X15kvuyrcafskpznwcqj

暮らし

CATEGORY | 暮らし

帽子を飛ばないようにする方法を解説!【風対策】

2020.07.31

これからの季節、帽子をかぶることも多くなりますよね。帽子のデメリットとして、「風が強いと飛んで行ってしまう」ということが挙げられます。このページでは、自転車に乗っているときや風で帽子が飛ばないようにする方法をご紹介します。

  1. 風で帽子が飛ばないように!テープなどのアイテム①:100円ショップのテープを帽子につけよう!
  2. 風で帽子が飛ばないように!テープなどのアイテム②:サイズ調整用シールも要チェック!
  3. 風で帽子が飛ばないように!テープなどのアイテム③:コームって知ってます?
  4. 風で帽子が飛ばないように!テープなどのアイテム④:ゴムをとりつけ、頭に巻く
  5. 風で帽子が飛ばないように!テープなどのアイテム⑤:ゴムをまきつける
  6. 風で帽子が飛ばないように!テープなどのアイテム⑥:ヘアクリップを活用する
  7. 風で帽子が飛ばないように!テープなどのアイテム⑦:あごヒモでもオッケー
  8. 風で帽子が飛ばないように!テープなどのアイテム⑧:サイズを確認してから購入する
  9. 風で帽子が飛ばないように!テープなどのアイテム⑨:サイズが調整しやすい帽子を買う
  10. 帽子を飛ばないようにする方法を解説!【風対策】のまとめ
Uvdq5hznqugy4ppt1ew7
引用: https://lh3.googleusercontent.com/SOYne0AkU6Oyg6r6mVeWx331C6tZPEttEY4f_IKODvHCTRzCuz24aF1jfHnCvi5yyy6VRA=s85
100円ショップに売っているテープ(窓のスキマなどをふさぐためのアイテムなど)を活用して、風対策することができますね。そのテープを帽子の内側にはり付けていくのです。この対応は、帽子のサイズを調整することになりますね。
F2a0gkz2w0vvzr8tvomd
春夏は、麦わら帽子をかぶることも多いですよね。その内側に一周してテープを張り付けていきましょう。100円ショップのアイテムですので、コスパ的にも良好ですよね!「この部分はゆるいかも」というところに対しては工夫して、テープを貼ってくださいね。テープをはることは、要は、サイズを自分の頭に合わせることです!
Cyj7hw0qywhn2huw3vyo
100円ショップのテープではなく、サイズ調整用シールが販売されているようですので、このアイテムを活用するのもわるくないですね。帽子用ですので、使いやすいのではないでしょうか。「ネットで自分の頭に合わない帽子を買ってしまった」という際は、ぜひ購入を検討してみてくださいね。
A5slsrhksfym5shyovkl
シール(あるいはテープ)の貼り方は、商品ごとによって違う可能性がありますので、商品パッケージに記載されている説明や、取り扱い説明書をきちんと確認して貼りつけるようにしましょう。しっかりと貼り付ければ、風対策になり、自転車に乗っていても、飛んで行ったりしないでしょう!
Ae2o3mtxluj0lzusseap
風対策として、帽子にコームをつける選択もありですね。コームを内側につけることは、風対策として、知られているものでもあります。コームについては、ぜひネットなどでチェックしてくださいね。帽子の内側にゴムで取り付けてください。糸では、コームがフリーに動きませんので、ゴムがぴったりですね。
Mqgyxi9bpvcyrvtv603e
マジックテープで、コームをつけることもありですよ。糸であれば、縫わなければなりませんが、マジックテープであれば、すぐに取ることができますよね。マジックテープは、帽子を脱いだ時に、一緒にとれてしまうリスクがありますが、便利なアイテムあることは間違いありません!!
X5uh1zhyslgb4wfhqq94
ゴムひもを帽子に縫い付け、帽子をかぶる際にゴムひも頭に巻いて、風対策する方法もあります。ゴムひもを頭に巻き付けても、飛んでいくことはないですよね。これを応用したものが、帽子にゴムひもをつけるやり方です。
Dnt9ji2ssl5zi2xhgqhc
メリットとしては、手軽にできることと、帽子の内側に縫い付けるので、外からはゴムひもが見えることはありません。「縫い付けると帽子にダメージが…」と心配な人は、別の方法でゴムひもをつけるようにしましょう。
Slxjmxte3nt1f3fpghuw
