Iv5qnfkjgbkrjtprmwbt

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

クレンジングでマツエクにも使えるものを知りたい!選び方のコツ

2018.10.17

お洒落でマツエクをつけている人も多いと思いますが、クレンジング剤に迷ったことはありませんか?今回は、マツエクをつけている人でも安心してメイククレンジングできる商品や選び方のコツを詳しく紹介します!今日から迷うことなく自分にあったクレンジング剤を使用しましょう。

  1. マツエクとクレンジング
  2. マツエク中でも使えるクレンジング剤の選び方
  3. 1.オイルフリー
  4. 2.クレンジングタイプにも注意
  5. 3.配合成分にも注目
  6. 4.コスパも考慮しよう
  7. おすすめクレンジング商品
  8. マツエク中の正しいクレンジングのポイント
  9. マツエク中の注意点
  10. マツエク中のクレンジング・まとめ
毎回ビューラーやマスカラを使わなくてもパチっと大きな目元を印象づけてくれるマツエク、多くの女性が使用していると思います。しかし、マツエクはまつ毛の生え際に付けられており通常のクレンジング剤では短期で取れてしまう可能性があります。そのため、マツエク中の女性はマツエクを長く持たせるための上手なクレンジング選びが重要になってくるのです。
Iu3sv0gqc8cb1bwwiyk7
さっそくマツエク中でも、マツエクを傷つけず、更にメイクをしっかり落としてくれるクレンジング剤の上手な選び方のポイントを紹介します。マツエク中になかなか自分に合ったクレンジングに出会えないという人は、ぜひ参考にしてみましょう。
マツエク中はオイルフリークレンジングを選ぶことが重要です。なぜならマツエクを付ける時の接着剤はオイル成分に弱く、接着剤をとかしてしまうことがあるためです。せっかくお金を出してつけたマツエクはできるだけ長く持たせたいですよね。
では、どのようにしてオイルフリーの商品を見分ければいいのかということですが、成分表示は非常に複雑で分かりにくいことがあります。そのため、「オイルフリー」と書かれている商品を選べば無難でしょう。
Vl9ck9us7a6nbwzqwabd
説明した通りマツエク中の人はオイルフリーのクレンジングになるため、基本的にローションタイプ、ジェルタイプ、リキッドタイプのような水成分をメインとしている商品を選びます。この3種類であればオイルフリーの商品が色々販売されていますが、自分の使いやすいものを選べます。しかし、注意することはクレンジングの際に余分な力を加えなくてよいものを選ぶようにしましょう。
M6tvhlwrx56zhbucclh8
マツエクは摩擦などの力にも弱く取れやすくなってしまうため、クレンジングにまだ慣れていないという人はジェルタイプやリキッドタイプの力の加わりにくいものから試すのもいいですね。
Sv5pzwnh91gkkiy3we1e
クレンジング剤を選ぶ際には配合成分にもしっかり気を遣うようにしましょう。マツエクをできるだけ長く持たせるようにすることも大事ですが、肌にも直接付けるものなので目元だけではなくスキンケアとしても嬉しい成分の配合されたものがいいですね。最近では、クレンジング中には、美容成分などが配合されているものも多く販売されており、クレンジングで肌に与える刺激やダメージを極力少なくしてくれます。
Bnovvl4auhdjj8q1abz5
また、石油系界面活性剤や保存料などが含まれていると肌にマイナスの影響を与えてしまいますので、できるだけこのような添加物が含まれていないかのチェックも行いましょう。
Ekboph19zcutxy0tjdlc
毎日使うものだからこそコストパフォーマンスも重要ですね。あまりにも高価なものだと、毎回使う量を節約してしまい思ったようにメイクが落ちない可能性もあります。また、長期的に使い続けるのも難しいですよね。そこで、ここからは量を気にせず、マツエク中でも安心して使いやすい、選び方ポイントに沿ったおすすめのクレンジング商品を紹介します。

