Kzsuxtmckfc1qfgdrbdj

心理

CATEGORY | 心理

誘いの断り方!面倒臭い場面で役立つ上手な言い方とは?

2020.07.31

仕事上のお付き合いでのお誘いなど、お断りしたい誘いはけっこうあるものです。相手が先輩や上司などだとかなり断りづらいものですよね。断り方や使う言葉次第では角が立ったりするものですが、そういう誘いに対する上手な断り方をご紹介していきます。

  1. 誘いの上手な断り方①断ることに対する罪悪感は捨てて
  2. 誘いの上手な断り方②断り文句の選び方
  3. 誘いの上手な断り方③理由のつけ方
  4. 誘いの上手な断り方④相手への気遣い
  5. 誘いの上手な断り方⑤上司・先輩からの誘いの場合
  6. 誘いの上手な断り方⑥友人・知人の場合
  7. 誘いの上手な断り方⑦気のない異性に誘われたら
  8. 誘いの上手な断り方⑧告白されたら
  9. 誘いの上手な断り方⑨宗教などへの誘い
  10. 誘いの上手な断り方⑩お金を貸してと言われたら
  11. まとめ
引用: https://sokkadayo.jp/wp/wp-content/uploads/2014/12/10269-1.jpg
あなたは、「断る」ということに対して罪悪感をいだいていませんか?会社や学内でのおつきあいはいろいろありますが、そのすべてに参加しなければ、相手との関係が悪くなったり、のけ者にされたりはしないかと不安で断れないという人は多いと思います。「おつきあい」を大切にする日本人は、それを断ることを「悪いこと」のように思いがちですが、そもそも、自分が気乗りしない飲み会やイベントなどに参加して、あなたに何かメリットはあるのでしょうか?断ることは相手に失礼、嫌われるのがいや…などという理由で上手く断れないあなた、上手な断り方を身につけて、相手も自分も大切にしましょう。
引用: https://www.guiaempreendedor.com/wp-content/uploads/2016/05/etico-reflexivo-320x190.png
引用: http://www.ltantei-chiba.com/wp-content/uploads/2015/08/illegal.jpg
まず大切なのは、誘ってきた相手に対して、どんな言葉を選んで断るかです。先に言い訳などをだらだらと言って、最後に断る言葉をくっつけるのは、あまり印象が良くないだけではなく、「じゃあこうしたらどう?」とか「そんなこと言わないで~」などと相手が食い下がってくる可能性もあります。相手が上司や先輩などの場合は断りにくいかもしれません。でも、まず最初に断る言葉を言いましょう。「いやです」などと言うとそれこそ角が立ってしまいます。「残念ですけど行けません」など、相手に不快感を与えないような断り方を選びましょう。ただ、あなたにとってさして重要な立場の相手ではなく、本気で迷惑だと思っている場合は「いやです」とはっきり言っておいてもいいでしょう。こういう相手には強めに断らなければ、またしつこく誘ってくる可能性がありますので、きっぱりと強い言葉で断りましょう。
引用: https://static.meiguoshenpo.com/image/201509/236357862257716302147418299.png
引用: https://www.controlarlaansiedad.com/wp-content/uploads/2018/02/ansiedad-por-comer-sintomas-mal-con-uno-mismo.jpg
はっきりと断る言葉を先に言っても、相手が理由を求めてくるかもしれません。理由がないなら行こう、という強硬な姿勢を取る、強引な人もいますよね。今後の人間関係を心配しなければならないような相手の場合、ここで相手を怒らせないような理由をつけなければなりません。本心では「この人と飲みに行ってもつまらなさそうだから」などと思っていても、それは口に出してはいけません。先輩だの上司だのにそんなことは言えませんよね。こういう相手には、「その日時では都合が悪い」「仕事が忙しく、詰まっている」「最近あまり体調が良くない」「家でしなければならないことがある・家族の都合」など、「断らざるを得ない自分の都合」を理由として伝えましょう。あらかじめ、こういった「理由」を準備しておけば万全です。できる限り、真実味のある理由をつけて断りましょう。
引用: http://johnwrichardson.com/wp-content/uploads/2014/10/looking-up-blog.jpg
引用: http://hipoalergiczni.pl/wp-content/uploads/2014/03/hipoalergiczni_grafolog_zuzanna_gorska.jpg
先輩や上司、友達など、誘ってくれる相手はさまざまですが、どんな相手に対してでも忘れてはいけないのが、相手への気遣いです。断るにしても、誘ってくれたことへの感謝の言葉を添えれば、また相手があなたにいだく印象は変わります。誘いを受けたその時にはたまたま断りたい気分だった…などという場合は、別の日時を提示したりすると「単にいやで断りたいわけではない」というのを相手に示します。「行きたくないけど、ちょっとだけならいいかな」というような時は、「じゃあ一時間ぐらいだけなら」と、時間を限定する譲歩案を示します。これだけでも「ただ断る」に比べれば、はるかに人間関係は良くなります。ほんのちょっとした気遣いが、のちの人間関係に影響してきますので、こういう断り方はとても良いと言えますね。
引用: http://im.hthayat.com/2015/11/04/1032316_2f269f028611dd8571a036a57b48994c_600x600.jpg
引用: http://cdn.24.co.za/files/Cms/General/d/4603/45ddc37a2434448884e491da0885909f.jpg
職場の上司や先輩からのお誘いは、本当に断りにくいものです。職場での人間関係は壊したくないけれど、プライベートな時間まで仕事関係の人と過ごしたくないという人も多いのです。上司や先輩から誘われた場合は、なるべく丁寧な言葉づかいで、丁寧に理由を説明して断りましょう。先約があり、どうしても断らざるを得ない、ちょっと体調がすぐれない…などの理由を述べ、最後には「残念です」「また次の機会にぜひ」などという言葉を添えましょう。たったこれだけで、人間関係は円満なまま断れます。
引用: https://www.stilopolis.it/wp-content/uploads/2018/01/no-rapporto-desiderio-620x330.jpg
