Kdwjlegbfleldi2dwlad

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

フェイスパウダー使い方や選び方は?崩れないメイクのコツもご紹介

2020.07.28

フェイスパウダーが上手く使えないや、使い方や選び方のコツが分からないなどと悩んでいる方に。今回はフェイスパウダーの使い方と崩れないようにするコツ方法を紹介します。肌への負担が少なく、ナチュラルメイクには欠かせないフェイスパウダーを上手く使い美肌を手に入れよう!

  1. フェイスパウダーの使い方や選び方
  2. フェイスパウダーの使い方 ベースメイクの最後に
  3. フェイスパウダーの使い方 メイク直しに
  4. フェイスパウダーの使い方 軽いメイクに
  5. フェイスパウダーのパフでの使い方
  6. フェイスパウダーのブラシでの使い方
  7. 崩れないフェイスパウダーの使い方 油分をとる
  8. 崩れないフェイスパウダーの使い方 ベースメイクは薄めに
  9. 崩れないフェイスパウダーの使い方 パフやブラシを綺麗に保つ
  10. まとめ
Hgqb6mljipcpt7nrg3i0
フェイスパウダーはベースメイクの最後に使うものです。ルースパウダーとも言われています。パウダーファンデーションと見た目が似ていることで、差がわからないという方も多いと思います。ファンデーションとフェイスパウダーは、油分の量や水分の量に違いがあります。ファンデーションは油分が多くその分カバー力もあります。フェイスパウダーはその逆で、油分が少なくカバー力もファンデーションに比べて劣ります。フェイスパウダーは薄づきなことや、油分が少ないため肌への負担が少なく敏感肌の方も使用できます。そしてクレンジングではなく、洗顔料で落とすことができるものが多く、その点も肌への負担を減らすことができます。ここ数年トレンドの、ナチュラルメイクには欠かせないのが素肌感ですよね。その素肌感を出すには薄づきのフェイスパウダーがおすすめです!ではフェイスパウダーの主な使い方や選び方のコツについてお話ししていきますね。
L1a2qj049bmm4zu71buh
引用: https://lh3.googleusercontent.com/baOOZP5DDsXrt36UciY7PEc5Ay7eFxKX5t05xJ0-ZDe9ggK0xUt5uDZiQRUc0hJWkNqmWHM=s85
Rztfmebxdjeo9scetten
上記ので言ったように、フェイスパウダーの主な使い方はベースメイクの仕上げに使うのがコツです。下地→ファンデーション→フェイスパウダーのような順番がコツです。リキッドファンデーションやクリームファンデーションを使って、またその上からパウダーファンデーションをのせるとなると、カバー力はありますが厚塗り感が出てしまいますよね。そこでパウダーファンデーションのかわりに、フェイスパウダーを使えば素肌感が出せナチュラルに仕上げることができます。フェイスパウダーにもいろいろなパターンのものが販売されているので、選び方として自分のなりたい肌に合わせてみてください。カバー力はパウダーファンデーションよりは劣りますが、色付きのフェイスパウダーを選ぶとクリアなものよりは崩れないでカバーしてくれます。
Eglggy0siawfcaa5klue
引用: https://lh3.googleusercontent.com/HGLBMLKsXZmB3a_PW4IV6PtZL4Kw7GSDFTU9v_txIDodFtanL1Rcik3kKD6khTIUfT57Wg=s85
V18sxqkehtx3x22sdcaa
引用: https://lh3.googleusercontent.com/1SVajQr0YbuIYV3U-wLYa34a7VrNvCQFRvoaunyFYLpORM6nKN9H0rYFbHIkBbK6Oj0DbTE=s85
朝のメイクの時にバッチリメイクしますが、夕方には崩れてしまうことが多いと思います。仕事などで一日中外にいれば、少なくとも一回はメイク直しをしますよね。そこに朝と同じように、パウダーファンデーションなどでメイク直しをしてしまうと、粉っぽくなったりまた厚塗り感が出てしまったり…フェイスパウダーは油分をとってくれるので、時間が経つにつれて出てくる肌のテカリを抑えてくれ、崩れないでメイク仕立てのようなサラッとした肌感にしてくれます。なので普段のメイクではファンデーションを使って、フェイスパウダーをメイク直し用として使うこともおすすめです!メイク直し用に使う場合は、普段使用しているパウダーファンデーションと色が変わらないように、選び方のコツに気をつけましょう。
Yjjichusgfvrcrfozycd
Bskelbuxy0b9ywujcdtg
