Xmnvxb819bm7bpo3ue0y

美容

CATEGORY | 美容

マスク美人に見えるような付け方は?メイクのコツやおすすめアイテムもご紹介!

2020.07.28

とうとう花粉症の季節がやってきました。花粉症でマスクが手放せない方が多いのではないでしょうか?女性なら、マスクをしていても美人に見られたいと思いますよね。この記事では、マスク美人になれるおすすめのメイク方法を紹介していきますので、是非ご覧になってみて下さい。

  1. マスクで美人に見える理由は?
  2. マスク美人になるために大事なことは?
  3. マスク美人になるマスクの選び方
  4. マスク美人になるメイク法【下地編】
  5. マスク美人になるメイク法【ファンデーション編】
  6. マスク美人になるメイク法【アイメイク編】
  7. マスク美人になるメイク法【口紅編】
  8. マスク美人になるメイク法【チーク編】
  9. マスク美人になるメイク法【NG編】
  10. まとめ
W7ybwfdauuixjzclbutv
花粉症に悩まされている人が多く、街中でマスクをしている女性はたくさんいますが、マスクをしている人って妙に美人に見えたりすることってありませんか?どうしてマスクをすると、美人に見えることが多いのでしょうか?それには理由があるんです。

顔の輪郭が隠れる

Guh6r0crnmcmyr7j38up
マスクをすることによって、顔の大きさを隠すことが出来ます。ですので、どんな輪郭の人や顔の大きさで悩んでいる人でも顔をシャープに見せることが出来ます。実は花粉症ではない方でも、顔の輪郭を隠すためにマスクをしている人もたくさんいます。今、マスクというのは女性の必需品アイテムとなっているのです。

目が強調される

R5qanybw36x0lbw31des
目が大きくパッチリとしている人は、とても可愛らしく美人に見えますよね。マスクをすることによって、顔の半分が隠れるため、目が大きく見られやすいのです。元々目が小さめの人でも、目の大きさなら、メイクでいくらでも大きく見せることが出来るので、マスク美人に見られやすいんです。
H6r6zixxggwmn1hxn38q
マスクは女性に嬉しいアイテムだということが分かりましたね。ではマスク美人になるために、大事なこととはいったいなんでしょうか?

ノーメイクはNG

Hi2xg4mfhuycofsflxkg
顔が半分隠れるからといって、ノーメイクでマスクをしても大丈夫!と思っている方は少なくないのではないでしょうか?実は、ノーメイクだと逆に目立ってしまうのです。それは、周りの人から見える範囲が狭まるために、マスクで隠れていない部分に目が行くので、ノーメイクなのが目立ってしまうのです。

落ちないメイクをしよう

Tmzwqitojwdufpp2ok7u
メイクをしてマスクをしたときに、特に気になるのが蒸れや擦れなどによるメイク崩れではないでしょうか?落ちにくい化粧品を使ったり、落ちにくいメイク方法を用いることで、この悩みは解決されます。後ほどご紹介しますね。
Fhn5kxegvdjps4epknyk
マスク美人になるためのメイク方法ももちろんありますが、マスク選びも大切です。何に気を付けてマスク選びをしたらいいのでしょうか?

肌の色に近いマスクを選ぼう

Llaxr5mz65eymufep4tv
ノーマルな白いマスクではなく、ピンク系やベージュ系などの肌に近い色のマスクを選ぶようにしましょう。白やブルーなどの寒色系よりも明るく健康的に見えるので、周りからの印象も明るくなります。
それに、メイクが落ちてマスクについてしまっても、白よりも目立ちにくいので清潔にみられるという点でもおすすめです。

女性用マスクや立体構造になっているものがおすすめ

Morhhrgfqqv6iy39xxj2
最近では、メイクが落ちにくい素材や構造になっている女性用マスクも販売されています。女性の顔にあわせたマスクをすることによって、より小顔に見せてくれることもあります。女性用マスクはピンク色が多いので、先ほど紹介した「肌の色に近いマスクを選ぶ」というのにも当てはまるので、特におすすめです。
Mr0jngq19rvlouv7dbgi
マスク美人になるには、下地はとても大切です。メイク崩れがしにくい下地選びが重要になってきます。マスクで隠れる鼻や口元には、汗や皮脂を抑えてくれる下地を使うことによって、蒸れに強く、肌がサラサラになる成分も入っていますのでメイク崩れがしにくくなります。一つは持っておくと便利だと思いますよ。

