He5ltvmauanekbsyqwbl

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ほくろ除去の経過ってどんな感じなの?治療方法なども解説!

2018.05.24

ほくろを取り除くことを検討している人にとって、「除去の経過が気になる」ということはありますよね。そこでこのページでは、ほくろ除去の経過はどんな感じなのかご説明します。治療方法や対策についても触れていきますので、ぜひ参考にしてください。

  1. ほくろ除去の経過について①:まずは除去方法についてご紹介!
  2. ほくろ除去の経過について②:レーザーを使った治療方法とは
  3. ほくろ除去の経過について③:炭酸ガスレーザーとは何か
  4. ほくろ除去の経過について④:レーザー治療による経過!
  5. ほくろ除去の経過について⑤:ほくろの種類で施術方法は変わる?
  6. ほくろ除去の経過について⑥:炭酸ガスレーザーの良いところ・わるいところ
  7. ほくろ除去の経過について⑦:ほくろ増加の原因を知ろう!
  8. ほくろ除去の経過について⑧:ほくろ増加防止は紫外線対策!
  9. ほくろ除去の経過について⑨:運動不足・不摂生な生活もほくろの原因かも?
  10. ほくろ除去の経過ってどんな感じなの?除去の経過を徹底解説のまとめ
ほくろ除去の経過についてお伝えする前に、まずは、どのような除去方法があるのか確認しておきましょう。ほくろを除去する場合、美容クリニックなどに足を運ぶ必要がありますね。そしてほくろは、大きさなどにより、除去する方法が変わるのが一般的なようです。
ほくろが大きくて目立つようなものであれば、メスで取り除くことがあるでしょう。メスは、電気メスなどを使用することもあるようです。このケースではない場合、レーザーを使うことがありますね。レーザー治療は、ほくろを焼くスタイルの施術です。では、レーザーでの治療とは、具体的にどんなものなのでしょうか。詳しくご紹介していきます。
レーザーで治療する際は、もちろんメスを使わず、レーザーで焼いていくことになります。ほくろだけではなく、シミなどを治療する際にも適しているのが、レーザー治療ですよね。脱毛などもれーざーを使うことが一般的ではないでしょうか。濃くなってしまった色素などを取り除く際には、レーザーが適しているようですね。治療費が安いケースもあるようですよ。
レーザー治療は、こうした良い点だけではありません。施術ののち、紫外線を浴びてはいけなかったり、肌が赤みを帯びることもあります。とはいえ、細かい部分の治療においては、レーザーは有効になるでしょう。この治療方法の中に、もっともほくろ除去に最適といわれている「炭酸ガスレーザー」があります。次項で具体的にご紹介します。
炭酸ガスレーザーは、ほくろだけではなく、いぼを取り除くときも効果的なものですね。レーザーでほくろやいぼを除去する施術になります。皮膚の中のほくろからごっそりと取り除くことができますので、この治療方法をおすすめされることが多いかもしれません。
時間はそれほどかからないようですね。ほくろ1か所につき、だいたい5分から10分程度でしょうか。レーザー治療による痛みはないようですが、その前に麻酔をすることになりますので、チクッとすることがあるでしょう。焼きとる施術ですので、焦げたヒフのにおいがしますね。
では、レーザー治療による経過をご紹介します。ほくろをごっそりと取り除いたあとは、その部分がくぼびますね。だいたい3週間程度でヒフは元通りになりますが、まだこの時点では、赤みがあるでしょう。ほくろの大きさにもよりますが、3か月もすれば、きれいなお肌になるはずです。人によっては、数年かかることもあるようですので、おおよそ1年くらいを目安に元通りになると考えておくとよいかもしれませんね。
