Ovnh1x55pnkewbdwwgsr

ドリンク

CATEGORY | ドリンク

コーヒーの利尿作用は身体に悪いの?カフェインのメリット・デメリットとは

2020.07.13

コーヒーのカフェインによる利尿作用効果をご存知でしょうか? コーヒーは身体に良いというイメージを持っている方は多いと思います。 コーヒーには眠気を覚ますカフェインという成分が含まれているはよく知られていますが、 そのカフェインにもデメリットがあります。 今回はコーヒーの利尿作用がどのようにわたしたちの身体に影響を及ぼすのか、またそのコーヒーのカフェインの利点と欠点はどのようなものなのか、考えを深めてゆきます。

  1. コーヒーの利尿作用の効果とその原因
  2. コーヒーの利尿作用のメリット
  3. コーヒーの利尿作用のデメリット
  4. コーヒーの利尿作用の効果を抑える方法
  5. カフェインのメリットとは
  6. カフェインによるデメリットとは?
  7. まとめ
なぜコーヒーには利尿作用の効果があるのか? 利尿作用のメカニズムとして、カフェイン成分の身体への作用の一つの副臓に対する作用に原因があります。血管拡張で腎血流増加とともにナトリウムなどの再吸収を抑える作用が、利尿作用を促しコーヒーだけでなくアルコールに対しても同様の作用が働きます。 コーヒーのカフェイン成分は交感神経を刺激するので、腎臓の血管が拡張し、血液ろ過量が増加します。その増加量に伴って尿の生成量が増えるので、排尿の量や回数が増加します。緊張したときに、交感神経が働いてトイレに行きたくなるのと同じメカニズムです。飲んだ水分量以上の水分が排泄され、交感神経への刺激と利尿作用は相関しています。
Rtzwmfwgbeqygwsiwkrc
引用: https://teaperspective.com/debunking-the-myths-of-tea-coffee-caffeine-and-dehydration/
昔の日本では、カフェイン成分の利尿作用効果を医療の現場で上手に利用していたとされています。江戸時代から長崎を通して貿易品として輸入されたコーヒーは嗜好品と言うよりも薬としての効果を期待されたもので、水腫(むくみ)に効果があるとされていました。当時と現代ではコーヒーの飲み方は違うかもしれませんが、これはコーヒーに含まれるビタミンの効用と利尿作用の効果を当時の人達は知っていたという事です。 現代の日本ではそのカフェイン成分の利尿作用が実際に医療現場に応用されているようです。 利尿作用のメリットは、身体の中の老廃物が尿中へ排泄される率が高まるので、健康や美容、特に美肌効果に繋がります。そして体内の水の循環が亢進するので、むくみの原因が解消され、健康的な身体を作ることができます。高血圧の解消も利尿作用の利点となります。医療の現場では、利尿薬でむくみの症状を改善したり、血圧の低下が必要な際に活用されており、過剰なコーヒーの摂取でなければ、飲み方に気を付けてカフェインのメリットを上手に利用するのが良さそうです。
Uhzq5a3agj1bcrypelaa
引用: https://www.fizz-di.jp/archives/1034635545.html
デメリットは、カフェイン成分の利尿作用により、尿量がもようされ頻繁にトイレに行く回数が増えることです。その際、尿から不要物以外に必要な成分や栄養素まで排泄され、脱水症状を防ぐため、水分補給の目的で液体を摂取しても補給にならない点が挙げられます。利尿作用が強いと排泄量が摂取量を上回り、身体の液体を失うことで脱水症に陥ることがあります。春から夏の熱中症、嘔吐下痢症の体調不良の原因の多くは脱水症です。症状が重い場合は命の危険の関わり、死の原因になることもあります。特に、コーヒーの飲み方として、睡眠の6時間以内に摂取すると、カフェイン成分による利尿作用で深夜のトイレの回数が増加します。寝不足で睡眠の質の低下の原因にもなり、コーヒーの摂取量は1日あたり2杯程度、朝食の際に1杯、日中の活動している時間帯に1杯がおすすめです。コーヒーなどを1日に1~4杯程度摂取する程度では脱水の症状が誘発されることは少ないとされていますが、アルコールも同時に摂取したりした場合は、一気に脱水症状のリスクが高まるので注意です。
Jmgq0lptxrqj8pakylhz
引用: https://www.quora.com/What-are-the-benefits-and-disadvantages-of-caffeine
コーヒーの利尿作用を減らしたい時は、コーヒーの飲み方を代えてみるか、もしくは、カフェインの脱水効果を相殺するのに十分な水を飲むことです。 コーヒーの摂取量を少なくし、飲む回数を減らすことが最も効果的です。 その原因として、カフェインが血中に残っている間は、利尿作用が継続しカフェイン成分の利尿作用を抑える方法は無いからです。 ですので、カフェイン量の少ない紅茶や緑茶、ウーロン茶やハーブティーなどのコーヒー以外のお茶を選ぶか、コーヒー自体の飲用量を減らすしかないのです。 特に注意が必要なのが、発汗が原因で体液を多く失う夏の時期や、乾燥が原因で体液を取られやすい冬の時期は、体液を失う危険性が高まりますので、コーヒーの利尿作用による脱水症状は身体を危険に晒すことになります。
Gnppk4clfrixvjowtb0e
引用: http://www.newsweek.com/pros-cons-coffee-benefits-health-634452

