N7eapnmn0cvy7j9kqfj7

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

コーヒーはダイエットに効果的?痩せる飲み方のポイントとは

2020.07.13

毎日の日常生活に、コーヒーを飲んで一日の始まりを迎える方や、午前中にコーヒーを飲み目覚める方は多いですよね。 多くの方がその習慣をしていると思います。しかし、コーヒーがあなたの身体に及ぼす影響はあまり知らないことが多いのではないでしょうか。何気なくコーヒーを飲むことが多いことが分かります。 実はコーヒーは身体の脂肪燃焼に効果的と研究によるデータが出てきています。 ダイエットにコーヒー?ダイエットに効果的な痩せる飲み方や注意点、ポイントは?をテーマに調べてみましょう。

  1. コーヒーの日本での歴史
  2. コーヒーはダイエットに効果的?
  3. コーヒーの成分とダイエットの関係
  4. 痩せる飲み方のポイントとは
  5. まとめ
コーヒーはわたしたち日本人にとって身近な飲み物です。 コーヒーは原油の取引に次いで世界で2番目に取引されている商品で、世界での業界自体は700億ドルの取引がなされています。コーヒーはもともと、1800年代にオランダの貿易船で日本に紹介され、1877年(明治10年)の時点でのコーヒー豆の取引量は18トン。第二次世界大戦後まではコーヒー豆の輸入量は増加していましたが、1960年代に輸入制限が敷かれ減少に転じた後、同制限解除後の1970年代に再度増加し始めました。日本コーヒー協会の調査のデータによると、2016年の日本のコーヒー生豆の輸入量は432,592トンで約10年前に比べると約10倍の輸入量になっています。 その伸びと同じく、コーヒー飲料の消費も大幅に増加しています。1980年のレギュラーコーヒーの消費量は52トンでしたが、2011年には146トンと約3倍、コーヒー飲料(ミルクコーヒーなどの砂糖や牛乳で加工したコーヒー)は、180年の27トンの消費量から、2016年には134トンと約10倍の消費量に大幅に増加しています。 それだけ、私たちの生活にコーヒーを飲む習慣が年々根付いているということですね。将来的にも、コーヒーを飲む習慣は広がり、コーヒーが緑茶の代わりになっているかもしれません。
Zruf9hzam96oc5hkiyqm
引用: https://www.tofugu.com/japan/japanese-coffee/
コーヒーにはあなたのダイエット効果に繋がる可能性があります。 コーヒーにはカフェインが含まれておりますが、カフェインには身体が脂肪を燃やして代謝を増加させるのを助ける働きがあります。コーヒーはかつて癌を引き起こしている要因だと考えられていましたが、近年の研究では、コーヒーを飲むことは発癌性癌細胞の成長を制御して癌を予防する可能性があるという、反対の効果があることが示されています。さらに、コーヒーを飲むことは、悪いコレステロールレベルを低下させるのに効果的である一方、体内ではコレステロールを増加させ、動脈および心臓関連疾患の詰まりの予防に有益であると言われています。コーヒーが身体にどのように作用し、ダイエットに繋がるのか、その仕組みを探りましょう。
Yktrpzowcqhs9p7ulntx
引用: http://glamourdaze.com/2015/12/140-years-of-parisian-cafe-culture.html

〇クロロゲン酸とカフェイン成分 ~コーヒーの成分とダイエットの関係~

Piv3igw2jq2luapdmdud
引用: https://health.goo.ne.jp/column/woman/kotoba/0105.html
コーヒーには、クロロゲン酸などのポリフェノールが豊富に含まれています。その量はカフェインよりも多く、コーヒーの褐色や苦味、香りのもととなっています。コーヒーの飲用が、がんや糖尿病、動脈硬化などの予防に有効であるという研究成果が相次いで報告され、その効果にクロロゲン酸などのポリフェノールが持つ抗酸化作用が寄与しているのではないかと、注目を集めています。
そのクロロゲン酸と組み合わせたカフェインは、脂肪燃焼効果を高める効果があります。 カフェインは、消化中に脂肪を分解し、体内の活性を助ける酵素であるリパーゼの増加を促します。脂肪燃焼の仕組みとして、脂肪が体内で燃焼するためには、リパーゼは消化脂肪を脂肪酸とグリセリンに変換する必要があります。それは脂肪が燃え尽きるまでに約20分ほどかかると言われています。その理由は、身体の脂肪を燃焼する前に、脂肪を最初に分解する必要があるからです。コーヒーにはカフェインに加えてかなりの量のクロロゲン酸(ポリフェノールの一種)が含まれています。クロロゲン酸(ポリフェノールの一種)はカフェインと同様に作用し、体を刺激して脂肪をより効率的に分解します。コーヒーを飲む習慣の有効性の背後にある秘密は、カフェインとクロロゲン酸の組み合わせにより、より相乗効果をもたらし、身体の脂肪を燃焼させる仕組みにあります。この2つの成分は、ダイエットをとても効果的にするものです。
Wqk3lwj8j60i5oyej18z
引用: http://www.italianinsider.it/?q=node/6141

