Yfsuntiwdleyl8ihebvp

ほくろ

CATEGORY | ほくろ

ほくろが多くて増えるのは病気かも!?原因&対策を徹底解析

2018.05.24

ほくろってとっても身近な存在ですし、どなたでも1つくらいほくろがあったりしますが多い場合にはちょっと心配になってしまいますよね。そんなほくろが多い原因や病気、対策などについてご紹介して行きたいと思います。ほくろが気になる方ぜひ参考にして下さい。

  1. ほくろが多い?
  2. そもそもほくろとは?
  3. ほくろ多い?ほくろができる原因と対策とは?
  4. ほくろ多い?ほくろができる原因「紫外線」
  5. ほくろ多い?ほくろができる原因「紫外線」への対策とは?
  6. ほくろ多い?ほくろができる原因「メイクなどによる刺激」
  7. ほくろ多い?ほくろができる原因「メイクなどによる刺激」への対策とは?
  8. ほくろ多い?ほくろができる原因「ストレスや睡眠不足」
  9. ほくろ多い?ほくろができる原因「ストレスや睡眠不足」への対策
  10. ほくろに関する病気
  11. まとめ
Yv767qiteyw5zpjnoxu8
ほくろが多いとチャームポイントになっていれば良いのですが、見た目的に気になってしまう場合もあります。そして原因や病気も気になるところではあります。急に増えてきたほくろなどはより気になってしまう事もあります。このページではそんなほくろが増える原因や病気などについてご紹介して行きたいと思います!もちろん違和感がある場合には早めに専門医に診てもらう事も重要です!ではさっそく見て行きましょう!
Iazbhwartjsixp0xq93j
ではそもそもほくろとはどんな存在なのでしょうか?東京女子医科大学のページこのような記述を発見しました!
Qbeoyxomjldtlzjlisjq
ほくろ(色素細胞母斑,melanocytic nevus)とは 色素細胞が増える良性のできもの(良性腫瘍)です.生まれつきのものや子供のときに生じるもの,大人になってから生じるものがあり,茶色や黒の小さなしみや隆起として体のあちこちにできます.日本人では足裏にできることが多いため,メラノーマを心配する人が増えています.しかし,ほくろがメラノーマに変わるわけではありません.(一部抜粋)

Hmpredilzeyn5pxj78ry
なるほど。基本的にはほくろと言うのは良性のできものと言う認識で良いようですね。日本人が足裏にできる事が多いと言うのはびっくりです。ここにあるメラノーマとは色素細胞が無制限に増え続ける悪性の物の事だそうです。
Kkpq7sp5kvea2h3ftfto
ではほくろが多く増えてしまう原因についてもご紹介して行きたいと思います!日常生活で気をつける事ができるのであれば、無くして行きたいですね。そんな多く増えてしまう原因から知って行きましょう!
Lhmcyr191z2tsg78v2xe
紫外線はほくろの原因として一番多いと言われている原因です。紫外線を浴びてしまうとメラノサイトが刺激されてメラニンが作られてしまいます。もちろん必要な働きでもあるのですが、出過ぎてしまうと排出する事ができなくなってしまい、ほくろへと繋がってしまう事があります。紫外線はシミやシワの原因ともなってしまいますので、紫外線対策をしっかりと行なって行きたいですね。
W8r641u5quxvfwhk6zi3
Wbzh1rld5s2t4jdjwmw0
紫外線への対策としては、日焼け止めをこまめに塗る、日傘を使用するなどが挙げられます。また多くあるのが少しの外出の時に日焼け止めを塗らずにいることや、室内にいる時に日当たりの良い場所にいても日焼け止めを塗らないと言うことが挙げられます。とっても基本的なことでもありますし、注意する事で対策することができますので、ぜひ実践してみて下さい!
Hrde1wztzlhdkxsz3xm7
Um1ma5oywkar1onpn7m8
メイクなどによる刺激も紫外線と同様に、お肌にとっては刺激となってしまってメラノサイトが活性化されてしまいほくろへと繋がってしまう事も考えられます。現代の女性には欠かせない存在となっているメイクですが、お肌に刺激が少ないようにスポンジやブラシを使用する事も大切ですね。メイクの場合には特に同じ場所に刺激を与える可能性もあります。また肌荒れなども同じように刺激となってしまう可能性があります。
Arz036xb16rlffobxrux
なるべく柔らかいスポンジやブラシを使用するようにして、手を使う場合にも優しくぐいぐいと押したりすることの無いように注意しましょう。よくあるのがお肌を少し引っ張ったりする時に、押す力が強かったりもしますし、不必要に引っ張り過ぎてしまうことがあります。少しの違いでも1年単位で見たら大きく変わって来るかと思います。少しずつ刺激の少ないようにして行けるように配慮が必要です。
Pwakiawcghdnyfgipdel
ストレスや睡眠不足もほくろが多く増えてしまう原因となってしまいます。ストレスはホルモンバランスを崩してしまう事があり、新陳代謝が悪くなってしまい結果的にメラニンを排出できなくなってしまってほくろへと繋がってしまうケースや、睡眠不足の場合にも夜眠れていない事で新陳代謝が悪くなってしまい、お肌のターンオーバーが乱れてほくろへと繋がってしまう事が考えられます。
F16u174maocbl9n8fg9r
ストレスや睡眠不足はなかなかライフスタイルとも密接に関係しているので、すぐに改善するのが難しかったりもします。ストレスはストレスの原因自体を無くすことは難しいですが、ストレスとの向き合い方を変える事で改善できる部分があるかも知れません。以前の記事でストレスとの向き合い方についてを書いている物がありますので、ぜひ参考にしてみてください。
E1unbr5xxxdwsc5kigq7
睡眠不足に関しては、時間が取れるのに眠りにつくことができないのか、時間自体が取れないのかで少し変わってきます。眠りにつくことができない場合には、ストレスも考えられますので上記のリンクを参考にしてもらうのが良いかも知れません。時間自体が取れない場合には、睡眠環境を変えて睡眠の質を上げるようにすると良いでしょう。枕を変えるだけでも起きた時の感じが変わったりしますので、ぜひ専門店で選んでもらったりしてみて下さい!
Qaynf7kpefqlcfmjavi8
Kemte9p1bggxk7mwcjmz
ではここからはほくろに関する病気についてご紹介して行きたいと思います。病気の症状は個人差があるかも知れませんし、自己診断は非常に危険ですので違和感を感じたり、異変があった時には早めに専門医を受診して下さいね!では病気とその症状をご紹介して行きます。
Xgwvqa8mv7axhega7tyf

