Rnka0zgwicuism8ggpeb

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

【クレンジングリキッドまとめ】選び方・使い方・おすすめアイテム総解説!

2018.10.17

クレンジングリキッドが人気を集めていますが、お肌には優しいのでしょうか?クレンジングリキッドの使い方と、クレンジングの選び方などについて、クレンジングリキッドをまとめてみました。クレンジングリキッドのおすすめのアイテムについて詳しく見ていきましょう!

  1. クレンジングリキッドについて
  2. クレンジングリキッドの特徴
  3. クレンジングリキッドの成分を確かめましょう!
  4. クレンジングのオススメの選び方
  5. クレンジングリキッドのメリット
  6. クレンジングリキッドのデメリット
  7. クレンジングリキッドの使い方
  8. クレンジングリキッドの使い方のポイントを見てみましょう!
  9. クレンジングリキッドのオススメアイテムは?
  10. まとめ

クレンジングリキッドとは

クレンジングリキッドは洗浄力が高めで、しっかりメイクの人でも落とせて、質感はさらっとしています。オイルのように粘性がないので、脂性の人たちにオススメのクレンジングリキッドです。しかし、オイルフリーになると、洗浄力は弱くなりオイルに近いほど洗浄力は高めになります。
主成分は水ですが、クレンジングリキッドの定義はあいまいで、油分が少ないのでどうしても洗浄力を高めるには、界面活性剤の力を借りなければなりません。ベースが水で水にも油にもなじむようにできていて、テクチャーは液状のサラサラした感じになっています。

リキッドの種類

リキッドの種類は通常タイプと、ウオータークレンジング・水クレンジング・シートタイプと、オイルフリータイプがあります。通常タイプはミルクよりも液状でしっとりしています。ウオータークレンジング・水クレンジング・シートタイプは拭き取りタイプになっています。また、オイルフリーは脂分を一切つけていないので、しっかりメイクには落ちない可能性がありますが、マツエクをつけている人には良いです。
オイルフリーでないクレンジングリキッドの特徴は、しっかりメイクの人にあっています。リキッドファンデーションウォータープルーフの日焼け止めなどのメイクの崩れにくい人や、オイルフリーなどは、マツエクの接着剤は油分に弱いので、マツエクをつけている人に良いです。
クレンジングリキッドのオイルフリーの特徴は、油汚れを落とすには洗浄力はあまり良くありません。
引用: http://bihadacchi.com/images/kaaaeizai.gif
界面活性剤は油汚れを落とすのに不可欠な成分ですが、洗浄力が強いため肌の必要な皮脂や保湿成分まで、洗い流す特徴があります。
クレンジングリキッドはオイルに近いほど洗浄力を持っていますが、落ちない人は乳化をする必要があります。リキッドの場合メイクの油にリキッドの水分が取り巻くので、水に油が浮いた状態になります。これを混ぜ合わせることで油の中に今度は水が浮く状態になって転相という現象が起こります。
引用: http://blog-imgs-26.fc2.com/c/o/s/cosmeticweb/kaimen02.gif
白く濁る状態になると乳化が起こり、洗い流すためには再乳化をしなければなりません。再乳化するにはぬるま湯で少しずつ、洗い流していくと、水の中に油が含まれる元の状態になります。これを再乳化といいます。これで、クレンジングを洗い流すことができます。
引用: https://cutey-beauty.com/wp-content/uploads/2017/08/surfactants.png
素肌美人を目指す人は、クレンジング方法を見直すことはとても大切です。年齢を重ねることで、肌トラブルをさけるには、クレンジングを変えなければ肌老化は加速します。美肌を保つにはクレンジングの使い方を見直すことで、肌の劇的な変化を見ることができるでしょう!
U5hbtdpavu35zceidohn
石油系界面活性剤は長期に使用していると、皮下組織に蓄積されシミの原因になるので、使わない方が増えてきています。注意する石油系界面活性剤は硫酸とつくものと、ステアリン酸グリセル、キシレンスルホン酸アンモニウム、ポリオキシエチレンラウリルなどの入っていないものを選ぶようにしましょう。選び方として合成界面活性剤の入っていないもので、非界面活性剤などはお肌に優しいです。
クレンジングリキッドはオイルやジェルの区別がつきにくく、敏感肌に使用するには少し無理があるようです。さらさらの液状になっていて、オイルフリー・ノンオイルなら、さっぱりした感じで、肌への負担はクリームやミルクタイプより大きいです。

