Wwwgviokzewn4z7vbwq9

そばかす

CATEGORY | そばかす

そばかすとしみの違いってなに?見分け方と原因を徹底解説!

2018.05.22

女性の悩みでも多い、そばかすやしみ。見分けがつかないので、同じもので呼び方の違いなんでは無いかと思っている方も多いと思います。今回はそんなそばかすとしみの違いを知るべく、見分け方や原因などをご紹介していきます。是非参考にしてみてください。

  1. そばかすとは?
  2. そばかすの原因
  3. そばかすができやすい人
  4. しみの原因
  5. そばかすとしみの見分け方
  6. そばかすとしみの悪化予防方法
  7. そばかすとしみの悪化予防方法①刺激を与えない
  8. そばかすとしみの悪化予防方法②紫外線
  9. そばかすとしみの悪化予防方法③ビタミン
  10. そばかすとしみまとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/fb/05/9d/fb059ddd7110fd735873ab400fb47d0c.jpg
そばかすの正式名称は「雀卵斑(じゃくらんはん」といい、しみの一種と言われます。そばかすは肌にできた茶色の1~4mmの斑点で多くの場合は鼻と左右のほほを中心に現れます。特に白人の方がそばかすがあるイメージが強いと思います。顔が多いですがそれ違い胸元のデコルテや肩、首など、普段から紫外線を浴びやすい場所にできるという特徴があります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/ac/34/f8/ac34f88d9eca84defd18bea1f17496a1.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/fb/6a/40/fb6a405455794df0383c1a864da64c70.jpg
そばかすの主な原因は遺伝です。なので、幼少期の頃からそばかすはあるでしょう。紫外線の影響で、そばかすは濃くなってしまうこともありますが、基本的に先天性のそばかすは年齢とともに薄くなっていくという特徴を持っています。反対に、そばかすは、先天性のものだけでなく、紫外線などによってできることもあるので、後天性のそばかすは年齢とともに濃くなっていくという特徴を持っています。また、女性ホルモンの変化、ストレスなどはそばかすの悪化の原因になります。女性は、妊娠中にそばかすが濃くなるという傾向もあります。
Rvzym8ma17ze5msvc5qn
引用: https://i.pinimg.com/564x/b2/a4/2d/b2a42d1262850973ac00e29f5c688eb5.jpg
そばかすは、遺伝が原因なことが多いため両親にそばかすがある方はできやすいと言えます。また、白人にそばかすはできやすいので日本人でも生まれつき色が白い方はそばかすができやすいです。紫外線の浴びる機会が多い人は、そのそばかすを悪化させてしまう傾向にもあります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c6/c7/03/c6c703ab0da1f0cae5bf2edbb2b081f4.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/d5/33/7b/d5337bafae1e43047ec2c6747dbc24bd.jpg
しみはほとんどが紫外線が原因で出来る後天性のものです。しみには種類があり、主に紫外線ダメージの蓄積で加齢にともない発生する「老人性色素斑」や「脂漏性角化症」、モンバランスの乱れが原因の「肝斑(かんぱん)」、ニキビ跡の炎症などが原因の「炎症後色素沈着」などがあります。紫外線を浴びることでしみの原因となるメラニン色素が過剰につくられて、色素が沈着した結果、しみになっていきます。大きさは4ミリよりも大きいものが多いです。先ほど種類で出た30代以降の女性によく見られる肝斑は、数センチ単位のものがあります。出来る場所も、左右非対称に出来ます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/31/39/04/313904bb8bbe0e0c7343acda775ca0ff.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/26/15/68/26156859ff9d22ee28a01cc494d700f1.jpg
そばかすとしみ、それぞれについて説明していきましたが見分け方をまとめてみます。
そばかすは、先天性でしみは後天性。年齢とともに薄くなるのがそばかすで、濃くなるのがしみ。顔に左右対称に出来るのがそばかすで、左右非対称なのがしみ。大きさが1mmから4mmのものがそばかすで、それ以上のものはしみ。まとめると見分け方はこのようになります。ですが、もちろん例外もありますので、絶対ではありません。このように、実は違いがはっきりしていたそばかすとしみですが原因はどちらもメラニンだということは同じです。なので、出来た後の対策も同じです。紫外線対策をして、今あるそばかすやしみを悪化させないようにしましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/4f/c8/f6/4fc8f63f69404c9fc28d3022e7ce4264.jpg
一度できたシミやそばかすをセルフケアで完全に消すのは難しいです。地道にケアを行い少しずつ薄くしていくことはできますが、時間はかかります。 皮膚科や美容クリニックでは、シミとそばかすの治療を行っています。完全に消すことはできませんが、短時間で気になるシミやそばかすを目立たなくすることができます。

