J6smo8ullexqymjtdvpr

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

リップのカラー選びが難しい?口コミから流行りの人気アイテムを徹底解析!

2018.05.04

毎日のメイクで欠かせないリップ。そのリップのカラーを選ぶ際の気をつけることをご存知でしょうか。お気に入り・気になる色?・・・好きな色を選ぶことも大切ですが、自分に似合う色を選ばないとせっかくのメイクも台無しに。そうならない為にもカラー選びとリップ選びは慎重に!人気のアイテムを流行りや口コミから見ていきましょう!

  1. 流行りのリップ選びとリップのカラーの選びかた
  2. リップカラーの選び方ってどうすればいいの?
  3. 自分の肌色をチェックしよう!
  4. イエローベースとブルーベースの見分け方
  5. ベースタイプ別おすすめカラー
  6. 口コミでも人気♪2018年 おすすめリップ
  7. リップタイプ×タイプ別塗り方
  8. リップの種類
  9. 濃いカラーのリップの使い方
  10. 自分にあったカラーでトレンドメイクを楽しんじゃお♡
引用: http://img.favor.life/articles/list_images/11151/thumb/11151-t.jpg?1502101586
メイクでもおなじみ、口紅やリップ。リップを塗ることで血色の悪さを良く見せることもできるなど、リップには素晴らしいメリットがたくさん!
厚化粧に見えるのが嫌な人は、流行りのぼかしリップなどの手法を使ってメイクをすると厚塗り感もなく自然なメイクに仕上げることができます。
流行りのリップや色を選ぶことももちろん大切ですが、その色が自分にあっているかも非常に重要。いくら好きな色でも似合わない色を使ってしまうとマイナスイメージに⁉リップを選ぶ時のカラーは、慎重に選ぶようにしましょうね。
引用: http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/5/051f4_1579_b6a5f29176bd8fc9ac67822d5be4e16f.jpg

自分に合うカラーを選ぶ

リップを買う時になやむ【色】。似たような色や気になる色がたくさんあるとかなり迷ってしまいますよね。友達がつけていて可愛かったから・CMでやっていて素敵だったから…買ってつけてみると似合わなかった!なんてことにならないように自分に合うカラーを見つけていくことからはじめましょう。
引用: https://www.cosme.net/clipkit_uploads/articles/images/000/009/876/medium/b4edbbaf-d54d-47d1-9142-e9d89f1223ed.jpg?1494203481
肌のベースカラーによって、自分が似合う色がおおよそ決まってきます。似合わない色を選ばないようにするためにも、まず自分の肌色をチェックすることから始めましょう。

肌のベースカラーは2タイプ!

人によって似合う色が違うのと同じように、肌のタイプも様々です。日本人は黄色人種といわれますが、その黄色といわれる中でもイエローベース・ブルーベースの2種類のカラーに分かれています。
引用: https://api.niwaka-ksm.com/radioapi/images/7_wedding/7-5/7-5-2-40/7-5-2-40_05.jpg
自分に似合う色を見つけるには、自分がイエローベースかブルーベースかを知ることが必要。そこで、自分の肌色タイプを見分ける方法とタイプ別の特徴を紹介します。自分がどちらのカラータイプなのかチェックしてみてくださいね。

イエローベース 【見分け方・特徴】

手のひらを見て、黄みがかっていたり静脈の色が緑色系の色に見える人はイエローベース。日焼けをすると小麦色になりやすく、唇の色はサーモン・ピーチ系の色の人が多いのも特徴です。
肌の色がクリーム色に近く、ゴールド系のアクセサリーが馴染みやすい人もイエローベースタイプと言えるでしょう。

ブルーベース 【見分け方・特徴】

手のひらを見た時にピンク系の肌色で、静脈の色が青っぽい色に見える人はブルーベースになります。日焼けすると赤くなりやすい人も多く、唇の色は桜色・ローズ系の色が多いのが特徴です。
肌色がピンク系に近く、シルバーのアクセサリーが馴染みやすい人はブルーベースタイプと言えます。
引用: https://makey.asia/images/column_pic/column1976__2018011515120114.png
自分の肌のベースカラーがわかった人は、次に自分がどの色が似合うのか・似合わない色はどれなのかを知っておくことが大切です。
イエローベースとブルーベースは似合う色も違ってくるので、自分のタイプにあったカラーを見つけておくとリップなどのアイテムを買う時に迷わずにすみますよ。

イエローベースに似合うカラー

引用: https://img.hadalove.jp/wp-content/uploads/2015/04/b169cf4e679cfc2e501d183fc5e67233.jpg
イエローベースの人におすすめのリップカラーは、黄みよりのカラー。【コーラル】【サーモン】【ピーチ】【シェル】を選ぶとよいでしょう。
引用: http://up.gc-img.net/post_img/2017/01/1DQSphi7Urke7JV_ShbEO_58.jpeg
イエベタイプの人のオフィスメイクには、【サーモンピンク】がおすすめ。肌馴染み良く血色良く見せることができます。女友達と集まる女子会には、春・夏の流行り色・・・オレンジ系はいかが?流行りのオレンジをうまく使っておしゃれを楽しみましょう。
デートにおすすめのカラーは、オレンジ寄りのコーラルピンク。逆に青みがかったピンクを選んでしまうと合わないことが多いので注意しましょう!

