D3pb18ljblafjpvugbgf

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ほくろと癌の見分け方を教えて!そのほくろはメラノーマで癌かも?

2018.05.24

もしかすると、あなたの気になっているほくろはメラノーマで癌かも知れません。この記事では、ぼくろと癌の見分け方についてご紹介します。見分け方に加えて、ほくろを治療する方法や「ここにあるほくろは皮膚がんかも!」というポイントも、あわせてお伝えしていきましょう。

目次

  1. 癌とほくろの見分け方!メラノーマは皮膚がん?①:まずはほくろについて知ろう!
  2. 癌とほくろの見分け方!メラノーマは皮膚がん?②:ほくろは皮膚がんなのか
  3. 癌とほくろの見分け方!メラノーマは皮膚がん?③:体を隅々までチェックしよう!
  4. 癌とほくろの見分け方!メラノーマは皮膚がん?④:メラノーマの色
  5. 癌とほくろの見分け方!メラノーマは皮膚がん?⑤:カタチを確認
  6. 癌とほくろの見分け方!メラノーマは皮膚がん?⑥:サイズについて
  7. 癌とほくろの見分け方!メラノーマは皮膚がん?⑦:メラノーマは早めの対策を!
  8. 癌とほくろの見分け方!メラノーマは皮膚がん?⑧:ほくろを除去する方法
  9. 癌とほくろの見分け方!メラノーマは皮膚がん?⑨:ほくろ除去の注意ポイント
  10. ほくろと癌の見分け方を教えて!そのほくろはメラノーマで癌かも?のまとめ
Ztw6yskkeqitsll0vxa0

顔だけではなく、体にあるほくろ。この黒い点々は、そもそもどんなものなのでしょうか。ほくろは、メラニンという皮膚の中にある色素でできているものです。具体的には、「色素性母斑」「単純黒子」という2種類に分類できるようですね。

Kod4xbf3binynnglv9wy

「色素性母斑」は、メラニンが含まれている母斑細胞が増殖したものです。はじめのうちは小さめのほくろであっても、大きなサイズになることがありますね。「単純黒子」は、「色素性母斑」よりも浅い部分にあり、サイズも小さいです。黒いほくろだけではなく、茶色のほくろもそうですね。

Qdyucww0tk9hjzgihaht

ほくろは、体のいたるところにできるものです。「ここにほくろがあるのはおかしい…」と気づいたら、それはほくろではないかもしれません。ほくろと見かけが似ている「メラノーマ」というものがあり、これは皮膚がんですね。「メラノーマ」は、ただのほくろだと勘違いされる傾向にあるでしょう。

Todxixb0idxyy4m5xs20

「メラノーマ」は、メラニンを大量に出すがん細胞であり、ほくろに似た外見になります。そして、がんではないほくろと同じような部位にできることもありますので、さらにわかりにくいでしょう。比較的色白の人にできるものですね。

Kgyeu6izcz9xhpjrbgn4

メラノーマは、手のひらや足のウラなど、ほくろができそうにない部位に生成されることがあります。人によっては、舌にできることもあるそうですよ。爪などにも発生しますが、黒い筋として表れるため、汚れと勘違いする人もいるかもしれません。メラノーマは、体のさまざまなところで生成し、黒が広がっていきますので、気づきやすいのではないでしょうか。

Pscyrwojy6bchfipgc9t

ほくろができるところに、メラノーマができると、がんなのかほくろなのか見分けがつきませんよね。もしがんをほおっておいてしまえば、どんどん進行してしまいます。体の隅々までチェックする習慣をつけるべきですが、見分け方についてお伝えしていきましょう。

Whbak36utlxgdm5zowrc

ほくろとメラノーマは、色の広がり方が少し異なりますので、見分けることができます。ほくろであれば、黒や茶色ですよね。この色の広がり一定ですので、混じった色をしていることはありません。

1 / 3