Hhjzdktwrjh0cyrhhbfd

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

ファンデーション塗らないメイクで肌荒れ防ぐ?仕上がりとやり方紹介

2018.06.01

ファンデーションを塗らない“ノーファンデ”。今、メイク時のノーファンデ派のやり方が増えています!今回は、ノーファンデ派の仕上がりやメリット、デメリットをそれぞれご紹介。肌荒れしない?ファンデーションを塗らないということに抵抗がある人の常識が変わるかも!

  1. ノーファンデ派とは?
  2. ファンデーションが肌に与える影響とは?
  3. ファンデーションを塗らないメリット①乾燥肌やニキビを防ぐ
  4. ファンデーションを塗らないメリット②美肌効果
  5. ファンデーションを塗らないメリット③メイク崩れを気にしなくてよくなる
  6. ファンデーションを塗らないメリット④時短メイクが可能になる
  7. ファンデーションを塗らないメリット⑤ナチュラルメイクが可能になる
  8. ファンデーションを塗らないメリット⑥ポイントメイク効果がUPする
  9. ファンデーションを塗らないメリット⑦ポーチの中が軽くなる
  10. ファンデーションを塗らないデメリット①紫外線などのダメージを直接受けてしまう
  11. ファンデーションを塗らないデメリット②シミ、シワ、乾燥などの肌トラブルが起こる
  12. ノーファンデメイクのポイント①紫外線対策はしっかり!
  13. ノーファンデメイクのポイント②ノーファンデメイクは、「化粧下地+パウダー」がおすすめ!
  14. ノーファンデメイクに使用するアイテムは肌に優しいものを
  15. おわりに
Xkpb4joepesunj5qgviv
ズバリ!ファンデーションを使わない肌メイクのことです。ノーファンデとは、ファンデーションを使わないということで、なにも肌につけない…メイクをしない仕上がりということではありません。ストレスフリーな肌がウケて、 “ノーファンデ派”のやり方が増えているそうなんです!ファンデーションを使わないやり方のノーファンデ。メリット、デメリットをチェックするご紹介する前に、まずは、ファンデーションが肌荒れの原因の人や肌に与える影響を見ていきましょう。
Kkp06l48qspgfv4cqrt3
ニキビや毛穴の肌荒れが気になるから、ファンデーションを使って隠しているというやり方も多いと思います。確かに、ファンデーションは肌を綺麗に見せる効果があったり、紫外線などの外部の刺激から肌を守ってくれるという効果があります。ですが、ファンデーション自体が肌への負担となって、様々な肌トラブルの原因をなっている場合や仕上がりの悪い原因があります。
Scarmoypmn6kihrewfp1
例えば、ファンデーションには、油分が多く含まれているので、ニキビや毛穴の詰まりの原因となってしまうことがあります。さらに、多くの添加物が含まれているようなファンデーションの場合、長時間肌につけていることで、人によってはアレルギーを起こすことも…。シミや色素沈着の原因になったりすることもあります。
Mas6oayvrrqniqocmtez
そして、ファンデーションはカバー力に優れているものも多いので、毛穴の奥まで入り込みます。ファンデーションをオフするのに欠かせないクレンジング。オイルタイプなどの強力なクレンジングを使用している人も多いと思います。強力なクレンジング剤は、肌に必要な皮脂まで落としてしまうことがあり、乾燥やニキビなどの肌荒れの原因となってしまいます。
Ymlp4pnhatuxs5ksvzdd
それでは、ファンデーションを塗らないメリットを見ていきましょう。
Hfxjkodem8qjd919um6e
ノーファンデにすると、強力なクレンジング剤を使うやり方が必要がなくなります。強力なクレンジング剤を使わなければ、過剰に皮脂を洗い流すことがなくなり、肌に必要な油分を保つことができます。その結果、過剰な皮脂分泌を抑えることができて、乾燥やニキビなどの肌荒れを防ぐことができます。
Wvwwrlex1cwvwarzqspx
ノーファンデのやり方にすると、ファンデーションで毛穴を塞いでしまうことがなくなります。肌呼吸がしやすくなるし、肌を清潔に保つことができます。ファンデーションを使っているときには気が付きにくい、肌の変化にも敏感になります。肌の変化に敏感に反応できるので、美肌を保つことができます。
Giq43ebkdimwrm9hjyx2
ノーファンデは、メイク崩れの心配がなくなります。夏になると、汗をかいたりしてメイク崩れが気になるという方多いですよね。ファンデーションを使用すると、メイク直しが必要になり、こまめにファンデーションを肌に重ねることになるので、肌に負担をかけてしまいます。
Ybzarulhomqmktglmir7
