Huyuwpqhcg38j9ynsuom

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

クレンジングと洗顔の違いって?正しいダブル洗顔の方法と注意点

2018.10.17

クレンジングと洗顔の違いをご存知でしょうか?クレンジングと洗顔をやることは、ダブル洗顔をしているのと同じです。このダブル洗顔は本当に必要あるのでしょうか?クレンジングと洗顔の違いとダブル洗顔について詳しく見ていきましょう!

  1. クレンジングと洗顔の違いをお分かりですか?
  2. クレンジングの役割とは?
  3. 洗顔の役割とは?
  4. クレンジングと洗顔のダブル洗顔のポイント
  5. クレンジングと洗顔のダブル洗顔の注意点について
  6. 朝夕の汚れの違いで洗顔方法は違いがある?
  7. ダブル洗顔は不要?
  8. 美肌の基本は洗顔にあり・ダブル洗顔は必要?
  9. 洗顔は優しく!注意点は?
  10. まとめ
クレンジングと洗顔の違いが、イマイチ良く分からない人もおられるのではないでしょうか?クレンジングは油汚れを落とすもので、洗顔は水で落ちる汚れを落とすものと考えると分かりやすいです。ですから、クレンジングの汚れを落とすのと、洗顔で汚れを落とすものは、違いがありますのでしっかりダブル洗顔することが、基本的に美肌へのカギに繋がるのです。
しかし、ここで注意点があります。それは、肌質によってダブル洗顔しない方が良い人もあり、メイクによってダブル洗顔しない方が良いこともあり、ダブル洗顔する・しないの違いになってきます。現在はいろいろな商品が販売されていて、ダブル洗顔しなくてよいそれぞれの役割を補う、ダブル洗顔不要の商品もでています。ですから、そのような商品を使うことで、お肌に刺激を少しでも与えなくなり、結局美肌に繋がるというわけです。
クレンジングの役割は油汚れを落とす働きがあります。クレンジングの役割の油汚れを落とす働きは界面活性剤が配合されているからです。現在多く出回っているコスメは、油性基剤が含まれている為、肌に密着して崩れにくくなっています。そのため、注意点があります。
それは脂分を多く含んだメイクが十分に落としきれていないと、肌荒れや炎症の原因となり、日常の油性汚れを落とす本来のクレンジングの役割を果たすことができません。ですから、現在のクレンジングは、メイクの油汚れだけでなく、毛穴に詰まった汚れや角栓・黒ずみ・脂汚れなどにも対応し、それだけでなく、美容成分を配合し、クレンジングの後にはお肌が潤う役割も果たしています。
洗顔の役割はきめ細かい泡立てが命となります。洗顔は泡立てたキメの細かい泡で、お肌に触れないで優しくなでるように、古くなった必要のない角層や余分な皮脂・汗・ほこりなどを洗い流します。しかし、現代は油汚れまで落とせる毛穴の中の角栓も取ることのできる洗顔料も出てきています。界面活性剤が含まれた、油を配合してダブル洗顔不要の商品も出ています。

自分に合う洗顔料とは?

