Ewz3gupmek8ru67uc9ab

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

【美肌を作るスキンケアの順番まとめ】基本のケア方法再確認

2018.10.17

毎日やっている当たり前のスキンケア。意外と正しく順番にできている人が少ないんです。正しいスキンケアをしていればもっともっと美肌になれるかもしれません!今回は、基本のスキンケア方法を再確認ということで、順番やアイテムをご紹介していきます。

  1. スキンケアアイテムの役割
  2. スキンケアの正しい順番
  3. 正しいスキンケアの順番と方法
  4. 正しいスキンケアの順番と方法 クレンジング
  5. 正しいスキンケアの順番と方法 洗顔
  6. 正しいスキンケアの順番と方法 化粧水
  7. 正しいスキンケアの順番と方法 美容液
  8. 正しいスキンケアの順番と方法 乳液・クリーム
  9. 肌質に合ったスキンケア
  10. 正しいスキンケアまとめ
Yygh636vzedeqdosigir
まずは、日ごろ何気なく使っているスキンケアアイテムですが、一つ一つの大切な役割はご存知でしょうか?基本のアイテムの役割を再確認していきます。

クレンジング

Ycm7o3g1pzh1izrunifg
ファンデーションやアイラインなどに使われるメイクの汚れは油性です。クレンジングはそんな油性の汚れを落とす役割があるアイテムです。洗顔をしているからメイクも一緒に落ちるなんて考えは間違いなんです。 油汚れというのは水だけではなかなか落ちないですよね。クレンジングも同じでしっかりクレンジング料で落とすのが基本です。クレンジングにもクリームやオイルシートなど種類はさまざまですが、肌の状態に合わせて使うのが一番いいです。オイルはしっかりとしたメイクも落とせます。クリーム系のクレンジングは、お肌のデリケートな時に優しく潤わせながら落としてくれます。シートは、外出先など短時間でさっと落とせます。摩擦は肌への負担になるので毎日は使わないほうがいいです。

洗顔

Hh5imfpo9is2ulqwmjjr
洗顔は、クレンジングの油性の汚れを落とすのに対して、ほこりや汗などの水性の汚れを落とす役割があります。また、クレンジング料や残ったメイク汚れなども落とす役割があるアイテムです。

化粧水

Laqjub6kpipxtfprbviy
お肌は洗顔などをすると潤いが失われます。化粧水はそんなお肌に潤いを与え、整える役割があるアイテムです。

美容液

Ofb9ivpmvuv085ii0hnq
一般的に濃縮された保湿成分や美容成分が配合されている美容液は、お肌に栄養を与えてくれる役割をしてくれるアイテムです。なので、自分の肌の悩みなどに合ったものを継続して使うといいです。二種類以上使ってもいいですがなるべく、改善したいお肌のトラブルなどに合わせて同じ成分の物を使うとより効果的です。

