Cg8laucv4y6u3oxievbt

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

美肌になれるスキンケアのやり方とは?肌荒れを改善するポイント5つ

2018.01.25

あなたはスキンケアの正しいやり方を知っていますか?「もちろん知っている」という人もきちんとその通りにケアしていなければ、美肌への道は程遠いものと言えるでしょう。そこで今回は肌荒れ改善のポイントとなる5つのスキンケアの正しいやり方と役割などについて説明します。

  1. 美肌を手に入れるポイントは5つのスキンケア
  2. スキンケア別にみる正しいやり方とその役割
  3. スキンケアその1.クレンジング
  4. スキンケアその2.洗顔料
  5. スキンケアその3.化粧水
  6. スキンケアその4.美容液
  7. スキンケアその.乳液5・クリーム
  8. 改めて気を付けたいスキンケアのやり方
  9. スキンケア以外にも見直してみるべきこと
  10. まとめ
Rctelptutzmm3sxpkqhj
「毎日きちんとお手入れしてるのに肌が荒れてる…」肌質に合ったアイテムを選んでいるにも関わらずそのようなお悩みを抱えている人は、もしかしたらスキンケアのやり方が間違っているかもしれません。
そこでポイントとなるのが基礎化粧品5つの正しいスキンケアのやり方です。日々のスキンケアはお肌をキレイにするためのものですから、正しく行えば肌荒れを防げるのはもちろん、美肌にもつながります
Xm1hj4l2fsa7unibbhwo
いくらお肌に良いとされる美容成分がたくさん配合されたスキンケアアイテムを揃えたとしても、間違ったスキンケアをしていては本来の効果を最大限に活かすことはできません。肌荒れを改善するためのポイントとなる5つの正しいスキンケアのやり方をしっかり学んで、誰もが羨むお肌を手に入れましょう!

役割

O0rffqzpgfg08osjhhid
クレンジングはファンデーションやマスカラ、口紅などのメイクや日焼け止めといった油溶性の汚れを落とすのが役割です。メイクは洗顔だけでは十分に落とすことができない場合がほとんどですので、お肌のためにも必ずクレンジングを行うようにしてください。

正しいやり方

S20om1e0hny6z2xwz8tg
まずは目元や口元のポイントメイクを専用のリムーバーで落とします。それから適量のクレンジングを乾いた手に取り、皮脂の多いTゾーンから順になじませて行きます。この時のポイントが、内側から外側、下から上へと向かって優しく広げて行くこと。お肌への負担を軽くするだけでなく、顔のたるみやしわの予防にもつながります。
すすぎは少し冷たいと感じる程度のぬるま湯で丁寧に行います。クレンジングやメイク汚れがついたままだと肌荒れの原因になるため、髪の生え際などすすぎ残しがちな部分も忘れずにしっかりと洗い流しましょう。

アイテムの選び方

Rlgjw5u7o6i0oecpieu0
クレンジングアイテムはメイクの仕方によって使い分けるのがポイントです。油分の多いオイルやジェル状のアイテムはメイクが落としやすいため、しっかりメイクにおすすめ。ナチュラルメイクの人はミルクやクリームタイプのお肌に優しいアイテムでも十分落とせます。なお、ポイントメイクは専用リムーバーを使った方がお肌の摩擦や色素沈着が防げるので、ぜひ活用するようにしましょう。

役割

Ppdmarwtbnhmnzb463vl
朝晩の洗顔に欠かせない洗顔料には、汗や皮脂、空気中のほこりなど、お肌に不要な水溶性の汚れを落とす役割があります。基本的に洗顔料はメイクをしている・していないに関係なく、毎日使うべきアイテムです。

正しいやり方

Qgzt7pogeet0vt9yycia
まずはお肌をお湯で洗い、汚れが落ちやすいように温めておきます。洗顔料はネットを使ってたっぷりと泡立て、おでこや鼻の頭など、皮脂分泌の多いところから乗せて行きましょう。次に顔全体に泡を乗せたら、泡の弾力を活かしてくるくると優しくお肌を洗います。この時に力を入れてゴシゴシこすらないようにするのがポイントです。
小鼻の周りまで丁寧に洗い終えた後は、少し冷たいと感じる程度のぬるま湯でしっかりと丁寧にすすぎましょう。洗顔後に使うタオルは清潔なものを用意し、お肌に優しく押し当てる形で水分を拭き取ってください。

アイテムの選び方

Tdak4b9vehttz1l5s9sa
洗顔料を選ぶポイントは、「きちんと汚れが落とせるか」「洗顔後にお肌がつっぱらないか」の2点です。ただし、うるおい成分を配合している洗顔料だと、お肌に残った成分が次に使う化粧水の浸透を妨げてしまうなどの影響をもたらすこともあるようです。汚れを落とすことだけを考え、その後のスキンケア成分を肌の奥までしっかり届けたいのであれば、固形石鹸を使うという選択肢もアリですよ。

役割

Nuxg5rzvf09rzjobwlcu
化粧水の役割は洗顔によって減少した水分を素早く補給し、みずみずしくなめらかな肌に整えること。そうすることで次のステップで使用する美容液や乳液などの保湿成分をお肌になじみやすくしてくれる効果があります。

