Nrvtwjr6mhl8a1altcnj

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

ハイライトコスメの基本の使い方と艶肌目指す人に人気の商品を紹介!

2018.05.29

「ハイライトコスメ」は、艶肌を作るのに欠かせない人気アイテムです。また、人気ハイライトコスメを使用すると、気になる肌の悩みを隠しながら顔のメリハリを作ることもできます。この記事では、人気ハイライトコスメの基本や使い方をご紹介します。

  1. ハイライトコスメとは?
  2. ハイライトコスメの種類①クリーム
  3. ハイライトコスメの種類②パウダー
  4. ハイライトコスメの種類③リキッド
  5. ハイライトコスメの種類④スティック
  6. ハイライトコスメのカラー
  7. ハイライトコスメの順番
  8. ハイライトコスメの使い方①Tゾーン
  9. ハイライトコスメの使い方②Cゾーン
  10. ハイライトコスメの使い方③目元・あご
  11. ハイライトコスメの使い方④口元
  12. まとめ
Upmnln6mfb2khzh9xcnf
皆さんは、ハイライトコスメを使用したことはありますか?ハイライトコスメとは、艶肌に見せながら顔に立体感を与えてくれるコスメのことで、ベースメイクに欠かせない人気アイテムです。メイクにハイライトを取り入れるだけで、顔のメリハリと艶肌を同時に手に入れることができます!今回は、艶肌に見せる人気のハイライトコスメの基本や使い方をご紹介します。艶肌の出し方ぜひ参考にしてみてください。
引用: http://bijinno-biyoujiten.com/wp-content/uploads/2015/10/IMG_0122.jpg
まずは、艶肌に見せるハイライトコスメの種類と基本をチェックしてみましょう。最初にご紹介するのは、クリームタイプのハイライトです。クリームタイプのハイライトは、柔らかいクリームが肌にぴったり密着するため、肌なじみが良く、伸びの良さも抜群で人気です。
引用: https://d1wj4vya71366.cloudfront.net/upload/image/b7/b7f45ee98a7a688e80668a67ed171516.jpg
しかし、クリームタイプのハイライトは使用する量が多すぎると、ヨレやムラの原因になることがあります。筆を使用したり指を使ったりするなど、使用する量をきちんと調整しましょう。指でハイライトを入れる際は、トントンと叩くように入れると基本が綺麗に仕上がります。
引用: http://image.news.livedoor.com/newsimage/7/2/72a9b_1579_4f88a4f8beff73071ebe173d99f116f2.jpg
次にご紹介するのは、パウダータイプのハイライトです。こちらのハイライトは、ブラシを使ってさっと塗るだけなので、誰でも基本簡単に使用することができます。時短メイクをしたい方にもおすすめです。また、重ねて使用することもできます。
引用: http://img.favor.life/rich/rich_files/rich_files/9679/blog/etvos1.png
パウダータイプのハイライトは、おでこや頬などの広い範囲に使用するのがおすすめです。軽いパウダーによって、ふわっとした柔らかい印象のメイクに仕上がります。失敗しても目立ちにくいので、初めてハイライトを使用する方にもおすすめです。
引用: http://img.favor.life/rich/rich_files/rich_files/33388/blog/12664-16.jpg
次にご紹介するのは、リキッドタイプのハイライトです。リキッドタイプは、肌への密着度が高く、ファンデーションともなじみやすいのが特徴です。ファンデーションと混ぜて使用すると、内側から顔色が明るくなり、美しいツヤが生まれます。
Vzrzevjrzoyvf5pdzrit
引用: https://img.fril.jp/img/79381720/l/220002369.jpg?1493300374
また、リキッドタイプと一口に言っても、ポンプタイプ・スポイトタイプ・チップタイプ・筆ペンタイプなど様々な種類に分かれています。自分に合ったタイプを探してみてください。
引用: https://cdn.locari.jp/web/images/p/post_element/picture/543139/w621_lc1612-1543.jpg
最後にご紹介するのは、スティックタイプのハイライトです。スティックタイプは、容器がくり出し式になっていることが多く、メイクする際に手や指が汚れにくいのが特徴です。また、ハイライトを直接塗ることができるので、手間がかかりにくく、時短メイクにも向いています。
引用: https://lafarfa.jp/wp-content/uploads/2016/12/rip_01.jpg
ハイライトコスメには様々なカラーがあります。使用するカラーによって効果が変わってくるため、自分に合ったカラーを探してみてください。

ピンク・ベージュ系

Rl7hpwkt6ijcrjc17nhw
こちらのカラーは、血色感をプラスしたい時におすすめです。ピンク・ベージュ系のハイライトを使用すると、顔色が明るくなり、健康的な肌色に仕上がります。また、色白の方はピンク系、標準的な肌色の方はベージュ系を使用するのがおすすめです。

イエロー系

Cwboielewplds0ctgfek
こちらのカラーは、赤みを隠したい時におすすめです。イエロー系のハイライトを使用すると、ニキビなどの赤みが消えて、肌色をより美しく見せてみくれます。

