Jlyx7plnuyltf2jli638

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ニキビはメイクで隠せる?悪化を防ぐ下地選びや正しいやり方を解説

2018.06.11

ニキビはメイクで隠せます。ニキビの悪化を防ぐメイクのやり方は、下地選びが大切です。ニキビを悪化させないための下地を選び方、メイクを使ったニキビの隠し方などを詳しく調べてみましたので、ぜひ、ご参考にして頂ければ嬉しいです。

  1. 下地の役割からメイクの隠し方を知る
  2. ニキビなどが気になる下地メイクの選び方
  3. ニキビの悪化を防ぐ下地メイクの隠し方
  4. 下地メイクで赤ニキビを隠す隠し方
  5. 下地メイクで黄ニキビを隠す隠し方とやり方
  6. 下地メイクで凹凸やニキビ跡を隠すやり方と隠し方
  7. 下地メイクのニキビを悪化させないやり方、
  8. ニキビ肌に優しい化粧下地メイクのやり方
  9. ニキビができていてもメイクで上手に隠す隠し方とやり方
  10. まとめ
下地の役割は結構たくさんあります。肌表面のキメを細かく整え、お肌を明るく見せお肌の色を整え、毛穴をカバーしメイクを長持ちさせる役割があります。また、紫外線などの外敵からお肌を守る働きもあり、ニキビなどでお肌にできた凹凸などを隠す働きもあり、また、ファンデーションなどのノリも良くしてくれます。そして、化粧崩れを防ぎメイクの仕上がりも良くする働きがあるのです。
ニキビなどが気になる下地の、メイクアイテムの選び方は毛穴の状態に合わせるのが良いです。毛穴の開きや凸凹が気になるときはシリコン系の、成分の入ったポリマー・シクロペンタシロキンサン・ジメチコンの配合された下地を選びます。シリコン系の成分は凸凹間を目立ちにくくして、お肌の表面を平らな状態にしてくれるのです。
また、ニキビ跡など黒ずみが目立つ場合は、しっかりとカバーしやすい下地を選ぶことが大切で、メイクのやり方でもカバー力が低めの下地だと、厚塗りになり崩れやすいことがあります。しっかりカバーしてくれる下地は、メイクのやり方のときに、薄く塗っても毛穴がきちんと隠れ、見た目もキレイなお肌に演出してくれます。
ニキビなどができているときの下地は、保湿成分が配合されたものが良く、下地が保湿成分のお肌に潤いを与える下地を使うと、日中の乾燥を防いでくれて、肌を健やかに保って、メイクの持ちを良くすることができるといわれています。
引用: https://i1.wp.com/magazine.voicenote.jp/wp-content/uploads/nikibi01.jpg?resize=400%2C266
下地でメイクの隠し方や、やり方を知る前に、下地メイクの選び方は大切です。下地メイクの選び方は、伸びの良いものを選ぶことで、自然に仕上がります。伸びの悪い下地を選ぶと、厚塗りになりムラがでてきます。
ニキビの悪化を防ぐメイク方法は、下地の段階で、ニキビ跡の肌の凹凸をならして平らにすることが必要です。ニキビやニキビ跡を目立たなくさせるには、目的に合った化粧品を選ぶことが大切です。
アクネ菌が繁殖して炎症を起こしている赤ニキビは、グリーン系の反対色のコントロールカラーが最適で、赤みを抑えるお肌のトーンを整えます。大きいものがいくつかできている場合は、実際の肌トーンより、ワントーン濃い色の、コンシーラーの練が固いものを、清潔な指やチップでニキビの上に乗せ、その上から重ねるパウダーファンデーションをおすすめします。
りキッドやクリームタイプのファンデーションは脂分が多いので、ニキビの原因となってニキビの悪化を招くことがありますので注意が必要です。
引用: https://cosmedical.jp/treatment/img/nikibi_pct_02.gif
化膿したニキビができているときのメイクカバーのやり方は、ニキビに刺激を与えないようにすることが重要で、芯の部分に触れないように、ニキビの周囲にコンシーラーをつけます。お肌の負担を軽減するために、フェイスパウダーのみか、パウダータイプのファンデーションをつけると良いです。
パフは清潔なものを使い、帰宅したらすぐにメイクを落としお肌への負担を最小限にして、皮膚科の治療も並行してやると良いでしょう。隠し方は刺激を基本的に与えなくて、黄色の補色のコントロールカラーが最適で、コンシーラーはニキビの周囲につけます。パウダーファンデーションを使って、帰宅したらすぐにメイクを落とすことです。
ニキビ跡の場合、メイクカバーの隠し方は、スキンケアの段階で保湿をたっぷりします。水分で肌がふっくらすることで、毛穴やニキビ跡がかなり目立ちにくくなり、下地を使うことで、毛穴のカバー力が高いものを使います。
ファンデーションを厚塗りにするより、下地の段階で対策をするやり方の方が、自然に仕上げることができます。凹凸の、ニキビ跡の隠し方は化粧下地をしっかりして、ファンデーション前の段階で、お肌を綺麗に整えることが大切です。
ニキビを悪化させないやり方の一番良いのは、メイクをなるべく避けた方が良いのですが、やはりメイクで隠したいのは女心です。お肌に負担のない化粧品を選ぶことが大切ですが、経済的にも負担のかからない、プチプラでもお肌に優しい化粧品があります。
お肌に優しい成分が配合されていて、人工香料や着色料・パラベン・アルコールの入っていないものを選ぶと良いです。お肌の弱い方は、これらの成分で肌荒れを起こすこともありますので、低刺激の化粧品を選ぶやり方がニキビを悪化させない方法です。
下地は保湿がしっかりできるもので、ニキビ肌には特に低刺激なものを選び、CCクリームはスキンケア効果の高い下地を選び、BBクリームはファンデーション機能のある下地を選ぶことが必要です。保湿力やカバー力はメーカーによって異なりますが、保湿力の高いものを求める方がニキビを悪化させなくて済みます。
保湿力の高い高保湿成分には、加水分解ヒアルロン酸、リピジュア、天然保湿因子、セラミドなどがあります。油分が少なくさらっとしたテクスチャの化粧下地を選び、刺激のない配合成分をチェックすることが大切です。凹凸の大きいニキビはシリコンタイプが良いです。
コントロールカラーは赤ニキビ=グリーン系、くすんだ色ニキビ跡=イエロー系を選ぶとニキビを上手に隠せます。ファンデーションは添加物を避け、香料や紫外線吸収剤など配合されているものは避けて、パウダーファンデーションで無添加の肌に、刺激の少ないものを選びます。
ニキビ肌に厚塗りして、いろいろなアイテムを重ね塗りすると、ニキビが悪化します。一番理想的なのは保湿の入った美容液を馴染ませた後、パウダーファンデーションで紫外線カットというメイク方法ですが、ニキビ肌の人が肌を綺麗に仕上げるためのベースメイクポイントは、コントロールカラー・コンシーラー・ファンデーションを使ってやります。