ブルーベースに似合うカラー

引用: http://hadalove.jp/wp-content/uploads/2015/04/65a4bf93798a989b06cbc376584daa1f.jpg
ブルーベースの人におすすめのリップカラーは、青みよりのカラー。【ベビー】【チェリー】【ローズ】【フューシャ】などの色がおすすめです。
引用: https://staticx.antenna.jp/article_images/6120635_wide_6694c89d-3271-4501-8d4f-dcfb1375449f_.jpeg
ブルベタイプの人のオフィスメイクは【ピンク】【ベージュ】で派手過ぎず上品で落ち着いた印象に♡女子会など友達と集まる時は【プラムピンク】がイチオシです。
紫系のカラーも、ブルベタイプの人は似合うことが多いのでおしゃれ&流行りカラーを楽しんじゃいましょう。一番のおすすめカラーは【ピンク】です。王道ともいえるキュートなカラー、ピンクが似合うのはブルベタイプの人だからこそ!
シアータイプやツヤ系のリップを選んで華奢な女性を演出するのもGOOD♪ブルベタイプの人にNGのカラーは黄みがかったオレンジ。黄みの強いオレンジ系カラーは、ブルベタイプの肌色に合いにくいので避けるのが無難。
引用: http://img.favor.life/articles/images/14686/blog/d9a3612e89ef6075c1875d50d46b1f83.jpg?1502105757
自分に合うカラーがわかってきたら、次はリップ選びです。そこで、2018年おすすめの人気リップを口コミとともにまとめてご紹介!見た目もキラキラ&キュートで高品質なものばかり・・・ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね。

【アテニア】 プライムルージュ

アテニアのプライムルージュは、プライムルージュの隠しピンク設計のようにクオリティの高いものが多く人気上昇中のリップ。隠しピンク設定のリップでは、唇の縦ジワ・くすみ・年齢影などにおすすめの機能性リップです。 42・45・47番が人気のカラーです。
発色も良く、保湿効果やツヤ感もあるので普段使いにもピッタリ!肌荒れしないのも特徴で、敏感肌の人も安心して使うことができます。

【資生堂】 インスタントリップコンプリート マット

インスタントリップコンプリート マットは、資生堂の新ブランドブレイリストのリップアイテム。プレイリストではプロのヘア&メイクアップアーティストに近づけるといわれるクオリティの商品がたくさんラインナップしています。
プレイリストの中でも人気のあるアイテムで、モード感のある仕上がりと大人っぽさ・奇抜さを演出することができるマットタイプの口紅です。マットタイプなのに唇のシワを補正してくれるというありがたい効果も♡

【イヴ・サンローラン】 ルージュ ヴォリュプテ シャイン

ルージュ ヴォリュプテ シャインは、イヴ・サンローランの口紅で、見た目も可愛さでSNSやTwitter・インスタなどで若い女性に人気のアイテム。発色も良くマンゴーなどの香りがついているのも特徴です。

【ジルスチュアート】 リップスティック

ジルスチュアートのリップスティックは、見た目もキラキラ、輝く可愛いリップ。若い女性に大人気ですが、デヴィ夫人もジルスチュアートのリップを使っているそうなので年齢層はかなり幅広いといえます。
ジルスチュアートのリップは明るめのカラーが多く、かわいい印象にしたい時などに使うのがおすすめ!シアータイプのものが多いので、ツヤ感を出すのにピッタリです。
ピンク系・オレンジ系・ベージュ系などの明るめのカラーが多いのも特徴です。

【ディオール】 リップマキシマイザー

ディオールのリップマキシマイザーは、コラーゲンを配合したリップグロスでメイクをしながら唇のケアもできてしまうという優れもの♡
グロスの中に入っているラメのキラキラ感もかなりすごくて口コミでも大人気♪
引用: https://a-ranking.com/wp-content/uploads/2018/01/shutterstock_163446617.jpg
口紅の種類には、マットタイプとシアータイプの2種類があります。種類によって塗り方も違ってくるので気をつけるようにしましょう。

リップの種類 【シアー】

引用: https://cdn.godmake.me/press/wp-content/uploads/2018/04/shutterstock_572702383-597x750.jpg
シアータイプのシアーとは、透明感のあるという意味からきています。口紅などで良く使われるシアータイプを選ぶとは、透明感&ツヤ感のあるタイプのことを言います。シアーはナチュラルメイクなどにおすすめのタイプ。
シアータイプの口紅を塗る時のポイントとして【コンシーラーで色を抑えてから塗る】。こうすることで唇の縦ジワを防止することができます。もう一つは【リップラインをしっかり】塗る。ブラシを使うときれいに塗ることができます。

