Qa2c50gfyxgklghurvzf

暮らし

CATEGORY | 暮らし

帽子って洗濯できるの?洗濯方法と注意点を徹底解説!

2020.07.31

「帽子の汚れが気になる」「たまには帽子をクリーニングしたい」という人も多いのではないでしょうか?!この記事では、帽子の選択方法についてご紹介していきます!クリーニングの注意ポイントや適切な手洗い方法をお伝えしますので、ぜひお役立てください。

  1. 帽子を洗濯しよう!洗い方・クリーニング方法①:洗える素材とは?
  2. 帽子を洗濯しよう!洗い方・クリーニング方法②:洗濯機もオッケー?
  3. 帽子を洗濯しよう!洗い方・クリーニング方法③:絶対NGな素材について
  4. 帽子を洗濯しよう!洗い方・クリーニング方法④:手洗いで用意するもの
  5. 帽子を洗濯しよう!洗い方・クリーニング方法⑤:手洗いの流れ
  6. 帽子を洗濯しよう!洗い方・クリーニング方法⑥:汚れの強弱での対応方法
  7. 帽子を洗濯しよう!洗い方・クリーニング方法⑦:毎日のお手入れはどうするべきか
  8. 帽子を洗濯しよう!洗い方・クリーニング方法⑧:注意点
  9. 帽子を洗濯しよう!洗い方・クリーニング方法⑨:クリーニング屋さんに出すのもオッケー
  10. 帽子って洗濯できるの?洗濯方法と注意点を徹底解説!のまとめ
Vfuh8bp7hpsaotyfhzms
帽子の素材によっては、洗えるものや洗えないものがあります。手洗いできる帽子であれば、綿素材は大丈夫ですね。ポリエステル100%も、基本的には手洗いできるでしょう。とはいえ、洗濯表示を必ずチェックして、洗えるかどうかを確認してください。帽子のデザインによっては、型崩れしてしまう危険性もあります。
Uwphxfnhaslcnx9cmxy2
なにかしらの装飾品がついているデザインの帽子や、厚紙を入れてある帽子であれば、やさしく繊細に洗うことがマスト でしょう。つば付きの帽子(キャップなど)ならば、つばの部分がこわれてしまうと、修理するのがなかなか難しいですね。手洗いできる帽子とはいえ、丁寧に洗うことは必要不可欠なことですよ。
Xhrlcmbxhirzwbjya0vf
「手洗いはめんどくさいから、洗濯機で洗いたい」という人もいらっしゃいますよね。もちろん、帽子の種類によっては、洗濯機で洗うことも可能です。洗濯表示を確認する必要はありますが、基本的には、型崩れなどの弊害のないタイプであれば、大丈夫でしょう。お子さまがかぶる綿素材の通学帽子などであれば、洗濯機でも対応可能ではないでしょうか。
Xensfcklmoa4tf7vnjee
とはいえ、素材によっては、洗濯機で洗うことはできません。たとえば、フェルトなどがそうでしょう。素材を調べ、洗濯表示をチェックしなければ、帽子を傷めてしまう可能性が高いですね。通学帽などは、型崩れしない(あるいは型崩れしても気にならない)ケースが多いかもしれませんが、十分注意して、洗濯してください!
Jpyr9mgv86cronmfsocf
手洗いでも、洗濯機でも洗えない素材はあります。それは、レザーなどですね。毛皮製の帽子も、洗うのは難しいでしょう。シルクや麻などは、洗うと縮む可能性がありますので、NGですね。植物系の素材や紙などの帽子も、繊維がくっついてしまい、帽子を傷めるリスクが高いです。麦わら帽子などは、洗えないということになりますね。
Ylzqxdos30czyebjq5nt
「洗濯不可=ドライクリーニング不可」ということではありません。帽子の種類によっては、ドライ洗いできることもあります。もしドライ洗いオッケーの商品であれば、クリーニング屋さんに行ってみましょう。価格などは、会社や店舗によって異なりますが、帽子を受け付けてくれるところもあります。「お気に入りの帽子なので、どうしても洗いたい」ということがあれば、最寄りのクリーニング屋さんへ!!
Fzbich3c5e7fulyeefw0
それでは、手洗いの方法をご紹介しますね。まず用意するものをお伝えします。欠かせないものとして、洗面器ですね。どのご家庭にもたいていはあるものですので、別途購入する必要性もないでしょう。もしなければ、洗面台でも大丈夫です。そこにたっぷりと水を張るようにしましょう。それから、中性洗剤も必要ですね。「おしゃれ着用」のタイプにしてください。
Xjlk9iabgwyjktr1xfv8
