Hyobpzy5gj9qxbk9yolh

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

そばかすの原因ってなに?子供にできるそばかすや治し方を紹介!

2018.05.23

自分の子供の肌にそばかすができたら、本人だけでなく親も悩みますよね。女の子なら尚更そう思うことでしょう。そばかすの原因を知り対策をしてあげることで、目立たなくできる場合も!そばかすの原因と、小さな子供にもできるケアや治し方を知りましょう!

  1. そばかすの原因
  2. そばかすの原因 先天性
  3. そばかすの原因 後天性
  4. 子供のそばかす
  5. そばかすの原因対策と治し方 紫外線
  6. そばかすの原因対策と治し方 肌への刺激
  7. そばかすの原因対策と治し方 栄養バランス
  8. そばかすの原因対策と治し方 スキンケア
  9. そばかすの原因対策と治し方 睡眠不足
  10. まとめ
Jadnsbwcju74s9jfword
そばかすの正式名称は、雀卵斑じゃくらんはんといい、基本的には鼻や頬に中心にできる茶色の小さな斑点のことをいいます。 そばかすのほとんどは鼻と頬にできますが、顔以外にもデコルテ部分や肩首などにもできることがあります。紫外線の影響を受けやすい場所にできる特徴で、そばかすの原因は、メラニン色素です。メラニン色素は人間全ての肌細胞に存在していて、肌の色や髪の色を作っているのですが、紫外線を浴びるとメラニン色素が肌を守るために分泌されます。ダメージを受けた肌を守っていますが、そのメラニン色素が過剰に作られたり、肌に溜まったままになってしまうことで、そばかすの原因になってしまうのです。
K8q154fps5uveb1coer0
Bstlkrmihqfcu2bt4k4b
そばかすは主に、先天性のものが多く遺伝と言われています。この遺伝性のそばかすは、子供の頃に出てきて思春期にかけて濃くなっていきます。そばかすができやすい体質が遺伝しているということです。基本的に色白で、もちっとした肌質の子供が多く遺伝性のそばかすは、10代の思春期を過ぎると次第に薄くなっていき、消えていくとされています。
Lecofz5zrlblqgaxbctt
Uiopxtqp4gtrimhbrnqf
後天性のそばかすの原因のほとんどは、紫外線によるダメージが原因です。10代や若い頃に紫外線を浴びすぎた結果のそばかすと言えます。先天性のそばかすはシミと見分けがつきやすいですが、後天性のそばかすはシミと見分けが付けづらいですね。シミもそばかす同様に、紫外線の影響でメラニン色素が関係しているので。先天性のそばかすは思春期を超えたあたりから、次第に薄くなっていって消えると言いましたが、後天性のそばかすは消えません。シミと同様に歳を重ねるにつれて濃くなっていくことも。
Qk3u3wu6jombf5mba6s3
J2rf5pmmndqp3dzrmexv
上記でお話ししたように、小さな子供にできるそばかすは遺伝性のものといえます。なので思春期を越えれば、薄くなっていき消えていくとされています。ですが1番肌に対して気になる年頃の思春期に、1番濃くなるとされているので消えてくと分かっていても、コンプレックスになることもあるでしょう。遺伝性のそばかすは基本的には消えるとされていますが、それまでの過程も重要なポイントになります。過剰にメラニン色素が分泌されるような行動や、肌に刺激を与え続けていると残ってしまうこともあります。子供のそばかすを残らないようにしてあげたい。極力目立たないようにしてあげたいと親として思うでしょう。残らないようにする為に、濃くならないようにする為の対策を紹介していきますね。
Opw7rnupwgi7yxvihvts
O1vfjrf7tltjjw0bjrcq
そばかすの原因には、メラニン色素が関係していると言いました。メラニン色素は紫外線が関係しているので、紫外線対策をすることが大切です。子供は外でたくさん遊び、紫外線をたくさん浴びますよね。真夏の日差しが強い日や、海や川のレジャーに行く時しか子供に日焼け止めを塗っていないことが多いでしょう。ですが強い弱いの差だけであり、紫外線は年中浴びています。季節により身体は洋服で隠れますが、顔を隠すことはできませんよね。今はベビー用の日焼け止めも売っていますし、肌に優しくなおかつ紫外線対策効果の高いものが、たくさん販売されています。日差しの強い日だけでなく、季節関係なく日焼け止めを塗ってあげて下さい。既にそばかすが出ている子供でも、日焼け止めを塗り紫外線対策をすることで濃くなることを避けれたり、今以上に増えることを避けることができます。小さな子供は親との時間が多いことから、塗り直しをしてあげることができますが、小学生になったりするとそうはいきませんよね。子供に持たして数時間置きに塗るんだよと教えてあげるといいでしょう。