現代はいろいろな洗顔料が出て石鹸やチューブなど泡の出るものや、ジェル・クレイ・パウダー・スクラブ入りの泡立てないペースト状のものが数多く出てきています。これらの違いを見て、自分に合うか合わないかの注意点はどこにあるのでしょう。それは洗顔後自分の肌が突っ張るか・突っ張らないかで、突っ張らなければ自分にあっているということです。
ダブル洗顔は一般的に必要不可欠で、1度に2度洗うことは肌への負担は非常に大きいものになります。乾燥肌の人は特にその違いを感じることになるかも知れません。しかし、その日のメイクの仕方によって、乾燥肌の人でもダブル洗顔した方が良いときもあります。
注意点として洗顔後は、保湿を十分にすることが大切です。現在はクレンジングでも、洗剤でも洗顔しながら肌に美容成分を施すものが、多く出回っています。ですから、クレンジングにしても、洗顔にしても美容成分の入ったものを選ぶのも大切なポイントとなります。
また、ダブル洗顔の注意点としては、肌をゴシゴシ擦らないことです。顔の肌は非常にデリケートにできています。摩擦を起こすことがお肌にとても良くありません。クレンジングはメイクの汚れを浮かせて取るイメージで、指の腹で力を入れないで優しくマッサージします。洗顔はキメの細かい泡をしっかり立てて、泡で肌を洗うように手との摩擦を注意して洗うことが大切です。
落とす汚れは違いませんが、朝と夜の顔につく汚れは違いがあります。肌にとって昼は汗や皮脂の分泌量が多く、花粉やほこりなど様々な空気中の汚れが顔に付着します。また、メイクをしているので夜の洗顔は、これらの汚れを落とさなければなりません。
Qkdsicfrbz0fcbuqqwna
その点朝は寝ているときの分泌された皮脂や、部屋の中のホコリが付着したものを取り除けばよいのです。基本的には両方ともダブル洗顔をおすすめします。しかし、朝は肌の調子でぬるま湯だけで良いときもあり、また、皮脂分泌の多いときはダブル洗顔をすることをおすすめします。皮脂が皮膚表面に残ると、酸化しますので皮脂が残らないように洗顔することが必要なのです。
ダブル洗顔をしているのは日本人だけだといわれています。ですから、ダブル洗顔が不要だという人もいます。しかし、今まで述べてきたように、クレンジングの役割と、洗顔の役割は全く違います。どちらか一方をやって洗顔して綺麗にシットリなったつもりでも、油汚れが十分に落とせなかったり、余分な皮脂や汗などが落とせなかったりすると、結局お肌に残ってしまいます。ですから、ダブル洗顔は基本的に不要ではないのです。
乾燥肌の人などは、ダブル洗顔不要の洗顔料を使うこともやむ負えない場合があります。洗いすぎることで、皮膚のターンオーバーを送らせてしまうことに繋がるのです。
美肌の基本は洗顔にありといわれるぐらい、洗顔は大切なものです。当然クレンジングと洗顔には違いがあるのでダブル洗顔は基本的に必要不可欠です。しかし、自分のお肌の状況や、メイクのやり方によって、ダブル洗顔は必要でない場合もあり、ダブル洗顔不要の商品もあり一概にいえません。ダブル洗顔不要の商品を使うことで、お肌に刺激を与えないので、乾燥肌の人には必要ないこともあります。
洗顔が十分行われることは、化粧水や美容液の通りがよくなります。古い角質層の細胞や老廃物が毛穴に溜まっていては、化粧水や美容液の通りが悪くなり、浸透度が落ちてきます。そうすると、ターンオーバーも遅くなってきます。

洗顔不要で美肌を保てるのは

洗顔不要で美肌を保っておられる有名人がいますが、なぜ洗顔しないで美肌が保てるのでしょうか?洗顔する違いについてどのような違いがあるのでしょう。洗顔しないことは、皮脂には外部刺激から肌をガードする働きがあります。肌のバリア機能が高まるわけです。
Gfr1bd41w7oku1vhfvqo
洗顔不要と洗顔する違いは、メイクをするかしないかにより違いが出てきます。洗顔不要の注意点は、メイクをしたときはあくまでもメイク落としの洗顔が必要になるわけです。しかし、夜入念にクレンジングと洗顔とダブル洗顔して朝起きたときは、ぬるま湯だけで洗うことで、肌への刺激が少なくなります。
Getbritic8dwjxjdnojr
洗顔の基本は優しく行います。顔のお肌の角層はとてもデリケートにできているので、水を少しずつ加え泡立てながら良く泡立てます。泡を泡立てたら、転がすように優しく洗います。毛穴に詰まった角栓やザラツキが気になるときは、少しだけ力を入れますが、力の入れすぎがないようにします。
Eeyclbzp7us1dytudkzp
洗い流しは32度ぐらいのぬるま湯でしっかりと洗い流します。32度ぐらいのぬるま湯が良い理由は、毛穴が開くのが30度ぐらいで、肌の温度が30~34度です。その中間の32度が、1番汚れが落ちやすくお肌に余分な皮脂を落とさないで洗顔できるからです。
いかがでしたでしょうか?クレンジングと洗顔の役割と違いについて、また、注意点などがお解りになられたと思います。クレンジングと洗顔はあくまでもメイクをしたときで、メイクが薄い場合はダブル洗顔をしなくても良いこともあります。しっかりメイクをしたときだけに、ダブル洗顔をして、ナチョラルメイクのときは、クレンジングか洗顔のみで行うのも肌を刺激しなくて良いように思われます。特に乾燥肌の人にとっては、ダブル洗顔は皮脂を落としすぎる点において注意点となります。