R7whduzxs8zyfozkyhhp

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

乾燥肌にはクレンジングミルクが!潤いを残す正しい使い方

2018.10.17

クレンジングミルクが乾燥肌や敏感肌に良いといわれています。肌に優しいというのは、過去においてのことです。商品によってはおすすめしたくない商品の使い方もありますので、クレンジングミルクの、おすすめしたい潤いを残す正しい使い方を見てみましょう。

  1. クレンジングミルクについて
  2. クレンジングミルクとクレンジングクリームの違いについて
  3. クレンジングミルクの成分について
  4. 乾燥肌について
  5. クレンジングミルクのメリット
  6. クレンジングミルクのデメリット
  7. クレンジングミルクの潤いを残す正しい使い方
  8. クレンジングミルクのおすすめ
  9. 敏感肌・乾燥肌の方にクレンジングミルクがおすすめ?
  10. まとめ
クレンジングミルクは肌に優しいというイメージがあって、ほとんどの人はクレンジングミルクが、1番肌に優しいと思っておられます。しかし、現在非イオン系界面活性剤の強力なものが出回り、クレンジングミルクは、脱脂力が弱く肌に優しいということは、一概にいえなくなってきています。
また、使い方によってもクレンジングクリームより肌に良くないこともあります。中に配合されている成分により、肌に優しいか、優しくないかがあります。クリームより肌に優しくない、完全なオイルフリーのリキッドタイプクレンジングミルクがでてきています。
クレンジングクリームはオイルで汚れを落とし、リキッドは界面活性剤で汚れを落としますが、クリームとリキッドの幅を考えたときとても広いです。クレンジングクリームに近いクレンジングミルクは肌に優しい傾向があります。
界面活性剤が多いリキッドに近いクレンジングミルクは、肌に優しくないといえます。界面活性剤が多いと洗い上りはしっとりしています。それでいて、肌の乾燥を招きます。洗浄力の強いクレンジングミルクは注意が必要です。 クレンジングミルクのメイクの汚れ落としは、油分と界面活性剤の両方で行います。
ミルクがクリームとリキッドの中間にあると、クリームは油分が多くなりメイク落ちが良いのに対して、リキッドは界面活性剤が多くなるので、メイク落ちは悪くなります。そのため、クレンジングミルクといっても、クリームに近いのとリキッドに近いのとでは全く違ったものになるのです。
Lpgxkfd0pfwxjr57uzjb
クレンジングミルクとクレンジングクリームは、クリームの方がそれなりに少しずつ優れています。ミルクは水分が多く、クリームはどろっとした感じで、クリームタイプはメイクと馴染みやすいので、メイクを素早く落とすことができます。ミルクタイプは水が多くメイクと馴染まないので、洗浄はあまり良くありません。

クレンジングミルクのクリームよりのタイプ

メイク落ちも良くて、油分が多めで界面活性剤が少ないクレンジングミルクです。肌への刺激は界面活性剤の量が少ないので低刺激となっています。クリームタイプと同じ転相という、メイクの汚れが落ちたのが分かる瞬間があるので、洗い流しがスムーズに行われます。クリームと同じぬれた手や顔では使用できませんが、洗い流した後のしっとりとした感触はとても良く、肌に優しいクレンジングミルクです。
Kzp6nc0c91lhqoqhzsil
オイルを使ってトラブルがある人は使えませんが、肌の潤いを保ち乾燥肌の人万人向きに向いています。洗い上りはしっとりして、肌には最もよいクレンジングミルクです。しかし、クレンジングクリームに近いため、クレンジングクリームを選ぶ人が多く、商品的に姿を消しつつありますが、お肌にとって優しいというとこのクレンジングミルクです。クリームとの違いは粘性に少し弱い違いがあります。

中間に位置するクレンジングミルク

クレンジングミルクの主流となりつつある、クレンジングミルクの中間に位置するミルクで、メイク落ちはあまり良くありません。油分も界面活性剤もそれなりに配合されていて、中途半端な感じがします。転相がないためどこで洗い流して良いか分からず、早すぎるとメイク落ちが悪く、遅くなると肌への刺激がきつくなります。
成分は水と油分と界面活性剤からできていて、汚れは油分と界面活性剤の力で落とすので、皮膚には刺激が低刺激となりますが、メイクと馴染んでくると少しずつテクチャーが重たくなります。クレンジングミルクとしては、メイク落ちがよく、肌にはある程度優しいですが、しっかりメイクの人には落ちない可能性があります。

