Ujplh5elduffrjt6aygp

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

【ニキビ跡に効く薬まとめ】自分の症状に合った治療薬の見つけ方

2018.01.28

ニキビが発生すると、多くの人はニキビを潰してしまい中の膿を出してしまう事が有ります。ニキビを潰す事は、ニキビ跡の原因となります。薬の選び方や使用方法を正しい方法に近付けることで、ニキビ跡が目立たなくなります。薬の選び方、注意点をご説明します。

  1. ニキビとは何か?
  2. ニキビには種類と違いが有ります
  3. ニキビの原因は何か?
  4. ニキビが出来たらどうしたらいいのか?
  5. 薬局で買えるニキビの市販薬おすすめ8選!正しい選び方も紹介♪
  6. ニキビに有効な外用薬
  7. 【ニキビの市販薬ランキング】皮膚科医がわかりやすく解説
  8. ニキビの内服治療
  9. 薬を選ぶ注意点
  10. まとめ
ニキビとは、医療用語では「尋常性座瘡(じんじょうせいざそう)と言い、額、頬、口の周り、下顎、背中や胸の中央等の汗の分泌量が多い場所に発生する発疹を言います。毛穴に皮脂や角質が詰まる事で、腫れて赤くなります。尋常とは意味は普通と言う意味で、座瘡は医療用語で皮膚科で薬を処方する際に使われる言葉で、表在性皮膚感染症に分類されることが有るが、感染はしない。アクネ菌と言う菌が原因と上げられていますが、アクネ菌は皮膚上に常にいる菌であり、日本人の90%以上が経験する皮膚疾患である。
Aq03hvhhumxio8liaxsc
Muantftvsnr4sa7xdmkx

白いニキビ

白いニキビは、毛穴に皮脂や膿が溜まった状態で皮膚に傷が無い状態を言います。多くの人は、皮膚の表皮に傷を付けて中の皮脂や膿を出してしまいます。これを、「ニキビを潰す」と言うことになります。

黒いニキビ

黒いニキビは、毛穴に有る古い角質が酸化して黒色に変色してものを言います。毛穴に残る皮脂や汚れが黒いニキビの原因となります。

赤いニキビ

黒いニキビが更に進行してしまった状態で、皮脂や膿、雑菌やアクネ菌が繁殖し炎症を引き起こします。毛穴に膿が溜まり、膿疱へ移行します。炎症が強いため痛みが強く、皮膚科への受診が必要になるケースがあります。又、膿疱が破れた後、その部分がケロイド状に赤く跡が残ってしまう事が有ります。
ニキビの原因は沢山あります。胃腸が弱っている時や、徹夜で勉強や仕事をし睡眠時間が少ない時にもニキビは発生します。又、無理なダイエットや偏食、風邪や女性は生理等で体調が思わしく無い時にもなり、引っ越しや環境の変化でもニキビは発生します。肌のビタミン不足やホルモンバランスが崩れている証拠で、肌を労わる必要が有ります。
Oi3ghsibxvrloyr8qhyf
Irjtbpesgjmq1oqohimx
まずは、潰さない、皮膚に傷を付けないことが大切です。ニキビに傷を付ける事で炎症や膿は出て落ち着きますが、ニキビに傷を付けた跡が残ってしまいます。特に、皮膚が柔らかい部分、目や口の周り、頬に出来るニキビを潰してしまうと皮膚への大きな負担になってしまいます。潰さずに、皮膚の保清を行う事が優先です。洗顔を行い、蒸しタオルを準備してください。蒸しタオルをニキビがある部分に載せます。そうする事で毛穴内に有る皮脂が自然と出て来ます。自然に破れる事で、皮膚への負担が無くなり、ニキビ跡が出来にくくなります。この蒸しタオルケアは、瞼に出来る、ものもらいにも有効です。膿が出た後には、正しいケアが必要です。「皮膚科に行かないといけないの?」「お金掛かるし時間が無い」と思い不安になる人がいると思いますが安心して下さい。ニキビはドラックストアーに有る市販薬でケアする事が出来ます。次に、おすすめな市販薬をご紹介します。
Robmiq64irzcuonjxhgh
ここでは、薬局で買うことが出来る、おススメ外用薬を8個紹介します。効果は、実際に使用してみないと、解らない部分が有り、紹介している通りの効果が出ない人もいます。すぐに「これだ!」と選ばずに、薬局に行き薬剤師さんに相談して、自分に合った薬を選んでみる事をおススメします。薬局にいる薬剤師さんは、薬の成分を理解しており、薬の選び方や使用方法を教えてくれます。選び方に不安を感じた場合、薬剤師さんに相談してみましょう。又、薬を使ってみて、ニキビが悪化した場合は、すぐに皮膚科医に相談を忘れずに行って下さい。
Weajv4f3dszyittfktmr

オロナインH軟膏

Dsnux5mf1ctf44fadxku
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQn3GUey3_f7QGdr5wIjQZJ5TBCUQTdYcNv2__tYvsmjB87RQSNoA
昔から家に必ず有った定番の塗り薬で「万能薬!」と言っても良いです。ニキビ専用の軟膏では有りませんが、赤い炎症しているニキビに効果が有ります。成分に抗炎症成分が入っており、ワセリンも配合されているため、乾燥した皮膚に有効です。オロナインは水疱状の火傷にも使え、火傷もニキビ同様に水疱を潰す事で跡になります。水疱が出来た部分にオロナインH軟膏を塗りガーゼで保護する事で水疱が自然に破れた際に、オロナインが皮膚に早く浸透し炎症を抑える事が出来ます。値段が398円とお手頃です。

ペアアクネクリームW

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/71wD4koCVvL._SX522_.jpg
ライオンから出ている、外用クリームで、妊婦さんにも使えます。炎症を抑える成分とアクネ菌を殺菌する成分が入っており、男性にも人気が有ります。白いニキビと赤いニキビに有効で値段が14gで950円、24gで1450円です。洗顔後にニキビに塗るだけですが、何と、ペアアクネはクリームの他に、ペアアクネクリーンローションと洗顔料が出ています。ペア錠と言うニキビを飲んで治すお薬もあり、ニキビを完全に治したい人は、薬局やドラックストアーで探して見る事をおススメします。

テラ・コートリル軟膏

引用: https://s3image.com/Qzm6HxNI.jpg
白いニキビと赤いニキビに有効です。ただし、ヒドロコルチゾンと言うステロイドと同じ成分が入っています。注意点は、肌への刺激は強い事です。炎症を起こしていないニキビへの使用や皮膚が弱い人へはおススメ出来ません。値段は6g1080円です。

ピンプリット

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41Dc2jmVYiL.jpg
化粧品メーカーで有名な資生堂が出したニキビ治療薬です。肌を乾燥させてしまう硫黄が入っていますが、ヒアルトロン酸ナトリウムと言う、皮膚の乾燥を予防する成分が入っています。皮脂吸収と炎症を抑える効果が有り赤いニキビと白いニキビ、黒いニキビにも有効です。無香料で弱酸性で、肌が弱い人におススメで安心して使う事が出来ます。値段は950円で女性に人気です。

ビフナイトn

Fusp6fcpufsdjcc7yg6t
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/j/cocokarafine_4987072029107
寝る前に、ニキビに被せるように塗り、朝には皮脂や膿が吸収され炎症を抑える効果有ります。白いニキビ、赤いニキビ、黒いニキビに有効ですが、注意点は、硫黄が成分で入っており乾燥肌の人にはおススメ出来ません。又、硫黄の臭いが気になる人も使用はおススメ出来ません。値段は842円です。ビフナイトには、パッチ剤が有り白いニキビに有効です。夜にニキビの部分に貼って朝にパッチ剤を剥がすと、皮脂がパッチ剤に付いて一緒に剥がれます。毛穴の皮脂のみ吸い取りニキビが小さくなります。 パッチ剤は16枚入りが400円で32枚入りが720円です。

クレアラシル オトナ肌用

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41sTSADN%2BFL.jpg
ニキビの薬で定番のクレアラシル。大人ニキビ用です。炎症を抑える効果が有るため。白いニキビと赤いニキビに有効です。クレアラシルの特徴は、ビタミンⅭ成分が入っているため美白効果が有り、ニキビ跡が残らないように治ります。保湿効果も有り乾燥肌や皮膚が弱い人も使えます。値段は1080円です。

イハダクリームタイプ治療薬

引用: http://www.lucy-moore.com/wp-content/uploads/2017/05/prescreed-aa.png
化粧品メーカーで有名な資生堂から出ており、主に皮膚湿疹に効果的です。吹き出物や大人ニキビにも効果的で、ウフェマナートと言う炎症を抑える成分が入っており顔等の、かゆみ、かぶれ、肌荒れを軽くしてくれます。眼の周りにも使え、赤いニキビと白いニキビに効果が有ります。ビタミンAも入っており、シミやニキビ跡も予防する効果が有ります。ノンステロイドで皮膚が弱い人におススメです。値段は、12gで1800円。30gで4500円です。