ファンデーションを塗る工程は、意外と時間がかかります。メイクにかかる時間のほとんどは、ファンデーションを塗ることに使われているといっても過言ではありませんよね!その工程がなくなることで、朝のメイクが時短で仕上がります。夜のメイク落としや洗顔にも時間がかからなくなります。
Hb798rxzrgrqw6aezp8x
ノーファンデは、究極のナチュラルメイクといってもいいでしょう。自分ではナチュラルメイクだと思っていても、つい厚塗りになりがちなファンデーション。ノーファンデにすることで、そんな心配はなくなります。実は厚塗りファンデーションが老け顔に見せていたという場合も、若々しい印象に仕上がりますよ!
Udnfcf0vfirfikvjgju7
肌がナチュラルになることで、リップやアイメイクなどのポイントメイクの印象が上がります。肌に合わせて、ナチュラルメイクもいいですが、リップやアイメイクに少し力を入れると、しっかりとメイクをしているように仕上がります。
Yxeoksc4emhqjfg7gmom
メイク道具を持ち歩いている方は、ファンデーションがなくなるだけで、ポーチの中が軽くなります。さらに、お財布にも優しくなります。ファンデーションにかかっていたお金が浮きますので、その分をスキンケアアイテムなどに使うようにすれば、より美肌へと近づけることができます。
Spw9bdhrb7tqn4cunksf
いかがでしたか?ノーファンデには、様々なメリットがありましたね!一番は、やはり肌に優しいことです。ノーファンデにすることで、吹き出物ができなくなったなどの口コミの多いです。それでは、ノーファンデには、デメリットはないのでしょうか?
Wrc2hpb7wpf8dvwjpxw2
「ノーファンデ=何も肌に塗らない」を実践してしまうと、紫外線などの外部刺激を直接受けてしまいます。紫外線はシミやシワ、そばかすなどの原因をなってしまう危険なものです。さらに、何も塗らないノーファンデは、肌が乾燥したり、排気ガスやPM2.5、花粉やホコリなどから肌を守ることができません。
Uu9b6vofofat62zo84w9
先ほど述べたように、紫外線を直接浴びることによって、肌は様々なダメージを受けます。活性酸素が発生したり、肌のハリや弾力を保ってくれるコラーゲンなどに作用するからです。肌荒れやシワやシミ、たるみ、乾燥、毛穴トラブル…ありとあらゆるトラブルが起きやすくなる可能性があります。
Bhvtafexvycggfx2onjr
いかがでしたか?肌に全く何も塗らないノーファンデを実践してしまうと、肌トラブルを引き起こしてしまうことがあるんですね。それでは、正しいノーファンデメイクとは、どのようにすればよいのでしょうか?ノーファンデメイクのポイントをご紹介します。
Srh5gyys6dpv3uwooxtk
紫外線対策はマストです!UV効果のある化粧下地や日焼け止めなどを必ず塗りましょう。化粧下地は、ファンデーションよりも肌への負担が少ないので、「肌の負担を減らす」というノーファンデのメリットは損なわれません。顔の赤みやくすみが気になるという人は、カラーコントロール下地を使うとよいですね!
F5bg0pmklnscqm8oyhxt
ノーファンデの素肌感を残しながら、色ムラを補正し、美肌に見せるには、「化粧下地+パウダー」がおすすめです。化粧下地を塗った後に、フェイスパウダーやルースパウダーで仕上げます。肌に優しいベビーパウダーもいいですね!しっかり美肌に見せたいという人はパフを使って、自然にナチュラルな印象に仕上げたいという人はブラシを使いましょう。紫外線対策もプラスする場合は、「日焼け止め+化粧下地+パウダー」の順で使用しましょう。
K9kbyvrbhsv6p0scugat
化粧下地やパウダー、クレンジングなどは、肌に優しいものを選びたいですね!合成ポリマーフリーのものがおすすめですよ!合成ポリマーには、水溶性ポリマーやシリコーンポリマー、ジェルなどがあります。アイテムに記載されている成分表示をチェックしてみましょう。
Zuz1n9bn8ncxsijowco7
いかがでしたか?ノーファンデは、肌に負担をかけず肌荒れを防いだり、メイクの仕上がり時間を短縮でき、メイク崩れも気にしなくていい…などメリットばかりのような気がします。ですが、肌に何もつけないノーファンデは、とっても危険なんですね。紫外線や乾燥、空気中の排気ガスやホコリなどで思わぬダメージを受けてしまうことになります。ノーファンデメイクは「化粧下地+パウダー」で、肌をしっかりと守りましょう!毎日フルメイクをしている人は、これをキッカケにノーファンデメイクのやり方に挑戦してみてはいかがですか?
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://nomad-journal.jp/archives/6148