レーザー治療を終えたあとは、ほくろのあった部分に、シールを貼り付けたり、軟膏などを塗り、クールダウンしていきます。メイクすることも可能ですが、日々のケアを怠ってはいけません。顔のほくろをレーザーで治療する人は、マスクをつける寒い時期に対応することが多いようですね。施術を検討している人は、シーズンなどを考慮するようにしましょう。
ほくろの種類で施術方法は変わるのでしょうか。種類によっては、施術方法を変えたほうがすぐに除去することができますね。例えば、いぼのような大きなほくろでは、レーザーで焼きとる場合、数回に分けて対応することがあります。そのため、メスで切り取ったほうが良いときもあるでしょう。
あまり目立たない小さなほくろであれば、レーザーで済みますよね。ヒフの中に埋もれているほくろもあります。このケースでは、ほくろがどれくらいヒフに近いのかによりますね。近ければ、すぐに除去することができ、遠ければ、何回かに分けてレーザー治療することもあるでしょう。
引用: https://lh3.googleusercontent.com/WNyWxJYYePfZ3c-yMncNqtYUVYkWTlSIl58XoCqarke3O0srAYudHT0RV_vrmgCd8sqdB8o=s131
炭酸ガスレーザーの良いところ・わるいところについてご紹介しますね。まずは、他の部分を傷つけることなく施術することが可能でしょう。出血することも、ほとんどないのもメリットですね。ピンポイントの施術が可能でありながら、メスよりもキズが浅いです。
顔を治療する場合、メスをとおしにくい部分があります。このケースでも、レーザーであれば、問題ありませんね。悪い点としては、もとの肌になるまで、多少時間がかかることでしょうか。とはいえ、たいていのほくろ除去の施術は、レーザーのようですよ。
ほくろは、後天的にできるものです。ほくろ除去をしないためには、ほくろを増加させないことが望ましいですね。例えばほくろは、メイクが原因でできてしまうことがあります。メイクは、ブラシなどを使用すれば、肌にダメージを与えてしまいますよね。この刺激が、ほくろの原因となる「メラニン色素」を作ってしまう可能性もあるのです。
ほかに意外なほくろの原因を挙げるとすれば、妊娠中や生理前もほくろが増加しやすいですね。ある女性ホルモンが分泌され、それがメラニン色素を作り、ほくろを増やしてしまうのです。女性ホルモンのバランスを整えることは、日ごろから意識したほうが良いですね。
「ほくろ=紫外線」というのは、もっとも有名な原因ではないでしょうか。紫外線対策をしっかりすれば、ほくろは増加しずらいということになりますね。日焼け止め、日傘、帽子、サングラス…などなど、紫外線対策グッズはさまざまあります。とはいえ、紫外線自体は、人の健康に欠かせないものですので、適度には浴びるようにしましょう。
また、お風呂に入ることも無視してはいけません。シャワーでは体をあたためることができなく、メラニン色素を排出することが難しくなってしまいます。毎日とは言わずとも、時間を作って浴槽にしっかりとつかるようにしましょう。
野外でのハードな運動は、紫外線をたっぷりと浴びてしまい、ほくろの原因になってしまいますが、ウォーキングなどの適度な運動であれば、ほくろ増加防止になりえます。「新陳代謝アップ=肌のターンオーバー=メラニン色素の排出」ということになり、運動すれば、寝不足などのストレスを解消することもできるでしょう。
適度な運動とともに大切なことは、生活習慣の乱れを改善することですね。偏った食生活や睡眠不足は、メラニン色素を排出しにくい体になっているでしょう。お肌のターンオーバーに必要なビタミン類や亜鉛、タンパク質は、意識して摂取するとよさそうですね。
ほくろ除去の経過などについてご紹介してきました。「どうしてもほくろを取り除きたい」というのであれば、ドクターと相談しながら治療を検討するのがよさそうですね。小さなほくろであれば、元通りの肌になるのも、それほど時間がかからないでしょう。
ほくろ除去の前に、そもそもほくろを作らないように、意識して生活を送ることが大切ですね。春夏などは、しっかりと紫外線対策をしておきましょう!