敏感肌やファンデーションが合わない方には、特におすすめ。日焼け止めの上にフェイスパウダーや、メイク下地の上にフェイスパウダーをのせるだけでも美肌に魅せてくれます。ちょっとそこまで…なんて時にメイクするのが面倒な時や、対して肌に悩みはないけど、それなりにメイクしているようにみせたいという場合に使うのがコツです。ナチュラルになりつつ、毛穴をカバーしてくれ美肌に。そしてフェイスパウダーは、洗顔料で落とすことができるので肌への負担も少なく済みます。紫外線対策効果のあるフェイスパウダーも多いので、ナチュラルメイクにおすすめです。それにまだ若い中学生や高校生など、メイクに興味を持ち出す年齢の子や、校則でメイクが禁止の場合でもフェイスパウダーなら使うことができ、肌だけでも綺麗にみせることができます!若い方が使う場合や極力肌への負担を減らしたい方は、さらに肌に優しいオーガニックのものも販売されているので、コツや選び方を変えてみるのもいいでしょう。
Cjudhuebkhhyf0via8ni
Jvh5t1vsmvylokhud0ig
フェイスパウダーを使う時に使う道具として、パフがあります。フェイスパウダーを購入したら付属のパフが付いていることが多く、パフ付きだと持ち歩きにも便利でしょう。パフを使うとしっかりとした仕上げ感になります。パフを使う場合は、まずパフに適量のパウダーをつけ、パフを揉むようにして下さい。揉み込むようにすることで、パフについた無駄なパウダーを落とし、パウダーのだまをなくすことができるので粉っぽさや、厚塗り感を無くすことができます。そして顔の中心から外に向かって、肌の上を滑らせるようにつけて下さい。メイク崩れのしやすい小鼻や目元、口元などはポンポンとしっかりとのせてください。そうすることでメイクのよれを防止することができます。
Dirbfobwnjjcz5dis6pv
肌がテカリやすい人や、リキッドファンデーションやクリームファンデーションを使っている人、部分的にコンシーラーを使っている人は特にパフをおすすめします。パフでしっかりと肌に定着させることができ、油分の多いリキッドファンデーションやクリームファンデーションでのテカリを無くすことができるでしょう。
Fsdijvstneyz5lgv2veh
Jmallkimivzf4aw3chj8
パフ以外にフェイスパウダー使う時の道具はブラシもあります。ブラシは、 パフより軽いつけ心地で、ナチュラルな肌に仕上げることができます。まずパウダーを蓋に少量出し、ブラシくるくるとしてパウダーをまんべんなくつけて下さい。ブラシにパウダーがつきすぎているとムラになったりするので、ブラシを軽くはらって付けすぎたパウダーを落としましょう。顔の中央から外に向けて、ブラシをくるくるとしながら肌にのせていきます。小鼻など細かい部分はブラシの毛先を使うようにし、トントンとしっかりめにのせて下さい。パウダーを 付けすぎたと思ったりした時は、また別の大きめのブラシで余分なパウダーを落とすと、メイク崩れを防止することができます。
Khv1p65kabo8fslsnyqg
Fgctqqbeknsqsxmzzodn
メイクを崩れないようにする方法や、メイク直しの際にした方がいいこととして、肌の余分な油分を軽くとってからフェイスパウダーを使うようにしましょう。そうすることで、パウダーのノリが良くなり肌への密着感やサラサラ感を出すことができます。
Wtz2dgwysu5p0quvu5u3
普段のメイクでフェイスパウダーが上手く使えないと思っている方は、下地やファンデーションを塗りすぎていませんか?リキッドファンデーションやクリームファンデーションには、油分が含まれているので塗りすぎることで肌への密着感が少なくなり、よれやすくなってしまいます。ファンデーションの量を少なくし、薄めに伸ばして下さい。気になる部分はコンシーラーを使ったり、ファンデーションを軽く上からのせてカバーするといいでしょう。その時も塗りすぎることなく、パウダーファンデーションを使う前には余分な油分をとって下さい。ファンデーションの選び方を変えてみるのもいいでしょう。
Baviatrz8nqntwnodt5o
Fhmbbm1ygxr3kerk2dpw
パフやブラシはフェイスパウダーをのせる際に、肌のファンデーションがついたりしています。汚れたままにしていると、まんべんなくパウダーをつけることができなくなり、ムラになってしまいます。それにパフやブラシ以外にもですが、メイクに使う他のブラシや道具は定期的に洗って綺麗にするようにしましょう。1週間に1回は洗うようにして下さい。道具が汚れているままだと、ムラになることだけでなく道具自体に菌が発生してしまいます。肌に直接使うものなので、菌を肌にのせていることになり肌への負担や肌トラブルの原因になってしまいます。肌に優しいコスメや、スキンケアを頑張っていても肌が荒れてしまう方は、メイク道具が原因かもしれません。
Mfo8mjpoh9vicsr4g8ki
Goejz5zkmtnakrowwb9u
今回はフェイスパウダーの使い方や、崩れにくくする方法やコツを紹介しました。ナチュラルメイクには欠かせないフェイスパウダーを上手に使って、厚塗りメイクとはさよならし、美肌を手にいれましょう!
Mzvtcf19pi5mdgcjsfop