DECENCIA スキンアップリキッドクレンズ

ディセンシアのスキンアップはりキットタイプのオイルフリーの商品です。濡れた手でも使えるのでお風呂に入っている時にしっかりメイクオフできるマツエクにも優しいおすすめクレンジング剤です。おすすめポイントは肌との間に摩擦を加えにくく、弱い力でしっかりメイクオフできるため、マツエク初心者さんでも簡単に使いこなせますよ!
また、配合成分にもこだわっており、肌に嬉しい美容成分も豊富に入っていますので、ただのメイクオフではなく保湿効果やアンチエイジング効果などプラスの効果を実感できそうです。合成香料、アルコール、着色料などの添加物も含まれていないので、肌にも優しい商品です。

オルビス クレンジングリキッド

オルビスのクレンジングもりキットタイプのオイルフリー商品です。特徴としては、配合成分の30%以上が保湿成分でできているため、クレンジング後のツッパリ感が苦手な人にもおすすめです。また、とろみが強いため弱い力でしっかりメイクを浮かせ、マツエクにも刺激を与えにくいです。濡れていても使えるため、こちらもお風呂でメイクオフできて便利です。

パラドゥ スキンケアクレンジング

こちらはミルクタイプのクレンジング商品で、なんと89%も美容成分が配合されておりしっとりもっちりとした洗い上がりになります。
ミルクタイプはクレンジング剤の中でも肌に力の加わりやすいタイプですが、パラドゥのスキンケアクレンジングでは、メイクの油分成分とも非常に馴染みやすく、濃いメイクの日でもしっかりメイクオフをすることができます。また、コストパフォーマンスも非常によく、毎日たくさん使っても気にならないこともポイントが高いですね!

花王 キュレル ジェルメイク落とし

敏感肌の人にも安心して使えるイメージの強いキュレルからもオイルフリーのクレンジングが発売されています。ジェルタイプで余分な力をかけにくく、マツエクを刺激することなくしっかりメイクを落としてくれます。
Fv6w464yv34eevsqqodt
さらに洗顔時に失われがちなセラミドもしっかり守ってくれるため、良好な肌の状態を保ってくれます。肌の弱い人も安心して使えるように消炎剤も配合されており、肌荒れなども同時に抑えてくれる優れものです。

サンタマルシェ ディープクレンジング

サンタマルシェのクレンジングは、美肌に非常に効果が高いと言われる緑茶ポリフェノールが配合されており、紫外線抑制効果などを発揮してくれます。また、毛穴を引き締める効果にも期待ができ、メイクオフをするだけではない嬉しいプラスの効果が豊富に含まれています。
クレンジングはジェルタイプで、ゴシゴシとこすらなくてもしっかりメイクと馴染んでくれます。400mlで1654円とコスパも非常によく、毎日気軽に使い続けられそうですね。
O1r5dhwqmriew37en3cw
マツエク中のクレンジングは、余計な力で擦らないことはもちろんクレンジング・洗顔後のドライ方法にもポイントがあります。通常ではタオルで顔を拭きますが、マツエクはタオルで摩擦を加えることも避けたほうがよいです。しかし、濡れたまま放置しておくこともよくありません。
Ngtohpacqq9huvb21uzd
そこで、マツエク中のクレンジング・洗顔ポイントとしてはドライヤーの風を上手に利用して乾かすようにしましょう。このとき冷風を使いドライヤーをなるべく目元から離し、弱い風圧でまつ毛の下方から優しく乾かします。
Fsfi02jrnu1tm9kc5fzs
お風呂の際は熱いお湯で頭からシャワーをかかりがちですが、マツエク中は熱いお湯を直接目元に当てることは避けましょう。シャワーからの水圧がマツエクを弱くしてしまったり、高い温度で接着剤が取れやすくなってしまう可能性があります。洗顔するときも熱いお湯は使わず、温かい36度~38度程度のぬるま湯を使用するようにしましょう。
K8frfrrqugftvhuczwmm
今回は、マツエク中でも安心して使えるクレンジング剤を選ぶポイントや、実際に人気のあるおすすめ商品を紹介しました。これからマツエクをしてみたいと考えている人や、クレンジング剤選びに悩んでいる人も今回のポイントなどを参考に自分に合ったクレンジング剤を探して、上手にマツエクを持たせるクレンジングを心がけましょう!