引用: https://admin.freetour.com/images/tours/404/fado-nights-16.jpg
仲の良い友人からの誘いなら、ふたつ返事でOKすることが多いと思いますが、友人というより知人に近い、あまり親しくない相手から誘われた場合、あまり行きたくないと思うこともありますよね。そういう相手があなたにとってどんな存在なのかによって、断り方も違ってきます。まだ親しくないけれど、今後仲良くなりたいと思うような相手なのか、あまり好きではないので、親しくなりたくはない…という相手なのか、その違いによって断り方を選びましょう。仲良くなりたい相手には、「その日はあいてないけど、別の日なら大丈夫」という代替案を示しておきます。仲良くなりたくない相手には、「ごめん、その日はダメ。誘ってくれてありがとう」「その日は休めないから行けない。楽しんできてね」などと、「これ以上会話を進めない」「さっさと断り、締めの言葉でくくる」形で断りましょう。また、「その日はダメだから、またいつか」と、次を確約しない締め方で断るのもいいでしょう。仲良くなりたくない相手なら、「次はない」ことを暗に示すような断り方で、次の誘いを予防するのも有効です。
引用: https://texaswiedwedding.files.wordpress.com/2013/01/8717_1145586489729_1529520138_30486940_7504392_n.jpg
引用: https://bilder.fernsehserien.de/epg/01c/01c7bf524b597cb8841242e6025137dabaaf8533_b.jpg
「誘い」は、職場や学内の飲み会やイベントだけではありません。あなたに好意を持っている異性が、ふたりきりでのデートに誘ってくることもあるでしょう。好意を持った相手に、自分の気持ちを伝えたい、もっと近づきたい、もっともっと知りたい…と思うのはごく当たり前のことですが、思う相手から思われるならいざしらず、まったく興味のない、しかもこの先、好意を持つことなどありそうもない相手から、デートのお誘いを受けることもあるものです。こういう相手はまず軽く、お茶や食事などに誘ってきたりするものですが、そういう場合は、まずお礼を述べてから、先約がある・はずせない用事がある…などの理由を言って、ごめんなさいと謝って話を終わらせましょう。または、他のみんなといっしょに行くことを提案しましょう。「みんなといっしょがいい」と言うことによって、「ふたりきりはちょっと…」という意思表示ができます。もう誘ってほしくない場合は、多忙などの理由を挙げておいて、「またいつか」で締めましょう。「次」の予定を確約しない断り方で、相手に気がないことを伝えましょう。
Taqbbtlxa23wt1iyghad
引用: https://timesofindia.indiatimes.com/photo/38990314.cms
引用: https://i.f5haber.com/img/4/660/0/medyatava.com/uploads/news/fe0badd3-4215-4832-828b-470444752dc1.jpg
「愛の告白」も「誘い」のひとつですが、これもデートの誘いと同じで、思ってもいない相手からだと困ってしまうものです。好かれるのは悪い気はしないものですが、好きな相手から好かれるのでなければ、迷惑な場合もありますよね。相手の気持ちにこたえるつもりがまったくないので断りたいけれど、上手な断り方がわからないという人もいるでしょう。そういう相手にはまず、告白してくれたことへのお礼を言いましょう。そしてその後、「ごめんなさい」と謝りましょう。理由を言わないことが、この断り方のポイントです。また、他に好きな人がいなくても「好きな人がいる」とうそをつくのも良いでしょう。これはとても優しい断り方になります。相手に非や不足があるわけではない、他に好きな人がいることが断る理由…ということにすれば、相手も納得します。
引用: https://cdn.tv-programme.com/pic/episodes_new2/73042.jpg
たまにある、宗教団体の集会などへのお誘い、相手によっては断りづらいものです。相手が友人など、そこそこ親しいならなおのこと、きっぱりと断らなければなりません。まったく興味がない、とはっきり断ることが大切です。
引用: http://images5.fanpop.com/image/photos/26300000/Harry-Potter-Deathly-Hallows-II-hermione-granger-26399449-500-213.jpg
引用: http://img.tel.pmdstatic.net/fit/http.3A.2F.2Fimages.2Eone.2Eprismamedia.2Ecom.2Fprogram.2F2.2Ff.2F4.2F7.2Fc.2Fb.2F3.2F8.2Fd.2F5.2F2.2Fd.2F8.2F1.2F4.2F7.2Ejpg/310x175/crop-from/top/l-empire-des-loups.jpg
他に「誘い」といえば、宗教への勧誘などもありますが、「お金を貸してほしい」と言われるのも「誘い」のうちに入ります。自分も余裕がない…と言えば、ほんの少しだけでいいからと食い下がられてしまうかもしれません。こういう時は、自分も困っているので、むしろ自分の方が貸してほしい、というのが上手な断り方です。これは意外性があって相手も困りますよ。
引用: https://pbs.twimg.com/profile_images/378800000713749896/30fbcb6395ba5c9b8092122884513367_400x400.jpeg
日々の色々な誘いへの断り方をご紹介してきましたが如何でしたか?同じ断るにしても、相手への気遣い・心遣いを忘れなければ、人間関係を円滑に保つことができますので、冷たい言葉で断ったりしないように気をつけましょう。
引用: http://www.kadinvekadin.net/modul/user/fuimg/201404/hayir_demek_guclu_bir_irade_gerektirir-0.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://coconuts-oil.net/wp-content/uploads/2015/08/53af435468fba8b27909bb54a0ea96d9_s-500x334.jpg