Qvy53b8b85efu058vgpu

ヘアスタイル・アレンジ

CATEGORY | ヘアスタイル・アレンジ

ハイライトブリーチなしできる?おすすめ明るい印象のカラーを紹介!

2018.05.29

皆さんは、カラーをブリーチなしでも明るいハイライトが入れられるのをご存知ですか?この記事では、ブリーチなしでもできるハイライトのおすすめの印象ヘアスタイルをご紹介します。ハイライトはブリーチ必須だから、やりたくてもできないと悩んでいる方は、ぜひ参考に!

  1. ブリーチなしでもハイライトは楽しめる!
  2. ブリーチなしのハイライトとは
  3. ブリーチなしでどこまで明るくなる?
  4. ブリーチなしでできるハイライト①
  5. ブリーチなしでできるハイライト②
  6. ブリーチなしでできるハイライト③
  7. ブリーチなしでできるハイライト④
  8. ブリーチなしでできるハイライト⑤
  9. ブリーチなしでできるハイライト⑥
  10. ブリーチなしでできるハイライト⑦
  11. まとめ
引用: http://cu-viv.jp/blog/wp-content/uploads/2017/12/IMG_0106-450x450.jpg
最近、人気がある「ハイライト」。しかし、ハイライトはブリーチによる髪のダメージが心配…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。実は、ブリーチを行わなくても、ハイライトを入れることはできるんです!髪のダメージを気にすることなく、ハイライトを楽しむことができますよ。今回は、ブリーチなしでもできる明るいハイライトのおすすめヘアスタイルをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。
Kfqimy1jnqhzapubqxac
引用: https://res.cloudinary.com/ashhair/image/fetch/w_700,f_auto,fl_lossy,q_auto,fl_progressive/https://ash-hair.com/shared_img/column/98/03/00/img_a.JPG
ハイライトにはブリーチが必須…こんな話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。しかし、ハイライトの前には、必ずしもブリーチが必要というわけではありません。まずは、ブリーチありの明るいハイライトとブリーチなしのハイライトで、どのような差があるのかをご紹介します。
引用: http://acqua.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/image69-725x797.jpeg
上の画像は、ブリーチを行ったハイライトのヘアスタイルです。暗めのベースカラーと明るめのハイライトによるコントラストがはっきり出ていますよね。このように、明るいハイライトをより目立たせたい方は、ブリーチを行うのがおすすめです。
引用: http://acqua.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/IMG_7311-725x906.jpg
上の画像は、ブリーチなしのハイライトのヘアスタイルです。ハイライトがベースカラーになじんでいて、とてもナチュラルな印象を受けますよね。しかし、ハイライトが入っていることで、髪に立体感や明るさはきちんと出ています。このように、ナチュラルなハイライトを楽しみたい方は、ブリーチなしがおすすめです。
引用: http://yso.tokyo/wp-content/uploads/2017/08/IMG_6477.jpg
ハイライトを入れるときは、自分のなりたいイメージや好みに合わせて、ブリーチを行うのか・行わないのかを選びましょう。
引用: https://imgbp.hotp.jp/CSP/IMG_SRC/08/91/B011180891/B011180891_271-361.jpg
ブリーチを行わない場合は、ハイライトをあまり明るくすることはできません。では、ブリーチなしでどこまで明るいかをご紹介します。
引用: http://kazuhirouno.jp/wp-content/uploads/2017/03/17030714.png
明るさを表す単位には「トーン」と呼ばれるものがあります。一般的にカラーリングで使用されている領域は、4トーンから16トーンまでです。ブリーチなしで行えるのは14トーンまでで、15トーンからはブリーチが必須になってきます。

7トーン

引用: http://kazuhiko-fujita.com/wordpress/wp-content/uploads/2017/04/20170411104813.jpg
こちらは、7トーンのアッシュ系カラーです。ハイライトのベースカラーに良さそうですね。7トーンの場合は、地毛のような黒よりは明るいカラーの印象になるようです。

9トーン

引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/70/22/B017207022/B017207022_271-361.jpg
こちらは、9トーンのラベンダーアッシュカラーです。7トーンと比るど少し明るい印象ですね。こちらもベースカラーとして活躍しそうです。

11トーン

引用: http://kazuhiko-fujita.com/wordpress/wp-content/uploads/2017/04/20170411011116.jpg
こちらは、11トーンのアッシュグレージュカラーです。光が当たると、11トーンでもこれぐらい明るい印象になります。暗めのベースカラーに11トーンのハイライトを入れると、控え目でナチュラルなハイライトを楽しめそうですね。

