Sh08ld3mhryfzcfkllpr

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ほくろ除去クリームはこれが効果的!口コミで人気のアイテムを厳選

2018.05.24

「ほくろを除去したいけど、施術はしたくない…」という人もいらっしゃるのではないでしょうか。そこでこのページでは、効果があると口コミで人気のほくろ除去クリームをご紹介します。除去クリーム以外にもほくろを増やさない対策などもお伝えしますので、ぜひお役立てください。

  1. 効果あり?口コミで人気のほくろ除去クリーム①:手作りでもオッケー?
  2. 効果あり?口コミで人気のほくろ除去クリーム②:カソーダを使用する
  3. 効果あり?口コミで人気のほくろ除去クリーム③:もぐさを使う
  4. 効果あり?口コミで人気のほくろ除去クリーム④:ニッキーモールアウトクリーム
  5. 効果あり?口コミで人気のほくろ除去クリーム⑤:精油ジェル・モールクリア
  6. 効果あり?口コミで人気のほくろ除去クリーム⑥:ウバイ精油膏
  7. 効果あり?口コミで人気のほくろ除去クリーム⑦:ワートモールバニッシュ
  8. 効果あり?口コミで人気のほくろ除去クリーム⑧:炭酸ガスレーザーもアリ!
  9. 効果あり?口コミで人気のほくろ除去クリーム⑨:ほくろの増える原因を知っておこう!
  10. ほくろ除去クリーム!効果があると口コミで人気のおすすめ商品を紹介!のまとめ
ほくろを除去するためには、市販のクリームを使うだけではなく、レーザー治療などさまざまな方法があります。「あまりお金をかけたくない」という人であれば、自分で行うこともできますね。口コミでおすすめで人気のほくろ除去クリームをご紹介する前に、自宅でもほくろを除去できる方法をご紹介していきましょう。
「重曹:ヒマシ油=2:1」の割合で混ぜたものが「カソーダ」です。これは、ヒフを溶かすほどの力があり、材料を用意すればご自宅で作ることも可能でしょう。もともとは、肌のおうとつをなくすために作られたそうで、顔に使用するのは危険です。
「カソーダ」を使用して、ほくろを除去することもできますが、「かさぶたができてしまった」「いぼができてしまった」という人もいらっしゃるので、あまり効果は期待できないかもしれません。ご自宅で自分でほくろ除去をする際は、細心の注意が必要ですね。
お灸の材料であるもぐさを使えば、ほくろが除去できるかもしれません。かつては、お灸でほくろを取り除いていたこともあり、今でもこの方法は残っているようですね。「大きいほくろが取れた!」という人もいるほど、効果があるんだとか。
お灸ですので、もちろん自宅で行うことも可能です。ほくろを除去するお灸も販売されているようですよ。とはいえ自分で行うには、それなりのスキルが必要ですし、練習しなければ、上手にほくろを取ることができないかもしれません。
次項からは、人気のほくろ除去クリームをご紹介していきます。日本製のアイテムではありませんので、入手するのは難しいかもしれませんが、ぜひ購入を検討してみてください。
フルーツ・ハーブエキスを配合した『ニッキ―モールアウトクリーム』は、フィリピン製です。安心の成分により、ほくろを除去することができるようですよ。良い匂いがするのもポイントですね。取りたいほくろの部分を消毒して、クリームを塗っていきます。そして洗い流せば、10日程度でとれるようですね。赤くなってしまうこともありますが、時間がたてば回復するそうです。
台湾で作られている『精油ジェル・モールクリア』も人気のおすすめアイテムですね。ほくろに傷をつけて塗る「スクラッチ」、傷をつけないで塗る「ノースクラッチ」どちらにも対応してますよ。クリームというか、ハーブ由来のジェルですね。
使い方は、1日1回塗り、3分程度経ったら、水で洗います。これを数日繰り返してください。肌のコンディションを確認しながら塗ることができますので、「とても便利」「刺激が少ない」などの声もチラホラとあります。長い期間保存もできるそうですので、保管も安心ですね。
『ウバイ精油膏』も台湾製のアイテムです。ほくろにクリームを塗って、数分後にふき取り、またクリームを塗る、これを繰り返していきます。数週間後には、かさぶたになってほくろが取れるそうですよ。短期間でできるタイプですので、時間がない人にもおすすめですね。
ほくろがとれた跡は、数か月から1年程度で元通りになるそうです。もちろん、人によります。しっかりとケアすることにより、ほくろ跡が気にならないほどキレイになりますよ。「回復パッド」を使用すれば、傷がついた部分は気になりませんね。
天然ハーブエキス配合の『ワートモールバニッシュ(WMV)』は、フィリピン製のアイテムです。ほくろだけではなく、いぼにも効くようですね。「ほくろを消毒→クリームを塗る→数十分放置→洗い流す」という使いかで、数週間後にはほくろが除去できるそうですよ!
高い効果を発揮するクリームのようで、「すっかり完治した」「きれいに除去できた」という声もチラホラとあります。薬局や大手通販サイトで購入することはできませんが、調べて入手してみませんか。
ほくろ除去クリームを使用たくない人は、美容クリニックなどで、レーザー治療しましょう。この方法のほうが確実かもしれません。中でも、炭酸ガスレーザーは、ほくろをすっきりと取り除いてくれる施術ですね。ピンポイントで除去できるレーザーですので、小さいほくろにも対応できますよ。「正直、自宅でほくろを取るのは怖い」という人におすすめです。
麻酔をしますので、ほとんど痛みを感じることなく、出血もありません。それほど時間のかかる施術ではありませんので、忙しい人にもおすすめですね。治療後は、ほくろのあった部分にシールをはりつけたり、軟膏を塗るなどケアが必要ですが、クリニックですので、安心ですよね。顔のほくろを取る場合は、治療跡が目立ってしまうかもしれませんが、マスクをする時期であれば、問題なさそうです。
「新陳代謝アップ=肌のターンオーバー=メラニン色素の排出」を実現させるためには、適度な運動が必要ですね。ウォーキングなどであれば、持続可能ではないでしょうか。メラニン色素を排出することにより、ほくろの増加防止を望めますよ。また、軽い運動をすることにより、ストレスによる肌トラブルも回避できるかもしれませんね。
ほくろ増加を防ぐためには、不摂生な生活を避けることでも実現可能です。栄養バランスのわるい食事や寝不足の状態が続いてしまっては、メラニン色素が排出しにくいのではないでしょうか。ビタミン類や亜鉛、タンパク質などは、お肌のターンオーバーに必要ですね。
紫外線対策をすることにより、ほくろを増やさないことができますよね。日焼け対策には、日焼け止めだけではなく、日傘やサングラス、帽子などさまざまなグッズがあります。紫外線をまったく浴びない生活はよくないですが、対策はしておくべきですね。
「普段はシャワーしか浴びない」というは、お風呂に入ることをおすすめします。浴槽につかることにより、体をしっかりとあたためることができますよね。新陳代謝をアップさせることは、とても大切です。お風呂に入ることにより、リラックス効果・ストレスケアにもなるでしょう。
ほくろ除去クリームなどについてまとめてきました。購入することが難しいアイテムが多いですが、気になる人は詳しく調べてみてはいかがでしょうか。取り寄せて購入できるおすすめショップもありますので、ぜひチェックしてみてください。
ほくろ除去クリームを使用するのではなく、自宅で別の方法でほくろを取り除くことや、美容クリニックに通うこと、そもそもほくろを増やさない方法もお伝えしましたね。ほくろは、メイクによっても増加してしまうものですので、ほくろに関する知識を深めておきましょう。