Yyhj23j7yj6mdqh18lpm

ごはん

CATEGORY | ごはん

節約料理は一人暮らしの味方!本やブログでおすすめの献立10選!

2018.05.14

生活費の節約でとり入れやすいのが、食費の節約ではないでしょうか。特に一人暮らしの方は気になりますよね。そこで今回は、料理ブログや本で人気のおすすめレシピを紹介します!節約料理に悩んでいるという方は、是非参考にしてみてください!

  1. 1、一人暮らし用の献立
  2. 一人暮らし節約料理◆サラダうどん
  3. 一人暮らし節約料理◆くるりんちくわ
  4. 一人暮らし節約料理◆キムチ鍋
  5. 2、二人暮らし用の献立
  6. 二人暮らし節約料理◆ひじきの胡麻和え
  7. 二人暮らし節約料理◆ガリバタ豆腐ステーキ
  8. 二人暮らし節約料理◆茶葉炒め
  9. 3、家族用(4人以上)の献立
  10. 家族の節約料理◆ゆで卵さらだ
  11. 家族の節約料理◆麻婆白菜春雨
  12. 家族の節約料理◆イワシの香草オーブン焼き
  13. 家族の節約料理◆ありものピクルス
  14. まとめ
Ujhpfenjfbcwcjeaprxx
一人暮らしの食費は1か月3万円程度といわれています。 一人暮らしで食費を浮かせる場合は「まとめ買い」と「自炊」が鉄板。 ただし、まとめ買いの難点は飽きてしまうこと。 どうしても同じ味になりやすいので、味付けを工夫したり食材を細かく使い分けたりして、飽きが来ないようにしていきましょう。料理本を探してみるだけでもいろんなアレンジレシピを学べて楽しいですよ。

〈一人暮らしの節約料理のコツ:飽きてしまわない工夫〉

ご飯、パン、麺類など「主食は冷凍保存」すると量の調整もしやすいです。 また、乾物や調味料など「長期保存できて困ったときに利用できるもの」もあるといいですね。参考になるブログレシピや本チェックするのも楽しいですよ。 生活スタイルや優先度に合わせながらレシピを選べるといいですね。 節約料理で美味しく賢く、一石二鳥に節約していきましょう。

【一人暮らし用のおすすめレシピ】

Mjzum2smj90d2crop94d
引用: https://jp.rakuten-static.com/recipe-space/d/strg/ctrl/3/3cd91e10ae11d04761ae6c003f967c3a3c8aa369.22.2.3.2.jpg?thum=58
料理レシピ 材 料(1人分) レタス(水菜など葉っぱであれば可)1/4株 トマト大1個 きのこ(しめじ)半株 豚肉50g 冷凍うどん1玉 ごまドレッシング(ポン酢でも)お好み ルクエあれば

見た目も華やかでヘルシーなレシピで見るだけでも食欲がわきますね。 うどんはリーズナブルで節約には強い味方。まとめ買いでき、冷凍もできるので節約料理には欠かせません。 触感の違いでお箸も進みそうです。 材料やドレッシングを工夫すると自分好みにアレンジできそうですね。

引用: https://jp.rakuten-static.com/recipe-space/d/strg/ctrl/3/4075479c202753c32230242d5171948e6ad5dd8a.47.2.3.2.jpg?thum=58
料理レシピ 材 料(2人分) 竹輪(ちくわ)2本 赤ピーマン(パプリカ)半分 緑ピーマン(普通のピーマン)1個 新たまねぎ(新玉ネギでなくても)4分の1個 焼肉のタレ大匙2位 炒め用油大匙1位

見た目とともにコスパの良さも魅力的。 本などでもよく見かける、ピーマンとパプリカの違いの豆知識。ピーマンやパプリカにはビタミンCが多く含まれていますが、赤パプリカのビタミンPは熱に強く、炒めてもビタミンCを守ってくれます。 栄養価を考えるとパプリカもコスパの良い野菜といえますね。

引用: https://jp.rakuten-static.com/recipe-space/d/strg/ctrl/3/cec04b70e595326fdb0d4ffd1eb2f0dca337dbaa.22.2.3.2.jpg?thum=58
料理レシピ 材 料(1人分) 白菜1/4株 豆腐1/2丁 長ネギ1/2本 豚肉50g キムチ鍋の素1袋/瓶

一汁三菜のバランスを崩したくない人には汁ものもおすすめです。 キムチ鍋の素はおいしくて安くて体も温まって、財布と心にやさしいですね。 具や味付けをアレンジすると、長期的な節約も見込めそうです。

Q4kdjmiza2kvl6bmlx4h
二人暮らしをしている場合の食費は月4万円ほどといわれています。 上手に節約できれば2万~3万円でやりくりできることも。 その中でも大事なのは「外食を減らす」こと。 二人暮らしだからといって浮かれてしまうと食費はどんどんかさんでしまいます。 気持ちもお財布のひもも引き締めて。 こまめにブログやSNSなどに記録して進捗確認する手もあります。気持ちも引き締まるし情報も集まりやすいですよ。