コントロールカラー

ファンデーションのノリを良くする化粧下地を使うときは、油分や添加物の少ないものを使用し、赤みのニキビには化粧下地を使うより、グリーンコントロールカラーを使う方が良く、グリーンコントロールカラーは赤みを相殺する効果があります。少量使用するだけで良いので、ベースメイクをつくりやすく仕上げることができます。

コンシーラー

毛穴の凹凸など、ニキビ跡やシミなどの色ムラをカバーする効果があって、色はワントーン暗めのコンシーラーを選ぶようにします。ニキビを綺麗にカバーするなら、スティックや固形タイプの、固めのものを選んだ方が薄くつけただけでもきれいにカバーできます。

ファンデーション

ニキビができて、お肌への負担を考えるなら、パウダータイプファンデーションかルースタイプファンデーションがニキビの負担を少しでも抑えられます。これらは、マットな仕上がりで、ニキビの凹凸を目立ちにくくします。中でもミネラルファンデーションなどは、お肌への負担は少なく、しっとりとした仕上がりの美容成分が入っています。
ファンデーションでも美容成分の入った、お肌に負担の少ない、しっとりとした仕上がりのファンデーションを選ぶことも、ニキビができているときには重要となってきます。
「ニキビはメイクで隠せる?悪化を防ぐ下地選びや正しいやり方を徹底解説!」を見てきましたがいかがでしたでしょうか?ニキビができたときは、理想ではメイクを控える方が良いですが、しかし、女性のたしなみとして、メイクは女性にとってとても必要な化粧です。そんなときにどのように、メイクをすればよいのか、何か参考にできるようなことがあれば嬉しいです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BhT9cxdgmsx/?tagged=%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC