R5czbwgm1fpbanwvitig

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

コーヒーを飲むと痩せる!?ダイエットに効果的な飲み方のまとめ

2020.07.13

みなさん、どのくらいのコーヒーを毎日飲みますか? もうすでに、コーヒーを飲む習慣に変えた方、日常生活で毎日は飲まないがブレイクタイムの時に少しコーヒーを飲む方、全く飲まない方、コーヒーを飲む飲み方や量、場面などタイプは違うと思います。 コーヒーがあなたの食生活には良い、またはダイエットに効果的で痩せる飲み物です!と言われたらどうでしょうか。 きっと、あなたは今飲んでいるコーヒーのイメージを変えるでしょう。 コーヒーを飲むことで体重を減らすことができます。しかし、コーヒーを飲んだだけでは、確実に痩せるわけではありません。これから知るコーヒーの痩せる効果の結果は、あなたが飲むコーヒーの量とタイミングに大きく関係してきます。

  1. コーヒーの成分とダイエットへの効果
  2. ダイエットに効果的なコーヒーの飲み方は 
  3. まとめ

〇クロロゲン酸とカフェイン成分  ~なぜコーヒーを飲むと痩せるのか?~

コーヒーには皆さんご存知のカフェインだけではなく、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸という成分が含まれています。実は、その量はカフェイン成分よりも多く、それがコーヒーの褐色や苦味、香りのもととなっているんですね。クロロゲン酸は血糖値の上昇を抑えたり、余分な脂肪を蓄積しにくくしてくれます!ポリフェノールの一種であるため、抗酸化作用があり、活性酸素を取り除いてしみやしわの対策になります。肌のアンチエイジングや、体の老化防止にも効果的なんですね!
カフェインには中神経系を刺激し活動量を増加し、その活動の質を高めてくれる効果があります。 それによってどうなるかというと、脂肪燃焼の代謝プロセス中に、脂肪をエネルギーに変換させる命令を出す神経系を刺激することができます。 そのため、運動能力を向上させ、ドーパミンとセロトニンを放出する神経系を活性化させます。 カフェインの作用により、幸せホルモンと呼ばれる「ドーパミン」が放出され、満腹時の幸福感が得られるので、食べ過ぎの予防効果があります!このように、コーヒーはダイエットの対策にとても良い影響を身体にもたらしてくれます。ただし注意点として、運動をする場合、運動後ではなく、運動前にコーヒーを摂取した方が効果的です!
Befyaj5n5n60vde4wfi9
引用: https://mymodernmet.com/sawa-flower-coffee-art/

〇血行促進と利尿作用でむくみ解消  ~なぜコーヒーを飲むと痩せるのか?~

カフェイン成分には覚醒作用があり集中力を高める効果がありますが、体の血流を良くする働きもあり、血行促進や基礎代謝を上げるといった効果が期待できます。ダイエット中でも、むくみで悩まされた経験はありませんか?また、コーヒーをたくさん飲むとトイレが近くなる経験はありませんでしたか?それはコーヒーに含まれる強い利尿作用によるものです。体にある余分な水分や老廃物を排出してくれるカフェインは、むくみの予防やむくみの解消にも効果的です。明治時代以前において、コーヒーは嗜好品と言うよりも薬(むくみ、浮腫の為の薬)としての効果を期待されて用いられてきました。コーヒーのカフェイン成分により水腫(むくみ)に効果があるとされ、これはコーヒーのカフェインに含まれるビタミンの効用と利尿作用の効果と考えられます。むくみはダイエットにとって、老廃物を身体に留めてしまうので、身体の血液や水分の循環を低下させてしまいます。そのため、コーヒーの利尿作用を活用し、身体の余分な水分を排出し、身体のデトックス効果に繋がります。しかし、注意点があります。コーヒーの1日の適正量を摂取しなければ、利尿作用がむくみを解消するレベルではなく、脱水症状を引き起こし、危険な状態を引き起こします。適切な飲み方をマスターし、むくみを解消することが大切です。
Bhbemlie2zdho5fpvmgv
引用: https://www.freepik.com/free-photo/beautiful-girl-young-woman-drinks-coffee-alone-in-cafe_1301427.htm

〇ポリフェノール成分  ~なぜコーヒーを飲むと痩せるのか?~

ポリフェノールは植物が作り出す抗酸化物質で、分子内に複数のフェノール性-OH基を持っています。赤ワインのアントシアニン、お茶のカテキン、ココアのカカオポリフェノールなどは皆ポリフェノールの仲間です。その他野菜や果物にも多く含まれ、その数は5000種類以上あるといわれています。コーヒー1杯(約140cc)には約280mgのポリフェノールが含まれ、これは赤ワインと同程度、お茶の約2倍に相当します。 コーヒーに含まれるクロロゲン酸などの成分、ポリフェノールが持つ抗酸化作用には強い抗酸化作用があります。活性酸素は主に体内で作られる不安定な酸素で、過剰の活性酸素は細胞や遺伝子を傷つけ、がんの一因にもなるといわれています。血液中では脂質と反応し、動脈硬化や心筋梗塞といった生活習慣病の引き金にもなります。その活性酸素の活動を抑制し、抗酸化作用によって身体が錆びるのを抑えてくれるので、ダイエットに繋がり、アンチエイジング効果も期待できます。
Foiy2jolahv4ofoq8mw2
引用: http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine/library/polyphenol