日焼け止めも忘れないで

Pu8hg9d17otzncjztrwd
最近では、UVカット仕様のマスクも販売されていますが、基本的に使い捨てマスクというのは紫外線を通してしまうのがほとんどです。マスクをしているから紫外線対策は大丈夫!というのは間違いなのです。春になってから、特に日中の日差しも強くなってきましたし、下地を塗る前に、薄く日焼け止めも塗っておくといいでしょう。
Sssclggsmtbiu2diecwh
パウダーファンデーションはマスクの擦れで落ちやすく、マスクに色移りしてしまい、メイク崩れの原因となってしまいます。ですから、パウダーファンデーションよりも、少量でカバー力のあるリキッドファンデーションを全体に薄めに塗るのがおすすめです。ちょっとペタペタするのが気になってしまう方は、目元や口元、鼻周りなどのテカリが気になる部分にパウダーを軽くはたくといいでしょう。
Qgyoodyrtkdg8bmq8eyo
マスクをして唯一さらけ出されている目元のメイクは最も重要です。
まず、明るめのコンシーラーを優しくポンポンとするようにクマを消しましょう。クマを消すと目元がきれいに見えます。
アイラインは、黒色を使うと派手な印象になってしまうので、ブラウン系のアイライナーでふんわりとした優しい印象に仕上げるのがおすすめです。目尻のラインを跳ね上げるのではなく、少し垂れるように描くことによって優しめの表情に仕上がります。
まつ毛はビューラーでしっかり上げ、マスカラは、上も下もしっかりめに塗りましょう。特に、黒目がある部分を強調するようにしっかりと塗ることによって、パッチリと目が大きくみられるのでおすすめです。

アイブローも手を抜かないで

Ysmklf0ghrgkjbdopuf6
眉毛は、描き方次第でガラリと印象を変えます。アイブロウも黒色ではなく、ブラウン系の色でふんわり太めに描くことによって、優しい印象になります。キリっと上がりすぎた描き方をすると、キツイ印象になってしまうので注意が必要です。
Czafbwswtqbklkzsmgcw
口元は、マスクがダイレクトに擦れる部分です。ですので、グロスタイプのものは避けましょう。口紅を指でポンポンと軽く色付くくらいがいいですね。最近では、擦っても落ちにくいリップテイントというのがあるので、そちらが特におすすめです。
B4aal8pb1drpesp67eez
チークは、ちょうどマスクの淵の部分が当たるところなので付けなくても大丈夫ですが、もし付けるのであればパウダータイプのものではなく、肌になじみやすいクリームタイプを薄く叩き込むように使うのがおすすめです。
Qbzqeujpmmsdowav6iyu
マスク美人になるつもりが失敗…とならないために、注意したい点があるのでご紹介したいと思います。

化粧品の色移りに要注意

Kizy3gykdatuh4dxb6zb
メイクをした顔にマスクをすると、どうしても色落ち問題が発生してしまいます。どれだけ綺麗にメイクをしても、マスクにメイクの色が移ってしまうことによって、不潔で不衛生な印象を与えてしまうこともあります。先ほど紹介したように、肌に近い色のマスクや、メイク崩れのしにくい素材のマスク選びをし、落ちにくいメイク方法をして極力化粧品の色移りをしないように気を付けなければなりません。

髪型にも気を遣おう

Vt3ynopxzdhhawlcetyc
マスクをするときには、髪型にも気を付けなければなりません。長く、重めの前髪や、顔周りを隠すような髪型は、マスクをすることによってだらしなく見えてしまいます。ポニーテールやお団子ヘアなどのアップヘア、前髪はサイドに流すなどをすることによって、明るい印象になりメイクもキレイに映えるのでおすすめです。髪型一つでメイクを台無しにしてしまうこともあるので注意しましょうね。
Oayywhux6e3mjqnugcza
いかがでしたか?マスクをすると、どうせ見えないから…とメイクを怠ってしまいがちですが、それは逆効果だということが分かったと思います。花粉症でマスクが手放せない…だけど美人に見られたい!という方は、この記事を参考にして、マスク美人になるためのマスク選びに気を付けてみたり、メイク崩れのしにくいメイク方法を実践してみて下さいね。