14トーン

引用: http://kazuhiko-fujita.com/wordpress/wp-content/uploads/2016/02/20160216035857.jpg
こちらは、14トーンのアッシュグレージュカラーです。14トーンまでなら、ブリーチなしでも染めることができます。暗めのベースカラーに14トーンのハイライトを入れると、コントラストもしっかり出そうですね。
引用: http://acqua.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/image72-725x966.jpeg
こちらは、ブリーチなしでハイライトを入れたヘアスタイルです。「オフィスでも浮かないハイライト」がテーマになっており、とてもナチュラルな印象を受けますね。ベースカラーには暗めのグレージュ、ハイライトは14トーンと呼ばれる明るめのカラーになっています。
引用: http://acqua.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/IMG_7311-725x906.jpg
毛先を軽く巻いただけでも、ハイライトによる髪の毛の動きがはっきり出ていますね。大人のこなれた印象も感じられます。このように、暗めのベースカラーに明るめのハイライトを入れることで、ブリーチなしでも素敵なヘアスタイルを手に入れることができますよ。
引用: http://kazuhiko-fujita.com/wordpress/wp-content/uploads/2017/04/20170411114805.jpg
こちらは、ブリーチなしでハイライトを入れたヘアスタイルです。ハイライトだけでなくローライトも入っているヘアスタイルで、髪にとても立体感が出ていますね。ベース・ハイライト・ローライトの3色のカラーが入っていることで、見る角度やヘアアレンジによって様々なニュアンスを楽しむことができます。
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/21/12/B017262112/B017262112_271-361.jpg
こちらは、ブリーチなしでハイライトを入れたヘアスタイルです。黒髪のベースに少し明るめのハイライトが入っていますね。このように、ベースが地毛の色に近い場合は、ブリーチなしでも様々なハイライトが楽しめそうです。オフィススタイルにもぴったりでおすすめですね。もっと詳しく知りたい方は、下記のリンクからチェックしてみてください。
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/15/42/B020521542/B020521542_271-361.jpg
こちらは、ブリーチなしでハイライトを入れたヘアスタイルです。ベースカラーとハイライトカラーにあまり差がないため、とてもナチュラルな印象を受けます。ハイライトが部分的に入っているので、自然な立体感が出ていますね。ベースのグレーアッシュで透明感も抜群です。もっと詳しく知りたい方は、下記のリンクからチェックしてみてください。
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/16/03/B032441603/B032441603_271-361.jpg
こちらは、ブリーチなしでハイライトを入れたヘアスタイルです。暗めのベースカラーにハイライトをプラスすることで、髪に立体感が出ています。赤みが一切感じられないカラーで、透明感も抜群ですね。もっと詳しく知りたい方は、下記のリンクからチェックしてみてください。
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/41/03/B018354103/B018354103_271-361.jpg
こちらは、ブリーチなしでハイライトを入れたヘアスタイルです。ベースカラーより少し明るめのハイライトが必要最小限に入っています。重くなりがちな黒髪でも、ハイライトを入れることで明るい印象に仕上がっていますね。もっと詳しく知りたい方は、下記のリンクからチェックしてみてください
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/86/40/B013038640/B013038640_271-361.jpg
こちらは、ブリーチなしでハイライトを入れたヘアスタイルです。黒髪のベースにブラウンカラーのハイライトが細かく入っていますね。グラデーションカラーのようにも見えます。ヘアアレンジがさらに楽しめそうですね。もっと詳しく知りたい方は、下記のリンクからチェックしてみてください
Acmdkehq6rewbzkdmb1s
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTMmkD-hHKPLaQfKwPur2iMUGyOZVoekA2uqXfQbFsQGBN81WUB
いかがだったでしょうか。今回は、ブリーチなしでもできるハイライトのおすすめヘアスタイルをご紹介しました。ベースカラーを暗めにすることで、ブリーチなしでも十分ハイライトを楽しめそうですね。さらに、同じトーンでもカラーの系統によっては、より明るいカラーにすることができます。ご紹介したおすすめヘアスタイルの中で気になるものがあったら、ぜひ試してみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d3kszy5ca3yqvh.cloudfront.net/wp-content/uploads/2017/12/20/16/10fd07fa91e4b12d63d726f4fa0ddb4c_276cd7db2610f.jpg