Neoopptqde6y68u9riga

セルフケア

CATEGORY | セルフケア

ニキビができそう?肌荒れを防ぐ正しい予防方法やケアを紹介!

2018.06.11

痛いニキビができそう。なんて思っていたら案の定、翌朝ぽっこり痛いし赤くなっている。なんてことはありませんか?正しい予防で、できそうなニキビを防ぐ事が出来るんです!乾燥や湿疹などの肌荒れも悪化して痛い思いをする前に予防して防ぐ事で、美肌を手に入れましょう!

  1. ニキビはどうしてできるの?
  2. ニキビができそう?ニキビの種類
  3. ニキビができそう?と思ったら気をつけて
  4. ニキビができそう?洗顔を丁寧に
  5. ニキビができそう?保湿の仕方
  6. ニキビができそう?食べ物に注意
  7. ニキビができそう?質の良い睡眠
  8. ニキビができそう?メイクはほどほどに
  9. 肌トラブルはニキビだけじゃない
  10. ニキビができそう?肌荒れを防ぐ正しい予防方法やケアをご紹介!まとめ
Y5ueolpfmyyifjyeozvo
ニキビができる原因は、思春期によるニキビか大人ニキビかによって変わってきます。思春期の時期にできるニキビはホルモンバランスの変化が理由によるものがほとんどです。皮脂分泌が過剰になることが原因で思春期ニキビはTゾーンにできやすく、誰でもできて治るものでもありますが、ケアを怠ったり、不衛生に潰してしまうとクレーターになってしまい、防ぐ事ができなくなり大人になっても跡が残ってしまう可能性もあります。
Hepkpowymsfntz7nsnoc
大人ニキビは思春期ニキビとは違いアゴやホホなどのUゾーンにできやすく、乾燥やホルモンバランスの乱れが原因になることが多いのです。長時間のメイクやメイクの持ちを持続させるために、皮脂を取ったりする事により肌が乾燥状態になります。肌は乾燥すればするほど皮脂をだそうとします。その結果ニキビの原因になるのです。
H7auvzqlwhnshsvggsnt
ニキビにも種類があり、まだ初期段階の白ニキビ、古い角質が酸化することでできる黒ニキビ、皮脂の過剰分泌によってできる赤ニキビなど、ニキビの種類によって状態や痛い度合いや対処法が変わってくる場合があるので発見したニキビに関してはまず種類を確認しましょう。
Vteudejy7ihthkmafjx8
綺麗にしっかり治したいときには、ホルモンバランスを整えるのも効果的です。病院でのニキビの種類によっての治療としては面法圧出が代表的でしょう。白ニキビや黒ニキビは自宅ケアでも良くなることがほとんどですが、大人になってからの赤ニキビや黄色ニキビは痛いし炎症が起きていると判断できます。速やかに病院で治療することをおすすめします。
Mdcelfbxt5f3vlmrhzhv
皮膚が少し硬くなったところがあったり、盛り上がっていたらニキビができるサインかもしれません。他にも触ったら痛いと感じたら注意してケアしていきましょう。できそう。と感じたときにすぐに予防すれば完全にニキビになる前に直すことができます。
Jzzsdr1xnzrrd5drnkds
そして、気をつけて欲しいのが、自分でニキビは潰して治すのは間違い!と言うことです。跡が残る原因にもなりますし、手についた雑菌がニキビの所に移り余計に悪化させる事もあります。病院で正しく清潔に対処してもらうことで、余計に痛い思いをしなくてすみますし、なにより安全です。
Wvauy4kw7fcqzsablqbe
大人ニキビは基本的には乾燥が原因でできる物が多いです。その場合には洗顔する際に注意が必要です。思春期ニキビの時には皮脂の過剰分泌が原因だったため、皮脂を取るために洗顔をしっかりする事が大切でしたが、大人ニキビの場合には、洗顔のしすぎは逆効果になることがあります。メイクはしっかりとオフしていきますが、しっかりとした泡で優しく短時間の洗顔を意識してやっていきましょう。肌の状態によっては、朝は洗顔料を使用せずにぬるま湯だけでの洗顔でも良いかもしれません。
Akuchpncez5jou0ulapj
ニキビに効く、専用の洗顔料なども売られています。ニキビのできやすい人は専用の洗顔料を一つ準備しておくと早めに予防する事が出来るのでおすすめです。そして洗顔後に顔をゴシゴシ拭くと、皮膚を傷つける原因にもなりますので、ゴシゴシ拭き取るのではなく、ポンポンと当てて余分な水分を拭き取る程度で大丈夫です。
