Mbetl2zb5y6bmhi9qmgv

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ほくろを消す方法を教えて!薬局のもので自力ででできる方法

2018.05.24

気になるほくろを見つけてしまうと、どうしても気になってしまいます。ほくろを消す方法ってたくさんありますが、薬局で自力でできる方法と言うのはかなり限られています。今回はほくろの原因からほくろを消す方法や、隠す方法などについてご紹介して行きたいと思います!

目次

  1. ほくろを消す?
  2. ほくろとはどんな物?
  3. ほくろの原因とは?
  4. ほくろの原因「紫外線」
  5. ほくろの原因「刺激」
  6. ほくろの原因「睡眠」
  7. 自力でほくろを消す方法
  8. 自力でほくろを消す方法「薬局でも買えるもぐさ」
  9. 自力でほくろを消す...その前に隠す!
  10. 自力でほくろを消す...その前に隠す「コンシーラー」
  11. 自力でほくろを消す...その前に隠す「ファンデーションテープ」
  12. まとめ
Gguwgvi4qksq6dbvcwiv

気になるほくろができてしまうと、鏡を見るたびにどうしてもそのほくろに目が行ってしまいます。気になってしまいますが、ほくろを消すとなると様々なリスクがあるのも事実です。そんなほくろ取りを自力で薬局で売っている物でできる方法や、その他の方法などについてご紹介して行きたいと思います。また取ると言う方法だけではなく隠すと言う方法についても触れて行きたいと思います。ではさっそく見て行きましょう!

Wmkviqz4fe2lwjkooqrm

そもそもですが、ほくろとはどんなものなのでしょうか?wikipediaで調べて見ました!

ほくろ(黒子、黶、英語:mole)は、メラニン色素を含む細胞、即ちメラノサイトが、皮膚の一部に周囲より高い密度で集まってできた母斑の一種。 メラノサイトが一層に並んでいるものを、狭義の黒子(こくし、lentigo)と言い、メラノサイトが重層し、しばしば持ち上げられた表皮が盛り上がって見えるものを色素性母斑(pigmented nevus)あるいは母斑細胞性母斑(nevus cell nevus/nevocellular nevus)と言う。また、この場合、母斑を形成するメラノサイトを特に母斑細胞(nevus cell/nevocyte)と呼ぶ。(一部抜粋)

ちょっと難しい言い回しもありますが、ほくろとはメラニン色素が皮膚の一部に集まって出て来た状態の物のことを差すと言う解釈で良いようですね。そして表面が盛り上がっているタイプの物もあると言う事のようです。メラニンが関係していたらかこそ、生まれた時にもその後からもほくろが出てくるんですね!

Ibr7brvmalnjeacjpkvk

ではほくろの原因についても見て行きましょう!ほくろは基本的に良性の物ですが、どこにできるかわからないですし、気になる場所にほくろを無闇には増やしたくありません。ぜひ原因から知って行って予防しておきましょう!ほくろができてしまう主な物は以下の通りのようです!

Doy5j5hsbq6wcbfxolow

ほくろの原因となってしまうメラニンは紫外線の刺激によって作られすぎてしまう事もあるようです。ほくろもありますが、紫外線はシミやシワの原因ともなってしまいますので、どちらの意味でも予防して行きたい物でもあります。通年通して紫外線は降り注いでいますので、夏以外の季節も外出する時や窓際にいる時などには、日焼け止めを塗っておきましょう!

Q2dcllziwbmrwrz5s8zu

お肌に刺激があると、メラニンがお肌を守ろうと作られてしまう事があります。その中でも毎日少しずつ刺激を与え続けてしまうのがメイクでもあります。メイクをする時にブラシやスポンジがお肌に触れる事で、刺激となりやすかったりします。またメイクの場合、同じ場所ばかりに刺激がある場合もありますので、柔らかい物を使用したり力を入れすぎないように気をつけましょう!

Bhafjapvsqs8ncthrkou

睡眠が不足してしまっている状態だと、お肌のターンオーバーがうまく行かずに排出されるはずのメラニンが残ってしまってほくろへと繋がってしまう事もあります。お肌のくすみなどの原因にもなってしまいますので、睡眠はしっかり取るようにしましょう。睡眠時間自体を取れない場合には、睡眠の質を上げるようにしましょう。改善するのが難しい部分でもありますが、ぜひ取り組んで見て下さいね!

1 / 3