Os733wsrrcdla7ryvyy8

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

チークの塗り方!ナチュラルメイクになれるおすすめの方法を紹介!

2018.05.31

実はチークって塗り方一つで面長の人でも顔の印象がガラっとかわる魔法のアイテムなんです。ナチュラルメイクだって簡単です。今日はそんなチークの塗り方を徹底解説。2018年のトレンドのおすすめのチークの塗り方をご紹介しましょう。

  1. チークを塗る理由とは?
  2. チークの種類
  3. 基本的なチークの塗り方
  4. おすすめチークと塗り方 年代別
  5. おすすめチークと塗り方 10~20代前半
  6. おすすめチークと塗り方 20代後半~30代
  7. おすすめチークと塗り方 30代後半~
  8. おすすめチークの塗り方 顔型別
  9. 2018年トレンドのチークとは?
  10. まとめ
引用: http://makeacute.com/wp-content/uploads/2016/07/WS000002-15.jpg
どうしてチークを塗るんでしょう?ただなんとなく、みんな塗ってるみたいだし...そんな理由で何も考えずにチークを塗ってしまっているなら、ちょっとだけ見直してみませんか?塗り方を変えるだけで顔の悩みを解消し、可愛らしくも、大人っぽくも見せてくれるチーク。初心者さんにも分かりやすく説明していきますね。
チークにもファンデーションなどと同じく形状によっていろいろ種類が分けられますので簡単にご説明しておきます。

パウダーチーク

引用: https://static-maquia.hpplus.jp/upload/image/manager/143/NzZkREg.jpg
どんな肌タイプにも馴染みやすい。ファンデーションを塗った後にブラシでふんわりと入れるため、ムラになりにくく、メイクの初心者でもおすすめのアイテム。カラーもピンク・オレンジ・コーラル・レッド・ベージュなど様々なバリエーションがあって、ほんのりシアーな発色ながら、クリーム・リキッドよりマットに仕上がるのが特徴。チークの中でも一番使いやすく、初心者にオススメのタイプです。

クリームチーク・練りチーク

引用: https://static-maquia.hpplus.jp/upload/image/manager/143/E0ZlAkU.jpg
パウダーチークよりも油分を多く含んでいるクリームチークは、ツヤやかさや血色を与えるのに最適な形状。ベースメイクの仕上げとしてはもちろん、血色などを仕込むためにも使え、内側からにじみ出るような自然な血色を表現することができます。パウダーチーク同様にカラーバリエーションも豊富で、トントンとたたき込むように塗布すると肌に溶け込み、見た目よりもナチュラルに発色。クリームチークの上からパウダーチークを足すと、より立体感のある顔立ちに仕上がります。

リキッドチーク・ジェルチーク

引用: https://static-maquia.hpplus.jp/upload/image/manager/143/OIkkaWY.jpg
どの形状のチークよりも血色感を出しやすい、液体状のリキッドチーク。マニキュアのようにトロッとしたものから、水のようなさらっとしたテクスチャーのものまであり、どの質感もフィット感抜群。クリームチークよりも透明感があり、血色を仕込むのにはもちろん、高揚したような自然な色っぽさを演出するのにもおすすめ。リキッドチークを直接、頬にのせるのではなく、一度手の甲に出して量を調節してから、指でスタンプ塗りすれば失敗しにくい。水分が多いので伸ばしやすいのですが、一度ムラになってしまうと修正が難しいというデメリットもあります。
引用: http://josei-bigaku.jp/wp/wp-content/uploads/2017/08/cheek10021.jpg
チークのタイプによって塗り方に少し違いがありますので、説明していきます。また、チークを塗る順番は、ファンデーションやチークのタイプによって変わってきます。

パウダーチークの塗り方

引用: https://cdn.3ple.jp/matome/30872654.jpg
①チークをブラシにたっぷりと含ませます。 ②手の甲でブラシにとったチークを馴染ませます。 ③黒目の外側のラインと小鼻の水平ラインが交わるところを基点に、耳の方、外側へ向かって塗るのが基本的な基本の塗り方。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSM3haElwGoKRxnZt7gC69UFuvK1zmfly5rgxYMTjSaG_DS7tePrA
チークを塗る順番は、パウダリーファンデ・リキッドファンデともに、下地→ファンデ→チークです。