Pibgzdgqyylzgsoxjqpp
ニキビに保湿は良くないのでは?と思いがちですが、まだ完全に顔を出していない初期段階での大人ニキビの関してはしっかり保湿してあげることで予防する事が出来ます。大人ニキビの原因は乾燥です。洗顔で綺麗にし、正しい保湿で防ぐ出来る事が多いのです。
Efwu2zgx3soj4q5lzihz
そして、成分にも注目してみてください。ビタミンCやグリチルリチン酸2Kなどが配合されている物がニキビ肌にはとても効果的です。ニキビ肌に直接アプローチをかけることで、できる前に予防する事もできます。
Bhcmn1q48jdvn7ixngcs
ニキビができそう。と思ったときには、チョコレートやケーキなどの甘い物や、ジャンクフード、スナック菓子などは控えるようにしましょう。ニキビがでてくるように自ら仕向けているようなものです。怪しいニキビの陰がなくなるまではバランスの良い食事を心がけるようにしましょう。
O53j7wzqv1nuebdqngnb
ニキビができやすい体質というのは、皮脂が分泌されやすいこと。毛穴が小さく詰まりやすいこと。が原因です。皮脂が分泌されやすいのは男性ホルモンが多いから。単純な話が、ホルモンバランスを整えることによって普段の生活からニキビを予防することもできるのです。代表的な物でしたら、女性ホルモンと似た働きをしてくれるイソフラボンが多く含まれている大豆製品をとることが良いでしょう。
Qr5zykp4siwwovwh7id2
寝不足は肌の大敵です!寝不足になると成長ホルモンが不足し、ターンオーバーが上手く行うことができなくなります。その結果毛穴つまりや肌荒れ、ニキビの原因になるのです。ニキビを防ぐためには質の良い睡眠が重要になります。睡眠の3時間前には食事を済ませておくこと。寝る前にはカフェインやアルコールを摂取しない。睡眠の1時間前には携帯やテレビなどをやめる。など気をつけると、睡眠の質を上げることができます。
A2bj1egoxc5u83zbidwo
そして、入眠してから3時間が成長ホルモンが分泌しやすいので、この時間にしっかりと熟睡できていることがとても重要なのです。お風呂でしっかりと体を温めて、少し体温が下がってくる2~3時間後が入眠には最適な時間だと言われています。
Rypnsukyr5on4zrvjfyv
最近の化粧品は成分などが良くなっているため、ニキビができたからと言ってメイクをしたらダメ。てことはありません。しかし、厚塗りやニキビ部分に何度も触れることは不衛生なので控えるようにしましょう。そしてメイクの前の保湿はしっかりとして、スポンジやパフはニキビ部分と他の場所で分けてあげると良いでしょう。
Rp9pmkl6jwenmilyk1ae
普段のベースメイクから肌に優しい物を選んで使うようにするのも良いでしょう。下地はしっかりと保湿できる物を選ぶようにし、ファンデーションは無添加のものを選ぶ様にします。香料や防腐剤、紫外線吸収剤などもトラブルをを超している肌には刺激が強く、余計に悪化させる原因になることもあります。
Hcxvuxgb73kkbbkcxnyi
肌トラブルと聞いて思い浮かぶのはニキビだけではないはずです。シミやソバカス、毛穴つまりなどあります。大人ニキビは乾燥が原因だと伝えましたが、そもそも肌の乾燥も肌トラブルのひとつです。肌や毛穴の汚れをしっかりオフして正しい保湿が肌トラブルを防ぐ事に繋がっていきます。体調によっても様々なトラブルが出る事もあります。そんな時にはいつものケアを見なおし、トラブルに合わせた専用のケアも必要になってくるでしょう。ケアしても改善の余地が見られない場合には病院で見てもらうことをオススメします。
Aqc4vkbkbjhchsoztw4o
痛い思いをする前に早めに対処するように心がけましょう。たかがにきび、たかが肌荒れ。と思わないで、不安を感じたり、長引くときには病院で相談できると安心ですね。
Mveqz69lqfwotxi51qmg
いかがでしたか。思春期ニキビと大人ニキビの違い、そして大人ニキビは乾燥が原因で起こることが多いことが分かりました。普段どんなに気をつけていてもニキビができそう!と思うことはあります。気づいたときにすぐに対象する事によって、肌の表面に現れる前に鎮静させられると良いですね。健康な肌は美肌への第一歩です!
Zjjmuznc9puvdxaictqx