ロート製薬 アクネージアメディカルクリーム

引用: https://www.yakuji.co.jp/pic/2006/shinseihin/y10189_6-2.jpg
ニキビの炎症が原因の古い角質や皮脂を取り除き、大人ニキビをしっかり殺菌する効果が有ります。ニキビの原因菌であるアクネ菌に働きかけて炎症を抑えます。女性に人気が有り、生理前に出来たニキビに塗ることで、整理後にはニキビの炎症が治まっている人が多いです。値段は16g、950円です。
Rmqqg1lb8vmcl5hokmjm
ニキビの治療は外用薬だけではなく、内側治す内服治療も有ります。「病院じゃないと、ダメじゃない?」「お金が掛かるかも」と思われる人。薬局やドラックストアーのお薬で皮膚科治療に近い治療は可能です。ここでは、内服薬と外用薬を選ぶ際の簡単な注意点をご紹介します。
ニキビの内服薬は、ほとんどがビタミン剤です。ニキビ跡は外用薬だけでは、改善する事は難しいです。そのためのビタミン剤です。内服薬の選び方は、皮膚の新陳代謝を高める作用がある成分が入っている事が重要です。ビタミンCやL-システイン、ビタミンEが、皮膚の新陳代謝を高める成分です。この成分が入っている治療薬は、薬局やコンビニエンスストアーでも買う事が出来ます。
Twatbgypke3be6dx5or1

チョコラBBルーセントC

R3ltrhbezkbiuocscqiw
引用: https://tshop.r10s.jp/fortress/cabinet/products/img62122619.jpg?fitin=198:198
成分は、ビタミンC、Lシステイン、ビタミンB2、ビタミンEで、口内炎や口角炎、肌荒れ、ニキビに効果が有ります。値段は60錠で1831円、120錠で3065円、180錠で4093円です。しみやそばかす、日焼けやかぶれによる色素沈着の緩和にも効果的です。新陳代謝を高める効果が有るビタミンEが黒色メラニンの排出を促す効果があります。

ハイチオールC  ホワイティア

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71zAuEjQ1lL._SL1500_.jpg
成分は、ビタミンⅭ、Lシステイン、パントテン酸カルシウムで、しみとそばかすの治療薬です。赤みや色素沈着等のニキビ跡の改善効果が有ります。値段は120錠で2435円です。
Wqggwydb6rpmjsj0tsfr
「よく効く!」「美肌になれる」と言う目立った文句や宣伝で対買ってしまう事が有ると思います。使ってみたら「かえって悪くなった」「思った以上の効果が無かった」と言う体験をした人が多いと思います。一番は確認する所は、宣伝文句では無く、後ろの成分表です。硫黄、サリチル酸、レゾルシン、イソプロピルメチルフェノールの4種類の成分は、ニキビの薬に入っている事が多い成分で、皮膚の殺菌をしアクネ菌をやっつける効果が有ります。しかし、皮膚に必要な潤いや保湿で肌を守る菌までも、やっつけてしまい肌が乾燥してしまいます。特に、硫黄は大人ニキビの治療には不向きで、かえって乾燥してしまうリスクが高くなります。硫黄は皮脂が気になる人にはおススメで乾燥が気になる人は使用しない方が良いと思われます。 又。バラペンやアルコール、香料、タルク等、添加物にも気を付ける必要があります。成分のきつい匂いを消すために添加物が入っており、長く購入し使ってもらうために配合されています。使用感が良くても、体には負担が掛かっていることを忘れないで下さい。肌のバリア機能を破壊し、ホルモンバランスを崩すことで肌や体に影響があります。化粧品や外用薬の添加物は、皮膚から体の内部にそのまま吸収されてしまい体内で解毒する事が出来ません。食べ物の添加物の場合、腎臓や肝臓の働きで外に排出する事が可能です。成分表の見てみる事は、健康への一歩だと思います。
Bqsei9bgfyxx0zkyrw0g
ニキビは、病院に行かなくても治すことは出来ます。でも一番は、ニキビの予防が大切です。睡眠時間、食事の偏り等、日頃気を付けているとニキビが悪化しないで済むことがあります。日頃のケアを忘れないことが大切です。