Ncmps7cycgoefhdia9hv

恋愛・友情

CATEGORY | 恋愛・友情

【胸キュン小説】恋する女の子向けのおすすめをランキング形式で紹介!

2018.04.29

恋愛すると誰しも心がキュンとする経験ありますよね。それは、女の子の間では、胸キュンと呼ばれています。 最近では、ケータイでも小説が読めるように普及されてきました。文学としての小説の世界観と、ケータイ小説の世界観は異なりますが、人の心を打つ作品であることは共通しています。ぜひ、小説で胸キュンされてみてはいかがでしょうか。

  1. 1.小説 君の名は。 (角川文庫) 新海 誠 ~胸キュン小説~
  2. 小説 君の名は。 (角川文庫) 新海 誠 の感想  ~胸キュン小説~
  3. 2.ノルウェイの森 村上春樹 ~胸キュン小説~
  4. ノルウェイの森 村上春樹の感想 ~胸キュン小説~
  5. 3.植物図鑑 有川浩 ~胸キュン小説~
  6. 植物図鑑 有川浩 の感想 ~胸キュン小説~
  7. 4.ふがいない僕は空を見た 窪美澄  ~胸キュン小説~
  8. ふがいない僕は空を見た 窪美澄 の感想 ~胸キュン小説~
  9. 5,百瀬、こっちを向いて。 中田永一 ~胸キュン小説~
  10. 百瀬、こっちを向いて。 の感想  ~胸キュン小説~
  11. まとめ
B6twlffnkliilbvuzgfg
引用: https://www.kadokawa.co.jp/sp/kiminona/
山深い田舎町に暮らす主人公の女子高校生・三葉は、自分自身が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がる景色や風景は東京の街並みとなっていた。一報、東京で暮らす男子高校生の瀧も、山奥の町で自分が女子高校生になって以前とは違う自分になる夢を見る。やがて二人は夢の中で女子高校生と男子高校生が入れ替わっていることに気が付く。出会うことのない男の子と女の子の二人の出逢いから、運命の歯車が動き出してゆくストーリー展開。映画版の長編アニメーション『君の名は。』の、新海誠監督自身が執筆なされた原作小説となります。ケータイ小説とは異なる登場人物の細かな心理描写も文章表現として描かれており、小説の世界観を味わうには最適の小説です。作品への理解がさらに深まるでしょう。
Fiflgizpzvqqio8hudtx
引用: https://kaku-yatsu.com/?p=238
こちょこちょさんの感想

地上波で見てからしばらく間をおいて小説版を読みました。ビジュアルの美しさは映画からもらっているので小説版には映画のセリフやナレーションでは表せない「文章表現の美しさ」に期待して。最後の最後に秀逸な一文がでてきました。『俺の心臓が、肋骨の中で跳ねている。』なかなかこういう生々しくも状況が手に取るように伝わってくる言葉の選択が出来る作家さんは久しぶりだなと感じました。話の結末は読み手がどう解釈するかで終わらせる、ちょっと間違えれば無責任的な作品も多い中で、これはここで終わるらせるしかないよなと納得の結末。

M9tgrqxjdmcqmqeruvu2
引用: https://matome.naver.jp/odai/2144430798278721601/2144431264883009703
愛と生と死を描いた村上春樹作の作品となります。 ノーベル文学賞の候補としてノミネートされるほどの実力のある作家となった村上春樹の恋愛小説です。発行部数はこれまでの累計販売数が1000万部に及び、村上作品の数ある作品の中でも代表作として日本のみならず、海外の方にも知られています。 この作品の概要としては、死に向かっていくある女性と、生をみなぎらせる別の女性との間において生きる主人公の姿が描かれています。また脇役として、濃い目のキャラクターの登場人物に彩られており、想定外の設定の登場人物もいます。自殺などで関係者の人が多く死んでいく中で愛を見つけていく主人公は、「我々は生きていたし、生きつづけることだけを考えなくてはならなかったのだ」という一文が印象的に心に響き、生き続けることがあたりまえのものでは無いことに気が付く主人公の姿が繊細に描かれてゆきます。 なお、この作品は村上春樹の短編小説『蛍』を下敷きとして書かれており、関心のある方は短編小説『蛍』を読んでみると作品の世界がより深まるかもしれません。ケータイ小説とは異なる文学小説として読んでみてはいかがでしょうか。
Clhgjxetr391mrmihnwb
引用: http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20100714/enn1007141620017-n2.htm
ももかさんの感想

主人公の人生を覗き込んでしまったような、不思議な気持ちになりました。描かれているのはあまりにリアルな日常で。誰にでも起こりうる事象が重なって悲しみも連なってしまってその中で彼が揺れ動く。その心理描写がとてつもなく現実的でした。またもう少し年齢を重ねてから読むと感想も変わって来るのかなと思います。ある種大なり小なり人には試練が降り注いでしまって、それに適応できるかできないかで生と死は振り分けられているのかもしれません。とにかく日常に紛れる死を意識させられて少し怖くなりましたが引き込まれました。