リキッドよりに位置するクレンジングミルク

クレンジングミルクのリキッドタイプに近いミルクで、界面活性剤が多く油分が少なくなっていて、転相がないのでどこで洗い流して良いか分かりません。成分は水溶性ポリマーに、とろみを増粘剤でリキッドタイプにつけています。そこに、少量の油を加えているだけです。水がベースでメイクと馴染みにくく、ほとんど界面活性剤の力で汚れを落とします。
洗い流し後はさっぱりした感じで、ぬれ手や顔でも使えますが、敏感肌の人には刺激的です。しっかりメイクの人には汚れを落とすのに難しい可能性があります。
オイル成分の苦手な人や、ナチョラルメイクの人に使えますが、オイル成分でトラブルを抱えた人は、こちらのクレンジングミルクを使うより、オイルフリーの水性ジェルやリキッドを使った方がお肌にも優しいです。
脱脂力が強いのに洗浄後の乾燥を感じさせない、界面活性剤の特徴がでています。洗いすぎや・長く洗ったりすると肌に悪いので早く洗い流すことが必要で、界面活性剤が保湿剤の役目をしていて、乾燥を感じさせないため使い方により注意が必要です。
Jid8nwyzc2httqwer81a
乾燥肌というのは皮脂分泌量が低下して、角質の水分含有量低下や角質細胞間脂質と天然保湿因子などが減少することで、ターンオーバーのサイクルが乱れて、角質層が厚くなってごわつきます。乾燥肌の人の皮膚は、表面は潤っているが柔軟性がなかったり、白く皮膚に粉を拭いたように見えたりします。乾燥肌の原因はさまざまな原因で起こります。
クレンジングミルクの一般的なメリットで、上で紹介したように、リキッドに近いものはまた違いますので、全てのクレンジングミルクのメリットだと考えない方が良いでしょう。
クレンジングミルクは油分が少なく、界面活性剤が少ないので肌に与える刺激は少なくなります。クリームより軽くてべたつきがないため人気がでています。中に配合されている成分によりますが、保湿力が優れ肌質を滑らかな潤いある肌にします。また、つけたときに肌になじみやすく肌への負担は少ないです。これは、商品によってかなり違いがあります。
クレンジングミルクのデメリットは、洗浄力が一番弱くぬれた手や顔に使えなく、濃いメイクのウォータプルーフやポイントメイクには難しいでしょう。いつまでもヌルヌルするのは、使い方により違いがでてきます。
Jlnsmgoke5aw9saqpoq1
クレンジングミルクの潤いを残す正しい使い方は、商品により違いがありますが、一般的なクレンジングミルクの場合次のような使い方をするとよいでしょう。
1.ポイントメイクをしている人は、ポイントメイクを最初に専用のポイントメイクリムーバーで落とします。 2.クレンジングミルクを500円玉くらいの量で手のひらに乗せて温めます。 3.目元以外に顔全体に内側から外側へマッサージするように広げます。 4.手に残ったクレンジングミルクを、量が足らないときは足して目元に優しく塗ります。 5.32度ぐらいのぬるま湯で丁寧に洗い流しますが、このときクレンジングミルクを乳化させて洗い流すとヌルヌルがなくなります。清潔なタオルで顔を抑えるように水分を取ります。

おすすめのアクセーヌ ミルキィクレンズアップ

マナラのアクセーヌ ミルキィクレンズアップは120g 3024円です。油分のメイク落ちがよく、ベースメイクは問題なく落とせて、肌に優しい敏感用メーカーのクレンジングミルクです。

おすすめのカウブランド無添加メイク落としミルク

カウブランド無添加メイク落としミルクの150ml 950円のクレンジングミルクです。敏感肌・乾燥肌などのデリケートな方用に作られた低刺激処方で、着色料・香料・防腐剤・品質安定剤・鉱物油・アルコール全て不要となっいて、保湿成分にセラミドが配合されています。

おすすめのメイクオフエマルジョン

ジバンシイのクレンジングミルクは、乳液タイプで、ノンアルコールのメイク落としです。ホワイトリリーエキスが角質層の留め、肌の潤いをしっかりと守りながら、肌をみずみずしい柔らかな肌に整えます。200ml 4800円です。

おすすめのダマスクローズ クレンジングミルク

オーガニックブランドのテラクオーレの「ダマスクローズ クレンジングミルク」は、ダブル洗顔不要の保湿力の高い、強い洗浄力があり、洗浄成分にオリーブオイルや、カミツレ花エキスなどが豊富に配合されお肌に優しい、おすすめのクレンジングミルクです。125ml 3780円です。

おすすめのなめらか本舗メイク落としミルクN

Dthwxofqnjeevxjzxxqa
引用: http://fitter.cosme.net/media/product/10105/223877.jpg?target=180x180
豆乳発酵液イソフラボンの自然はスキンケアブランドで、大豆種子エキスを含む保湿成分、エモリエント成分の肌を柔らかくさせるふっくらと洗い上りの特徴のあるクレンジングです。クッション性があるので、顔の摩擦も気にすることなく、余分な皮脂や毛穴汚れを落としてくれる、プチプラの乾燥肌に良いクレンジングミルクです。 200ml 972円です。
敏感肌や乾燥肌の人には、クレンジングミルクやクレンジングクリームがおすすめです。クレンジングミルクの中には最近リキッドに近いものも売り出されているので、ミルクにしてもクリームにしても成分表示をよく見て購入することをおすすめします。また、トライアル化粧品などを試して、自分の肌に合ったものを購入するとよいでしょう。
クレンジングミルクが人気を集めていますが、その幅はすごく広くなってきています。一概にクレンジングミルクだからお肌に優しいというものでもなく、使い方によってほかのクレンジングの方がお肌に優しくなることもあります。その商品の特徴をよく見て、自分の肌に合うか合わないかを試して、使い続けることが必要です。