Sdjasd3r2m3hkkdd0i23

暮らし

CATEGORY | 暮らし

ニキビはチョコレートが原因になるって本当?理由や対策を解説

2020.07.31

最近のチョコレートは本当にたくさん種類があり、見た目だけでも楽しむことができます。ですが、チョコレートを食べ過ぎるとニキビができる…とも言われていますよね?でもチョコレートは食べたい!そこで本当にニキビの原因なのか、言われる理由と対策をお伝えしていきます!

  1. ニキビにチョコレートはダメなの?
  2. ニキビができる原因はチョコレートなのか?
  3. ニキビができる原因がチョコレートと言われるのは
  4. ニキビができる糖分の高いチョコレートとは?~ミルクチョコレート~
  5. ニキビができる糖分の高いチョコレートとは?~ビターチョコレート~
  6. ニキビができる糖分の高いチョコレートとは?~ホワイトチョコレート~
  7. ニキビを心配する方にオススメのチョコレート
  8. カカオ70%以上のチョコレート効果
  9. チョコレートには良い効果も!
  10. チョコレートを食べ過ぎた!と思った時の対策
  11. チョコレートが原因でニキビができるのか?まとめ
Yeodwjwdbpajha3rq561
ニキビに良い食べ物やニキビに悪い食べ物についていろいろな説が存在しますが、ニキビに良くないと言われる食べ物で代表的なものにチョコレートがあります。果たして、本当にチョコレートはニキビを悪化させるのでしょうか。 特にバレンタインの時期はチョコレートがたくさん店頭に並び、高級チョコレートを自分へのご褒美だったり、大切な人へプレゼントをすることが多く、日常から食べている方も多くいるかと思います。 ですが、ニキビを作ってしまう原因と言われてしまえば食べにくくなりますよね。 そこで今回はチョコレートがニキビを作る原因なのか、その理由と今後の対策をお伝えしていきます!
Ior7q11rpg096zbhdi0r
脂っぽい食事・甘いものはニキビに良くないなどと、ニキビに悩んでいる人であればこの知識をお持ちの方は多いと思います。 ですが、その理由を知らない方も多いのではないでしょうか。 ニキビの出来る原因は「皮脂の分泌」と「毛穴の詰まり」にあります。皮脂は毛穴からスムーズに外へ排出されていれば問題はないのですが、毛穴の大きさ以上の量の皮脂が排出されようとした場合には毛穴詰まりを起こし、ニキビとなってしまいます。 ニキビができる直接的な原因は、全てこの「皮脂の毛穴詰まり」によるものです。 つまり、チョコレートでなくとも、糖質、脂質を多く含む食品をたくさん食べると皮脂の過剰分泌が起こりやすくなってしまいます。
Lxo8ikozi5xpjq8dfqzi
チョコレートの種類や食べ方によってはニキビを悪化させることがあるということが言えます。 チョコレートがニキビに良くないと言われるのは、含まれている糖分がニキビの原因物質だからです。ですから、糖分の高いチョコレートは良くありません。 しかし、最近はカカオを多く含み糖分の少ないチョコレートもたくさんあります。 カカオ自体にはニキビを悪化させる働きはないので、カカオが70%以上配合されたチョコレートを選ぶことで、ニキビを心配する方でもチョコレートを楽しむことができます。 ただし、食べる量には注意が必要です。いくら糖分が少ないチョコレートでもたくさん食べてしまえば糖分過多となって、ニキビを悪化させてしまう可能性があります。
A7mm0s9fm5gdmazbzelm
「ミルクチョコレート」一般的なミルクチョコレートの糖質量は100gあたり51.9g程度です。各社の板チョコ1枚はだいたい50gですから1枚あたりの糖質量は25.95gということになります。ミルクチョコレートは、脱脂粉乳や全脂粉乳、クリーム粉乳などの乳製品を加えて作ったチョコレートのことで、クリーミーで濃厚な甘さのある代表的なチョコレートのことです。
Lfuriooof5a83t8u9lyd