クレンジングのオススメの選び方

一番大切なことは肌に合ったクレンジング選びをすることと、メイクに合わせたクレンジング選びをすることです。また、部分々に合わせたクレンジングをすることで、お肌に優しくすることができます。使い方によってお肌に影響することもあり、例えばお肌に優しいからミルクタイプのクレンジングで取れないメイクをゴシゴシ擦るより、クレンジングオイルや、リキッドで素早く汚れを取り去る方が、お肌にはよくオススメです。
Mj7e8fmtyovghi2due7u
クレンジングリキッドのメリットは、なんといってもさっぱりとした感触です。使い心地が良くすすぐときに汚れが肌に再付着しにくく、みずみずしい肌触りに誰しも洗顔の確かさを、確かめることができます。不要な汚れをスッキリと落としますが、界面活性剤の特徴でもある、いつまでもヌルヌルとした疾患の嫌いな人でも、使い方でスッキリさせてくれます。
Hvfsxd0frcs3ts3bmz8z
ぬれた手や顔・お風呂でも使えるクレンジングリキッドは、忙しい女性の味方となるでしょう。使用方法を守らないとメイク落ちはしません。商品によっては、ぬれた手や顔では使えないものもあります。
脂性肌・ニキビの方にはとても重宝するクレンジングリキッドで、拭き取りメイクもできるものもあり、忙しい女性に頼りになるメイク落としができます。
引用: https://otonanikibi-sayonara.com/wp-content/uploads/2017/10/synthetic-surfactants-1.png
界面活性剤の量が多く、油分を控えているので、さらっとした感じで、肌との摩擦が他のクレンジングに比べ起こりますし、肌への負担は大きくなります。界面活性剤がセラミドを溶かすので、シワやシミを作り外敵から身を守る皮脂幕を破壊する働きがあります。
クレンジングリキッドの正しい使い方は、メイクの濃さに応じて使って、部分的なところに使うことがよいです。全体に使う場合は少し注意が必要となります。
Tnmziqoyvvx4dxd423tv
1.まず手を綺麗に洗います。そのままでクレンジングリキッドを使用すると、手の雑菌がクレンジングリキッドに反応し、洗顔が上手くいきません。 2.量はケチらないで指定量を守りましょう。 3.クレンジングリキッドを手のひらに乗せTゾーンに乗せていきます。 4.皮脂の多いところから先になじませ、円を描くようにくるくるマッサージするようになじませます。 5.汚れが溜まりやすい小鼻は入念にやります。ここまでに乳化を取り入れるとヌルヌルしなくなります。 6.ぬるま湯ですすぎます。再乳化で洗い流します。 7.良く泡立てた洗顔料で洗顔し、清潔なタオルで押さえるように拭き取ります。
拭き取り用のリキッドの場合は、コットンにたっぷりクレンジングリキッドをつけて、量をケチらないでアイメイクから落とします。片方の目に15秒くらい載せて、顔全体に優しいタッチでコットンを滑らせます。コットンが汚れたらケチらないで次の新しいコットンに変えて拭き、良く泡立てた洗顔料で洗顔します。

クレンジングリキッドの使い方の注意にはどのようなものがあるでしょう?

Dz0vc22csmc0d8lxhqz0
リキッドタイプのクレンジングは、顔全体を洗う場合泡立ちが期待できなく、肌との摩擦の負担がかかるため、リキッドを顔全体に優しくなじませます。汚れを浮かせて素早く落とすことが必要で、アイメイクやポイントメイクは先に専用のポイントメイクリムーバーで落とします。コットンを1分ほど置いたら、優しく拭き取ります。メイクが薄いときは、他のクレンジング剤を使って、部位や状態に合わせて使うのがよいでしょう。
クレンジングリキッドを使うときは、崩れにくいメイクや、アイメイク落としなどに使用します。しっかりメイク落としに優れていて、ナチョラルメイクのようなときは、他のクレンジング剤を選ぶ方が良いでしょう。
クレンジングを濃さやパーツによって上手に使い分けることが必要で、クレンジングの種類を複数揃えておくことが大切です。乾燥肌の人は、乾燥しやすいので肌に合わない場合があります。使う前にパッチテストを必ず行うようにすることも必要です。違和感がでればすぐやめることが大切です。

オススメアイテムのセラムデュー 薬用アクネクレンズ(医薬部外品)

引用: https://sutekini-plus.net/wp-content/uploads/2016/10/%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BC2.jpg
セラムデューからの販売で、180ml 3348円で18種類のアミノ酸がベースとなっています。超微粒子アミノ酸が毛穴の奥までメイク汚れ、皮脂汚れ、古い角質までスッキリ落とし、ニキビの元も断ちます。無香料・無着色・ノンアルコール・ノンオイルです。脂性でニキビのできる方には、とてもよいクレンジングリキッドです。

オススメアイテムのビオデルマ

メーカーは NAOS JAPANで、100mlが1200円・2500mlが2800円です。今だけ250mlが2本で2800円+税です。ふき取り式のクレンジングですが敏感肌の人にも使えます。肌をしっとりさせ、優しくメイク落としができます。フルクトオリゴ糖やキシリトールなどの保湿成分4つ・鎮静効果のあるキュウリ果実エキス配合・無香料・無着色・無鉱物油・ノンアルコール・オイルフリーです。

オススメのアイテムのシンデレラタイムブースターセラムナノクレンジング

トゥルー・ネイチャーが販売している、310ml 1880円のクレンジングジェルです。毛穴洗顔で3つの特徴があり、7つの美容液成分で毛穴角質などの洗顔後のスキンケアを高め、肌を労わります。AHA(フルーツ酸)無着色・無鉱物油・ノンアルコール・パラベンフリー・合成香料不要で低刺激です。
クレンジングリキッドのまとめの選び方・使い方・オススメアイテムの総解説をしてきました。オススメするクレンジングリキッドは、使い方によっても変わってきます。また、メイクの仕方によってもクレンジングリキッドを使った方が良いときや、毎日リキッドを使うのはオススメできないこともあります。クレンジングは何種類か、自分の肌に合わせ、また、メイクに合わせて使い分けをすることが大切です。
結論はクレンジングを自分の肌に合わせて選ぶのはもちろんですが、メイクに合わせて選ぶことも大切です。そして部分々のメイクに合わせ、何種類かのクレンジングを用意した使い方が必要だということです。もちろん自分に合わせたベースのクレンジングはありますが、クレンジングリキッドのように、脂肪肌の人にはオススメできますが、乾燥肌や敏感肌には、使い方を注意してオススメしなければなりません。