Uskpcd2fkqpidzb7ypgl

暮らし

CATEGORY | 暮らし

帽子サイズ調整ゴムを紹介!ダイソーでも買える役に立つアイテム!

2020.07.31

「帽子のサイズを調整したい」という人必見!この記事では、コスパも最強なダイソーでも買える帽子サイズ調整アイテムをご紹介します!「風で帽子が飛んでいかないように」「自転車に乗っていると帽子が心配」という人は、ぜひお役立てください。

  1. ダイソーでも買える!ゴムなどの帽子サイズ調整アイテム①:帽子の内側にゴムをつける
  2. ダイソーでも買える!ゴムなどの帽子サイズ調整アイテム②:隙間を塞ぐテープをつける
  3. ダイソーでも買える!ゴムなどの帽子サイズ調整アイテム③:ヘアピンをつける
  4. ダイソーでも買える!ゴムなどの帽子サイズ調整アイテム④:マジックテープを活用する
  5. ダイソーでも買える!ゴムなどの帽子サイズ調整アイテム⑤:透明なヒモとクリップで!
  6. ダイソーでも買える!ゴムなどの帽子サイズ調整アイテム⑥:あごヒモを取り付けよう
  7. ダイソーでも買える!ゴムなどの帽子サイズ調整アイテム⑦:コームをつけるのもオッケー
  8. ダイソーでも買える!ゴムなどの帽子サイズ調整アイテム⑧:初めからサイズ調整できる帽子を買う
  9. ダイソーでも買える!ゴムなどの帽子サイズ調整アイテム⑨:そもそもサイズを確認しから購入する
  10. 帽子サイズ調整ゴムを紹介!ダイソーでも買える役に立つアイテム!のまとめ
Eonwl5ktg1xavhck7avd
100円ショップで販売されているゴムを使用して、帽子のサイズを調整することが可能です。おすすめのゴムは、平のタイプですね。主にズボンなどに縫い付けるものですが、帽子の内側につけることもできますよ。
X8z5s6o8c6qh0z2qcvj6
サイズの目安としては、「頭のサイズ+1cm」ぐらいがベストでしょう。このサイズに切って、帽子の内側にぬいつけてください。あまりにも緩すぎてしまったり、きつい場合は、頭にフィットしないので十分注意しましょう。縫い付ける道具は必要なものの、ゴム自体はとても安価ですので、特別な材料も必要なく、すぐにサイズ調整できますね。自転車に乗っていても、飛んでいかないでしょう!
Agwajgchthttjjcjjjtq
100円ショップには、窓のスキマをふさぐテープが販売されています。それを帽子にはりつければ、サイズを調整することが可能ですね。必要な分だけ切って、あとははるだけ。スポンジ付きのタイプであれば、かぶり心地もわるくありませんよ。
Xrcyjbnbsxcuxlkofxpq
夏場であれば、麦わら帽子をかぶることが多くなる人もいらっしゃいますよね。その際、帽子の内側にテープを一周して貼り付けるようにしましょう。「この部分だけゆるいかもしれない」というときは、テープを工夫してはりつけてくださいね。小さめであれば、風で帽子が飛んでいくことを防げますよ。
Hszepftwzplae3xjgmrv
帽子の内側に、ヘアピンをつければ、ゆるゆるの帽子でも、ぴったりかぶれる可能性が高まりますね。ヘアピンであれば、あらためて購入しなくても、ご自宅にあるのではないでしょうか。ヘアピンを帽子の内側に糸で縫い付ければ完成です!
Cndausmnycef24f2pjun
ヘアピンをつける方法には、もっと効果的なものもあります。ヘアピンをぬいつけるだけではなく、ゴムを通してヘアピンをつけてください。ゴムがあれば、伸びますので、紙の奥のほうまでつけることができるでしょう。ロングヘアーの人などは、ぜひ試してみてください!
Bbgbxqpvnuxkau5rwndf
引用: https://lh3.googleusercontent.com/ivbjFSy2EU5GCVELsYJ70CcS0DbXOLwjAg6FXW0m0R1oOey1X0AHcV1zy0DSurXqYtv1=s85
マジックテープを帽子の内側につけても、サイズ調整になりますね。風や自転車対策にもなります。もちろんマジックテープは100円ショップで販売されていますので、それをカットして、内側にはりつけましょう。
Ebp9d2agqsarpa4wnlc0
マジックテープは、帽子の内側に一周してつけるもよし、一部分だけつけるのもよし、自由に決めてください。マジックテープをはりつけることにより、ザラザラした部分が髪の毛にひっかかります。それで、風対策などになるのです!
Mfykkzq5ixhnvszywifq
