2018年10月06日 UPDATE

【ニキビ跡の治し方まとめ】シミ・色素沈着・クレーターなどタイプ別の改善法

ニキビ跡で悩んでいませんか?一度できるとなかなか治りにくいと言われているニキビ跡。ニキビ跡が茶色くなってシミ化してしまうことも。そこで今回はニキビ跡のそれぞれのタイプ、シミや色素沈着、クレーターの治し方についてご紹介していきます!

目次

  1. ニキビ跡ができる理由
  2. シミができる理由
  3. 【ニキビ跡の治し方まとめ】シミタイプの治し方
  4. 【ニキビ跡の治し方まとめ】色素沈着タイプの治し方
  5. 【ニキビ跡の治し方まとめ】クレーターの治し方
  6. ニキビ跡やシミをつくらないためには
  7. ニキビ跡やシミ対策にはピーリングも重要だった!
  8. ニキビ跡やシミ対策に普段の生活を見直してみよう
  9. まとめ

ニキビ跡ができる理由

Qxtnmwtcvkfbywik5mrd
ニキビ跡で悩んでいる女性は、実はニキビで悩んでいる女性よりも多いことを知っていましたか?「ニキビが治った!」という話はよく聞きますよね?しかし、「ニキビ跡が治った」という話を聞くことはあまりないのではないでしょうか。ニキビ跡を治したい!と思っている方にまずは、ニキビ跡ができる理由から理解していきましょう。
Knlxxrwk8gs2iyb5agyk
ニキビ跡ができる理由として主にあげられるのは、ニキビによって肌が傷ついているからなんです。しかし、ニキビは治った後も跡ができる方も多いですよね。それはなぜかというと、ターンオーバーが乱れているからなんです。ターンオーバーは肌を古い角質から新しい角質に変える肌にとって重要な役割になります。このターンオーバーが乱れていると、古い角質が本来であれば剥がれていくはずが、残ったままになってしまうのです。この古い角質が残ることで、毛穴が詰まってしまい肌荒れの原因、ニキビができてしまうんです。
ニキビができることで炎症が悪化し、ニキビ跡になってしまうんです。そのため、ニキビ跡を治して行くには根っからのニキビを作らないことが必要になってくるわけです。

シミができる理由

Tejejdrkhreuyspbud8s
シミができてしまう原因は紫外線と思っている方も多いことと思います。しかし、シミができてしまう原因は実はそれだけではなかったんです。シミの一番大きな原因としてあげられるのが紫外線ですが、他にも、女性ホルモンの変化や活性酸素、傷や虫刺されによる炎症などが挙げられるんです。紫外線は約80%が肌トラブルの原因とされています。女性ホルモンの変化では、妊娠中や出産後、生理不順は女性ホルモンのバランスが崩れやすくなり、バランスが崩れることで一時的に黒色メラニンの生成が高まると言われているんです。そのためシミが増えてしまう原因となってしまうんです。
Syle3wo0mtp33jiloucn
活性酸素では、メラノサイトを刺激して黒色メラニンを生成してしまいシミができる原因となっているのです。主に活性酸素は、ストレスやタバコ、大気汚染で発生していると言われています。こういったことが原因でシミができてしまうんですね。

【ニキビ跡の治し方まとめ】シミタイプの治し方

Cf9fmzon8at62apkgoyp
ニキビ跡が茶色になってしまいシミになった場合、どうやって治していけば良いのでしょうか。調査してみました。

美白ケアをする!

Vvlrc2ntkt90ryhbfjyy
茶色のニキビ跡はメラニン色素の沈着でニキビ跡がシミ化してしまっている状態です。そのため、茶色のニキビ跡を治すためには、とにかく美白ケアをすることが必要なんです!普段のスキンケア、化粧品などを、美白成分が入ったものに変えるようにしましょう。美白成分は主に、ビタミンC誘導体やハイドロキノン、アルプチンプラセンタエキス、カモミラエキスが挙げられます。この美白成分が入った美白ケアをすることで、シミ化したニキビ跡が薄くなったり、メラニンの生成を抑えたりしてくれるのです。

保湿する!