〇 肥満の原因酵素の抑制 ポリフェノールの一種 クロロゲン酸 ~コーヒーの成分とダイエットの関係~

コーヒーの効果は、有害なホスホジエステラーゼを抑制して脂肪の蓄積につながり、リパーゼが脂肪を分解することを円滑にする仕組みに繋がることが研究により分かってきました。 脂肪細胞に蓄えられた体脂肪を分解するためには、リパーゼという酵素(体内の化学反応を助ける物質)の働きが必要です。リパーゼは、運動を行うなどしてノルアドレナリンをはじめとするホルモンが多く分泌されると、活発に働きます。リパーゼの働きが活発であるほど、体脂肪や中性脂肪の燃焼の代謝率が上昇します。 コーヒーに含まれるカフェインには、そのホルモンを分泌させる効果があります。その仕組みは、中枢神経系を刺激し過剰なアドレナリンを分泌する仕組みに働きかけ、ストレスホルモンを誘発させるという仕組みです。 しかし、人類は長い間、飢餓に苦しめられてきたので、生命を維持するために少々のことではため込んだ脂肪を手放さない仕組みも体内に備わっています。その1つがPD(ホスホジエステラーゼ)酵素で、この酵素が分泌されるとリパーゼの働きが抑えられ、体脂肪の分解が妨げられてしまいます。 ところが、コーヒーに含まれるカフェインには、このPD酵素の働きを抑える作用があるのです。そのため、カフェインをとると体脂肪の分解が効率よく進み、その燃焼もスムーズになって、素早くやせることができるのです。すでに、こうしたカフェインの働きを利用するために運動前にコーヒーを飲んだり、欧米で注目されているバターコーヒーダイエットという方法が確立されたりしています。その結果、様々な方法でダイエットに挑戦しつつ痩せられない人でも、短期間に痩せることができたという報告が海外でなされています。
Afrm5fl0ghcmonjxwbhp
引用: https://www.ucc.co.jp/company/research/kurorogen/02.html

〇カフェイン成分

①カフェインは浮腫を取り除くのに役立つ利尿効果があります。 カフェインは、あなたの身体の老廃物と余分な体液を取り除く効果があり、浮腫は食事に悪影響を及ぼし、代謝を低下させます。その利尿作用もダイエットに良い影響を与えてくれそうです。 ②カフェインは必要な代謝を高める カフェインはより良い血液循環を促進するのに役立ちます。これはあなたの基礎代謝にプラスの効果をもたらします。血液の循環の拡張や収縮機能を促すことにより、身体全体の血流の停滞をふせぎ、活動的な身体の仕組みを作ります。 ③コーヒーのリラックス効果 休憩中や飲み物を飲むときに飲むコーヒーは、あなたの体にリラックスと不安を軽減させる作用があります。コーヒーの匂いが鼻に届くと、脳のアルファ波活動が増え、体がリラックスしてストレスが軽減されます。その仕組みはコーヒーのカフェインが脳の特定の伝達物質であるドーパミンを刺激し、生成を増加させることで起きます。幸福感を生み出す脳内物質ドーパミンの効果により、過大な食欲の低減や食べ過ぎの予防になります。
Hy7gd9bzv2v1tx7auyno
引用: http://trendymods.com/beauty-ideas-tips/beneficial-9-ways-to-feel-relaxed.php
コーヒバッグーやインスタントコーヒーは、一日に必要とする適正カフェイン量(200~300mg)を摂取することができますが、コーヒーのダイエットの効果を最大限に引き出すためには、ドリップコーヒーが欠かせません。どの豆があなたに適しているのか、コーヒー効果を高める有効成分の一つであるクロロゲン酸は、熱に弱いという性質があります。このため、焙煎時の加熱が少なくて済むので、焙焼よりも軽い焙煎が好ましいのです。さらに、インスタントコーヒーは、ドリップコーヒーと比較して、カフェインおよびクロロゲン酸含有量が少ないです。したがって、ある程度の時間がある場合はドリップコーヒーで飲むことが推奨されます。コーヒーは熱い方がよりダイエット効果を発揮します。アイスコーヒーとホットコーヒーを比較すると、ホットコーヒーでより良い効果を実感できますし、夏の暑い季節では、コーヒーの有効成分を吸収しやすくなります。ダイエットの効果を期待する場合は熱く飲むことをすすめします!飲用温度に加えて、コーヒーをドリップするときの注入温度を適度に調整することも大切です。その理由は、可能な限り多くのクロロゲン酸を保存したいからです。さらに、コーヒーにあまり砂糖やミルクを入れないようにしましょう。コーヒーに砂糖やミルクを入れて飲むと摂取カロリーが上がり、ダイエットの効果が実感しにくくなります。無糖のコーヒーならば、砂糖関連のカロリーはゼロになります。砂糖を加えることで、1杯のティースプーンごとに1カップごとに消費するカロリーが増えます(約20カロリー/スプーン)。また、市販のコーヒーを選ぶ際には、購入しているものに添加甘味料が含まれていないことを確認するために特別な注意を払わなければならず、ある時はコーヒーのカロリー量を大幅に超える可能性があります。適度に適正な回数で飲むことが一番です。目安としては、各コーヒーの間に3~4時間あいだをおきます。どのくらい飲むかというと一日2~3杯(カフェイン200mg~300mg)が適正摂です。ダイエット効果を最大限にするため、運動の30分〜60分前にコーヒーを飲みましょう。飲みすぎないように、最大でも1日5杯以下にしておくことが重要です。コーヒーを飲み過ぎると、体のダイエット効果を感じるのはますます難しくなります。過剰なカフェインは眠りにくく、貧血を引き起こす可能性があり、胃が荒れる為、身体にとても悪影響です。
Oxhwesqbyzcvhhs32auv
引用: https://weburbanist.com/2017/07/14/a-whole-latte-art-masterpieces-rendered-in-coffee-and-milk/
今後はますますコーヒーを飲む機会や場面が増えそうですが、身体に良いコーヒー習慣を身に付けて、 ダイエットで体調を調節しながら、いつまでも若々しい身体と健康を維持してゆきたいですね。 年齢を重ねてもコーヒーとの関係は続きますし、コーヒーの奥深さも上手に活用してみて下さい。
Ifv2fhhvvjoxsnmjauet
引用: http://www.nutritionwsda.org/best-coffee-makers-for-office-use/