乳液・クリーム

E57g5gzwelf9976f3giu
乳液やクリームにはお肌に油分を与え、化粧水などの水分を閉じ込め保護してくれる役割があるアイテムです。乳液よりもクリームのほうが油分は多いので、乳液だけでもいいですが、乾燥がひどい方や冬などは乳液とクリームどちらも使うのがいいでしょう。お肌は水分と油分のバランスが大事なので化粧水だけでも、乳液だけでもダメなんです。
Gq7tschbdak9x1hr4vbt
先ほどのスキンケアアイテムの役割を見ていただいたらだいたい分かるかと思いますが、一つ一つに意味があるのでそうでなければいけない理由があります。正しい順番はクレンジング→洗顔→化粧水→美容液→乳液・クリームです。
Gmpokof2q12zl2zhougy
次はそれぞれのスキンケアアイテムの正しい使い方をご紹介します。
Moukcl2pvyem7epbrlaa
まずは、何よりも手を洗うことが最初です。手が汚れたままだとスキンケアした際にてについた菌をそのまま一緒に塗り込んでいるのと同じです。 クレンジングは目元、口元から落としていきます。クレンジングは、乾いた手のほうが落ちやすいものが多いです。商品によってさまざまなので説明をよく読みましょう。あとから、Tゾーンから肌全体を優しく落とし、ぬるま湯で洗い流します。
Udsou8e3wzuqjpwkkl6i
洗顔はまず、手や泡立てネットなどでよく泡立てます。TゾーンからUゾーンへとくるくる円を描くように優しく洗っていきます。この時によく洗ったほうがいいとごしごしこするのは逆に肌へ負担になりますし、洗いすぎは必要な皮脂まで洗ってしまうと感想やオイリー肌の原因になります。また、泡が肌にいいと勘違いして肌にのせている時間を長くしてしまう方もいますがこれも同じでよくないので、全体が洗えたらさっとぬるま湯でながしましょう。そして清潔な柔らかいタオルでこすらずにぽんぽんとおさえるように拭きます。
P8lyf0cyhxjopozdhdtu
化粧水は、乾いた手のひらかコットンにのせ、顔全体にしみこませます。手の場合はたたいたりせずに、ハンドプレスをしてしっかり浸透させましょう。どちらでもいいのですが、手の場合はムラが出来ないよう全体にしっかりしみこませるといいです。コットンの場合は、肌への刺激にならないようにコットン全体にしっかりと化粧水をしみこませてから使いましょう。
Kihejcpbbnu2avde0ul7
美容液も、手のひらに適量とり、軽く手の上でなじませ温めてから肌になじませていきます。
Ntkvtdxe8vd8u0zuplw1
塗り方は同じで、手に少量とり肌になじませますが、オイリー肌の方はTゾーンに塗りすぎないよう注意したり、乾燥が気になるところだけクリームを付けるなど工夫してみてください。クリームは指の腹でとって伸ばすのがいいです。
Am6tkdvinsjieacdhaqy
もちろん正しい順番ややり方はありますが、自分の肌にあったことをしていないと逆効果になってしまうので、自分の肌質を理解しておきましょう。人の肌は普通肌、乾燥肌(乾燥しやすい肌)、オイリー肌、混合肌(乾燥とべたつきが混在している肌)の4種類に分類されます。

普通肌

Zizahakkxvvqbuuk7ict
普通肌は、水分量と皮脂のバランスがとれた肌です。肌質はすぐに変わってしまうので油断せずキープできるよう食生活やスキンケアをしてください。

オイリー肌

Zfjuliti4uwgnyacduya
オイリー肌は皮脂量のほうが出すぎて、全体的にテカリやべたつきが目立ちニキビができやすいです。オイリー肌は、偏った油の多い食事や、洗顔のし過ぎなどの乾燥によってオイリー肌になってしまうので必要な潤いはたもってスキンケアしましょう。

乾燥肌

Rp3muicmvpr1u2ucpy3d
乾燥肌は、皮脂も水分も少なく全体的にかさかさとした肌です。洗顔のし過ぎや、正しくないスキンケアなどによって必要な水分を補給できていないということです。乾燥肌でもニキビや敏感肌になるトラブルがあるので優しい保湿を心がけてください。

混合肌

N3aqf3n0fipuneux9y8h
混合肌は、Tゾーンは皮脂が多く口や鼻回りは乾燥しているなど、乾燥とオイリーが混合している肌の事言います。乾燥肌とオイリー肌どちらのトラブルも起こりやすいので、その部分にあったスキンケアが必要です。皮脂が多い部分には、クリームなどは塗りすぎず、乾燥している部分には乳液やクリームでたっぷりと保湿してください。
明日のため、 3年後のため、 10年後のため。 . もっと先の、 未来の自分の為に🌟 .

ロート製薬さんから顔の乾燥対策ができる 「ヘパソフト 薬用 顔ローション」をいただきました。 ・ 話題の成分、#ヘパリン類似物質 が配合されている乳液タイプで、この時期いつもならカサつくアラフィフ肌もしっとりツヤツヤ✨ ・ 医薬部外品だから毎日のケアにプラス。 最近はバックに入れてハンドクリーム代わりにも使っています。 ・

洗顔にたーーっぷり時間かけたら 保湿する時に肌により良く 浸透しやすいんだって💕 今日はコットンにたーっぷり 化粧水染み込ませて コットンパック💕✨ 保湿保湿〜〜🎵✨ コットン乾いてきたら すーぐ外すのがポイントだって✨

Fnp1ilz3zhinibqigkzc
正しいスキンケア法は再確認できましたでしょうか?スキンケアアイテムの役割やどんな効果があるかなどを知ると、毎日のスキンケアで効果を実感しながらできるんではないでしょうか。どんなにお金をかけていい化粧品を使っても正しい方法でスキンケアをしていないと効果はなんと半減にもなるそうです。正しいスキンケアをしているとメイクノリがよくなったり、メイク崩れがしにくくなったりといろんなところで効果が実感できると思うので、ぜひこの機会に毎日のスキンケアを見直してもっと美肌を目指しましょう。