正しいやり方

Chpkijxbx3nyvkih0oxf
化粧水はまず適量を取り、手のなかで温めてからお肌につけるのがポイント。乾燥しやすい頬からスタートして顔全体になじませた後は、さらに手のひらで優しく包み込むようにしてハンドプレスを行い、お肌への浸透力を高めます。
ハンドプレスはお肌への負担が少ないケアですが、酷い乾燥肌や敏感肌、大人ニキビのある人は浸透力の高さが弊害になる恐れがあるためオススメできません。その場合もけしてパシパシ叩くようなパッティングはせずに、ゆっくりと押し当てるようにして化粧水をなじませてください。

アイテムの選び方

Pegcnqr0cifcj8emnc01
洗顔してキレイになったお肌は成分が届きやすい状態になっているため、保水力が高く目的に合った成分が含まれているアイテムを選ぶとより効果を発揮してくれます。併せて洗顔による乾燥をいち早く防ぐ意味でも、素早くお肌になじんでくれるものを選ぶと良いでしょう。

役割

Cwon845gruvpi9wn0zme
豊富に含まれたお肌に良いとされる美容成分を角質層までしっかり届けることが美容液の役割です。基礎化粧品のなかで最も有効成分の濃度が高く、乾燥をはじめシミやくすみ、しわ、たるみなどの原因にお肌の内側からアプローチし、改善と予防を促します。

正しいやり方

Ia9k8mzf26xouaaptk7s
適量の美容液を頬から順につけて行き、手のひら全体でゆっくりと押し当てるようにしてお肌へとなじませます。シミやしわ、目元などを中心に、乾燥が気になる部分には重ねつけすると効果的です。美容液は成分濃度が高く変化が表れやすいため、少量ずつ様子をみてつけることをオススメします。

アイテムの選び方

Noiqfccehpntmlss6wig
特にお肌の悩みがないのであれば省いても構いませんが、保湿や美白、エイジングケアがしたい!という人は逆に1番大事なスキンケアになります。目的に合った美容成分がしっかりと配合されているものを選ぶのはもちろんのこと、長く使い続けられる金額かどうかも重要な要素の1つです。

役割

Luxo1gasdm9juupupkfm
乳液はお肌の水分を保持し、油分を補うことで保湿する役割があります。クリームの役割もお肌を保湿することですが、乳液と比べて油分量が多くなっているのが特徴です。どちらも使用することでうるおいを保ち、お肌を柔らかくしてくれます。

正しいやり方

K8e5tpinu84joudbjok1
乳液・クリームともにまずは適量を手に取り、乾燥が気になる部分を中心に顔全体へとなじませます。油分の多いクリームは使用量に気を付けて、薬指で優しくつけて行くとぬり過ぎるのを防げます。乳液とクリームはぬり過ぎてしまうと逆に油分過多となり、ニキビや吹き出物の原因になる場合もあるので注意が必要です。

アイテムの選び方

Hpubzr1ugtsmwakwrdrn
乳液とクリームはお肌につけた直後の使用感がポイント。べたつきを感じるようであれば油分量が多く、お肌に合っていない可能性があります。使用量を少なくしても尚べたつく場合は油分量の少ないアイテムに変更すると良いでしょう。なお、クリームのなかにはマッサージにも使えるものもあるので、リフトアップの効果を狙いたい人はそうしたアイテムを選ぶのもオススメです。
Tamukwq8s72rfbekj0hy
これまでの説明で1つ1つのスキンケアの正しいやり方などが理解できたかと思いますが、当たり前すぎて意外と見落としてしまっていることはありませんか?たとえば、スキンケアを始める前にしっかりと手を洗うこと。「それって重要?」と思われるかもしれませんが、汚れた手で触れるとそのまま雑菌がお肌についてしまいます。
また、アイテムにはそれぞれメーカーによる適切な使い方が書いてあり、それを読まずに自己流で使用していると本来の効果が実感できないケースも少なくありません。それに、自分の肌質を良く知り、お肌の状態に合ったやり方でスキンケアをすることが肌荒れの改善につながります。どれも基本的なことですがついつい怠ってしまいがちなので、気を付けるよう心がけましょう。
M4q4uiepcz0kl2kkic8f
正しいやり方でスキンケアを行えばお肌への負担が軽くなり、美肌への1歩につながります。ですが、スキンケアだけで肌荒れを改善し、美肌を手に入れるにはさすがに限度があるというもの。美肌を目指すためには日頃の生活習慣を見直すことも重要です。
お肌に良い栄養素を含んだ食品を積極的に摂るのはもちろん、適度な運動や質の高い睡眠もお肌の生まれ変わりを促し美肌へと導いてくれる効果があります。お肌の大敵となるストレスも上手に解消し、ため込まない癖をつけるのがベストです。
Rbo3n9ewwtviasstf9z9
正しいスキンケアのやり方を1つ1つご説明しましたが、お肌の状態によってはこの通りに行っていても肌荒れを起こしてしまう可能性もないとは言い切れません。お肌の状態が良くないと使い慣れたアイテムでも刺激に感じることがあるくらいですから、そうした変化にも気を付けて適切なスキンケアを行い、確実に美肌への階段を上っていきましょう!