100円ショップのアイテムで、帽子クリップを作ることもできます。帽子クリップのヒモの部分は、テグスを使用しましょう。透明なビニールのヒモですので、目立ちにくく、気にならないのではないでしょうか。作り方も簡単で、クリップにテグスを巻き付けるだけでオッケーですよ!
Mbmjhuml62nyl4i9r4cz
もちろん、市販の帽子クリップを購入してもオッケーですが、100円ショップで購入したアイテムで作ったほうがコスパ的に良好ですね。ロングヘアーの人であれば、「テグス×クリップ」は髪で隠れる可能性が高いので、ぜひ挑戦してみてください。
Flto7tlyape5pcymf0dt
サイズ調整や風・自転車対策として、あごヒモを取り付けるのはアリですね。あごヒモだけが市販で販売されていますし、ヒモとクリップを用意すれば、簡単に作ることもできますよ。アウトドア系の帽子であれば、あごヒモが最初からついていることがありますよね。サイズの大きな帽子でも、あごヒモによってサイズ調整することもできます。あごヒモを恥ずかしいと感じる人もいらっしゃいますが、なくすしてしまうよりは、マシですよね。自然などに遊びに行く際は、それほど違和感はないはずです!
Boyj4csawqywmsxt2btd
もしあごヒモがどうしてもつけたくないのであれば、ヒモを短くして、帽子が下にひっぱられるようにすれば、うなじに巻き付けてもよいでしょう。こうすれば、前からは、ヒモがあるようにみえず、サイズ調整や風対策にもなりますね。
Av8qzwlsv3fx0h8rtpve
コームをつけて、サイズ調整や風対策する方法もあります。帽子の内側につけるのですが、糸で縫い付ける場合、コームが自由に動きません。ですので、ゴムでつけるようにするとよいでしょう。
Xt8ew1sm0y13vmdcusjc
コームをマジックテープでつけることも可能です。コームをテープに挟んでつけていきましょう。マジックテープはすぐに取りはずしできるのがポイントですね。強い力で帽子をぬぐと、マジックテープがとれてしまう可能性がありますが、この点を注意すれば、問題ありません!
Pzurqkwbhloudvzpfdod
そもそも帽子を買うとき、ゴムやコームがついているアイテムを検討すると良さそうですね。サイズ調整や風対策もラクラクですよ!「サイズが合わない帽子だった!」とあとから気付いても、調整できるタイプであれば、なんとかなるでしょう。自転車にのっているときなども、ゴムやコームがついていれば、飛んで行ってしまうリスクを避けることができますね。
R4pwtmnsbwmpw2qfj2st
帽子を選ぶ際のポイントとして、デザインやブランドなどを基準にするのはもちろん良いことですが、機能面もみておくとよさそうですね。風対策・サイズ調整できるアイテムは、さまざまなメーカーから販売されています。「大切にしている帽子をなくしてしまった」ということがないように、機能性も必ずチェックしておきましょう。
Qkygrngceclqtou0rouz
帽子のサイズを調整する手間を省くためには、そもそもサイズを確認してから帽子を購入するようにしましょう。ネットなどで買うと、サイズをチェックできませんよね。自分の頭にフィットしない帽子を買ってしまえば、あとで調節しなければなりません。風対策なども同様にしないといけないでしょう。
Eubpoaalluomca2kdpgg
引用: https://lh3.googleusercontent.com/SOYne0AkU6Oyg6r6mVeWx331C6tZPEttEY4f_IKODvHCTRzCuz24aF1jfHnCvi5yyy6VRA=s85
ショップにいって購入するときは、試着を忘れずに!自分の頭に合うサイズがなければ、店員さんに確認してみましょう。「大好きなブランドのアイテムなので」「デザイン性が気に入った」という理由だけ帽子を購入する気持ちもわかりますが、それでは、帽子選びに失敗してしまうかもしれません。
E25canxlvhq6loqw9ikt
Rgehm91h1gdcszwohy87
ゴムなどの帽子サイズ調整アイテムや注意点をまとめてきました。買った帽子が小さいときは、なかなか対処しにくいですが、大きめのサイズであれば、あとから調節することが可能ですね。
Nz3fepuxmybsirtlibvp
上記でご紹介してきた方法以外にも、サイズ調整や風対策はできますい、100円ショップのアイテムでハンドメイドしなくても、サイズ調整できるアイテムは販売されています。そもそも、帽子を購入する際の選び方も重要ですので、帽子についてさまざまな知識を蓄えておきましょう。