Eykumolefuckets9vg8w

ライフ

CATEGORY | ライフ

マスクで前髪が崩れちゃう!湿気に負けない髪型の作り方をご紹介!

2018.05.19

せっかく前髪をセットしたのに、マスクをしていると湿気で崩れてしまうことありませんか?今回は、マスクをしていても崩れない前髪の作り方・対処法をご紹介します。前髪が崩れて気になる…!イライラする…!ということがなくなりますよ!参考にしてみてくださいね。

  1. お風呂上がりは即ブローが鉄則!
  2. 前髪スタイリングの前に…クセをリセットする
  3. 前髪スタイリングの前に…ヘアスプレーについて
  4. マスクをしても崩れない!前髪キープスタイリング①ふんわり前髪
  5. マスクをしても崩れない!前髪キープスタイリング②斜め前髪
  6. マスクをしても崩れない!前髪キープスタイリング③パッツン前髪
  7. マスクをしても崩れない!前髪キープスタイリング④長めの前髪
  8. マスクをしても崩れない!前髪アレンジ①編み込み
  9. マスクをしても崩れない!前髪アレンジ②ねじり編み込み
  10. マスクをしても崩れない!前髪アレンジ③ポンパドール
  11. マスクをしても崩れない!前髪アレンジ④くるりんぱ
  12. おわりに
Cfml5zeez1su0qn8g4yf
前髪を一日中キープしたいなら、前日から準備は始まっています!お風呂からあがったら、すぐに髪を乾かすように心がけましょう。前髪が濡れていると、湿気によりクセが付きやすいです。そのクセは、翌朝に持ち越すと、取れにくくなってしまうことも…。お風呂から上がったら、湿気によってクセがつく前にドライヤーでしっかりと乾かすことが適切な対処法です!
Q8kjlyqfeqzm9qxoqanr
前髪をドライヤーで乾かすコツは、髪の根元にドライヤーを当てて、根元からしっかり乾かすことです。根元にドライヤーを当てる際は、前髪を下から上に、持ち上げるようなイメージで当てていきます。そうすると、前髪が根元からふんわりとして、キープしやすくなりますよ!
次に、前髪を終日キープするスタイリング術をご紹介します。
Heuy3ke5kpggxlmh3zqn
前日にしっかりと髪を乾かして寝ても、湿気によりクセがついてしまうこともあります。そんなとき、クセがついている部分だけ濡らして、ブローしても効果はありません。根元からしっかりと濡らして、クセをリセットしてからブローするようにしましょう。
Aepnobwnpk55ans2xmtj
生えグセをリセットするコツは、根元から濡らした前髪を半乾きの状態まで乾かします。そして、前髪全体をブラシで左方向にときながら、ドライヤーを当てていきます。次に、ブラシで右方向にときながら、ドライヤーを当てます。完全に乾くまで繰り返すことで、根元にできている生えグセをリセットすることができます。ドライヤーは頭皮から20cm程度離して、髪の毛の流れに沿うように風を当ててください。
Nxqqvfyvozxowuftxniz
前髪を一日中キープするためにスプレーを使用する人もいると思います。ヘアスプレーには色々な種類があります。ホールド感が高いヘアスプレーは、かえって前髪が崩れやすくなることも…。前髪のスタイリング剤は、ナチュラルにセットしてくれるタイプがおすすめです。ヘアスプレーは、つけ過ぎると髪が重くなり対処が大変になります。必要な部分にだけ、使いすぎないように心がけましょう。
Ychl8qt4kwxasg5pcxwx
ふんわりとした前髪を作りたいなら、丁寧なブローが必要です。まず、前髪を上下に2つのブロックに分けます。下のブロックは、毛先の中心に内巻きのクセを作ります。毛先をブラシで巻き込みながら、ドライヤーを当てます。3秒キープすればOK。上のブロックは、ブラシを前髪の根元に当てて、頭皮に対し斜め上45°に向かって引き上げてブラシを毛先に向けてゆっくりと滑らせていきます。根元にふんわりとした立ち上がりが生まれます。上下のブロックのブローが終わったら、上下を合わせてブラシでサッと梳かします。

ヘアスプレーの使い方

前髪の内側の根元部分にスプレーします。ふんわりとした前髪を、長時間キープすることができます。根元にスプレーをしたら、前髪の表面をサッとブラシ梳かして、カタチを整えます。
Hfv5pmobsamtjgxfj95n
斜め前髪をキープするポイントは、カーラーでクセをしっかりつけ、ヘアスプレーでカタチを整えることです。まず、根元のブローをして、前髪を上下2つのブロックに分けます。毛先から根元に向かって、上下それぞれに同じサイズのカーラーを巻きます。クセがついたら、カーラーを外します。