引用: https://i.pinimg.com/564x/51/82/87/5182878dc7bb6b98b0045d05ad465eae.jpg
そばかすとしみのことがわかっても、日本人にはなかなかその違いが認知されていないので遺伝だとしても、肌にはなにもない綺麗な状態がいいと思ってしまう方が多いですよね。そばかすは、アンニュイな雰囲気や素朴感がありとても可愛いですが、悪化しないようにする予防法をご紹介します。
Kr6ranjrhrieq5aual9g
Hvtfhyyt61jkqzdxkisb
メラニンというのは、刺激で増えていくということもあります。なので例えば、洗顔やマッサージなどできるだけ優しくお肌に刺激にならないように気をつけましょう。メラニンというのは本来、肌を守るために作り出される物質です。刺激を受けると肌が傷付けられていると思い肌を守ろうとする防御本能が働くことで、メラニンが作り出されます。
W75mpzofo2dxjyrk8icq
①ぬるま湯を使う 熱いお湯を使うと、肌に負担がかかってしまいます。洗顔やクレンジングの際は、ぬるま湯を使いましょう。 ②洗顔料はよく泡立てる 洗顔料は、手や泡立てネットなどを使い、よく泡立ててから顔にのせましょう。 ふわふわの泡で洗うことで、肌と指との摩擦を抑えることができます。 ③ゴシゴシこすらない 顔の皮膚はとても薄く、小さな摩擦も負担になることがあります。洗顔やクレンジングの際は、こすらず優しくすべらせるように意識してみてください。

Tfrmiwlpfbrvlatdkpfj
何度も、説明に出てきましたがそばかすもしみも紫外線が原因で濃くなります。なので紫外線対策は絶対です。自分の肌に合う日焼け止めで夏以外でも年中対策をしましょう。日焼け止めは、塗ってすぐは効果がありません。なので外出の前に余裕を持って塗っておきましょう。冬などはどうしても熱くないので日焼け止めを忘れてしまいがちですが、そんな時はファンデーションなどに日焼け止め効果のあるものを使うと、忘れることもなくしっかりと紫外線もカットできます。また、紫外線は家の中にいれば大丈夫と思っている方はいませんか?紫外線は窓からぐんぐんと侵入しています。カーテンを遮光カーテンを使うなどして対策をしましょう。
Ezlsrfbsip8hqufid5x1
汗をかいている時などは、皮脂などもあります。優しく丁寧に皮脂を取り除いてください。あぶらとり紙などがあればバッチリです!もちろん、ティッシュでも構いません。汗や皮脂を取り除いたら、紫外線対策効果のあるファンデーションを塗りましょう。パウダー系が最適ではないでしょうか。そのあと少しメイク直しをすれば問題ありません。

Aljzboun9b5aqz4sik8z
ビタミンとビタミンCの違いは、ビタミンはしみやそばかすだけでなく、美しい肌の維持に欠かせない栄養素として皆さんご存知だと思います。ビタミンCにはメラニンの定着を防ぐ効果を期待することができます。また、ビタミンEには新陳代謝を活発にし、肌のターンオーバーを促進する効果があります。さらに、ビタミンAには活性酸素を除去し、肌の老化を防ぐ効果もあるのでアンチエイジングができます。このように、食事からも悪化を防ぐことが出来ます。悪化だけでなくこの3つの方法はこれから出来るしみの予防にもなるので積極的に実践することをおすすめします。
Azodrqjhyghvammbcm9c
しみ・そばかすにお悩みの方は、ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10 なども不足しないように意識しましょう。 ビタミンC――パプリカ、ピーマン、アセロラ、ブロッコリー など ・ビタミンE――アボカド、モロヘイヤ、カボチャ、うなぎ など ・コエンザイムQ10――いわし、ほうれん草、大豆 など また、規則正しい生活と食事が基本ですが、栄養が偏りがちな方は、補助的にサプリメントなどを活用するのもよいでしょう。

、美白に特化したコスメを使用したり、美白を意識した食事を摂取したりすることも有効。諦めないでケアを継続することが大切です。

引用: https://i.pinimg.com/564x/01/d4/c8/01d4c8d6c4f5017414aee9d0e8635e86.jpg
そばかすとしみについてご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?そばかすとしみは違いがあまり知られていないのに、大きな違いがあったのは驚きだったと思います。今回ご紹介した見分け方で自分がどちらなのか確かめてみるのもいいですね。また、予防法もご紹介したのでぜひ参考にしてみてください。
引用: https://i.pinimg.com/564x/17/31/be/1731bee4aa5fb3845393233cac43d91a.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/b5/1a/24/b51a244e2d155d3fe69e87a42c837180.jpg