リップの種類 【マット】

引用: https://d3ktakmcf2dwr8.cloudfront.net/img/item/g9skin/firstlipmatte_1.jpg?cacheKey=1517981854
マットタイプは、ツヤ感のない唇に密着するタイプの濃い色が特徴。マットタイプは、見たままの発色のものが多いのでわかりやすいという部分もあります。
マットタイプの口紅を塗る時の注意点は、乾燥対策をしっかりすること。下地をしっかりと塗ってから軽くティッシュオフして塗るのがおすすめです。
もう一つのポイントとして、指にとって唇の内側からポンポンと軽くたたいてのせると馴染みやすくなります。マットタイプの口紅を塗る時にぜひ使ってみてくださいね!
引用: http://img.favor.life/rich/rich_files/rich_files/34270/blog/12444-time.jpg
ひとことでリップと言っても、その種類は様々。リップの種類は口紅やグロス・・・ティントなど6種類ほどに分けることができます。そこで、リップの種類ごとの特徴を紹介していきたいと思います。

口紅

口紅は、唇に色をつけるアイテムでツヤ感はあまりありません。最近は発色のよいものが多いので塗りやすいものもたくさんでています。

グロス

リップグロスは、唇にツヤを与えるアイテムでナチュラルメイクにもおすすめです。透明や色付きなど様々なタイプがありますが、色をつけるというよりは色にニュアンスをプラスαで足していくというような感じになります。
口紅との違いは、グロスはツヤを出すためのアイテムになります。

リキッドルージュ

リキッドルージュは、口紅+グロスが組み合わさったもので便利なアイテムとして人気。発色が良く塗りやすく軽いテクスチャーでグロスのツヤ感を出すことができる優秀コスメです。

リップライナー

リップライナーは、リップラインを整えたり口紅の滲みを防ぐ効果のあるアイテム。リップライナーで全体を塗りつぶしてから口紅を塗ると色持ちが良くなるのでぜひ試してみてくださいね。

リップティント

リップティントのティントとは、染めるという意味があり唇の角質層まで色を浸透させて色を付けることにより色落ちしずらいという特徴があります。
ティントは、唇の水分量によって色が変化することもありメイクを楽しむことができるのも人気の秘密♡

リップチーク

リップチークは、その名の通りリップとチークどちらにも使うことができる便利なアイテム。人気もさらに上昇中で、ポーチに一つあるとかなり使えます♪
引用: http://haritsuya-labo.jp/cmswp/wp-content/uploads/original/items/makeup/top-opera-01.jpg
マットな質感のリップや濃い発色の口紅など、使いずらくてそのまま・・・ねむっているものはありませんか。濃い色の口紅は塗り方を間違うとボテっとした印象になってしまうのでやりにくいもの。
マットな質感のリップや濃い口紅をうまく使って流行りのカラーを楽しんでみるのも良いかもしれませんね!

マットなリップや濃いカラーを使うには?

そんな、濃い色の口紅やリップをうまく使っておしゃれに生かしてみましょう。使い方やポイントをいくつか紹介するので自分にあった方法を見つけてみてくださいね。

① 輪郭をぼかす

輪郭をぼかして使う 唇の形ピッタリに塗ってしまうと、濃い発色をするものはボテっとした印象になりがちです。 もちろんそのようなメイクもありますが、普段メイクには合いにくいと思います。 まずはいつも通り口紅を塗ります。綿棒で輪郭をなぞってぼかしていきましょう。 さらに、指先に口紅を付け、唇の真ん中を中心にポンポンとのせていくのもおすすめです!

② 最後にティッシュオフ

塗り終わりにティッシュOFF いつも通り口紅を塗り、軽くティッシュでOFFしましょう。 それでも気になる場合は、薄いカラーの口紅を重ね塗りしてみることもおすすめです。

③ 白っぽい(薄ピンク)グロスや黒グロスを重ね塗り

白っぽい薄ピンクのグロスか、黒グロスを重ね塗り 深めの濃いカラーには白みのあるグロス、高発色なビビットカラーの口紅は黒グロスを重ね塗りして色味を調節できます。 ティッシュOFFしてグロスを重ねたりしてもだいぶ仕上がりは変わってきます。 リップとグロスの種類だけ、なん通りものリップカラーを作り出すことができます。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/sachiifujiko/imgs/4/f/4f341a84.jpg
口紅は、選んだ色によって相手にさまざまな印象を与えることができます。ナチュラルメイクでも、口紅やグロスを塗るだけでかなり違ってきますよね。
口紅を塗ると、自信がつく・・・そんな人もいるかもしれません。メイクをすると別人のように変身することができるので積極的になることもできます。
リップは、メイクの中でも重要なもの。それ1つだけでも印象を変えてしまうことができるキーパーソンなのです。自分にあったリップのカラーを選んで流行りのメイクを楽しんでみてはいかがでしょうか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.clipkit.co/tenants/30/item_instagram_directs/images/000/030/742/medium/10bbadfe-d795-4029-96fe-c1c8617b3bd6.jpg?1500289931