Ac3n7kbz4ujwfzmfeqqe

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

ファンデーションはパウダーとリキッドどっちが良さげ?違いや特徴も

2018.05.31

ファンデーションにはいろいろなタイプがありますが、どっちを選ぶのがいいのでしょうか?今回は数あるファンデーションの中でも、「リキッド」と「パウダー」にスポットライトを当てていきます。それぞれの特徴や良さや違いを挙げて、パウダーとリキッドを比べてみましょう♪

  1. ファンデーションはリキッドがいい?それともパウダー?
  2. リキッドとパウダーの違いを知ろう!
  3. リキッドファンデーションの特徴①ささっと塗れる
  4. リキッドファンデーションの特徴②化粧がよれることがある
  5. リキッドファンデーションの特徴③カバー力はそこそこ
  6. リキッドファンデーションの特徴④肌にあまり良くない
  7. パウダーファンデーションの特徴①ナチュラル系メイクに最適
  8. パウダーファンデーションの特徴②紫外線防止効果がある
  9. パウダーファンデーションの特徴③肌の負担が少なくクレンジングしやすい
  10. パウダーファンデーションの特徴④乾燥肌にとっては使いづらい
  11. リキッドorパウダー?肌質によりけり
  12. リキッドとパウダーを日々使い分けるのおすすめ
Iontwvrdlynrow7dbkvr
皆さんはどんなファンデーションを愛用していますか?ファンデーションには色々なタイプや違いがあって、リキッドパウダークリームなど、どっちも使用感が違い良さがありますよね。今回はリキッドファンデーションとパウダーファンデーションの特徴や違いを挙げながら、どっちとも、メリットやデメリットを見比べます。
C7rcoblsbr6bppkml6ig
自分の肌にどっちのファンデーションが適しているのか、これを機会にしっかり見直してみてください。もしかしたら今使っているファンデーションよりもよりあなたの肌に合う違いのタイプのものがあるかもしれません。
Ps2bdpwgzaxvuhc2xnue
長年リキッドタイプのファンデーションを愛用している方の中には、「リキッドだとささっと濡れて時短メイクができるから使っている」という方もいるかもしれません。リキッドファンデーションは水分が多いので、スキンケアをする感覚で手でもささっと濡れるのが持ち味です。
W1o8erkr4q7guarobthw
顔全体にファンデーションを行き渡らせるのに時間がかかりませんし、塗り残しも少ないのがメリットと言えるでしょう。特に朝忙しい方はできるだけメイクにかける手間や時間を減らしたいですよね。どっちかというとそういう思いからリキッドファンデーションを選んでいるという女性が多いと思います。
Xalh9aiwgg6f6aazj2bj
水分が多く非常に塗りやすいリキッドファンデーションですが、化粧がよれたり崩れたりする場合があるので使っている方は注意が必要です。どっちかというと水分が多いということはそれだけ肌の密着度が少ないということ・・・、時間が経つと自分の顔から出ている皮脂も手伝って化粧が崩れやすくなってしまいます。
Ntfpjzi4mvubwmnbw7pr
朝ぱっちりメイクをしたつもりでも、リキッドファンデーションで仕上げたベースメイクが午後になるとどんどん崩れてくるという経験をした方も多いでしょう。
Idmcjbsjc01a1b5wy62v
特にオイリー肌の方は、普通と違いリキッドファンデーションを使うと顔がドロドロになる恐れがあるのであまりおすすめはできません。どっちかというとよれたり崩れたりしたらまた化粧直しをしなくてはいけないので、非常にめんどくさいです。
Xhrozwbnbqdrzio5ewql
最近のリキッドファンデーションには質の高いメイク成分がたくさん配合されているので、カバー力はそこそこあるのが良さ。一昔前までのリキッドファンデーションはあまりカバー力が高くないと言われてきましたが、メーカーの企業努力によってそのあたりは改善されたようです。
Pls9xgcmybxzjbhskfix
パウダーファンデーションよりもリキッドファンデーションの方がカバー力の面では優れていますし、最もカバー力が高いとされるクリームファンデーションにも迫る勢いだと最近は言われています。シミやくすみ、肌色のムラがある方はリキッドファンデーションを使ってそれらをしっかりカバーしていきましょう。特に40代以降の年齢肌に悩んでいる方は、できるだけカバー力の高いリキッドファンデーションを使うのがおすすめです。
