Nwkiz9fpnjdfkrt1astr

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ニキビを治す・消す方法!即効で効くケア方法や種類別の薬を紹介

2018.06.11

ニキビを治す方法は、皮膚科に行って治す、市販薬で治す、スキンケアで治すなどいろいろありますが、原因や、即効で市販薬のニキビを治す方法はないものか、ニキビの種類別薬を詳しく見てみましたので、ニキビを治す・ニキビ跡を消すときの参考にしてみてください。

  1. ニキビを治す方法
  2. ニキビを治す即効の薬
  3. ニキビの種類の赤ニキビは即効では治らない
  4. 白ニキビ・赤ニキビを治す即効性のある種類の薬
  5. 黒ニキビを治す即効性のある薬
  6. 赤ニキビ・黄ニキビを治す即効性のある種類の薬
  7. 黄ニキビを消す方法の薬
  8. 黄ニキビを消す方法の皮膚科で処方される薬
  9. ニキビを治す方法として昔から万能薬として使われオロナイン
  10. ニキビを治す・消す方法のまとめ
引用: http://blog-imgs-93.fc2.com/n/i/k/nikibiatowokesu/20160829072407566.png
ニキビができニキビを治すため、清潔にするため洗顔を何回もやっている人がいます。でも、ニキビは不潔だから起こるのではありません。思春期ニキビは、ホルモンバランスが崩れたとき起こります。ですから、洗顔は1日2回以上必要ありません。洗顔することでニキビに刺激を与えることは、ニキビを悪化させる原因になります。また、洗顔するときにゴシゴシ擦するのも良くなく、ニキビに刺激や摩擦を与えないことが、ニキビを早く治す方法なのです。
引用: http://www.cityvip1.com/img/acne2.jpg
赤ニキビは重症な皮膚炎なのです。赤ニキビはニキビが炎症を起こしていて、皮脂を餌にしているアクネ菌が毛穴で増殖して、アクネ菌が作り出す酵素リパーゼにより、皮脂が遊離脂肪酸に分解され赤い炎症を起こしています。遊離脂肪酸が炎症を増殖する物質を生みだし、重症化することもあるので、赤ニキビを放置すると、悪化をたどることがあり早いケアが必要となってきます。
引用: http://bihaku-kirei.info/wp-content/uploads/2013/05/IMG_5066.jpg
ニキビに良く効く薬は種類がたくさんあって、自分に合うニキビを治す、即効の薬は中々見つからないものです。ニキビにも種類があり、また、肌にも脂性肌・乾燥肌・敏感肌と種類があります。市販薬は炎症の起きたニキビを治すのに優れていて、白ニキビや黒ニキビなどの炎症が起きていないニキビに使うと、ニキビを悪化させることがあるので注意が必要です。
引用: http://nikibinoblog.net/wp-content/uploads/2016/06/%E8%B5%A4%E3%83%8B%E3%82%AD%E3%83%932.png
赤ニキビに効く成分が入っているのは、ヒドロコルチゾンとイブプロフェンピコノールの炎症を抑える成分が入っていることです。抗炎症作用の成分が配合され、抗菌作用の成分配合であることが必要です。アクネ菌はもともと善玉菌ですが、毛穴に詰まるとニキビの原因になります。そうならないために、サリチル酸とイソプロピルメチルフェノールなどの抗菌作用の成分があることです。抗菌作用の成分があると、アクネ菌を減らすことができます。