クリーム・リキッドチークの塗り方

引用: https://womagazine.jp/wp-content/uploads/2015/09/s-no15100801-4.jpg
①チークを少しとり、チークを手の甲にのせます。②パウダーチーク同様、にこっとわらって頬の一番高いところを中心に、チークを少しずつのせていきます。 ③指かスポンジでチークをしっかりと馴染ませぼかしていきます。
引用: https://www.koji-honpo.co.jp/column/wp-content/uploads/2016/07/LiquidCheek-.jpg
チークを塗る順番は、・パウダリーファンデの場合、下地→チーク→ファンデ、・リキッドファンデの場合、下地→ファンデ→チークです。

濃く塗り過ぎた場合

引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20161006/17/mihi04303131/71/19/j/o0320032013766223648.jpg?caw=800
あ!塗り過ぎちゃった!という時は、パウダーチークならコットンを使って取り除きます。クリームやリキッドチークなどの液体チークの場合は、スポンジでトントンと軽くたたき込みましょう。チークはふんわりと、薄いベールをかけたくらいの淡さが理想。
とても丁寧にチークの塗り方を説明しています。チーク初心者の人以外にも、いつも同じ塗り方をしている人、自分の塗り方が正しいか確認してみて。
引用: https://image.space.rakuten.co.jp/lg01/08/0000965808/07/imgf36d1ba4zikfzj.jpeg
引用: https://img.girly.today/matome_thumb/matome_20170607163307_5937ac33a905a.png
お肌も若く、血色の良い10代から20代前半。可愛さ、元気さをアピールするチークを。ピュアなピンクは血色を良くみせ、オレンジは肌なじみが良く、健康的にな印象に。おすすめの塗り方は頬骨の高いところを中心に丸くつける塗り方。目力をあげて、可愛らしさが協調されます。また、若い人特有のほっぺふっくら丸顔さんにもおすすめの付け方です。
引用: https://static-maquia.hpplus.jp/upload/image/manager/143/EgNBVlk.jpg
20代後半になると若さに大人っぽさもプラスされてくる年代。可愛らしさは残しつつ、少しだけ大人な雰囲気をつけると良いでしょう。頬の高いところにまん丸く塗るのは卒業し、少し楕円に。真横に耳に向かって塗るのがスタンダード。もう少し大人っぽくしたいのなら少し斜め上になるように塗るのが良いでしょう。ただし、こめかみまで濃く塗ってしまうと着物向けのチークになってしまいますので濃淡には気を付けて。チークの色は20代前半と同じピンクでもOK.楕円にすることで違った雰囲気になります。また、レッドも大人っぽく仕上げたい時におすすめ。
引用: https://otonasalone.jp/wp-content/uploads/2017/10/Fotolia_157645428_Subscription_Monthly_M-400x300.jpg
顔の肉付きが変わり、肌にくすみを感じ始める年代。血色感や透明感をプラスして若々しさと女性らしさが欲しいところ。チークの色はローズやピーチがおすすめ。お肌がくすんでいる時のオレンジはNG。そんな時はコーラルピンクが良いでしょう。塗り方は頬骨・頬骨の少し上から斜め上に。

おすすめチークと塗り方 30代半ば~<番外編>

引用: https://www.biteki.com/wp-content/uploads/2016/10/105top.jpg
イラストにある、番外編の塗り方。基本の普通の塗り方ですが、30代半ば以降の人がこの塗り方をすると可愛らしさが演出できます。実はとっても流行っている塗り方です。
引用: https://image.space.rakuten.co.jp/lg01/08/0000965808/03/imgd8ceac04zik6zj.jpeg
丸顔さんは面長になりたい、面長さんはかわいい丸顔になりたい、逆三角形さんはもうすこし頬をぷっくりやわらかい雰囲気に、エラ張りさんはフェイスラインをシャープみせたい。みんなの顔型はそれぞれ。悩みもなりたい顔型もそれぞれ。チーク一つでとっても印象が変わります。試してみて!

