P4aclacds1wirbucuseh

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

ファンデーションの塗り方を解説!初心者でもツヤ美肌の仕上がりに!

2018.06.01

初心者の方はファンデーションの正しい塗り方ってご存知ですか?理想のツヤ美肌へ近づけることができるファンデーション。今回は、初心者向けファンデーションの塗り方を徹底解説します!今まで、自己流の塗り方をしていたという方!一度塗り方や仕上がりを見直してみませんか?

  1. はじめに
  2. パウダーファンデーションについて
  3. リキッドファンデーションについて
  4. クリームファンデーションについて
  5. クッションファンデーションについて
  6. 年代別のファンデーションの選び方とは?
  7. ファンデーションの正しい塗り方とは?
  8. パウダーファンデーションの正しい塗り方
  9. リキッドファンデーションとクリームファンデーションの正しい塗り方
  10. クッションファンデーションの正しい塗り方
  11. おわりに
Q2kjxydl9lvylub72cvx
ファンデーションには、パウダーファンデーション、リキッドファンデーション、クリームファンデーションなど…様々な種類があります。初心者の方は特にファンデーション選びに悩んだことのある人は意外と多いのではないでしょうか?まず、ファンデーションの種類と、年代別の選び方をまとめてご紹介します。
Hhtx3wcjkulb7qqkout0
パウダーファンデーションは、ファンデーションの中でも一番メジャーなタイプです。粉タイプで、持ち運びにも便利です。手軽なのが嬉しいですよね!質感は、マシュマロ肌や、マットな仕上がりになるものなど…。化粧下地と併用して使用するのが一般的な使い方です。
Glvhbiraqaqghunrrm5s
パウダーファンデーションは、ブランドのこだわりのパクトが魅力です!季節などの限定パクトなどもあり、ついつい買ってしまう人も多いのでは?パウダーファンデーションは、可愛いコンパクトで女子力をアップさせたい人、時短メイクをしたい人、頻繁に化粧直しをする人などがおすすめです。
S21d1jtzrbt4yssrumt7
リキッドファンデーションの仕上がりは、水分が多く、うるおいがあります。カバー力と保湿力に優れ、肌への密着感があり、伸びがよいのが特徴です。初心者でもトレンドである、“ツヤ肌”や美肌に簡単に仕上がります。
Nckkxfdnh9eunzymokcb
ルースパウダーなどと併用すれば、マットな質感の仕上がりにも…。リキッドファンデーションは、肌にツヤが欲しい人、自然な美肌に見せたい人におすすめです。
Eeblijb23br09zcn3xk8
クリームファンデーションは、リキッドファンデーションよりも水分が少なく、硬めのテクスチャーが特徴です。テクスチャーが硬めなので、肌への密着感やカバー力が高いです。崩れにくいというメリットもあります。シミやそばかすなどもしっかり隠すことがで美肌に近づけます。
Dlywdldj3erkpuhuvsom
クリームファンデーションは、カバー力を重視する人、メイク直しがなかなかできない人におすすめです。
Bp2ncec0fqmytbipofgr
クッションファンデーションは、スポンジにファンデーションを染み込ませている形状のものをいいます。手を汚さずに使えて、トレンドのツヤ肌が作れると、今注目を集めているファンデーションです。
Frwrwkyu4pyldxbkhrj7
パウダーファンデーションの手軽さと、リキッドファンデーションのカバー力…それぞれのいいトコロを併せ持ったファンデーションなんです。さらに、クッションファンデーションは、化粧下地が不要!下地やコンシーラーを塗るのが面倒だと感じている人や、肌にツヤが欲しい人、手軽に化粧直しがしたい人におすすめです。
X80ch58fxothn1r8qyor
次に、年代別のファンデーションの選び方をご紹介します。

20代のファンデーションの選び方とは?

Ql6sgx2pojqosdikslqw
20代の女性におすすめなのは、パウダーファンデーションです。新陳代謝が活発で、肌へのストレスを受けやすい20代は、なるべく肌に負担をかけず、外部からの刺激を受けないように、サッとメイク出来るようなパウダーファンデーションがおすすめです。保湿もできるクッションファンデーションもおすすめですよ!

30代のファンデーションの選び方とは?

Wivf1xd5fbhgfvbzntlg
30代の女性におすすめなのは、リキッドファンデーションです。毛穴の開きや、吹き出もの、シミやそばかすなどの肌悩みが増えてくる30代は、紫外線対策をぜひ重視してください!ファンデーションは、紫外線対策ができるものや、美容成分が配合されているものを選びましょう。他にも、美容液成分配合のパウダーファンデーションなどもおすすめですよ!そして毎日のスキンケアにも気を使うようにするとよいですね!ぜひツヤ肌をキープしましょう!

