Sl0qjambcezc3aoknirp

ライフ

CATEGORY | ライフ

マスクの種類を紹介!花粉症や風邪などオススメの選び方を教えます!

2018.05.18

花粉症で悩んでいる人も多い今の季節、店頭には色々な種類のマスクが並んでいますが、どんな基準で選んでいますか?用途や機能性ごとに色々なマスクがありますが、今回はランキングでも上位のオススメの種類や選び方についてご紹介いたします!

  1. マスクの種類、多すぎ!!
  2. ポイント①:マスクの使用感で種類を選ぶ
  3. ポイント②:マスクの性能で種類を選ぶ
  4. ポイント③:コストパフォーマンスで選ぶ
  5. ポイント④:メイクの落ちにくさで選ぶ
  6. ランキングでも人気のマスクを紹介
  7. オススメ①:疲れにくい種類のマスク・三次元高密着マスク
  8. オススメ②:昔からある種類のマスク・ガーゼマスク
  9. オススメ③:質と量を兼ね備えた・快適ガードさわやかマスク
  10. オススメ④:種類は医療用なのに低価格・サージカルマスク
  11. オススメ⑤:こんな種類のマスクも・パブロンマスク365
  12. オススメ⑥:もはやタオル・今治産タオル地おしゃれマスク
  13. 色々な種類のマスクから自分好みのものを探そう
町中でもマスクをして過ごしている人が増えていますが、皆さんはマスクを日々つけていらっしゃいますか?
そしてそのマスクは、どんな基準で選んで買っていますか?
Xxurxzleab0kgms5chhl
店頭で安く、大量に販売されているものを買っている、という人も多いでしょうし、妥協したくないので品質の良いものを買っているという人もいるかと思います。
最近は店頭でも様々な種類のマスクが販売されており、花粉のみならずPM2.5などを防ぐためのマスクも増えてきました。この記事では色々な情報やランキングを参考に、使い捨てマスクの種類や選び方をまとめます。
店頭に多く並んでいるマスクから、自分好みのものと出会うには、どこに注目すれば良いのでしょうか。
Gb5cgsa6jh8pzwizbxzq
マスクは長い人だと1日中つけているものです。特に耳にかけるゴム紐のところは、長いこと引っ掛けておく必要があるので、耳への負担が少ないものを選びたくなりませんか?
素材の柔らかいゴム紐や、負担を分散する幅が広いものなど、花粉を防ぐなどマスク本体の性能で差が出なくても、ゴム紐で差が出ることがあります。パッケージを見たり、実際の商品がサンプルとして展示してある場合はそれを触ってみて、使用感を確認してみましょう。現物が確認できない場合は、口コミのランキングなどを参考にしてもいいかもしれません。
特に立体的なマスクは、紐が帯状になっており、負担が一点に集中することがあります。そのため、最初は快適だったけれど、時間の経過と共に痛みを感じることも。
初めて使うマスクの場合はいきなり大量に購入するのではなく、少なめに購入して、実際に使ってみて様子を見ましょう。
Ud6atxyyizeehsbb7y48
マスクが持つ性能も、多くの種類から選ぶ際には重要なポイントとなります。
例えば、花粉症対策でマスクを使う人の場合、繊維が入り組んでいる「不繊布マスク」を選びましょう。花粉がつきやすいため、花粉をシャットダウンしてくれますよ。
不繊布マスクではなくガーゼマスクを使う人は、多重構造タイプや、花粉フィルターがついているものを選びましょう。
また、PM2.5対策でマスクを探している人も多いかと思いますが、PM2.5は花粉よりも更に粒子が細かいので、普通のマスクでは防ぎきれないと言われています。
今は日本製で、「PM2.5対応」と書いてあるマスクも増えていますので、パッケージなどを確認してから購入するようにしましょう。
風邪を予防したい時は厚手のマスクを選ぶと、鼻から喉の粘膜が保湿されて、免疫力がアップしますよ。
F8kjldz3wcrhm3wlf5cf
マスクは毎日使い捨てることが多いので、いくらマスクの性能が良くても、価格が高ければ使い続けるのが難しくなってしまいます。
箱に数十枚入っているマスクは毎日気兼ねなく使用出来るので、心とお財布に優しいですね。今は箱入りのマスクでもPM2.5に対応しているものなどもありますので、用途と価格が合ったものを探してみましょう。
Fyrrzdmyzflk9ktosbmw
マスクをつけていると、メイクが落ちることが気になりませんか?
近年は女性に向けて、「メイクが落ちにくい」と謳った商品も増えています。マスクを外した時にメイクが崩れていて恥ずかしい、という経験を減らすことが出来ますよ。
ただし、あくまでも「落ちにくい」マスクですので、密閉性が高いマスクになると、メイク落ちが激しくなります。マスクをして出かける・仕事をする時は、メイク直しが出来るように合わせて用意をしておきましょう。
Sust2ocfihs3ebfjzq0h
それではここから、マスクの売上や人気のランキングから、いくつかピックアップしてご紹介します。