チークは面長さんの救世主

引用: https://beauty.hotpepper.jp/doc/bn/071026kaogata/images/02_point3_img.gif
面長さんって年齢よりだいぶ老けて見られたり、大人しそうに見えたりしてしまいます。かわいい丸顔に憧れたとしても、当然太るのはイヤです。そんな時、チークが救世主になってくれますよ。

チークは面長さんの救世主 ①チークは楕円に

引用: https://i.pinimg.com/564x/7e/0d/f8/7e0df859ecd55644b6031b7e44326104.jpg
まずチークの形。頬の内側に丸く入れてしまうと、縦の長さが強調さ、面長さんがさらに面長さんに。ですので、横に向かって楕円形に塗りましょう。そうすることで横の幅が協調され、縦の長さがカバーされます。

チークは面長さんの救世主 ②塗る位置は少し高め

引用: https://i.pinimg.com/originals/5c/f9/bd/5cf9bd4e584e080eb1a567a0b3aea80f.jpg
頬より下にチークを塗ってしまうと、縦が協調、つまり面長が協調されてしまいます。頬の上の方、つまり頬骨に楕円に塗ると、視線が上に行きますので、面長が目立たなくなります。
引用: http://dyfcnd1bn49xi.cloudfront.net/wp-content/uploads/2012/12/Picking-the-Right-Eyebrow-Shape.jpg
引用: https://cdn.clipkit.co/tenants/8/item_images/images/000/009/890/medium/d73a9ae2-c431-4824-b856-8c571373808b.jpg?1483690391
毎年変わるトレンドメイクは、ちょっと取り入れるだけでアカ抜けた印象にしてくれます。

2018年トレンドメイクは?

引用: https://cdn.clipkit.co/tenants/8/item_images/images/000/009/883/medium/9e761cf6-7969-4511-bbfe-4fbb229d20d0.jpg?1483689156
チークの前に、メイク全体としての2018年のトレンドのお話。2018年前半のトレンドメイクは昨年に引き続き“ナチュラル感”のあるメイクとなっています。ナチュラルといっても全体に薄くするのではなく、ポイントのパーツにしっかり重点を置いてトレンドカラーを取り入れる、バランスのとれたメイクが2018年のトレンドメイクです。
引用: https://cdn.clipkit.co/tenants/8/item_images/images/000/009/880/medium/c3ca6c1b-cb67-40fe-b95f-d1ac1ef35858.jpg?1483688751
ポイントのパーツにしっかり重点を置くとはいえ、2018年のナチュラルメイクでのチークは、“チーク感”が出すぎた感じではなく、肌の自然な色に感じられるような、ほんのりと色づく雰囲気に仕上げるのがポイントです。

2018年トレンドはピーチカラーのチーク

Syq83pe1vhqdlwlrbqpq
引用: https://www.vogue.co.jp/beauty/feature/2018ss_beauty
つまり、2018年は素肌っぽいナチュラルな肌にほんのり血色感を添えるチークがトレンド。色は、白桃のようにやわらかい雰囲気を演出するピンク、黄桃のようにヘルシーな印象のオレンジやコーラルなど、肌の色に合わせてピーチカラーを選ぶのがポイントです。かなり難易度は高いですが、頬骨より下の位置に大きく楕円を描くように入れるのがトレンドを最も意識したチークの塗り方。
引用: https://scontent-ort2-1.cdninstagram.com/vp/c64a9049507c5c9c769bdf25cd8274b2/5B3D0A85/t51.2885-15/s480x480/e35/28430959_1762184180514528_6090667451438071808_n.jpg
引用: http://josei-bigaku.jp/wp/wp-content/uploads/2016/05/shutterstock_370070291.jpg
年代別、顔形別にチークの塗り方をご紹介しました。何気なく塗っていただけのチークを少し見直すだけで憧れの顔になれちゃいます。明日からちょっとだけチークを大事に塗ってみて。鏡に映る自分に満足すること間違いなしです!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.dhc.co.jp/goods/22466/image.png