「ビターチョコレート」厳密には乳製品を配合していないカカオマスが40%以上のチョコレートをビターチョコレートと言いますが、市販されている商品の中には、ミルクが少量含まれたものもビターチョコレートとして扱っているものがあります。ビターチョコレートの方がヘルシーなイメージを持たれがちですが、商品ごとに多少の違いはあれど、ミルクチョコレートと糖質もカロリーもほとんど違いがありません。カカオの苦味を抑えるために砂糖を多めに使用している商品もあり、そういったものだと糖質量が多くなってしまうこともある様です。
Vicujpq2kl2zlm5tgitc
「ホワイトチョコレート」 ホワイトチョコレートは砂糖、ココアバター、乳固形分を使って作られたお菓子で、カカオマスが使用されていません。カカオマスの苦み成分が含まれていないので、甘さが強く感じられるという特徴があります。 商品によって糖質量は多少違ってきますが、いずれにしても糖質はミルクチョコレートやビターチョコレートとほとんど変わらない量になります。
Ebgyl0m5hsqc8ovftkih
カカオ含有量が70%以上のハイカカオチョコレートの中でも、カカオ含有量が90%といった商品は、砂糖の使用量をかなり抑えたものが多いので、味が嫌いでなければそういった商品を選んでみてください。念の為、購入する際は栄養成分表示をしっかりとチェックするようにしてくみてください。 また、口に入れたらゆっくりと溶かして食べるようにすれば、長い時間チョコレートの味を堪能することができますし、満足感も得られやすいと思います。 食べ方ひとつでもニキビを作らない対策ができますので、ぜひお試しくださいませ。
カカオにはカカオポリフェノールがたっぷり含まれていることから、健康維持に役立つと考えられます。
一説には、高カカオチョコ100gにはカカオポリフェノールが約2700mg含まれており、ポリフェノールがたっぷり含まれていることで知られる赤ワイン180mlと比べても、ポリフェノールの量が15倍にもなると言われています。 現在、血圧を下げる働きが期待できると国内外の研究でわかっています。 チョコレートで血圧が下がる理由はいくつかありますが、その筆頭は血管拡張作用です。ここで主役になるのはカカオポリフェノールです。 高血圧の人は、血管内に炎症が生じているために血管が狭くなり、赤血球が通り抜けにくい状態になっています。ポリフェノールは、小腸で吸収されて血管に取り込まれると、炎症を抑えるように働きます。炎症が治まることで血管が広がり、赤血球がスムーズに通れるようになって血圧が下がるのです。
Qflmxwprxdfe5arofsa9
チョコレートには、健康に良いとされるカカオポリフェノールが含まれていて、古くから不老長寿の秘薬として親しまれてきました。 その効能は、動脈硬化やガンの予防、抗ストレス作用や抗酸化作用、治癒力アップに集中力アップなど多岐にわたり、もちろん美容にも良いとされています。 チョコレートは、必ずしも悪いというわけではないのです。
Zskvnyf5vnuui2wtia8d
もしチョコレートを食べ過ぎてしまった時は、日々の食事に気をつけることでニキビのリスクを抑えることができます。 皮脂の分泌は主にビタミンB2やB6によってコントロールされているので、それらが多く含まれている食材を摂るようにしましょう。 例えば、牛レバー、鶏卵、豚肉、青魚、緑黄色野菜、乳製品などに多く含まれます。 これは脂溶性ビタミンなので、日々の食事から摂るようにしましょう。また、皮脂の酸化を抑えるためにビタミンCもオススメです。 こうしてきちんと対策することも、美味しくチョコレートを食べる秘訣となります。
Td7b6fgwre7heqiyzi9u
今回チョコレートが原因でニキビができるのではないか?という理由についてと対策をご紹介しました。 理由は加工されたチョコレートの内容にもありましたが、脂質などを含めたものを選び、量を食べればニキビができる原因となってしまいます。 対策として、カカオ70%以上のものを選ぶことや、ゆっくり食べる、そして少量摂ることが大事です。 そしてニキビができる理由と対策をしていれば、綺麗な肌だけではなく健康作りに役立てることができるのがチョコレートです。 毎日栄養バランス良く食べることが大事ですが、自分へのご褒美として少量のチョコレートを食べて楽しく過ごしましょう!