Uxjeakeipkpdngbmuypq

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

【つけまつげの付け方】ナチュラル&でか目に見せるコツを紹介

2020.07.31

つけまつげ初心者の方に、今回はつけまつげの正しい付け方について説明します。ナチュラルかつでか目に見えるつけまつげの付け方のコツも一緒に紹介しますね!つけまつげの正しい付け方をマスターして、毎日のメイクを楽しんでいきましょう!

  1. つけまつげの付け方の前に!必要アイテム 鏡
  2. つけまつげの付け方の前に!必要アイテム ピンセット
  3. つけまつげの付け方の前に!必要アイテム グルー
  4. つけまつげの付け方 下準備
  5. つけまつげの付け方 アイメイクを先に
  6. つけまつげの付け方 最後につけまつげ
  7. つけまつげの付け方 自然に見せるコツ
  8. つけまつげの付け方 グルーをつけるコツ
  9. つけまつげの付け方 取れないようにするコツ
  10. まとめ
Hsrzo7hel2wrijku3yxo
つけまつげをつける為に必要なアイテムは鏡。メイクをするときは、全体のバランスを確認できる方がいいので大きな鏡を使うことをおすすめします。大きな鏡でバランスを見ながらメイクし、つけまつげをつける時は手持ちのできる鏡を使うといいでしょう。手持ち鏡の方がポイントをしっかりとうつすことができ、目元に近づけて細かいところまで見ることができます。つけまつげを綺麗につける為には、目元をしっかりと見ることができる、コンパクトな鏡を用意することをおすすめします。
Tavbfbywjhph9ugmodfr
G5k3d4rduwatpm9lrifs
ピンセットもしくは毛抜きでも大丈夫です。つけまつげを付ける時に、ピンセットにつけまつげを挟む為に使います。つけまつげを手で持って付けてもいいですが、自まつ毛の際に付けるので、ピンセットもしくは毛抜きを使った方がピンポイントで失敗することなく、付けることができます。そして指でつけまつげをしっかりと持ったりギュッと押し付けてしまうと、つけまつげのカーブが崩れたり毛に癖がついてしまう場合も。そのためピンセットを使うことをおすすめします。
Djpwzmx0gn12ar36huzm
U8r5xjjpm8idajkf8mmz
つけまつげをつけるのに必要なグルー。つけまつげを購入した時によく付属で付いていますね。付属で付いているグルーはチューブタイプのものが多いですが、初心者の方には筆タイプをおすすめします。グルーはつけまつげの根元に付けます。その時付けすぎたりはみ出したりしてしまうと、目元に付けた時に汚い印象になってしまうことも。初心者の方は特に、チューブタイプだと出す量が難しく多く付けてしまうことがよくあります。筆タイプを使えば余分なグルーを落としてから、さっとつけまつげの根元に塗るだけなので量を気にすることなく、初心者の方でも簡単に使用することができます。
Tghv03cd5m7fjr4x563u
グルーもいろいろなところから販売されており、乳白色から乾くにつれて透明になるグルー、はじめから透明のグルー、ブラックやブラウンのグルーがあります。ブラックやブラウンのグルーを使うとアイラインがクッキリに見えるので、でか目効果が期待できます。ですが、初心者の場合綺麗に付けることができないと、ブラックやブラウンの色付きは汚く見えてしまう場合があります。クリアだとグルーの乾き具合がわからず、付けるタイミングが難しいことも。なので初心者には乳白色から乾くと透明になるグルーがおすすめです。
Neprctqygyqr2l37w6tl
新しいつけまつげを使う場合、まずは下準備が必要です。つけまつげを台から外し、自分の目のカーブに合わせて、手で優しくカーブを整えてください。あまり強い力でしてしまうと、つけまつげに変なあとがついてしまうので注意!カーブを整えたら、次は自分の目の幅に合わせてつけまつげをカットします。目頭ピッタリから付けてもいいですが、目を開け閉めするたびに違和感を感じたり、取れやすくなる原因にもなります。その為目から2mmほどの場所から目尻から1〜2mmほど長めにしてカットするのがおすすめ。目尻から数mm長くカットすることで、目幅を大きく見せることができでか目効果があります。好みに合わせて1〜2mm以上長くするのもいいですが、違和感なく1番自然に見えるのがこの長さです。もちろん自分の目尻ピッタリの長さでも大丈夫です。これで下準備は完了。
Mntnugqlixols9c0iadn
Pftxr41wkbhoxfom5qjg