ペア アクネクリームW

白ニキビのケアにも効果があがり、赤ニキビの炎症を抑える効果があります。炎症ニキビを悪化させないで治しますが、アルコールが入っているので敏感肌は注意が必要です。LIONからでている第2類医薬品で、イブプロフェンピコノール・イソプロピルメチルフェノールが有効成分に入っています。
引用: http://nikibiwonaosu.com/img/thj6j6tsr6utr4.jpg
イブプロフェンピコノールはアクネ菌の繁殖を抑え、ニキビになる第一段階の皮脂分泌を抑えて、白ニキビ、黒ニキビの予防になり、抗炎症作用もあるので赤ニキビの炎症を抑え、また、ニキビ跡の赤みの改善にもなります。イソプロピルメチルフェノールはアクネ菌を殺し、ニキビ改善効果に期待がモテます。
【第2類医薬品】ペアアクネクリームW 24g ※セルフメディケーション税制対象商品
価格 ¥ 684
引用: http://nikibi-project.com/wp/wp-content/uploads/2015/10/sirokuro.gif
黒ニキビは、一般的なニキビ薬では治りません。抗炎症作用や殺菌作用といった薬では、黒ニキビは毛穴に詰まった皮脂が酸化している状態なので、一般的なニキビ薬をつけると悪化させる原因になります。健康な肌に抗菌作用のある薬を塗ると、常在菌まで殺してしまうので、肌は外敵から身を守ることができなくなり、雑菌によってニキビが悪化してしまいます。
引用: http://nourish.toyobiyo.jp/beauty/images/skin/turn_over_fast.png
黒ニキビを治す即効性のある薬は、毛穴詰まりをよくして、肌のターンオーバーを促進する薬が良いです。毛穴の詰まりを取り除くことで、酸化した皮脂が原因の黒ニキビを治すことができるのです。黒ニキビの場合は、市販薬でなく、皮膚科で処方される薬が良いですが、市販の薬では、ビフナイトが良いといわれています。

ビフナイトn

引用: http://www.lucy-moore.com/wp-content/uploads/2017/06/bfn.png
ビフナイトnは、小林製薬からでている炎症と起こす前の、白ニキビや黒ニキビに効く薬でイオウが詰まった毛穴を開いて、クリームが余分な皮脂を吸収し、アクネ菌を殺菌成分が殺菌します。価格は 18g 972円(税込)
【第3類医薬品】ビフナイトnニキビ治療薬 18g
価格 ¥ 989

クレアラシル

クレアラシルはニキビ治療に特化した薬を販売していて、その中のクリームに関してはイオウやレゾルシンの成分により、皮脂を吸収する効果が期待でき、黒ニキビの治療に有効な薬です。価格は18g オープン価格
【第2類医薬品】クレアラシル ニキビ治療薬クリーム 白色タイプ 18g
価格 ¥ 1,166

テラ・コートリル

ジョンソン・エンド・ジョンソンが販売している即効性のあるニキビの種類の、赤ニキビを1日~1週間でニキビを治す方法として使える薬で、ニキビを治して消すことができます。オキシテトラサイクリン塩酸塩という抗生物質と、ヒドロコルチゾンは抗菌薬成分の5群のステロイドが配合され、テラ・コートリルの有効成分はストロイドと抗生物質の2つが配合された薬なのです。
ステロイドは医師の処方がなければ基本的に使用できません。しかし、テラ・コートリルは5群という刺激の弱いステロイドのため、市販でも購入でき、アクネ菌の増殖を抑えてくれます。また、ヒドロコルチゾンは強力な抗炎症成分で、ニキビ跡の赤みや、炎症の進んだ赤ニキビに効果があるのです。
市販薬の中でも即効性が高く、ニキビの種類の炎症を起こした重症な赤ニキビでも、就寝前に赤ニキビに塗って、絆創膏でカバーして、翌朝見てみると赤ニキビが消えているという、一日でニキビを消すことのできる人もいる薬なのです。刺激も弱く副作用もあまりない薬で、炎症の起こった赤ニキビに、即効性があるといえます。
【指定第2類医薬品】テラ・コートリル軟膏a 6g
価格 ¥ 721