ヘアスプレーの使い方

前髪の内側の根元にヘアスプレーをかけましょう。この時、スプレーは根元だけにかけるようにします。流す向きやカタチを整えたら、ヘアスプレーをかけたクシを使って、前髪の表面をサッと整えましょう。前髪の流れを整えて、前髪の表面をキープします。この時、前髪にヘアスプレーが付きすぎないように、1~2回程度とかすだけにします。
Cdni7vxqczynlrukba9q
パッツン前髪をキープするポイントは、クセの付け方を上下で変えること。そして、ヘアスプレーで割れグセを防ぐことです。まず、根元のブローをして、前髪を上下2つのブロックに分けます。カーラーで巻くのですが、下のブロックは毛先から真ん中辺りまで巻くようにします。上のブロックは、上方向に引き上げながら、毛先から根元までしっかり巻いていきます。前髪の根元からしっかりと立ち上がります。

ヘアスプレーの使い方

前髪を持ち上げて、内側の根元にヘアスプレーをします。そして、前髪を下ろし、根元からもみほぐすイメージで、指をジグザグに動かしながら、生えグセを抑えます。最後にブラシでカタチを整えれば完成です。
Cm3tlzetlgktt18t2ipa
伸ばしかけの前髪など長めの前髪をキープするポイントは、カーラーで外巻きのクセをつけて、ヘアスプレーで根元から立ち上げることです。まず、根元のブローをして、前髪を左右に分けます。仕上がり通りのカタチにしましょう。前髪を外巻きになるよう、カーラーで巻いていきます。上方向に引き上げつつ、毛先から根元までしっかりと巻きます。

ヘアスプレーの使い方

カーラーを外し、前髪の根元付近を上方向に持ち上げます。前髪の内側の根元にヘアスプレーをします。長めの前髪は、髪の重さでペチャンコになってしまいがちです。しっかりと上に持ち上げながらスプレーすることで、根元の立ち上がりをキープできます。
Icdvixl7eqgm5wgmjgqn
いかがでしたか?マスクの湿気でも崩れにくい前髪のスタイリング方法をご紹介しました。スタイリングする時間がない…!という人や、1日中前髪が気になってしまう…!という人は、思い切ってアップスタイルで対処してみては?イメージチェンジにもなりますし、時間がかからず、簡単に対処できるアレンジもありますよ!それでは、前髪のヘアアレンジをいくつかご紹介します。詳しいアレンジ方法は、動画を参考にしてみてくださいね!
前髪編み込みは、簡単に可愛くなれてスッキリとまとめることができます。編み込みたい部分を3束に分けて、1回三つ編みをします。端の毛束を足しながら編み込んでいきます。ショートヘアにもロングヘアにも似合いますよ!伸ばしかけの髪にのおすすめです。
編み込みよりももっと簡単なのが、ねじり編み込みです。前髪をねじって留めるだけ。朝、時間がない…!という時にも簡単にできておすすめです。
続いてご紹介するのは、ポンパドールです。ふんわりと女性らしいスタイルになります。おでこをスッキリと出すことで、前髪が乱れる心配もなくなりますよ!
簡単アレンジの代表「くるりんぱ」を前髪にも…!伸ばしかけの前髪にもおすすめで、くるりんぱとひと手間加えるだけ。簡単なので、前髪アレンジ初心者の人でも挑戦しやすいですよ!
いかがでしたか?ブローだけではなく、思い切ってアレンジしてしまうという対処法をご紹介しました。参考にしてみてくださいね!
N1iu6ngghwwuubg9qnnv
マスクの湿気対処法は他にもあります。マスクの湿気で前髪が崩れてしまうのは、マスク内に溜まった水蒸気が隙間から漏れ出てくるから。マスクをすると湿気によりメガネが曇ることがありますよね!それと同じ原理なんです。マスクにはメガネの曇りを防止するものがあります。鼻にピッタリとフィットしているので、息が漏れににくく、前髪が崩れる心配がなく、対処が軽減されます。
Iyt9fx8yfyo8ya8mggeq
いかがでしたか?マスクで前髪が崩れてしまう時の対処法をまとめてご紹介しました。ブローやヘアアレンジで、崩れない前髪を作ってみましょう。