Tnppr3xejnhrprxtf9x3
Zz7n01ivrz9j8elm3okk
洗顔のときにゴシゴシしたり、スキンケアのときにスリスリしすぎていませんか?肌を綺麗にするために、洗顔やスキンケアを頑張っているのにゴシゴシスリスリしてしまうと、肌と手の摩擦などで逆に肌を傷つけていることになります。肌を傷つけてしまうと肌のバリア機能が正常に機能しなくなり、外からの刺激を直に受けるようになります。これは子供も一緒です。特に子供は遊んだままの汚い手で、顔を触ったり掻いたりしてしまいますよね。小さければ小さいほど、それを完全にやめさせるのは難しいですが気がついた時に注意するなどしてあげてください。子供への肌ケアで保湿剤などを塗る時も、擦り付ける感じで塗るのではなく優しく包み込むように、手の温度を使い浸透させてください。
Ck5yhpliqqwxlo3phpby
Xi488nnnk3jtshktjmz8
肌を健康に保つには、バランスよく栄養を摂取することが大切です。これは肌だけでなく、身体を健康に保つためにも同様ですね。肌のターンオーバーや潤いを保つために特に必要なものが、ビタミンCビタミンEビタミンAなどのビタミン類です。ビタミンCはメラニン色素を抑制する働きをしてくれるので、そばかすを薄くしてくれる効果が期待できます。ビタミンEは、ビタミンCと同時に摂取することで抗酸化作用があり、活性酸素を抑制してくれ、ビタミンAは皮膚をダメージから守ってくれる働きをしてくれます。毎日の食事で必要な栄養を摂ることが1番の理想ですが、難しい場合はサプリメントなどを使うといいでしょう。子供の場合はサプリメントの商品により年齢が指定されているものもあるので、しっかりと確認してください。今は子供用のジュースやお菓子にも栄養分がたくさん入ったものも売っているので、そういうものを活用してみるのもいいでしょう。
Gtwvk3rgckqfjc5t0ead
Tmw6krse5vfy4ghgi2cs
そばかすに効果のあるスキンケアは、美白成分が入っているものをおすすめします。美白成分の入っているスキンケア用品は、紫外線で受けたダメージをケアしてくれる効果があります。子供の場合、特に小さな子供だと大人と同じようなスキンケア用品は使えませんよね。子供でも使うことのできるスキンケア用品も販売されていますが、小さな子供は皮膚科や小児科で処方してもらえる、保湿クリームやローションを塗ってあげるといいでしょう。肌が乾燥していると潤いがなく、肌のバリアが崩れてしまっている状態です。冬になったりすると子供も肌が乾燥して、痒がったりしますよね。処方してもらった薬により身体用や、その子の肌の強さ弱さもあるので、顔に塗っても大丈夫なのかの確認をして下さいね。
U9numkxhfemm4yzz741s
Gkvziow843m2pg3g6oxa
毎日元気に過ごす為に必要な睡眠。それが夜更かしなどで睡眠不足になってしまうと、元気がなくなるだけでなく目に見えないところで身体のバランスが崩れてしまいます。自律神経が乱れることで、風邪をひきやすくなったりすることも。最近の子供はゲームやパソコンをしたりなど、共働きの家庭が増えたことで、子供の寝る時間が遅いこともあると思います。特に子供はエネルギーがたくさんありますから、少々寝不足が続いても毎日元気に見えるかもしれませんが、寝不足はいいことではありません。身体を健康に保つためにも、肌を健康に保つためにも睡眠は大切です。睡眠不足にならないようにして、肌のターンオーバーが正常に働くようにしましょう。ターンオーバーが正常に働けば、メラニンを溜め込むことがないため、そばかすが濃くなるのを防ぐことができます。
Tuovpvilrx0epuzv8shs
Jri0iqpmhyjrjhbqfvsx
今回は主に子供のそばかすについてお話しをしました。子供のそばかすで悩んいるママやパパ!大人と同じように、子供の肌ケアもしてあげるといいでしょう。皮膚科に行って、先生に相談してみるのもおすすめです。
Banbmawx9nlxgqhjrm88