〇集中力が持続する ~カフェインのメリットとは~

コーヒーのカフェインが交感神経を活性化させることにより、通常よりも脳が活性化されている状態になり、課された仕事に集中することができます。 イギリスの国立の研究型総合大学であるダラム大学で実施された調査によると、1日に315mg(約コーヒー3杯分)のカフェインを摂取した人々は、その315mgのカフェインよりも少ない量のカフェインを飲んだ人よりも、3倍の率で幻覚の症状が現れたと報告しました。コーヒーのカフェインは、物事を視覚や聴覚を使って敏感に感知する作用を高くすることを示しています。 もう、すでに実行されている方は多くいらっしゃると思いますが、仕事や勉強で集中したい時、その時間帯の前にコーヒーを1杯摂取する飲み方は効果的で、すぐに日常生活に取り入れやすい方法です。
Thnhok2uys2rn0lhrjhr
引用: http://www.nevadabrainandspine.com/cranial-nerve-decompression/

〇痛みを和らげる効果  ~カフェインのメリットとは~

カフェインは強力な鎮痛剤であることは、数々の実験や研究により実証されていますが、カフェインがなぜ痛みを和らげるのに役立つのかそのメカニズムはまだ解明されていません。しかし、幾つかの説があります。 すなわち痛みの知覚は、少なくとも2つの異なるメカニズムから生じるとされています。 1.カフェインは、いわゆる「末梢作用」、すなわち痛みを伴う身体の部分、傷害の部位での抗炎症剤として作用し、痛みを和らげる。コーヒーのカフェインには抗炎症効果と炎症効果の両方の効果が存在すると言われています。カフェインが身体の炎症を軽減する機能を持つことで、傷や外傷による痛みを和らげる効果があるのではないかと予測されています。また、筋肉組織に直接作用し、組織損傷を修復し炎症を軽減することによって痛みを和らげていると考えられています。 2.カフェインはまた、脳が痛みを感知する中央処理機能の働きをブロックする作用があるのではないかとされています。カフェインの成分が身体の血管の循環に関係しており、血管の拡張や収縮を促し、身体の特定の部位への血流を減少させたり、ある部位には血流を増加させたりする機能があると考えられています。 血管の循環は身体の生成や機能にとって、とても重要な役割があります。血管の拡張は組織の活性化に有効ですが、痛みを和らげる場合は血管は収縮し感知機能を鈍らせる方が効果的です。 メリットとデメリットの両方の機能が混在するのがカフェイン成分ということが良くわかる理論です。
F5vroezj2xzncwiqzqdm
引用: http://seedpsychology.com.au/services/stress/

〇頭痛による痛みも予防

コーヒーのカフェインで予防できる頭痛があります。睡眠後に起こる稀な頭痛の「催眠頭痛」です。夜寝る前、ほんの少しのコーヒーを飲むと、頭痛による痛みを防ぐことが可能です。「催眠頭痛」は老齢期にはいるとみられる頭痛で、誰にでもおこりうる頭痛です。コーヒーを上手に利用して、健康な身体の維持に役立ててみましょう。
Rrtb7efv4vavmhuxbwxm
引用: https://www.mnn.com/food/healthy-eating/blogs/does-your-dna-influence-your-coffee-consumption

〇カフェインによる睡眠不足

先ほど、カフェインによるメリットの項目で、コーヒーのカフェインが交感神経を活性化させることにより、通常よりも脳が活性化され集中力が高まるとご紹介しましたが、あまりにも遅い時間にコーヒーを摂取すると、その作用がデメリットになります。身体の一次睡眠ホルモンが低下し、身体と脳の覚醒作用により眠れなくなるという症状が出ます。質の良い睡眠が妨げられることにより、美しい肌を作るメラトニンの生成ができなくなる可能性があります。 肌の再生と生成は美肌には欠かせないサイクルですので、睡眠前にコーヒーを摂取する飲み方は改善してみましょう。
Yquxcnypdcavjjxutvin
引用: https://www.forbes.com/video/5215123330001/

〇コーヒー依存症

コーヒー依存症になると、自分の意志でコーヒーを摂取することが止められなくなり、ほどほどで済ませる事が難しくなります。コーヒーを摂取しないと、気分が安定せずイライラしたり、落ち着かない。また、頭痛・だるさ・不安・集中力の低下・眠いなどの症状があらわれます。 毎日一定の時間帯にコーヒーを飲む習慣がある方などは、その時間がくると症状が出る場合があります。 コーヒーの摂取を習慣化し続けると、カフェイン耐性が生まれ、覚醒効果などを感じにくくなってしまいます。今までは1杯で眠気減り、集中できたのに、沢山飲まなければ効果が感じられない、という感じ方であれば、注意が必要です。コーヒーへの依存を予防するには、コーヒーの過剰摂取はせず適量をほどほどに飲むことが大切です。普段からコーヒーを飲む量が多い人は、徐々に飲む回数と量を減らしていくか、カフェイン含有量の少ない飲み物を取り入れて、意図的にコーヒーの摂取量を減らしましょう。
Rlwcgamg6tv2xzc2hvqt
コーヒーは基本的には健康な飲み物ですが、まだまだ解明されていないコーヒーの効果がたくさんあります。 多くの作用や効果の中の一つである利尿作用も、医療では身体への応用技術が日々進んでいます。 コーヒーは約1,000種類の成分が含まれており、その成分が身体に様々な効果をもたらし、多くの人魅了する飲み物ということが分かりました。カフェインのメリット・デメリットを知り、健康を維持し若々しい身体を作るサイクルと習慣を身に付けたいですね。