Mzkifckpsztdvxxsqrjf

ドリンク

CATEGORY | ドリンク

ハーフロック度数ってなに?おすすめな焼酎の飲み方ガイドを紹介!

2020.07.27

ストレート、オンザロック、水割り、トワイスアップ、ハーフロックなど、ウィスキーにはさまざまな飲み方があります。この記事では、「ハーフロック」という飲み方を中心に、オシャレなバーなどで活かせる大おすすめの焼酎やウイスキーの飲み方や度数をご紹介!

  1. 焼酎でもオッケー?度数は変わる?おすすめのハーフロック①:まずはハーフロックについて知ろう!
  2. 焼酎でもオッケー?度数は変わる?おすすめのハーフロック②:氷について
  3. 焼酎でもオッケー?度数は変わる?おすすめのハーフロック③:ウィスキーの量などについて
  4. 焼酎でもオッケー?度数は変わる?おすすめのハーフロック④:ウィスキーの種類について
  5. 焼酎でもオッケー?度数は変わる?おすすめのハーフロック⑤:ハイボールについて
  6. 焼酎でもオッケー?度数は変わる?おすすめのハーフロック⑥:トワイスアップについて
  7. 焼酎でもオッケー?度数は変わる?おすすめのハーフロック⑦:ストレートについて
  8. 焼酎でもオッケー?度数は変わる?おすすめのハーフロック⑧:オンザロックについて
  9. 焼酎でもオッケー?度数は変わる?おすすめのハーフロック⑨:ホットの飲み方もアリ!
  10. ハーフロックってなに?大人なウイスキーの飲み方ガイドのまとめ
Zyrm5dk8n7imdpv7sx9x
ハーフロックというウィスキーの飲み方について、知らない人は多いかもしれません。一言でまとめてしまえば、「水割り」となります。しかし、ハーフロックには、しっかりとした作り方があるのです。グラスに氷を入れて、水とウィスキーを1対1にします。なぜ、1対1なのかといえば、これがウィスキーを美味しくさせる飲み方なのですね。
Ry0wfzbsubdguhns5s6a
水で割って氷を入れない飲み方もありますね。その飲み方よりも、香りは減ってしまいますが、ウィスキーが苦手な人でも飲みやすくなりますよ。ウィスキーにこだわることはもちろんですが、水や氷もこだわった方が美味しく飲めますよね。それでは、具体的にハーフロックの作り方をご紹介していきましょう!
ハーフロックのポイントは、まず度数が高く、比較的クセのあるウィスキーをすっきりとしたテイストで楽しむことができますよね。ウィスキーをキンキンに冷やして飲むと美味しいですよ、夏場のビールのように。ハーフロックは、ウィスキーのさまざまな飲み方の中で、初心者向けかもしれませんね。では、作り方をご紹介していきましょう。まずは、氷についてです!
Zf89lgzilclpc33sl8wv
まずは、グラスを見ていきましょう。美味しいウィスキーを飲むためには、グラスが必要ですよね。グラスの中でもおすすめなのが、ロックグラスですね、口が広いため、大きな(そして溶けにくい)氷が入れやすいのがロックグラスです。上記でご紹介した通り、ウィスキーと水が1対1の割合でハーフロックとなりますので、小さい氷ではすぐに溶けてバランスが崩れてしまいます。
N1la0xbxiwzde6q5frhc
ロックグラスに氷を入れたら、冷やすためにもグラスの中の氷を回しておきましょう。度数の高いアルコールは、温度が上がることもあるため、ロックグラスをしっかりと冷やしておくべきですね。
Ra864b2egv2hqqqp4mcq
ウィスキーの量は、30mLが適量ですね。この量は、「ワンショット」と呼ばれているものです。ウィスキーが多すぎると、ハーフロックでは、おのずと水の量も多くなってしまいます。それでは、氷が溶けてしまうリスクがありますので、だいたい30mLくらいにしておきましょう。
Ejgtsk8x9gm6vqclg22s
氷、ウィスキーに続いて水を入れていきます。グラスと同様に、ウィスキーもしっかりと冷やしておきましょう。その方がより美味しく飲めるはずです。水はもちろん30mLですね。質や味のわるい水だとウィスキーの香りや味を楽しめない可能性がありますので、水選びにも気を配ってください。
V6uh9bwgsny7o2z57o0i