つけまつげをつける前に、まずはベースメイクとアイメイクを完成させましょう!アイメイクのアイシャドウ、アイラインを完成させてから、自まつ毛をビューラーで軽く上げて下さい。マスカラは塗らずに!自まつ毛をビューラーで上げておくのは、もともとカールがかかっているつけまつげと自まつ毛を、馴染ませやすくするためです。
Wejnguxhe54vvdtuhqlr
Iujii0hls0wymkrcgsvp
アイメイクのアイシャドウ、アイライン、自まつ毛のビューラーが完成したら、ここでつけまつげを付けます。つけまつげにグルーをつけ、グルーが半乾きくらいになってから瞼に付けるようにして下さい。上記の必要アイテムのところで言ったように、つけまつげにグルーを付けてから、つけまつげを瞼に付けるタイミングがあります。初心者の方は乳白色のグルーを使いつけまつげに付けたグルーの乳白色が、透明に近づいてきたくらいのタイミングで瞼に付けましょう。自まつ毛の際にフィットさせる感じ、自まつ毛に乗せる感じでつけまつげを付けて下さい。
Lrcbursoibenhemahc8x
Phzoqqpzje1aelhpsvf2
つけまつげにはでか目効果のあるデザインや、タレ目効果のある目尻長めデザインなど、シンプルなナチュラルデザインとすごくたくさんのつけまつげが販売されています。なりたいイメージに合わせて選ぶといいですが、より自然に見せたい場合はあまり濃いものを選ぶのでなく、極力ナチュラルめのデザインがおすすめです。そしてつけまつげを自まつ毛のように自然にみせるコツとして、まずはしっかりと自まつ毛とつけまつげを馴染ませることです!
Hlur17zeirepixln6x3f
つけまつげをつけたあとに、アイブラシで自まつ毛とつけまつげを一緒にといて馴染ませて下さい。そのあと、挟むタイプのビューラーでなくホットビューラーを使うのがコツ!挟むタイプのビューラーだとせっかく付けたつけまつげを引っ張ってしまい、取れてしまう可能性があります。ホットビューラーで下から撫でるように、カール感を一緒にしましょう。つけまつげだけでは物足りないと思う方は、マスカラを塗るとよりでか目効果を得ることができます。ナチュラルに見せたい場合は、クリアタイプのマスカラがおすすめ。ダークブラウンやブラックのマスカラを塗ると、目元を強調できでか目にみせることができます。でか目にしたいからといって塗りすぎは注意!
Ciihkvunsvwknbio7pvg
チューブタイプのグルーを使う場合、出す量が難しいですが慣れてくれば使いやすい場合も。チューブタイプのグルーは、筆タイプのグルーと同じように、つけまつげの根元全体に付けてもいいですし、トントンと一定間隔を開けてグルーを付けるのもおすすめ。ここでも付けすぎは注意ですが、トントンと付けることで瞼を傷めることを少なくすることができます。筆タイプのグルーはサッと全体的に付けるといいでしょう。
R5l1kcdgxnfudhdksyku
Shnh1idza26wn3rkphuh
外出先でつけまつげが浮いてきたり、取れたりすると困ってしまいますよね。気になってしょうがなくなるし、違和感を感じたり見た目も恥ずかしい。つけまつげを取れないようにするコツとして、つけまつげを付ける前に瞼の余分な皮脂を取りましょう。皮脂があるとグルーの付きが弱くなってしまいます。つけまつげの使い回しの場合は、前回つけまつげを付けた時のグルーやコスメを綺麗に落としておくことです!これはつけまつげの取れやさを防ぐだけでなく、一度使ったつけまつげをそのまま使い回すことは不衛生だからです。つけまつげについたアイシャドウなどに、雑菌が繁殖します。目元に使うものなので、目の病気になる可能性も大変高くなります。
Ugwylmlztqznhgiw4obm
つけまつげが1番取れやすい部分は、目頭と目尻です。そこを取れないようにするために、グルーを目頭と目尻に少し多めに付けるのがコツです。目頭と目尻にグルーを気持ち多めにつけ、つけまつげを付ける時にしっかりと皮膚に抑えつけるようにフィットさせてください。そうすることで、つけまつげの浮きや取れることを少なくすることができます。
Cf6qlrradt1rrohzxyoz
初心者向けにつけまつげの付け方や、コツについてお話ししました。つけまつげにはいろいろな種類がある為、その日の気分でナチュラルメイクや、でか目メイクなどを楽しむことができます。まつ毛のデザインが変わるだけで目元の印象が違って見えるので、ファッションのイメージに合わせてつけまつげも変えて、毎日のメイクを楽しんでみてください。
Gzgenupm7ktkaev7qxoe