B2fxlmx5myaeny6brig0

ファッション

CATEGORY | ファッション

帽子はクリーニングに出せるのか?帽子のケア方法を紹介!

2020.07.31

「普段使っている帽子を洗いたい」という人も多いのではないでしょうか。とはいえ、「型崩れしそうで怖い…」「本当に洗えるの?」という悩みがありますよね。そこでこのページでは、帽子のケア・クリーニング方法を徹底解説いたします!

  1. 帽子ケア方法!素材別・型崩れ防止クリーニング①:手洗い可能な素材
  2. 帽子ケア方法!素材別・型崩れ防止クリーニング②:洗濯機で洗えるタイプ
  3. 帽子ケア方法!素材別・型崩れ防止クリーニング③:洗えない素材をご紹介!
  4. 帽子ケア方法!素材別・型崩れ防止クリーニング④:洗濯機で洗う方法
  5. 帽子ケア方法!素材別・型崩れ防止クリーニング⑤:手洗いの方法
  6. 帽子ケア方法!素材別・型崩れ防止クリーニング⑥:洗えない帽子のケア方法
  7. 帽子ケア方法!素材別・型崩れ防止クリーニング⑦:臭いを防止する方法
  8. 帽子ケア方法!素材別・型崩れ防止クリーニング⑧:注意ポイント
  9. 帽子ケア方法!素材別・型崩れ防止クリーニング⑨:クリーニング屋さんで洗ってもらおう!
  10. 帽子はクリーニングに出せるのか?帽子のケア方法を紹介!のまとめ
Pa0czowbd2kkjmbzxmag
まずは手洗いできる帽子をご紹介します。素材でいえば、ポリエステル100%は大丈夫そうですね。綿も同様にオッケーです。こうした生地であっても、型崩れしてしまう可能性がありますので、洗濯表示には確認しておきましょう。
Kcuigsyqvfkiabsvxuns
型崩れ帽子のために厚紙を中に入れていたり、オーナメントが接着している帽子であれば、丁寧に洗う必要がありますね。キャップであれば、ツバが破れてしまうと修復するのはとても大変です。手洗いできる素材でも、やさしく洗うようにしましょう。
Yzuukbbrfsy8ynw9cwkn
洗濯機で洗える帽子は、限られています。例えば、幼稚園児や小学生がかぶる通園・通学帽は洗えそうですね。とはいえ、素材は綿に限ります。フェルトなどの場合は洗濯機で洗うことができません。子どもたちが学校で使用する帽子であれば、多くの種類がオッケーである可能性が高いでしょう。
Cpkpcgujxnmsuwgbpbiw
引用: https://lh3.googleusercontent.com/sgi6gNHuv4Xs9rRgMoEz9VHxeU-Yt5l9nQlwPvg6E0DsFU_grT0MENIQ9gozEjy7GD6LVQ=s124
洗えない素材は何があるでしょう。例えば、革製品であれば無理ですね。毛皮もそうです。ぬれてしまうと縮む素材も洗えません。シルクや麻などが挙げられるでしょう。他にも、紙製や植物系の素材で作られた帽子は洗ってはいけません。麦わら帽子などはその傾向にありますね。もし洗ってしまえば、繊維が壊れ、ボロボロになってしまうかもしれません。
P4zsigozxbbygpawahgl
とはいえ、「洗濯=水洗い」というわけではなく、ドライクリーニングで洗濯できる種類もあります。その確認は、洗濯表示ですね。ご自宅では洗えないタイプでも、クリーニング屋さんならば対応してくれる可能性もありますよ。どうしても洗いたいという帽子があれば、洗濯表示をチェックし、クリーニング屋さんに相談してみてくださいね。
U8uvpo2oppekapudzlsv
洗濯機で洗濯可能な帽子は、型崩れの心配がないタイプですね。とはいえ、飾りなどがついている時は、できるだけ外すようにしましょう。シミや汚れがひどい時は、中性洗剤などをつけておくと、後でスッキリと洗い落とすことができますね。
Y97jsb4659lobmftlrqf
洗濯機に入れるときとは、洗濯ネットを使ってください。タオルなどでくるんでから、ネットを使用するの良いでしょう。はじめて洗濯する帽子であれば、別の洗濯モノと一緒に洗わない方が良いでしょう。色落ちする可能性があり、色がうつってしまいますね。洗濯機を回し終えたら、念のため水で再度洗ってください。洗剤成分が帽子に残っている可能性もあり、それは肌に負担をかけるものです。
R1xdvaxqk2ywdismjoje
脱水は、洗濯機で行うと型崩れする恐れがありますので、取り出してタオルなどで水を切りましょう。洗濯機を使用したいのであれば、長い時間をかけて脱水してはいけませんね。雑巾を絞るように水を落とすことも避けてください。乾燥する際は、日陰干しですね。型崩れや洗濯バサミのあとがつかないように注意しましょう。キャップのツバなどは、乾きにくい部分でもあります。その際は、ドライヤーで無理に乾かすのではなく、扇風機などの弱い風が良いでしょう。