〇摂取する時間  ~コーヒーの痩せる効果を最大限に~ 

脂肪燃焼作用をより高めるためには、運動する30分〜60分前にコーヒーを飲むことをおすすめします。日常であれば活動をスタートさせる午前中がベストです。1日に2~3杯を目安に飲むのがよいでしょう。コーヒーを摂取する時間帯の注意点として、カフェインには覚醒作用があり、夕方以降(就寝時間の6時間以内)に摂ると睡眠の質に影響を与える可能性があるので、なるべく控えるようにしてください。夜の就寝時間が遅くなり、睡眠の質の低下に繋がります。美容に効果的な成長ホルモンは夜の10時から深夜の2時にかけて分泌されるとされており、ダイエットには睡眠も必要ということが分かります。 また、起床後、身体のむくみの症状が出ていた場合、朝食をとる前の空腹の状態で、コーヒーを1杯摂取すると、身体のむくみが解消されます。むくみの解消により、動きやすくなり、午前中からの日中の時間帯のパフォーマンスが高まります。
Zlsbbwh0azybrlql2vca
引用: https://www.sleepdreamsconsulting.com/blog/2017/3/7/spring-ahead-daylight-savings-time-and-your-childs-sleep

〇ドリップコーヒーかコーヒーバッグか  ~コーヒーの痩せる効果を最大限に~

コーヒバッグーやインスタントコーヒーは、一日に必要とする適正カフェイン量(200~300mg)を摂取することができますが、コーヒーのダイエットの効果を最大限に引き出すためには、ドリップコーヒーが欠かせません。インスタントコーヒーは、ドリップコーヒーと比較して、コーヒーのポリフェノールの一種クロロゲン酸含有量が少ないです。脂肪燃焼にはドリップコーヒーが効果的で、ある程度の時間がある場合は、ドリップコーヒーで飲むことを推奨します。ただし、コーヒーに含まれるカフェイン量は、ドリップコーヒー(コーヒー豆の状態)で0.06g/100g、インスタントコーヒーでは4g/100gとなっているので、その分インスタントコーヒーのほうがカフェインの刺激も強いので、日頃なかなか寝つけなかったり、眠りが浅い人は、ドリップコーヒーをチョイスしましょう。また、健康や美容のためにコーヒーを飲む場合の注意点として、香り高くて新しい、酸化していない質の高いコーヒー豆から淹れることをおすすめします。
Dungjpkpdwzobcmoz5be
引用: https://www.drippedcoffee.com/best-coffee-makers/

〇コーヒー豆の選び方と淹れ方 ~コーヒーの痩せる効果を最大限に~

高品質のマイコトキシン(カビ)フリーのコーヒーは高価ですが、口系からのマイコトキシンの摂取による免疫機能の低下を防ぐことができます。コーヒー豆の選び方の注意点は、安価すぎる豆は選択しないということです。豆が汚染されていたり、鮮度が悪かったりする可能性があります。
また、コーヒーのダイエットの効果を最大限に引き出すためには、ドリップコーヒーが欠かせません。どの豆があなたに効果的なのか選択した後は、ダイエットに効果的なコーヒーの淹れ方です。ダイエット効果を高める有効成分の一つであるクロロゲン酸は、熱に弱いという性質があります。このため、焙煎時の加熱が少なくて済む軽い焙煎が好ましく、特にカフェイン含有量が多い「浅煎りコーヒー豆」がおすすめです。お湯の温度にも注意点があります。コーヒーを飲む際の、飲用温度に加えて、コーヒーをドリップするときの注入温度を適度に調整することも大切です。その理由は、可能な限り多くのクロロゲン酸(熱に弱いため)を保存したいからです。沸騰し過ぎのお湯を注ぐよりも、低めの80度くらいのお湯で淹れるようにしてください。
X1splqo35pkck292owhp
引用: http://pico-coffee.com/?mode=f1

〇アイスよりはホット、牛乳ではなく豆乳(soy milk) ~コーヒーの痩せる効果を最大限に~

アイスコーヒーとホットコーヒーでは、ホットコーヒーでよりダイエット効果が発揮されます。注意点として、夏場はホットのコーヒーよりもアイスのコーヒーを飲みたくなります。けれども、ダイエットの効果を期待する場合は熱く飲むことをすすめします。また、砂糖の代わりに人工甘味料を入れると効果が高まります。甘さはダイエットにならないと思われるかも知れませんが、むしろ少しぐらいなら入れても心配はありません。脳は糖分を栄養とみなし、一時的に空腹感を抑えてくれます。ただし注意点として、カフェインは砂糖や人工甘味料を入れることで減少してしまいますので、入れすぎには気をつけましょう。そして、コーヒーに入れるミルクよりは豆乳の方が動物性の脂肪の摂取を抑えることができます。ダイエットには、動物性脂肪をなるべく控えたいので、植物性の豆乳がベストです。
Bhyipt7wcvta0n7qjjhn
引用: http://xinature.com/beautiful-elegantly-harmony-flowers-bouquet-nice-jug-coffee-photography-cup-drink-pink-cool-rose-tea-roses-water-gentle-flower-still-life-computer-desktop-wallpaper/
コーヒーの飲み方がダイエットの効果の違いに大きく影響することが分かりました。 美味しいコーヒーを提供してくれる、スターバックスのコーヒーを飲むことを諦めることはありません。 数多くの新しい研究が示すように、コーヒーは正しい方法で使用されると非常に有益な効果を身体に及ぼすことができます。逆に、適正な量や回数などの選択項目を間違えて判断し、コーヒーを摂取っしてしまうと、身体に悪影響を及ぼしてしまいます。あなたの体にコーヒーが及ぼすコーヒーの飲み方を身に付け、あなたのダイエットに最大限に生かしてみてくだいね。
Iz8ovazbkufkyrmxaugg
引用: http://lbr-japan.com/2017/01/31/118826/