ホワイト系

Uy3yraywvq56ygxarq0h
引用: http://fitter.cosme.net/media/product/0/116485_xl.jpg?target=500x500&size=trimIfLarge
こちらのカラーは、ハイライトの中でも定番のカラーですね。ホワイト系のハイライトを使用すると、メリハリのある立体的な顔に仕上げてくれます。使用する量が多いと不自然になってしまうため、少量ずつ使用するように心がけましょう。

パープル・ラベンダー系

Noluht6eqerxdibzog5d
こちらのカラーは、くまやくすみを隠したい時におすすめです。パープル・ラベンダー系のハイライトを使用すると、くすみが消えて透明感のある肌に仕上がります。

ゴールド・パール系

B5vh1aoihaojouaojbdr
こちらのカラーは、華やかさをプラスしたい時におすすめです。ゴールド・パール系のハイライトを使用すると、肌をより美しく見せてくれます。ラメの細かいハイライトを、控えめに使用するのがポイントです。
L43rte1bpgq5rggjdekr
皆さんはメイクをする時に、ハイライトコスメをいつ使用していますか?化粧下地の後やファンデーションの後など、タイミングは人によって様々だと思いますが、使用するファンデーションのタイプによって順番を変えるのがおすすめです。今回は、パウダーファンデーション・リキッドファンデーションの際に、ハイライトを使用するタイミングについてご紹介します。

パウダータイプのファンデーションの場合

C9fzpgo2wxz7dixw0dyk
パウダータイプのファンデーションを使用する場合は、化粧下地の後にハイライトを使用します。詳しくは、化粧下地→ハイライト→パウダーファンデーション→ポイントメイクの順番でメイクを行うのがおすすめです。

リキッドタイプのファンデーションの場合

C7jhtyulqb7i9ra1vom6
リキッドタイプのファンデーションを使用する場合は、リキッドファンデーションの後にハイライトを使用します。詳しくは、化粧下地を→リキッドファンデーション→ハイライト→フェイスパウダー→ポイントメイクの順番でメイクを行うのがおすすめです。
S79oaeu5i5qh1fi01oo0
ハイライトは、顔のメリハリが欲しい部分に使用します。まずは、基本のTゾーンからご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。Tゾーンにハイライトを入れることで、美しい鼻筋を作ることができますよ。
引用: http://facebrush-moka.biz/wp-content/uploads/2017/06/img_combination_skin_01.jpg
Tゾーンとは、鼻筋とおでこをつなげたT字のラインのことです。Tゾーンにハイライトを入れる時は、細く入れることが大切です。ハイライトの横幅が広くなると、鼻筋が太く見えてしまいます。鼻筋にハイライトを入れる時は、太く入れすぎないように注意しましょう。
Wc7lliwgnwodrmrg2t8z
引用: https://cdn.fortune-girl.com/medium/ee1c74a6-2a28-4d19-a3f3-facf1ef2bab8.jpg?1499248548
Cゾーンとは、頬の上から目尻までのCのようなラインのことです。Cゾーンにハイライトを入れることで、くすみを飛ばして明るい目元に仕上げることができます。また、年齢が出やすい目元に、若々しさと透明感を与えてくれます。
引用: https://kimeyaka-blog.com/wp-content/uploads/2016/08/Fotolia_100786909_XS.jpg
ハイライトはTゾーンやCゾーンだけでなく、目元やあごにも使用することができます。それぞれどんな効果があるのかチェックしてみましょう。

眉の下

Osrdqyf2j2g0adderng5
眉の下にハイライトを入れると、彫りの深い引き締まった目元に仕上がります。また、目全体を明るく見せてくれる効果もあります。眉の下にハイライトを入れる際は全体に入れるのではなく、目尻部分のみに入れるように注意しましょう。

目頭

Sndyx3hr3w5imvhnovce
目頭にハイライトを入れると白目が大きくなり、目全体を大きく見せることができます。また、くの字を描くようにハイライトを入れると、自然な仕上がりになります。

あご

引用: http://kirei-torisetsu.com/wp-content/uploads/2014/12/11187/AG181%5B1%5D.jpg
あご先にハイライトを入れると、あご全体がシャープになり、小顔効果が期待できます。ハイライトを濃く入れすぎると不自然になってしまうため、使用する量には気を付けましょう。
Jafydj1q8msfei7ozrxp
ハイライトは口元にも使用できます。口元にハイライトをプラスして、女性らしい魅力的な唇を手に入れましょう。

上唇

R9ggfmzmknoolgjrpxt0
上唇の溝になっている部分にハイライトを入れると、唇に立体感が出て女性らしい印象の唇に仕上がります。また、鼻と唇の距離が短く見えて、より美しいメイクに仕上がります。

口角

Xigpyh2n0uqzh5nfdfy8
口角にハイライトを入れると、口角がキュッと上がり明るい印象の口元に仕上がります。
Xjevu13akyteaktisntf
いかがだったでしょうか。今回は、人気ハイライトコスメの基本や使い方をご紹介しました。正しい使い方や基本をマスターして、美しい艶肌やを目指してみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AI_IMG_7795_TP_V.jpg