悪性黒色腫(メラノーマ)

Cxxayxjnuqb324zdls7x
悪性黒色腫は、ほくろと見間違いやすい癌の代表例です。皮膚の表面にほくろのような黒い病変となって現れることが多く、実に3割が足の裏に現れます。 主な原因とされているのは、皮膚に対する繰り返しの刺激や、紫外線による影響。進行が早く、転移することも多い危険な病気です。 しかし、早期発見できれば治療は難しくありません。癌が皮膚の上にとどまり、ほかの部位への転移がない状態であれば、5年生存率は90%を超えます。(一部抜粋)

基底細胞癌

Cv6q6asbawvhoak8uncf
基底細胞癌とは、皮膚の最も深い部分にある「基底層」と呼ばれる部分の細胞が癌化したものです。顔や頭などに現れることが多く、症例の80%が頭部に集中しているといわれています。長い年月の間、紫外線を浴び続けたことが原因と考えられており、50歳以上の高齢者に多く見ることができる病気です。 症状は、顔の一部にほくろのような黒い点ができることから始まります。その時点で手術を行えば治療は可能ですが、悪化すると転移してしまう可能性も。自覚症状がないため、目で見て発見することが大事だといえるでしょう。(一部抜粋)

有棘細胞癌(ゆうしさいぼうがん)

Opxnzcw9kmwksfhq19cy
有棘細胞癌とは、皮膚の中間辺りにある有棘層(ゆうしそう)と呼ばれる部分の細胞が癌化したものです。ほとんどの場合、赤いできものや潰瘍のような見た目をしていますが、まれにほくろのように黒い点に見えることもあるのでご紹介したいと思います。 紫外線などのほか、子宮けいがんの原因である「ヒト乳頭腫ウイルス」によっても引き起こされる病気です。70歳以上の高齢者、特に男性の患者が多く発症しています。 自覚症状はありませんが、患部がうみ、悪臭を放つので注意しましょう。発症する部位によってさまざまに形を変えますが、皮膚の表面が盛り上がり、内部がえ死するのが特徴です。(一部抜粋)

Jo59pgiaw8dmtffexf48
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまでほくろが多い原因や病気、対策などについてご紹介させて頂きました!ほくろってかなり身近なので、あまり気にしないと言う事も多いかと思いますが、原因や病気などをチェックしておく事も重要ですね。また日頃からほくろの大きさなどを注意しておく事も大切ですね。ぜひ参考にしてみて下さい。