Jlgcr7ec6lykzaklris5
茶色のニキビ跡を治し、繰り返さないためにもターンオーバーを整えることが必要となってきます。ターンオーバーを整えることでメラニンを排出するすることができるんです。ターンオーバーを整える方法としては、毎日のスキンケアでしっかりと保湿をすることです。潤いが足りず乾燥してしまうと、肌の生まれ変わりを邪魔してしまい、ターンオーバーが乱れてしまいます。ターンオーバーを乱さないためにも、ヒアルロン酸やセラミドでしっかりと保湿しましょうね。

【ニキビ跡の治し方まとめ】色素沈着タイプの治し方

Trpnna5ynyi7pmt1vys1
色素沈着のニキビ跡を治すには、美白効果があるビタミンC誘導体が配合されている化粧品を使ってケアしていくことが必要となってきます。美白効果のある化粧品を使うことで、紫外線から守ってくれて、症状が悪化することも防いでくれるんです!肌のターンオーバーのサイクルを早めて、肌の新陳代謝を促すことが色素沈着タイプのニキビ跡を治す最も最適な方法と言えます。色素沈着は上記でもご紹介したように、肌のターンオーバーを整えるだけで、改善されて行くので、ターンオーバーを整えることを徹底しましょうね。

【ニキビ跡の治し方まとめ】クレーターの治し方

Jwbcuryiibigao55lfm5
ニキビ跡が悪化してクレーターになってしまった場合は、治すことができず、肌に残ってしまうと言われています。しかし、レーザー治療など皮膚科に行くことで改善できることもあるとも言われているんです。クレーターニキビ跡を改善する方法として最も知られているのが、レーザー治療ですよね。レーザー治療では浅いニキビ跡でも深いニキビ跡でも治すことができると言われています。
その他にも針治療やFGF注入でクレーターニキビ跡を治療することができます。しかしレーザー治療や針治療は、肌を傷つけて治して行く方法のため、痛みはもちろん、費用もかなりかかってしまいます。肌を傷つけて治す方法なので、あまりオススメしない方法ではあります。

ニキビ跡やシミをつくらないためには

Tqd23vfbtss4pcchiztx
新しいニキビ跡を作らないためにも、ニキビを悪化させずに治して行くことが必要不可欠になってきます。ニキビが跡になってしまうのは、上記でも触れましたが、炎症が原因です。炎症が悪化すれば悪化するほどニキビ跡になる可能性は高くなっていきます。そのニキビ跡も治りにくく肌に残ってしまう場合もあります。ニキビ跡を作らないためにも、根本的な原因としてニキビをるつくらないようにして行きましょうね。ニキビを作らないためにも、保湿ケアや洗顔はしっかりと行い、乾燥を防ぎ肌の潤いを保ちましょう。

ニキビ跡やシミ対策にはピーリングも重要だった!

肌の表面の古い角質を落としてターンオーバーを促すピーリングは、化粧品でもよく見かけますよね。実はピーリングってとても重要だったんです。ピーリングは特に赤みや色素沈着によるニキビ跡に効果があると言われています。また、毛穴に皮脂が詰まっているだけの初期段階のニキビ防いでくれるため、炎症性ニキビの予防にも効果的なんですよね。ニキビ跡は炎症の度合いが悪ければ悪いほど治りにくくなり、肌に残りやすくなると上記でもご紹介しましたよね。本来ニキビは、炎症や化膿を起こした状態でいきなり発生するものではないんです。初期段階で治しておけば、ニキビ跡にならないんですよね。そのためにもピーリングをして肌のターンオーバーを整えることが大切です。

ニキビ跡やシミ対策に普段の生活を見直してみよう

Ty7mqwwtd17ljll2ljqq
ニキビ跡は日々生活して行く中でも関係しているんです。まず睡眠をしっかりと取ることが必要になってきます。睡眠中には皮膚や筋肉骨、内臓器官などの発育を担うホルモンが分泌されるんです。肌の修復やターンオーバーを順調に行うためにはこの成長ホルモンが必要なんです。そのため、睡眠をきちんと取っていないと成長ホルモンが分泌されにくくなり、ターンオーバーも順調に行えなくなってしまうのです。次に、血行促進も大事になってきます。血恋がよくなると、栄養分が肌の細部まで届き、新陳代謝が高まると言われています。そのため血行促進ははだにも重要なことがわかりますよね。血行促進につながるストレッチやヨガなど適度な運動、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かる入浴がいいとされているんですよ。次にリラックスも関係されることが分かっています。人間の体をコントロールしている自律神経は、交換神経と副交感神経から成り立っているんです。起きているときや緊張状態のときには交感神経が、寝ているときやリラックスしているときは副交感神経が働いているんです。この2つの神経のうち、副交感神経のほうは肌の新陳代謝を活発にすると言われています。副交感神経を活性化することで肌の調子を整え、ニキビ跡の改善にもつながって行くのです。

まとめ

J6s6bundei0ai2gs3fjr
いかがでしたでしょうか。今回はニキビ跡のタイプの治し方と、ニキビ跡を作らないために改善して行く方法をご紹介しました。ニキビ跡はなかなか治りにくく、悩んでいる方も多いですよね。ぜひ今回のを参考に、生活面やスキンケアを見直してみてくださいね。

関連記事