〈二人暮らしの節約料理のコツ:外食に注意〉

自炊の習慣がつけば、生活の中で些細なことが節約になってきます。 たとえば、ペットボトルではなく「自分でお茶やコーヒーをいれる」こと、ちょっとした外出などで「水筒を持ち歩く」など。私も本を読む間にお湯を沸かして時間節約したりしてます。 少しのことでもコツコツ続けていくことが大事です。 お得に料理ができるレシピで、節約効果に差をつけちゃいましょう。

【二人暮らし用のおすすめレシピ】

Wxdrcubffpa8g0xcwchf
引用: https://jp.rakuten-static.com/recipe-space/d/strg/ctrl/3/6e3be7e5655d4f7212b0486f6ff05e2ccf6eab47.85.2.3.2.jpg?thum=58
料理レシピ 材 料(2〜3人分) 乾燥ひじき10g ◆にんじん1/6程度 ◆小松菜3株程度 ◆えのき1/3袋程度 ◎すりごま大さじ2 ◎醤油大さじ1 ◎砂糖少々

小松菜とひじきの彩りが鮮やかで、ゴマの香りが食欲をそそります。 目立ちにくい食材ですが料理本などでも紹介されるひじきの栄養素は本当はすごいんですよ。ひじきはミネラルが豊富で、乾物なので長期保存にも優れた節約料理にもってこいの食材です。 ゴマ、しょうゆ、砂糖などの調味料は栄養価もさることながら分量を覚えればいろんなアレンジがきくので節約を続ける強い味方になってくれます。 サッと出せる一品レシピがあれば献立にも困りませんね。

引用: https://jp.rakuten-static.com/recipe-space/d/strg/ctrl/3/4604c6b9bad2f2040ae881f2689314247a4d8d04.91.2.3.2.jpg?thum=58
料理レシピ 材 料(2〜3人分) 豆腐(木綿でも絹でも)1丁 片栗粉適量 サラダ油適量 ○醤油大さじ1 ○みりん大さじ1と1/2 ○砂糖小さじ1 ○黒胡椒少々 ○にんにく(すりおろし)1片分 バター10g

メイン料理にもなり得る、節約料理の王道のような一品。にんにくで食欲が増すこと間違いなし。 豆腐は植物性タンパクに優れつつ価格も低いという節約に最適な食材です。 豆腐のレシピはいろいろありますが、主役級で使える献立があれば食費もグッと浮かせることができます。 お肉よりも低カロリーでヘルシー。かつ安い。上手に使えるようになれば節約生活も楽しくなっちゃいますね。

引用: https://jp.rakuten-static.com/recipe-space/d/strg/ctrl/3/c976b0b9f94300e242ad779dab977f0e763b2ad6.64.2.3.2.jpg?thum=58
料理レシピ 材 料(1~4人分) お茶の葉っぱ (出がらしでOKです)5杯分程度 油大匙2 砂糖少々 醤油少々

まさにアイデアレシピ☆ブログで見つけて思わず感動しちゃいました!お茶を作ったついでに料理もできちゃう。生活の中で使えるものを無駄なく利用するのも節約料理のコツの一つです。 茶葉は栄養素が非常に高く、出がらしの料理でもその栄養はとれます。 お茶は水筒にいれて茶葉は料理。まさに一石二鳥です。

Qltibxwzzvlzbytnywo8
家族で節約する場合は、食費を決めて「1週間分をまとめ買い」するのがお得です。 人数にもよりますが、食材は1週間に5千円程度と決めて購入するといいようです。 子どもの数や年齢にもよるので細かい金額は生活スタイルに合わせて設定しましょう。まとめ買いは節約意識もでるし料理の構成も決めやすいので大変お得です。 お子さんがいらっしゃる場合は、節約料理もアイデアレシピで楽しみたいですよね。本やブログを参考にするのもおすすめです。

〈家族用(4人以上)の節約料理のコツ:料理のボリュームを出すための工夫を〉

人数が多い場合の節約料理の基本は「ボリュームを出す」こと。 比較的安価な食材を上手に使ってたくさん作れると効率がいいです。 ママブログなんかだと、ボリュームを出す工夫がいっぱいあって参考になります。 また、「保存」が可能なものや「作り置き」できるものがあると心強いですね。 献立の工夫で食材を有効利用すればするぶん、無駄なく節約できます。 ブログや本を参考にすることをおすすめします。

【家族用のおすすめレシピ】

Vftkk8pgfn7nxx5v4frs
引用: https://jp.rakuten-static.com/recipe-space/d/strg/ctrl/3/828f4268315d61af40cfd9909e9c0a8d87dfc9c7.08.2.3.2.jpg?thum=58
料理レシピ 材 料(3~5人分) じゃがいも5個 にんじん小1本 ゆで卵2個 ★塩ひとつまみ ★ブラックペッパー少々 ☆マヨネーズ大さじ3~5 パセリ少々

