Wmjif1g0tdui59e2rlwn

美容

CATEGORY | 美容

マスクのせいでメイクがよれる!崩れないメイク方法を紹介

2018.05.19

マスクをつける人は多いと思いますが、マスクをするとメイクがよれるというお悩みはありませんか?マスクを外したときにメイクが崩れていたら困ります。目元のメイクやファンデの塗り方などの、マスクで崩れないメイク方法をご紹介していきます。

  1. マスクとメイクの関係
  2. なぜマスクでメイクが崩れるのでしょう
  3. マスクで崩れないメイク①化粧下地
  4. マスクで崩れないメイク②リキッドファンデーション
  5. マスクで崩れないメイク③マットな口紅
  6. マスクで崩れないメイク④チークは二刀流で
  7. マスクで崩れないメイクにお勧めの化粧下地
  8. マスクで崩れないメイクにお勧めのリキッドファンデーション
  9. マスクをする時は目元を明るくしましょう
  10. あまり盛りすぎないアイメイクにしましょう
  11. まとめ
引用: https://cdn-origin.godmake.me/press/wp-content/uploads/2015/12/image001-660x494.jpg
花粉症の人はマスクをすることが多いと思いますが、メイクはどうしていますか?「マスクつけてたらノーメイクでもわからないよね」などという声をたまに聞きますが、ノーメイクでマスクをつけると、メイクをしていないことが逆に目立ってしまうので「あ、メイクしてない」と簡単にばれてしまいます。また、マスクをつけるとメイクが崩れるので、マスクをつけるときはメイクをしない…という人もいます。崩れないメイクをすれば、マスクも怖くありません。
引用: http://livedoor.4.blogimg.jp/girls002/imgs/e/3/e30973c4.jpg
引用: https://googirl.jp/img/15/01/1501184top.jpg
マスクをすることによって、なぜメイクが崩れるのでしょう。その原因はふたつ。ひとつは、呼吸をすることによってマスクの中に湿気がこもることで、これによってファンデーションがよれるのです。もうひとつは、マスクが皮膚に触れていることによる摩擦で、これもやはり、ファンデーションがよれる大きな原因になります。摩擦が起こるのは主に頬の部分ですが、こちらは通常のメイク方法でも構いません。問題は、マスク内部にこもる湿気によるメイクの崩れです。鼻や口周辺が湿気で蒸れてしまうので、どうしてもメイクが崩れやすくなるのです。
引用: https://googirl.jp/wp-content/uploads/2012/11/1211228topii.jpg
引用: http://www.apros.co.jp/beauty-column/wp-content/uploads/2014/12/l-clm-dtl-img4.jpg
マスク内部にこもる湿気によって鼻や口周辺のメイクは、よれる等の崩れを起こしやすいものです。なので、鼻や口の周辺には、汗や皮脂を抑える効果を持った化粧下地を使いましょう。そうすると、メイクがよれることが少なくなります。汗や皮脂を抑える化粧下地は、同時にテカリを防止する効果もありますので、仕上がりもさらっとしています。ファンデーションの前に、こういった化粧下地を使うことをおすすめします。
Eg99r0qlmdzvcjz0o2ts
引用: http://image.make-book.jp/article/original/80055.jpg?time=1462930992
引用: https://pbs.twimg.com/profile_images/805314977158397952/bh3vRZ2X_400x400.jpg
ファンデーションは、パウダータイプをお使いでしょうか?マスクによるメイク崩れを防ぐためには、パウダーファンデーションよりリキッドタイプのファンデーションのほうが向いています。リキッドタイプは、パウダータイプに比べると肌によく密着しますので、マスクによるメイク崩れがしにくいですし、こてこてと厚塗りしなくても良いカバー力がありますので、おすすめします。どうしても仕上げにパウダーを使いたい場合は、目元と口元、小鼻周りに軽くつけましょう。目元や口元は良く動きますし、小鼻周辺はテカりやすく、メイクが崩れやすいですので、つけすぎない程度につけて押さえましょう。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/auto/auto/aa/gm/article/4/5/0/0/3/6/800__02_c_014.jpg
引用: http://shisly.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2012/11/24/3ad5192as.jpg
マスクはしていても、食事の時などにはマスクは外しますので、口元にもちゃんと口紅を塗りたいものですね。口紅がマスクによくついてしまう…という人は、グロスタイプの口紅を好んで使っていたり、口紅の上にグロスを重ねている場合が多いようです。水分を多く含んだグロス系はマスクに色移りしやすいので、グロス系は選ばないようにしましょう。また、口紅を直接塗ったり、筆で塗ったりするよりは、指に取ってなじませるようにすると落ちにくく、見た目もマットで自然な感じになります。
M0e4mdbofhy5cyqteayo
引用: https://img.fril.jp/img/34947015/m/88243196.jpg?1459568440
引用: http://femalemag.com.my/wp-content/uploads/2017/01/1.-Igari-Makeup-topicks.jp_.jpg