水を切るために、タオルも必要です。サイズは、大きめが良いでしょう。型崩れ帽子として、ザルもあると便利です。洗濯ネットやタオルでも問題ありませんので、帽子を洗うために、わざわざザルを購入する必要はありませんね。
Jqirsuigf13mdc2lfbao
引用: https://lh3.googleusercontent.com/ivbjFSy2EU5GCVELsYJ70CcS0DbXOLwjAg6FXW0m0R1oOey1X0AHcV1zy0DSurXqYtv1=s85
洗い方の手順をご紹介します。だいたい30℃くらいのお湯を、洗面器に入れてください。そのなかに洗剤をいれましょう。中性洗剤であれば、どんな種類でも構いません。お湯+中性洗剤で、洗濯液を作ってください。そして、帽子をその中に入れましょう。洗い方は、押し洗いですね。キャップなどであれば、つばが壊れないように、やさいく丁寧に洗ってください。汚れがひどい部分を見つけたら、時間をかけて押し洗いしましょう。
Tx5sfdremyfdg64q8v9k
ひと通り洗い終えたら、洗濯液は捨ててオッケーです。そして、新たなお湯を用意して、再度帽子を洗っていきます。3回程度繰り返すことにより、洗浄成分などをすっきりさせることができますね。脱水する際は、長い時間かけないように注意しましょう!洗い終えたら、タオルでくるんで水分を取り除いてください。大きめのタオルであれば、全体の水分をしっかりと吸収させることが可能ですね。キャップなどであれば、ザルを帽子のなかに入れて、日陰で乾燥させましょう。注意点としては、洗濯ばさみを使用しないことです。あとがついてしまい、帽子のデザインに影響が出てしまうかもしれません。
Cpp9hdujy36i5y2u2z9h
それほど汚れていない帽子のクリーニング方法をお伝えします。汚れた部分に、さきほどご紹介した洗濯液をタオルなどにつけて、それで帽子の汚れている部分をふいてください。汚れが落ちたら、その部分を濡れているタオルなど拭きます。少しの汚れであれば、お湯のなかに入れることはないでしょう。
A7wmeaxvvsyb5nuglbp0
あまりにも汚れている帽子であれば、シミ取りとしておなじみの「ベンジン」を活用しましょう。それをタオルにつけて、汚れ部分を取り除いてください。汚れの強弱に限らず、帽子が濡れたまま収納してしまうと、カビが発生してしまうかもしれませんので、しっかりと乾燥させてからしまうようにしましょう。
Lbwdwgpkwknbdxsbdwvi
洗える素材の帽子であれば、洗うことをおすすめしますが、何度も洗濯してしまうと、帽子が傷んでしまいますよね。なので、かぶった後などに、手入れすることは、帽子のためにも重要なことです。
Qwdoxodb7u3bus8n4kcg
手入れの方法としては、ガムテープなどで汚れを取り除いたり、ブラシなどで表面の埃を払うようにしましょう。帽子のよごれは、頭皮にも影響があるものですよね。臭い対策としては、消臭スプレーなどがおすすめです。もちろん、濡れている場合は、陰干ししましょう。
Csfrwvwsiygqwstunnto
注意ポイントをいくつかご紹介します。最近流行っているシール付きのキャップがありますよね。この帽子であれば、シールの部分がゆがんでしまったり、型崩れする可能性もありますので、あまり洗わないほうが良いのではないでしょうか。日頃のお手入れを入念に行ってください。
Pcm6hdhwjdtu5xcwwz4a
つば付きの帽子は、洗えないものも多いですが、アウトドアで使用するキャップなどであれば、洗える可能性が高いですね。つばの部分は、折れてしまうと直すのが大変なので、慎重に洗うことが求められます。
H4hbekpjaxm7rjdtmcae
水洗い不可の帽子や汚れがひどいときなどは、クリーニング屋さんに相談してみてください。素材などにより、値段は異なりますが、再度購入するよりは、安いことも考えられますね。
Wi3bcfsrx5e26lpvjmrd
ワンシーズンごとに出すと、ちょうどいいかもしれませんね。頑固な汚れがついてしまったときは、すぐにクリーニング屋さんにもっていくとよいでしょう。
Xbi3oxf2rguhmrdgbdrs
Gfaisrow25omq9k5w4al
帽子の洗濯方法などについてご紹介してきました。洗濯することも大切ですが、毎日のお手入れも同じくらい重要です。正しいクリーニング方法を知り、帽子を傷めないようにしましょう。