくさんありますね。ですがそんなマスクをの付き合い方も様々です。体調不良や、お肌の調子がイマイチな時などはマスクに頼るのはもちろんおすすめです。
Rehho9td5xzzk5tzba2j
ですが、マスクが手放せない毎日を送っていてはいけません。いつかマスクを手放さなければならない時がやってきます。マスク依存を克服して前を向いて進んでいきませんか?