40代のファンデーションの選び方とは?

Tez7jynu0ejewbq9pjuz
40代の女性におすすめなのは、保湿力に優れたクリームファンデーションです。40代になると、角質層の水分量が低下し、シワやたるみ、くすみなどの肌悩みが増えてきます。今まで使っていたファンデーションでは、乾燥を感じる人もいます。そのような場合は、スキンケアから見直し、保湿力の高いファンデーションを使ってみましょう。他にも、高濃度の美容液が配合されているクッションファンデーションもおすすめですよ!まだまだツヤ肌キープできます!
Donzgm1pqaixpzbd2tfz
自分にあったファンデーションが見つかったら、次は塗り方です。自己流でファンデーションを塗っているという方も多いのではないでしょうか?実はファンデーションの塗り方にもコツがあって、正しい塗り方をすると、仕上がりも格段によくなりますよ!それでは、ファンデーション別の正しい塗り方をチェックしていきましょう!
C6kpuadedcfnauwcvntt
パウダーファンデーションで美肌を作るために、正しい塗り方で塗りましょう。

まずはベース作り

パウダーファンデーションにかかせないのが、化粧下地です。化粧下地の役割は、肌の凹凸をなめらかに整えること。その結果、肌とファンデーションの密着度が高まります。化粧下地は、スキンケアをし、日焼け止めを塗った後に使用します。

パウダーファンデーションの塗り方のポイント

パウダーファンデーションは、スポンジを使った塗り方と、ファンデーションブラシを使った塗り方があります。しっかりカバーしたい人はスポンジを、ナチュラルな透明感を出したい場合や、メイクに不慣れな人はファンデーションブラシがおすすめです。

パウダーファンデーションの塗り方

Cuzlj38rbxikyt0zjznv
①ベース作りをした肌に、パウダーファンデーションをスポンジ、またはファンデーションブラシにとります。一度にファンデーションを取りすぎると、厚塗りの原因に…。スポンジの場合は、1/3を目安に、ファンデーションブラシの場合は、ファンデーションを取った後、手の甲で余計な粉を落とします。
②パウダーファンデーションを両頬→おでこ→鼻→口周りの順番に、顔の中心から外側に塗っていきます。ファンデーションは、それぞれの部位ごとに取っていきましょう。小鼻の部分は、スポンジの場合はおさえるように、ファンデーションブラシの場合は、クルクルと小さな円を描くように塗ります。
③目の周りは、残ったファンデーションを軽くなじませるように塗ります。
Gcjg8okhxnllhevwsdcr
液状タイプのリキッドファンデーションとクリームファンデーションの塗り方は、基本的に同じです。美肌・ツヤ肌を作るために、正しい塗り方で塗りましょう。初心者は特にこのマニュアル通りに進めましょう!

リキッドファンデーションとクリームファンデーションの塗り方

Tkriaye3kqsokdgsziim
①手の甲にリキッドファンデーション、またはクリームファンデーションを適量のせます。適量はアイテムの適量を守るようにしましょう。
②手の甲でファンデーションを馴染ませます。手を使って塗る方法、ブラシを使って塗る方法、スポンジを使って塗る方法があります。両頬→おでこ→鼻→口周りの順に、顔の中心から外側に塗っていきます。ファンデーションは、それぞれの部位ごとに取っていきましょう
③ニキビ跡やクマ、シミなどが気になる場合は、コンシーラーでカバーします。
④より自然に仕上げるため、フェイスパウダーを使用します。ファンデーションと同じく、顔の中心から外側に向かってつけましょう。
Tdmvy6ox71dgbmptobqh
クッションファンデーションの塗り方は、パウダーファンデーションとは違うので注意してください。クッションファンデーションは、ポンポンと叩き込むように塗るのがポイントです。

クッションファンデーションの塗り方

Ctekxyxqhiqiz3e8iuux
①専用パフにファンデーションを取ります。指で1~2回押す程度でOK!パフ全体に取らないように注意しましょう。
②パフを折りたたむようにして、ファンデーションをパフに浸透させます。
③顔の中心から外側に向かって、ポンポンと叩き込むように塗っていきます。
④目の周りや小鼻部分は、パフを折りたたんで細かく叩き込むようにぬります。フェイスラインは余ったファンデーションを塗ります。
Ijxofnjhzvha38eaubyj
いかがでしたか?初心者向けファンデーションの特徴と選び方、そして正しい塗り方をご紹介しました。自分の肌やなりたいイメージに合った仕上がりになるファンデーションを選び、正しく使うことが美肌・ツヤ肌になるための近道なんですね!初心者の方はぜひ実践しましょう。