Vnuq4evdcwsfbieiabon

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

チークをデパコスからプチプラまで紹介!今人気の商品はどれ?

2018.05.31

確かにデパコスには憧れる、だけど全部デパコスで揃えてなんていられないですよね。ところで、デパコスとプチプラのチークにはどんな違いがあるのでしょう?今日はなりたい顔になれる魔法のアイテム、チークのデパコスからプチプラまで今人気のおすすめ商品をご紹介します。

  1. デパコスとプチプラチークの違いは?
  2. デパコス&プチプラ・人気のチーク
  3. デパコス&プチプラ・人気のチーク NARS ブラッシュ
  4. デパコス&プチプラ・人気のチーク CHANEL ジュ コントゥラスト
  5. プチプラ&デパコス・人気のチーク ルナソル カラーリングソフトチークス
  6. デパコス&プチプラ・人気のチーク THREE エピック ミニ ダッシュ
  7. デパコス&プチプラ・人気のチーク セザンヌ ナチュラル チークN
  8. プチプラ&デパコス・人気のチーク キャンメイク グロウフルール チークス
  9. デパコス&プチプラ・人気のチーク ヴィセ フォギーオンチークス
  10. まとめ
引用: http://up.gc-img.net/post_img/2017/08/1SaIGRWoJYi33eH_nXg5U_4.jpeg
例えばベースメイクはデパコス、ポイントメイクはプチプラというように、デパコスとプチプラを使い分けている人って結構多いですね。では、デパコスとプチプラってどんな違いがあるのでしょう?まずはデパコスとプチプラの違いについて見て行きたいと思います。

発色は?

引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20170518/12/kk-sle/05/f5/j/o0480048013940103128.jpg?caw=800
最近のプチプラコスメは依然と比べるととても発色が良くなったと言われています。そうはいっても、リップやチークはデパコスの方が発色が良く、カラーバリエーションも豊富。本当に自分の納得のいくカラーを探したい場合はデパコスの方が選択肢が多いと言えます。

密着度は?

引用: http://josei-bigaku.jp/wp/wp-content/uploads/2013/12/shutterstock_652020337.jpg
各ブランドのものをそれぞれ調べたわけではありませんが、@コスメの両者の違いについてのQ&Aなどをみてみると、パウダー系に関しては、デパコスの方が粒子が細かく密着度があるようで、皆パウダー系はデパコスがおすすめとの回答。プチプラのパウダー系のものには、粉っぽくて色のぼかしが難しく、ベタ塗り感がでてしまうようです。パウダー系の密着度に関してはデパコスの方が優秀そうです。
引用: http://img.favor.life/rich/rich_files/rich_files/15786/blog/50.png

もちは?

引用: http://design-dtp.net/wp-content/uploads/2015/08/5d2787cc6d6e9f7746825b875c6b6ea6.jpg
正直一概には言えませんが、どちらかというとアイシャドウやリップなどはデパコスの方がもちが良いものが多いです。もちに不満がある場合はアイシャドウベースなどを用いてから塗ると、もちは良くなります。やはりもちと密着度は関係が深いように思われますね。パウダーなどは粒子が細かければしっかり密着し、その分、もちもよくなりますから。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20170820/01/gaaan958fjk/68/17/j/o0960096014008906696.jpg?caw=800

肌への負担は?

引用: https://img.dmenumedia.jp/bibeaute/wp-content/uploads/2017/07/pixta_20818708_S-450x383.jpg
デパコスは独自に研究・開発した成分が入っていたりしますが、プチプラにはあまりそういった独自性のある成分は配合されていません。だからといってデパコスが肌に負担がなく、プチプラは肌に負担があるか?といえばそういうわけではありません。肌への負担ということになるとお化粧すること自体が肌への負担になっている、と考えるべき。また、肌への負担を考えるなら、デパコスとプチプラどちらでも無香料や無着色を選ぶなどしましょう。

