Izlz6qvdvymcfx6vna7h

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

【クレンジングのやり方まとめ】正しい手順と肌質別おすすめアイテム

2020.07.13

実は意外と知らない人が多い正しいクレンジングのやり方、皆さんは毎日のクレンジング正しく行えていますか?今回は、クレンジングの正しいやり方や肌質に合ったおすすめ商品を詳しく紹介します。あなたの肌質にしっかりマッチするアイテムを探してみましょう。

  1. クレンジングの必要性
  2. クレンジングの正しいやり方
  3. 自分の肌質に合ったクレンジングを
  4. 敏感な肌質にはミルククレンジング
  5. 敏感肌・乾燥肌の肌質にはクリームクレンジング
  6. やや肌が強めの肌質にはジェルクレンジング
  7. しっかり肌の肌質にはリキットクレンジング
  8. オイルクレンジングもしっかり肌さんにおすすめ
  9. クレンジングのやり方・プラスアルファ
  10. クレンジングのやり方、アイテム・まとめ
Adk7cjttl8mauryrfdh7
女性の方であれはほぼ毎日行うであろうクレンジングですが、時にクレンジングが面倒になったりすることはありませんか?また、仕事で疲れすぎた日にはメイクを落とさずに寝てしまうということも少なくないのではないでしょうか?しかし、クレンジングは肌の健康にとって必須作業であり、メイクをしていなくとも日焼け止めだけの日にも積極的に行うことをおすすめします。
Hspxqnpl4yeqlguydsuc
クレンジングは、肌に付着した油分を浮かせて落とす役割があります。そのため、洗顔前に行うことでメイクや皮脂線、日焼け止めなどの成分を綺麗に流してくれ、洗顔で顔についた誇りなどの微細な汚れをしっかり落とします。この工程を怠ると、洗顔でも汚れが落ちにくく化粧水の浸透が浅くなるばかりか、シミやシワなどエイジングに伴う肌トラブル、ニキビや毛穴の開きなどの原因になります。
Rapuvjowv3iq7lm0i54a
クレンジングの必要性が分かったところで早速正しいクレンジングのやり方を見ていきましょう。クレンジングをしっかり毎回行っているつもりでも、意外とポイントを抑えていない人が少なくありません。今日からしっかりクレンジングのやり方を学び、正しいスキンケアを心がけましょう。

ポイントメイクオフは先に

Nbcjziaqemqhtb2im2nu
化粧をした日は、目元や口元がどうしても濃くなってしまいますよね。そんな日は、顔全体のクレンジングに移る前に目元や口元のポイントのメイクオフから行うようにしましょう。いきなり顔全体のクレンジングを行うと、目元や口元を必死で擦ろうとしてしまので、余計な摩擦が加わり肌にダメージを与えてしまいます。

Tゾーンから先にクレンズしよう

正しいクレンジングの次のポイントは、Tゾーンから行うことです。顔の中でもTゾーンは皮脂線が集まる部位でオイリーになりやすく汚れも溜まりやすい箇所になります。そのため、先にTゾーンからクレンジングすることで、クレンジング残しを減らすことができます。先程ポイントメイクオフを行った目元や口元は最後にクレンジングします。既にメイクオフしているので優しくで大丈夫です。

すすぎ水は熱湯NG!

Xgcqnpjvfdz52arlw5gd
クレンジングの際に熱いお湯ですすいだほうがしっかり落ちそうと思っている人がいますが、実はこれ間違いなのです。あまり熱いお湯を使用すると皮膚の皮脂線などを傷つけてしまい、肌トラブルに繋がります。
Rrho4e2hmmeokldiabvh
クレンジングが終わって顔をすすぐときは、36度から38度程度のぬるま湯を使用するようにしましょう!また、すすぎの時間は自分の思っている時間より気持ち眺めにすすぎましょう。クレンジング剤は顔に残りやすく、すすぎ残しがあるとニキビの原因になることがあります。

顔を拭くときは擦らない!