定番かつシンプルで彩りも良し。ポテトサラダは節約料理の王道ともいえます。 ジャガイモはいろんな料理に使いやすく、お腹にもたまるので大人数のための料理作りにはもってこいの食材です。人参と同様に保存しやすい食材でもあるので、節約生活には欠かせません。 サラダにしておくことで作り置きもでき、コスパも◎。

引用: https://jp.rakuten-static.com/recipe-space/d/strg/ctrl/3/56700229d3a8c015a5af0f349b855971546b4a4c.30.2.3.2.jpg?thum=58
料理レシピ 材 料(4人分) 白菜1/8切れ 緑豆春雨50g 豚ひき肉50g 水200cc 鶏がらスープの素大さじ1 ごま油小さじ2 麻婆豆腐の素(丸美屋)1袋 付属のとろみ粉(1袋)30ccの水で溶いたもの 水溶き片栗粉適宜 ラー油少々

麻婆は老若男女問わず好かれる献立の一つだと思います。 春雨はボリュームがあり安価なので、育ち盛りのお子さんもお腹いっぱい食べられるのは嬉しいですね。また、乾物なので長期保存に優れ、一つあれば安心な節約食材でしょう。 白菜は一つあればいろんな料理と仲良くしてくれるので、冷蔵庫にはぜひ一つストックしておきたいところ。カリウムやミネラルなども含まれているのが嬉しい。 小松菜は彩りがいいだけでなく鉄分も豊富なので添えてよし食べてよし。盛り付けをお子さんとやってみるのも楽しいですね。

引用: https://img.cpcdn.com/recipes/5011653/280/3fc93f2b227e3e046e65337dcc48bd1b.jpg?u=14627172&p=1522684280
材料 (2人分) イワシ2尾(3枚おろし) パン粉 少々 オリーブ油 少々 ハーブミックス 適量 (あれば)ピンクペッパー適量 (あれば)ローズマリー 適量 (あれば)オリーブ適量

ボリュームと節約を踏まえたメイン料理。 イワシはDHA含有量が多く安価。成長期の子どもにもいいメニューです。 見た目よりも簡単にできちゃうのも嬉しいですね。 いろんなブログを見てみると、似たようなレシピがとあるで映画で見かけたという声も・・・!本当だったら、ちょっとワクワクしちゃいますね!

引用: https://jp.rakuten-static.com/recipe-space/d/strg/ctrl/3/3376f18a74a9930b45289faac3b8397774e0df2e.69.2.3.2.jpg?thum=58
料理レシピ 材 料(5~8人分) 大根10cmほど きゅうり1本 にんじん1/2本ほど ★===ピクルス液 お酢200mlほど ミネラルウォーター200mlほど 粗塩小さじ1/2ほど 三温糖大さじ1半~2ほど 市販のピクルスシード小さじ1ほど 鷹の爪ひとつまみ

節約でなんといっても助かるのが作り置き。 ピクルス液があれば、あまりもの食材だってお洒落に変身。液の作り方はブログを参考に。 発酵食品としてビタミンCや乳酸菌がとれるのも嬉しいですね。 料理の副菜に、ちょっとしたおやつやおつまみに。手軽に食べられ保存もきく、節約には嬉しい味方です。 食材があまったときは保存しておいて、上手に利用してもう一品できると料理も楽ですね。

Vqmoakvj4i5vk7pc7weq
節約で大事なことは、「生活スタイルに合わせて無理なく続ける」ことといえるでしょう。 暮らしの形態やスタイルに合わせて、料理も工夫していけるといいですね。 本屋ブログで調べてみて、具材の特徴や栄養を理解すると、それを生活に上手に生かせて楽しく楽に節約できますよ。

☆節約料理のコツ☆

Raplns2g6x5s8lie4mj2
・一人暮らしの場合はアレンジして飽きない工夫をすること ・二人暮らしの場合は小さな節約を心がけること ・大人数の場合はお得な食材でボリュームを出すこと ・ブログや本を参考にすること

節約料理の例:動画

Ej3r584z0u4kblb63eof
暮らし方に合わせてコツをおさえると、無理なく続けやすいと思います。 また、作り置きや長期保存できるものを上手に使って、楽に料理することも大切です。 調味料や保存液など工夫次第で飽きずに続けていきましょう。 食材を細かく使ってとっておくことも大切です。 冷蔵・冷凍を使い分けて食材確保をしっかり行いましょう。 食材の特徴に合わせた調理方法で栄養価を保つとコスパもよくなります。 細かい工夫やちょっとした事ことの積み重ねも、節約生活においては大切です。 塵も積もれば山となる。コツコツ続けることで成果にも反映されやすいでしょう。 料理は毎日の生活のものなので、おいしく楽しくできればハッピーにもなりますね。 ブログや本を参考にして、献立を工夫して楽しく料理しながら節約生活を続けていきましょう。