デパコスとプチプラの違い その他

引用: https://www.tescom-kireilab.jp/wp/wp-content/uploads/2017/03/shutterstock_521087740.jpg
デパコスとプチプラの大きな違いといえば、ビューティーアドバイザーやメイクアップアーティストにメイクについてのアドバイスが聞ける、というところでなないでしょうか。自分で思っていたものと、本当に自分に合っているものって違ていることが結構あります。ですが、ショップでは素敵に仕上がったメイクでもいざ自宅で自分でやってみるとテクニックが未熟なのかメイク道具が違うのか、同じように仕上がってくれないことが多かったりしますよね...。またはやり価格が高いので、初めてのアイテムなどはちょっと勇気が必要ですよね。それにビューティーアドバイザーさんなどにメイクしてもらってしまうと、どうしても買わなくちゃいけない雰囲気になってしまい、失敗した、というのはいつの時代もある話。
引用: https://everygenki.com/wp-content/uploads/2016/10/88e5c1b38ec3dfd627510ed059921915.jpg
一方のプチプラのメリットはなんといっても価格。ちょっと流行色が試してみたい、色違いを楽しみたい、という時にのお試し買いなどにもおすすめ。ただし、上の違いでお話したように、密着度・もちに関して多少問題があるものが多いようです。長時間もたせるための工夫や、こまめな化粧直しが必要になります。ある程度年齢を重ねたお肌には密着度が重要だと感じている人には難しいかも。
ちょっと面白い動画のご紹介です。顔を半分ずつデパコスとプチプラでメイクしたもの。観てみて下さいね。
引用: https://ch-news.line-apps.com/obs/r/linenews/a/xiYUVEujVNBhtd0r19cd3853t06f37524
皆さんがよくやっているように、ベースメイクはデパコス、アイシャドウはプチプラ、というようなアイテムで分けるのではなく、例えばフォーマルな場所、質の良い洋服とつりあうようなメイクをしたいのか、その季節だけの流行を試してみたいのか、こまめにメイク直しができるのかどうか、など、用途に合わせてデパコスとプチプラを使い分けることをおすすめします。
引用: http://line.blogimg.jp/hamadafumie/imgs/e/f/efa43952.jpg
引用: https://imgc.eximg.jp/i=%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexnews%252Ffeed%252Flaurierpress%252Flaurier_beauty%252F2016%252FE1482988019664_27e2_4.jpg,small=600,quality=70,type=jpg
では、いよいよデパコスとプチプラの人気のチークのご紹介です。ちなみに今年のトレンドカラーはニュアンスカラー。ラベンダーやピーチピンクで透け感や優しいニュアンスのものです。メイクも同じくピンク、ラベンダー、オレンジなどのニュアンスカラーを使ったメイクが主流に。
引用: http://en.narscosmetics.jp/on/demandware.static/-/Sites-itemmaster_NARS/default/dw2a802c91/hi-res/0607845040132.jpg
アーティスト系ブランド・NARS。世界一売れていると言われているブラッシュは、超微粒子のパウダーによるソフトでなじみの良い使用感。ひとハケで自然な血色を演出できます。¥3,400(税抜)
引用: https://www.chanel.com/fnbv3/image/full/chanel__com_type1/skus_full/_-_-_-69-_-_-_-4g.3145891686906.jpg
シャネルの伝説的なチークカラー。なんといってもその発色の良さが特徴で、少しの量で綺麗に色づきます。やわらかく、シルクのようなテクスチャーで肌にぴったり密着。色持ちが良く、チークがよくとれてしまう人にもおすすめです。¥5,500(税抜)
引用: http://kao-h.assetsadobe3.com/is/image/content/dam/sites/kanebo/www-kanebo-cosmetics-jp/lunasol/details/pointmake/p0401028/p0401028.jpg?wid=320
質感の異なる3色をミックスすることで、自然な血色感と立体感を演出する3色セットのチークです。ふわっと高揚したようなニュアンスが生まれ、あたたかみのある表情に仕上げます。¥2,500(税抜)
引用: https://www.threecosmetics.com/fs2cabinet/poi/poi-0406001/poi-0406001-m-01-dl.jpg
ジェルオイルをふんわりホイップしたような、新感覚のフレッシュチークです。エアリーな透明感で肌の光沢を引き立てながら、内側から染まったような、お風呂上がりのような自然な血色が表現できます。リップカラーとしても使用でき、やわらかな質感のリップメイクをチークカラーと同じトーンで楽しめます。チークとリップの組み合わせに困っている人におすすめ。¥3,000(税抜)
引用: http://fitter.cosme.net/media/product/274/skuimg_609847.jpg?target=180x180
発色が良く、肌馴染も良いと、@コスメランキングで堂々1位のセザンヌ ナチュラル チークN。おすすめするのは14 ラベンダーピンクです。今年のトレンドカラーであるラベンダー。くすみをとばしてくれる効果があるので、透明感のある肌にしてくれます。¥360(税抜)
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/j/soukai_4901008307008
おすすめの色は[02]アプリコットフルール。ピンクとオレンジがバランスよく組み合わさっており、ピンクだけだと浮いてしまうと気になる人におすすめ。自然なツヤ感を出してくれ、メイク初心者さんでも使いやすいカラーです。¥800(税抜)
引用: https://www.visee.jp/images/item/pointmake/cheek/foggy_on_cheeks/image.png
高発色なのに透け感のある、ヌーディな仕上がりをかなえるチークカラー。たったひと塗りで程良く血色感を作ることができ、初心者の方でもチークをつけすぎてしまう失敗がありません。¥1,500(税抜き)
引用: https://img.hadalove.jp/wp-content/uploads/2017/12/PC150139.jpg
デパコスとプチプラのチークの違い・おすすめをご紹介しました。決してデパコス(高い)=高品質、プチプラ(安い)=低品質、という風に決めつけないで。私達購入者にとっては選択肢の幅が広がることは嬉しいことです。自分のスタイル。TPOにあったアイテムを見つけて。お化粧は毎日のことですから、せっかくなら楽しんでいきましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://scontent-ort2-2.cdninstagram.com/vp/1ac1d45d1ba5616d5f43fbd8c6622799/5B5D69A2/t51.2885-15/s480x480/e35/c236.0.608.608/17077074_1827858380814241_41841171965673472_n.jpg