花粉に悩んでマスクをつけているのに、効果が薄い…と、感じている人は、これを機に、使うマスクそのものを見直してみてはいかがでしょうか。
Rdyytwtbaj6j0kbg7ow2
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71S7ltR3fmL._SL1292_.jpg
長くつけていても痛くなりにくい耳紐が特徴的なマスクです。
鼻のノーズフィッターと頬と顎のブロッカーを使って、上下4方向の隙間を完全にブロック。また、口元の空間も広く設定されているので、長時間快適に過ごすことが出来ます。
日本製で、ウィルスやPM2.5にも対応しており、サイズ展開も3サイズ(ふつう・すこし小さめ・こども用)なので、特に子どもをPM2.5などから守りたい人にオススメです。
三次元 高密着マスク ふつうサイズ 5枚入 PM2.5対応
価格 ¥ 298
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/513978QHNDL.jpg
世間では不織布のマスクが主流になっていますが、肌が弱い人は痒くなってしまうこともあります。そんな人のために、ガーゼマスクにも根強い需要がありますよ。
肌触りが心地よい、昔ながらのマスクです。顔にフィットして隙間ができにくいのも特徴ですね。また、ガーゼなのでメイクが落ちにくく、職場での使用に適しています。
ガーゼマスク 大人用 5枚入
価格 ¥ 298
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81zf0YpZzrL._SL1378_.jpg
太めでソフトは耳紐と、さらっとした肌触り。口元の空間も確保されており、息苦しさがありません。
隙間の出来やすい4方向をしっかりガードしてくれる構造で、高機能フィルターがPM2.5までしっかりガードしてくれます。
これだけの機能がついていながら、1枚あたりの値段は約12円。サイズと使用感が合えばもう手放せません。アマゾンのランキングではマスクカテゴリで1位、他の売上ランキングでも上位にいることが多い、コスパ最強のマスクです。
(PM2.5対応)快適ガードさわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入
価格 ¥ 693
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71GlBzOQzdL._SL1130_.jpg
医療現場でも採用されているサージカルマスクは、不織布とフィルターの3層構造になっています。そのため、風邪や花粉など、幅広い用途で使うことが出来ますよ。
口元の空間をキープする構造と、頬にフィットする特殊な形状で、隙間を防止しています。耳にかける紐も長時間使って疲れにくい構造になっているため、長く安心して使うことが出来ますよ。
アイリスオーヤマ マスク サージカル プリーツ ふつう 60枚入り SGK-60PM
価格 ¥ 466
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71di4bMLS-L._SL1114_.jpg
高分解・高性能と謳っているのは、光触媒<V-CAT>を塗っているから。これを塗ったフィルターで花粉やハウスダストなどを分解するので、それ以上奥へ行かせません。
また、口元の空間をキープするための樹脂製バーが入っているので、マスクにファンデーションなどが付きづらくなっています。化粧が崩れにくいのも嬉しいですね。
ソフトで弾力のある耳紐で、長時間使う際の痛みも軽減。確実に異物を遠ざけたい人にオススメです。
大正製薬 パブロンマスク365ふつうサイズ 3枚入
価格 ¥ 324
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Izad0wedL._SL1000_.jpg
見た目はマスクですが、その触り心地は完全にタオル。他のマスクと違って洗って何度も使えるのが特徴です。
表面は柔らかいガーゼ、裏面はタオルです。顔につけても綺麗なフォルムが長時間キープできるので、女性にもおすすめです。ただ、これからの季節は少し蒸し暑いかもしれません。
人と違うマスクを使いたい方、環境に優しいマスクを使いたい方にオススメです。
MaBF 【モネベーシック・アイボリー●L】 モネ・ベーシックマスク 今治タオル生地 ノーズワイヤー入り 立体ギャザー 綿100%
価格 ¥ 1,620
世の中にある色々な種類のマスクの中から、自分好みのマスクを探すのは大変かもしれません。そんなときはシチュエーションに応じてマスクを使い分けるのも一つの方法ですよ。
勿論、コストパフォーマンスで選ぶことも大切です。日常的に使っていくものですので、長く買い続けることが出来るものを選びましょう。
今や、マスクは冬だけのものではありません。改めて、これからの季節にも使えるものを探してみてくださいね。
Tmgcxnyakfa8ngnnsfdb