帽子の内側にゴムを巻き付ける方法もありますね。ゴムは、手芸屋さんなどで販売されていますよ。ポイントは、少々きつく巻き付けることです。ゴムゆるければ、風対策になりません。自転車に乗っているときも、飛んで行ってしまうでしょう。
Gjyvwwi2sjdzl33lzwfx
風対策だけではなく、「少しおおきめの帽子を買ってしまった…」というときにも、ゴムを巻き付ける方法はよいですね。伸び縮みしますので、すっぽりとかぶることができます。あまりにもきつくしてしまうと、帽子そのものがかぶれなかったり、かぶっていると頭が痛くなってしまうでしょう。サイズには十分注意してくださいね。
Fh1zk61qiftlilnn18uq
ハットピンとヘアクリップが融合したアイテムがあります。帽子の内側にヘアクリップがくるようにすれば、それで髪の毛を固定することができますよね。これが風対策になります。帽子の表側は、おしゃれなブローチになっていますので、帽子のおしゃれを楽しみながら、風で飛ぶことを防ぐことができますよ。
Mqqbjgdgioyjwqtkamg6
風対策だけではなく、ストールなどにも使用できますので、便利アイテムですね。マフラーなどが落ちないようにすることができます。こうしたおしゃれを楽しみながら風対策できるアイテムは、さまざま販売されていますので、ぜひチェックしてください!
Lez0a8kp8azxeluikuyy
あごヒモを取り付ければ、おのずと風対策になりますよね。あごヒモは販売もされていますし、クリップやひもなどがあれば、手作りすることも可能です。アウトドアで使用するような帽子には、あごヒモがついてますよね。これは、やはり風対策としても有効なのでしょう。「ちょっとあごヒモは恥ずかしい」と感じるかもしれませんが、お気に入りの帽子をなくすよりは、断然マシですよ!海辺やレジャーなどであれば、それほど悪目立ちすることもないはずです!
Nimuh1hsboh4q4a7rqqk
あごヒモを短くして、あごにもつけるのではなく、うなじに巻き付けても効果的ですね。あごにつけるほうが、風対策として強いものですが、帽子が下にひっぱられるように調節すれば、うなじでも問題ないでしょう。「どうしてもあごヒモはできない…」というのであれば、ヒモを後ろに回すようにしましょう。
Qewwzocecpl7qml6oc8i
引用: https://lh3.googleusercontent.com/ivbjFSy2EU5GCVELsYJ70CcS0DbXOLwjAg6FXW0m0R1oOey1X0AHcV1zy0DSurXqYtv1=s85
ネットなどで帽子を購入する場合、サイズを確認できないことがありますね。そうすると、「ぶかぶかで風で飛んで行ってしまいそう…」となることもあるのです。帽子のサイズが自分の頭にマッチすれば、風で飛ぶこともなくなりますよね。自転車に乗っていても、同様です。
Ppyqm8yehzwwkm4crjzl
店舗で帽子を購入する際は、必ず試着するようにしましょう。サイズが合わなかったりしたときは、スタッフさんにサイズ確認・在庫確認を頼んでみてください。「デザインが好きだから」「好きなブランドだから」といった理由だけで、帽子を購入すると、サイズでのミスマッチが起こる可能性があるでしょう。
S83ujpmnwqpuu9dqrxzk
帽子を購入する際、はじめからコームやゴムが取り付けてあるタイプを選ぶと、風対策になりますよね。サイズが調整できれば、上記でご紹介してきた方法をしなくても、大丈夫でしょう。風の弱い日はゆるめに、風の強い日はきつめになど、その日の天候に合わせて調節可能です!
Mx1a1tkyrxgyoyvmuncr
帽子のデザインや種類、ブランドだけではなく、帽子の機能性について理解を深めておくと、帽子選びに失敗しないでしょう。サイズ調整できる帽子は、さまざまなタイプで販売されていますよね。デザインなどの表面的なところだけではなく、内側の機能性などもチェックしながら、正しく賢く帽子を選んでください。
Snoe9xrw7l2syhxtgdjs
帽子を飛ばないようにする方法を解説してきました。風の強い日や自転車に乗っているときなどに役立つ知識です。工夫次第で、他の方法を見つけることも可能でしょう。自分独自の風対策を探してみてください。
Pnqsnf8voubxerpz0twa
自分用だけではなく、お子さまの帽子に対しても、風対策をしっかりとしておきましょう。飛んで行った帽子をおいかけることは、大変危険なことです。風対策の方法は、決して難しいことではありませんので、時間のある時にやっておきましょう。