Ywbvmnigvwulk39qmasq
顔の水気をタオルで拭く際にもポイントがあります。それは、タオルで顔を擦らないということ。ついついゴシゴシと水分をとってしまう人もいると思いますが、意識してポンポンとタオルを優しく当てるだけにしましょう。タオルと肌との摩擦によっても、肌には大きなダメージになることがあるので、今日からのクレンジングではぜひ気を遣って行ってみましょう。
正しいクレンジングのやり方が分かったら、ここからは自分の肌質に合ったクレンジング剤を探していきましょう。クレンジングには種類が色々あり、肌質の違いによって使い分けることで、より有効にクレンジング効果を発揮してくれます。
ミルクタイプのクレンジング剤は、肌が弱い人、敏感肌の人におすすめです。タイプ別の特徴としては、乳液ようにトロッとした使用感で非常に伸びが良いので、肌に馴染みやすいです。そのため、軽い力でメイクオフがし易く、肌に刺激を与えたくないという人などに使ってもらいたいクレンジングです。

こんなメイクタイプにもおすすめ

Tdpl1e9jv0dck2sudnom
ミルクタイプのクレンジングは説明した通り、軽いタッチで肌に摩擦を加えないので基本的にナチュラルメイクをしている人や、日焼け止めオンリーの人にもおすすめです。濃い目のメイクでは洗い残してしまうことが考えられるので、しっかりメイクの人はミルククレンジングより強めのクレンジング剤を選ぶようにしましょう。
クリームタイプのクレンジングは、基本的にどの肌質の人にも幅広く使ってもらえますが、特におすすめしたいのは、敏感肌さらに乾燥肌の人です。クレンジングタイプの特徴は、比較的油分が多く配合されているため、メイクとの馴染みも良く使いやすいです。
G4ir47asakclachzlqkx
また、オイル成分の配合から洗い上がりはもっちりしっとりした仕上がりになり、乾燥しやすいという人や肌のツッパリが気になるという人でも不快感なく使用できます。
ジェルタイプのクレンジングは既に紹介した2種類のクレンジングよりは洗浄成分を多く配合しているものが多く、やや濃い目のメイクにも対応しています。しかし、その分肌の負担が大きくなる場合があるので、敏感肌の人にはやや不向きアイテムが多めです。敏感肌の人でどうしてもジェルタイプのクレンジングを使いたい人は、配合成分で洗浄成分が比較的少ないものを選ぶようにしましょう。
ジェルタイプは洗浄力が強めといってもゴシゴシ肌を擦る必要はありません。ジェル状のクレンジング剤がクッションのような役割を果たしてくれるため、適量のクレンジング剤を使えば少ない力でしっかりメイクオフすることができます。
リキットタイプのクレンジングも、洗浄力が強いアイテムが多いため、肌の弱い人には不向きな場合があります。さらに、リキットタイプでどうしても肌と手が直接接触しやすいためさらに肌に刺激を与えやすい特徴があり、初心者の方などは少々難しかもしれません。日頃メイクが濃い目の人には満足して使ってもらえるアイテムでしょう。
オイルタイプのクレンジングもリキットタイプと同じく、比較的肌質の強めの方におすすめのアイテムです。こちらも濃い目のメイクもしっかりオフできるように、洗浄成分が多く含まれているものが多く、さらに慣れていないと肌に摩擦を加えがちです。しっかりメイクをした日で、オイルクレンジングを使う際には、しっかり量をとりできるだけ優しい力でクレンジングを行うことを心がけましょう。
V3lu8gyvutaypbifwx3q
自分の肌質に合ったクレンジング剤は確認できましたか?正しいクレンジング剤と正しいクレンジング方法がわかったと思いますが、さらに効率よくクレンジングを行うために気をつけて欲しいことは、クレンジングを手にとったらそのまま顔に付けるのではなく、少し手のひらに置いて体温で温めてあげましょう。
Gihx2oxvehikwzowvtlo
手の体温でクレンジング剤を温めるだけで、肌にのせたときによりメイクとの馴染みが良くなり、余計な力を加えずともメイクが落ちやすくなります。肌にできるだけ刺激を与えたくない人などは、ぜひプラスアルファで実践してみてくださいね!
Qnxeateehzgk6fammbge
今回は、普段何気なく行っているクレンジングに着目して、正しいクレンジングのやり方やポイント、また肌質に合ったクレンジングアイテムなどを紹介しました。今までメイクさえ落ちれば、と思ってクレンジングしていたあなたも、今日からぜひクレンジング選びにもこだわって、よりよいスキンケアを心がけてみましょう!