マスクをしていないときいつもチークを塗っている人は、マスクをする時でもチークを塗りたいと思います。会社でランチの後、歯を磨くために洗面台の前に立って鏡を見た時にチークがないと、妙に顔色が悪く見える…などと思えるほど、普段チークを使っている人が使わないとイメージがまるで違ってしまいますよね。でも、チークを塗るのは、もっともマスクとの接触が多く、メイクがよれる部分なので、気を付けなければなりません。普段お使いなのはクリームタイプでしょうか、パウダータイプでしょうか?チークがよれるのを防ぐためには、この両方を使います。まずはクリームタイプのチークを塗りますが、ただ塗るのではなく、たたきこむように塗ってください。クリームタイプのチークを肌にしっかりとなじませたら、パウダータイプのチークを軽くつけましょう。この二種類のチークを合わせることで、もっとも崩れやすい頬のメイクが崩れにくくなります。
引用: http://newsmana.com/wp-content/uploads/2015/04/igarimeiku.jpg
S6aadrlabmnxm4pstpf5
引用: https://d3flg3wna4ws7i.cloudfront.net/img/item/36071-1.jpg?cacheKey=1523506059
では、具体的にどんな化粧品を使えば良いでしょうか?まず、化粧下地からおすすめしていきます。ファンデーションの前に使う化粧下地にもいろいろありますが、軽いつけ心地のものが良いでしょう。軽いつけ心地のものは厚塗りになりませんので、メイクがよれる・崩れるのを防ぎます。・アミュールシフォン ライトベース UV こちらの商品は、汗や皮脂などによるメイク崩れに強い、軽いテクスチャーの、乳液タイプの化粧下地です。含まれているパウダー(サンゴ由来)が余分な皮脂を吸収してくれることで、メイクの崩れを防ぎます。保湿成分(セラミド)も配合されていますので肌はしっとり、カバー力もあるので、くすみなどをカバーしてくれ、明るい美しいお肌に見せてくれます。
Ebss5jdihutjaqf2kgf6
引用: http://fitter.cosme.net/media/product/10035/119321_xl.jpg?target=350x350&size=trimIfLarge
お次はリキッドファンデーションのおすすめ商品です。・VINTORTE(ヴァントルテ)美容液ミネラルリキッドファンデーション 「美容液」「ミネラル」と、名前からしていかにも良さそうなこの商品、お肌に悪い成分をいっさい使っていないのが特徴です。石油系界面活性剤やシリコンなど、一般的な化粧品に使っているような成分を使わず、成分の80%が美容液(ファンデーション成分20%)と、ほぼ美容液なのです。薄づきなのにカバー力が高く、しかも崩れにくいのは、毛穴までカバーする微粒子パウダーによってお肌にぴったりフィットするからです。マスクでメイクがよれる・崩れる…という方は一度お試しください。
引用: https://img14.360buyimg.com/n1/jfs/t4357/200/653025131/171338/89a953de/58b7d50cN2a41b02d.jpg
マスクをつけることによるメイクのよれ・崩れ対策についてご紹介してきましたが、さて、目元はどうしますか?マスクをつけると、人から見えるのは目元だけになってしまいます。ということは、いつも以上に目元のメイクをしっかりしなければなりません。カラーコンタクトレンズで黒目を大きくしますか?つけまつげで盛りますか?まず、もっと重要なことがあります。それは目の下のクマやくすみです。マスクをしていない場合、目元だけに視線は集中しませんが、マスクをつけると、目元しか見えなくなるので、普段より目元のアラが目立つようになります。マスクの上に見える目元にクマなどがあると、本当に病人のように見えてしまいかねません。なのでまずは、目の下を明るくしましょう。明るくすると言っても、ハイライトなどを塗る必要はありません。コンシーラーをなじませるだけでOKです。この時、明るい色のコンシーラーを使うと、ハイライトとしての効果もありますよ。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/620/auto/feed/article/2017/02/13/58a147aa545df.jpeg
引用: https://simg314.magcasa.com/content_images/2017/02/25/474681/1488015910_5676.jpg
マスクをすると目元に視線が集中すると言いましたが、だからといってあまりにもアイシャドウなどを塗りたくるのも良くありません。なぜなら、マスクから立ち上る湿気によって、アイメイクも崩れてしまう可能性が高いからです。あまり目立ちすぎないブラウンのアイライナーでアクセントをつけ、アイシャドウは、ナチュラルな色目のものを選び、自然な奥行きを出しましょう。アイライナーはもちろんウォータープルーフタイプ、アイシャドウも、保湿成分などが入っていて肌に密着しやすいタイプのものを選んでください。アイブロウもブラウンで優しい雰囲気に仕上げましょう。
Wpiebje7ory77rplwabn
引用: http://stat.ameba.jp/user_images/20170204/20/takahashi-maasa/32/69/j/o0480064013861077222.jpg?caw=800
引用: http://photo.ihergo.com/photo/product/77/300_723677_1378832244108.jpg
マスクによるメイクのよれや崩れを予防する方法についてご紹介してきましたがいかがでしたか?色々な種類の花粉アレルギーがあってほぼ年中マスク…などという方もいらっしゃいますので、少しでもお役に立てれば幸いです。
引用: http://www.pflege-fibel.de/wp-content/uploads/2014/08/was-sind-pflegehilfsmittel.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://livedoor.blogimg.jp/sekaiminzoku/imgs/2/0/20c696e8.jpg