Vwmvqso7wvqtmbadslky
引用: https://piecelife.exblog.jp/17652505/
ライトノベルのジャンルの作品となりますが、日本ではすでに映画化もされた恋愛小説となります。 こちらは有川浩の作品の一つで、ライトノベルにて刊行された小説。しかも、現代の女の子も利用したことがあるケータイ小説サイト上で連載されており、人気が上がりその反響の高さから単行本化されたという小説本となり、さらに実写映画化もされた実力が世に認められた小説です。 物語は、26歳の一人暮らしのOL「さやか」の偶然による出来事から始まります。自宅マンション前に行き倒れになっていた男性を拾い、一緒に暮らすことに。その青年はイツキと名乗り、とても植物に詳しく、近所に生えている植物を使用して、絶品の料理を作ります。しかも、家事は完璧な上に、節約家のイケメン、少し強引で優しい、女の子から見ると完璧な男性が登場してきます。 特徴的な設定からストリー展開がなされる小説で、ストーリのエンド部分はキュートな展開に終着しそうな・・・。胸キュンしたいという方は、本書を是非読んで頂いて、乙女心を全開にして頂けたらと思います。 ケータイ小説サイト上での閲覧が可能でしたら、ケータイ小説版でも良いですし、ケータイ小説とはことなる世界観を味わいたい方は小説の方を読んでみて下さい。
Ccuyhuckdoe6w4ipbxye
引用: https://googirl.jp/entame-2/1407book_review731/
紗也さんの感想

甘かった!まさかこんなに雰囲気が甘いとは思っていなくて、びっくりしました!想いが通じ合う手前くらいの雰囲気に一々照れて、ごろんごろん悶えながら読んでいたので、読了までに時間がかかりました(笑)今まで何度か友人に薦められていた本ですが、なかなか手に取って購入することはなかったので、図書館にあって良かったです。ゆったり流れる時間感覚と、甘い関係性に癒されました。ハードな話の箸休めに丁度いい、可愛らしいお話でした

Qql0vnkhms3ujklxfver
引用: https://fril.jp/search/%E3%81%B5%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%84%E5%83%95%E3%81%AF%E7%A9%BA%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%9F
ケータイ小説で話題となった「ふがいない僕は空を見た」は、アニメ好きの主婦と情事に溺れる高校生、姑からの不妊治療の強要に従属し従う主婦、団地っ子として育った子供や医者の息子の心の暗い闇など、そして助産師として命を取り上げるシングルマザー、それぞれの登場人物に沿った立場から物語が紡がれている作品です。重厚感のある作品ですが、読み手の受け取り方にもよりますが、爽快感をかんじさせる読み終わりとなっています。本書は新潮ケータイ文庫、ケータイ小説として掲載され、作品3編プラス書下ろし2篇によって構成のケータイ小説のカテゴリーに属する小説となります。大人の描写がとても広く展開されているため、読む受取り手の側は戸惑う場面もありますが、ストリー自体は恋愛青春小説で、生きることを真面目に素直に捉えています。 ケータイ小説の恋愛のジャンルにおいて珍しく、重いテーマを扱っておりますが、現実の世界や人生の辛さなどを教えてくれる小説です。
Dtf8exrnpdltdmzq1ihb
引用: http://eiga.com/movie/57612/
ロコさんの感想

読み始めと読んだ後の感想がこんなにも違うものか。 人間の生身の部分をこんなに出した小説に出会うのも久しぶり。ただそのままに、全てをほっといてくれる感じが良かった。生まれる、生きるっていう事。良かった。

Yjcsypvaouvkxqorkupd
引用: https://honto.jp/netstore/pd-book_03295490.html
人気作家である中田永一/乙一による恋愛小説となります。心あたたまるラブストーリーの展開になっており、あらすじ・概要として、高校入学以降、パッとしない日々を送る主人公の相原ノボル(竹内太郎)。ある日、何かと懇意にしてもらっている先輩の宮崎瞬(工藤阿須加)から呼びかけられて、自分の隣のクラスの生徒である百瀬陽(早見あかり)を紹介され、その上奇妙な提案を持ちかけられる。それは瞬が校内で抜群の人気を誇る神林徹子(石橋杏奈)という恋人がいるにもかかわらず、百瀬ともお付き合いをしているのではないかという、校内でのうわさを払拭する目的の為に、彼女とノボルの2人が期間限定の条件付きで恋人同士を装うという内容だった。ミステリー要素も小説の中に織り込まれており、普段はケータイ小説でも、文学小説でも恋愛小説は読まない方にもおすすめの小説です。ケータイ小説とはことなる、文章の織・彩を感じてみてはいかがでしょうか。 青春時代の恋の辛さを味わえる、高校生~大学生に最適の小説となります。
Reyt6cs813b71dldrj2a
引用: http://www.flashmet.com/daily-quotes/
sayuさんの感想

どのお話も、恋愛小説として今まで読んだことのない空気感とテンポを感じるストーリーでした。 ベタベタに甘い恋愛小説もぐっと胸に落ちるような感覚で好きですが、この『百瀬、こっちを向いて』に収録されているお話は、もっとライトで親しみの湧く、甘酸っぱいという言葉が良く似合うものばかりだったと思います。 この本を買うに至った経緯は、パッと目を引く素敵な装幀がきっかけです。爽やかに反射するブルーが栄えるまっさらな白地のこの装幀が、ページに集められたキラキラした青春を連想させるようで、読了してより好きになりました!

Mjceviwxecp3wvvl99xl
引用: https://www.theodysseyonline.com/16-struggles-bookworms-understand
【胸キュン小説】恋する女の子向けのおすすめをランキング形式で紹介!のテーマで恋愛小説をご紹介致しましたが、まだまだご紹介したい作品があります。 小説で胸キュンして心の愛情タンクを満タンにしてみてはいかがでしょうか。