アクネス25

炎症を抑える働きをする、イブプロフェンピコノール・イソプロピルメチルフェノールの有効成分が入っていて、保湿成分のスクワランが配合されています。弱酸性・無着色・無香料でお肌に優しく敏感肌の人でも使用できます。ロート製薬から販売されている第2類医薬品です。
イソプロピルメチルフェノールという成分はアクネ菌の巣を破壊しニキビの進行を抑えるだけでなく、イブプロフェンピコノールという成分が炎症をしずめ、なかなか治りづらい赤ニキビに効果があります。肌に塗ると透明に変化します。
【第2類医薬品】メンソレータムアクネス25メディカルクリーム 16g ※セルフメディケーション税制対象商品
価格 ¥ 1,299

クレアラシル オトナ肌用アクネジェル

レキットベンキーザージャパンが販売している、クレアラシルの大人ニキビ用の薬ですが、炎症を抑える効果があり、ビタミンCの美白効果でニキビ跡をつくらない効果もあり、お肌をキレイに治すことができます。保湿効果もあるので、乾燥肌の人にも使えて、この薬はイソプロピルメチルフェノール・レゾルシン・アラントインの有効成分が配合されています。
イオウ・レゾルシンが有効成分に入っていて、これはアクネ菌を殺し炎症を抗炎症作用により抑制します。イオウは肌を柔らかくする成分で、毛穴の皮脂詰まりを解消する働きがありますが、敏感肌の人には注意が必要です。14g オープン価格
オトナ肌対策クレアラシル 薬用アクネジェル(14g) ×2セット
価格 ¥ 1,657
黄ニキビの場合原因菌として、黄色ブドウ球菌が繁殖しているニキビで、アクネ菌を殺菌する薬を塗っても治らないばかりか悪化することがあります。

ドルマイシン軟膏

ゼリヤ新薬のドルマイシン軟膏は、バシトラシンとコリスチン硫酸塩(硫酸コリマイシン)の2つの抗生物質が配合され、2つの抗生物質にって非常に殺菌性が高く、黄ニキビの原因である黄色ブドウ球菌を殺菌し、黄ニキビを消す効果の可能性があります。もともと、この薬はケロイドになった皮膚や、化膿した皮膚、火傷などの薬なので、ニキビを消す期待は高まります。価格は6g 918円(税込)
【第2類医薬品】ドルマイシン軟膏 12g
価格 ¥ 665
黄ニキビの場合は一番良いのは、皮膚科に行って相談することが一番良いのです。それは、市販の薬よりも皮膚科の薬の方が、殺菌力の強い薬を処方してもらうことができるからです。皮膚科でニキビを消す方法で処方される薬は黄ニキビの場合は、ゲンタシン軟膏が使われます。
ゲンタシン軟膏は皮膚科の薬も中でも、殺菌力が幅広く、ブドウ球菌属、アクネ桿菌、レンサ球菌、マラセチア球菌、緑膿菌などの強い殺菌ができるからです。市販のドルマイシン軟膏よりも、抗生物質の効き目が強いので、黄ニキビの場合は皮膚科に行って相談する方が良いでしょう。

オロナイン軟膏

オロナインはみな様の家庭に1つはあるかも知れません。万能薬として昔から使われていましたが、ニキビの種類の赤ニキビには即効性があります。しかし、白ニキビや黒ニキビだと悪化の危険性もあります。赤ニキビで1日から1週間塗って聞かないようでしたら、皮膚科に行きましょう。また、オロナインには油分が含まれているので、油性の人には合わないかも知れません。オロナインにはクロルヘキシジングルコン酸塩液殺菌消毒成分が配合されていて、これが、アクネ菌の増殖を抑えてくれます。
【第2類医薬品】オロナインH軟膏 100g
価格 ¥ 592
「ニキビを治す・消す方法とは?即効で効くケア方法や種類別に合った薬をご紹介!」を見てきました。自分のニキビがどのニキビか分からない場合や、肌質によって自分に合わなかったりもしますので、できたら皮膚科で診てもらう方が間違いないです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.cityvip1.com/img/acne2.jpg