Ydw6k3sphvgama8pveef
手洗いできるかどうかは、洗濯表示のタグでチェックしましょう。洗濯機で洗うときと同様に、汚れなどがひどい場合は、前処理が欠かせません。水やブラシを使って、汚れを落としておきましょう。シミやファンデーションがついているのであれば、水では落ちない可能性もありますので、中性洗剤をつけますね。こうした前処理を怠ってしまうと、汚れが広がってしまいますよ。
Z1foha0wmnpyo7fmpjkn
前処理を終えたら、洗っていきます。洗濯表示を確認して、温度の指定がなければ、ぬるま湯が良いですね。中性洗剤を泡立て、帽子を押し洗いします。この際、型崩れしないように、丁寧に洗ってくださいね!頑固な汚れは、ブラシなどを使って洗うようにしましょう。綺麗になったら、最後は水かお湯ですすぎます。水の切り方や乾燥の仕方は、洗濯機洗いとほとんど同様ですね!
Usznyqpqeep25amm64xr
洗えないタイプの帽子は、どのようにケアすれば良いのでしょうか。帽子をぬいで、ブラシなどで汚れや埃を落としましょう。汗の処理は、布などでふきますね。そして、陰干しします。すぐにしまってしまうと、カビが生えてしまうかもしれません。
Fdert4tfijivwq54xrpf
汗ジミ防止するためのテープやライナーが販売されていますので、探してみてくださいね。ファンデーションなどの汚れ対策にもなりますよ。シルクやフェルト、麦わら帽子などは洗濯することができませんので、ご紹介したような方法でケアするようにしましょう。
D3pgugzrsc5nvkj9syu6
洗えない帽子である場合、臭いなどを洗い流すことができませんよね。その際は、どう対処すれば良いのでしょか。特に夏場などは、臭いが気になるものです。汗の臭いなどは、消臭スプレーを活用しましょう。あるいは、重曹スプレーでも良いですね。水と重曹があれば、重曹スプレーは簡単に作ることができますよ!
Co0bln8jvl8zolrchqgi
帽子を洗うために、いくつか注意ポイントをご紹介します。昨今では、シール付きの帽子がありますよね。基本的には洗えないタイプですが、シールを剥がして洗ったり、シールはそのままで洗うことも可能でしょう。とはいえ、型崩れやシールの歪みなどは起きてしまうものですので、なるべく洗わないことをオススメします。
M2un0k4pqx6n7whvswak
キャップのツバにはさまざまな種類がありますよね。できるだけダメージを与えたくないものです。では、この部分は洗濯することができるのでしょうか。洗濯可・不可は、洗濯表示を確認しましょう。オシャレなアイテムであれば、洗濯できない可能性が高いですが、アウトドアで使うタイプであれば、洗える帽子が多いです。洗うときは、ツバが折れてしまわないように、細心の注意を払ってくださいね。
J1vbyjimsb4gm2mgmaxb
指定外繊維とタグに書かれている帽子もあります。これは、紙で作られていることが多いようですね。洗ってしまうと、接着が落ちてしまうリスクがあります。とはいえ、洗える種類もあるそうですので、やはり洗濯表示のチェックは欠かせませんよ。
Xmok8bov9znfmh9rlskn
引用: https://lh3.googleusercontent.com/Gas2GOZPDFBklT2-nbsTT9lM3AZTBmm4RAnT3HFwGvpd4FkqEajzFPWAhIZ-SNxgEy3I9w=s85
手洗いや洗濯洗いも不可であれば、クリーニング屋さんに頼るしかありません。帽子の素材や汚れの状態などによって料金が異なりますので、クリーニングに出す前に必ずチェックしておきましょう。
Nutsouyfwxpxpl0vklku
クリーニングに出すのは、ワンシーズンごとぐらいが目安でしょうか。ひどい汚れがついてしまった時などは、適宜クリーニングに出すことをオススメしますね。もちろん、日々のケアも欠かせません。
Dyprltoafcz4uhaogt9o
H5vcna1hyx3getloibyz
帽子のケア・クリーニング方法をご紹介してきました。夏場などは、帽子をよくかぶる季節ですね。正しいケア方法を知り、帽子を傷めることなく、肌トラブルなどが起きないようにしましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://i.imgur.com/cWmvIvA.jpg