ハーフロックにする際、どんな種類のウィスキーを選べばよいのでしょうか。まずは、「アメリカンウイスキー」「シングルモルトウイスキー」ですね。ハーフロックでも存分にウィスキーを楽しめることができますよ。
Llcrt3ww4oyrwpoz6wri
ハーフロックは見た目も楽しめる飲み方ですね。まるい氷を入れたグラスにウィスキーの容姿は、とってもおしゃれです。見た目をより楽しむためには、赤色がまじる「マッカラン」はいかがでしょうか。見た目だけではなく、味も香りも最高ですね。
Eziiw4qgclxuinqb06ih
ハーフロックについてご紹介してきましたが、その他の飲み方についてお伝えしていきますね。まずは、「ハイボール」です。この飲み方は、居酒屋などでなじみ深いものではないでしょうか。ウィスキーにたくさん氷を入れて、ソーダ水であったものが「ハイボール」となります。ご飯を食べる前や食べた後でもウィスキーを楽しめる飲み方ですね。
Qfaarxprd8estjr5wpog
ハイボールは炭酸を楽しむものでもありますが、炭酸は、食欲を増すような効果があるとされていますね。「食前酒」で炭酸入りのアルコールがありますが、これは食欲を増すために飲むものでもあります。もちろんハイボールは、食前だけではなく、食後にもバッチリ。スッキリとしているドリンクですので、口の中がさっぱりしますよ。食前、食後、そして、食べている時でもハイボールはよいですね。自宅でも簡単に作ることができ、度数も低いのでオススメの飲み方です!
Wx5h0ujpsrpay3gplkja
トワイスアップという飲み方もあります。これは、「ハーフロックの氷なしバージョン」ですね。1対1の割合で、氷とウィスキーを注いでいきます。この飲み方は、ウィスキーの香りなどを楽しみにはもってこいの飲み方とされていますね。
Jx4ql512yfemgnnf1y4t
ウィスキーによっては、水の量を増やしても構いません。香りを楽しむためには、水で割った方がよいとされていますし、常温の方がベターだと言えるでしょう!
N0jb0hx6dcvniwrhykry
ストレートは、ウィスキーに何も入れず、そのまま飲むスタイルですね。刺激を求めている人や本来の香りを楽しみたい人におすすめの飲み方です。とはいえ、ウィスキーは度数がかなり高いアルコールですので、チェイサーも一緒に注文しましょう。もともとお酒が弱い人は、交互に飲むなどして、バランスをとってください。
Jz69vfiz1utbx29p6c9e
V9sjjxjb99wejvef3vey
オンザロックは、ウィスキーに氷を入れただけの飲み方ですね。氷が溶けていくごとに、香りや味が変化する飲み方です。バーシーンが出てくる映画などで、よく見かけるのがオンザロックでしょう。
B4cmhhuiko5khcluheat
デメリットとしては、氷で冷たくなっている飲み方ですので、香りをとことん楽しめるとは言い切れません。「飲んでいる様がクール」というためには、うってつけの飲み方と言えるでしょう。
Gx5wbqefavallsvdvgux
ウィスキーにお湯を注ぐとホットウィスキーの完成ですね。レモンなどを入れても美味しいですよ。他にも、ハチミツ、ジャムなどを入れて、自分好みのウィスキーを作ってみてもよいですね。国によっては、かぜ薬として飲むこともあるんだとか。
Uekmg3wprsyoigeoabwv
他にも、クラッシュアイスを入れる「ミスト」という飲み方や、焼酎などでよくある「水割り」で飲む人もいますね。ウィスキーの飲み方は、さまざまなアレンジが可能ですし、クセのある香りも、楽しめるようになれば、やみつきになること間違いなしですよ!
Ggxypbyusahhd8sslsas
ハーフロック含め、大人なウイスキーの飲み方をご紹介してきました。ウィスキーに限らず、お酒にはさまざまな飲み方があります。気分や体調に合わせて、飲み方を決めるようにしましょう。度数が強めのお酒は、チェイサーを忘れずに!
Zhkrbdres9nbjvbd1dzu
年を重ねるごとに、お酒を飲む機会が増えてくると思います。さまざまな飲み方を知っていれば、周りの人から「オシャレ」「かっこいい」などと、好印象を与えることができるでしょう。もちろん、お酒の種類についても、見識を深めておくとよいですね。ウィスキーは調べれば調べるほど、奥深いものですよ!