M0dnktpo2uy70tbcxdcq
いろんなタイプのファンデーションがありますが、リキッドタイプはファンデーションの中でも一番お肌に優しくないと言われています。リキッドファンデーションの中には乳化剤を使っているものが多く、これが肌を刺激してしまうのです。
P4d5ibhngkxezsr1d0kh
特に敏感肌の方は乳化剤によって肌トラブルを引き起こす可能性が高いので、リキッドファンデーションの使用はあまりおすすめできません。比較的肌が強いという方はリキッドを使ってもいいかもしれませんが、毎日使っているとそれだけ肌ダメージが蓄積されるということは頭に入れておきましょう。
Oaiuwwa2xjzulpjmkjcm
色々なメーカーからパウダーファンデーションが出ていますが、どのアイテムを使ってもメイクの仕上がりは非常にナチュラルになります。ここがパウダーファンデーションの良さ。素肌感のあるメイクに仕上げたいという方は、パウダーファンデーションを使うと良さがでます。
Inmngjdhat3unbzsdj6e
逆にコテコテの濃いメイクをしたいという女性には、パウダーファンデーションの仕上がりだとあまり満足できないかもしれません。パウダーファンデーション単体だと密着度が低いので、必ず化粧下地を使うようにしてください。
Nhdpu5jjipvytksdoqzv
実は「日焼け止めだけを使った肌よりも、パウダーファンデーションだけを塗った肌の方がシミができにくい」という研究結果があります。パウダーファンデーションは紫外線を拡散させる効果があると言われていて、 UV カット効果が特に明記されていないパウダーファンデーションでも紫外線を防止するは働きがあるのです。
Hfxdmnh73i48ix047yge
日焼け止めだけ塗った肌は 時間が経つと日焼け止めの効果が落ちて、こまめに塗り直す習慣がないと簡単にシミができてしまうと言います。 紫外線対策のことを考えれば日焼け止めだけ塗るよりも、パウダーファンデーションを叩いた方が効果が高いのです。
Ia8zifch1zyp0rugue95
パウダーファンデーションは肌の密着度が低く、カバー力がさほど高くないのが難点と言えるでしょう。しかし密着度が低いということはメイクオフしやすいという特徴にも繋がっています。アイテムによってはクレンジング剤不要で、石鹸で洗い流せるパウダーファンデーションもあるほど。
Aw6qe0zp6pzs4xwn0q1k
クレンジング剤は肌にとって負担になってしまうことが多いので、使わずにメイクを落とせるに越したことはありません。パウダーファンデーション自体が肌に優しいということもありますが、メイクオフする時にクレンジング剤を使わなくていいというのも肌のダメージを最小限に抑えるメリットになっているのです。
U5zbsxa914jsdre1ohci
乾燥肌の方にとって、パウダーファンデーションはあまり魅力的に感じないでしょう。ただでさえ水分や潤いが少ない肌に、パウダーを塗ってしまう・・・これはさらに肌から水分・潤いを奪ってしまうということにつながります。乾燥肌との相性が悪いというのも、パウダーファンデーションの大きな特徴です。
Djaekbckkgy9bzr2yk6u
乾燥肌荒れどうしてもパウダーファンデーションをお使いたいという方は、メイク前のスキンケアを徹底するようにしてください。そうしないとメイクが割れたり肌から粉を吹く原因になってしまうでしょう。メイク崩れが少ないのがパウダーファンデーションの良さですが、乾燥肌の方が使うとメイク我を引き起こすという可能性があるということは頭に入れておいてください。
Oagrlvxsi7j2abbspqyt
リキッドファンデーションとパウダーファンデーション、それぞれ違った良さや特徴があるということがわかりました。乾燥肌の方はリキッドタイプを使い、オイリー肌や普通肌の方はパウダーファンデーションを使うというのが一般的だと思います。
Evierxdnrityw1dvvw1d
一番オススメしたいのは、日によってファンデーションの種類を使い分けるというものです。パウダーファンデーションは肌の刺激が少ないので日常使いして欲しいアイテム、ただカバー力が低く「今日はしっかり肌の難点を隠したい!」と思っている時には向かないことが多いファンデーション・・・。そういったスペシャルな日にはリキッドファンデーションを使って、メイクの仕上がりを完璧に近づけましょう。