Gfd5akwakwqlhorbahju

メイク・コスメ

CATEGORY | メイク・コスメ

コンシーラーの使い方を徹底解説!おすすめの選び方や種類などをご紹介!

2018.05.13

女性にとってコンシーラーは、くまやシミを隠す大切なアイテムです。あなたは正しいコンシーラーの使い方をご存知ですか?コンシーラーには種類があります。この記事では、コンシーラーの種類やその違い、その使い方やおすすめの選び方について徹底解説していきます。

  1. 正しいコンシーラーの使い方とは?
  2. コンシーラーの使い方:種類の把握
  3. コンシーラーの使い方:順番
  4. コンシーラーの使い方:リキッドファンデーション編
  5. コンシーラーの使い方:パウダーファンデーション編
  6. コンシーラーの使い方:オールインワンタイプ編
  7. コンシーラーの使い方:部分別の悩みに対応
  8. コンシーラーの使い方:肌トラブルの悩みに対応
  9. コンシーラーの使い方:選び方
  10. コンシーラーの使い方でキレイをさらに演出
Stmgysfxnfowbp2ns1ru
引用: http://top.tsite.jp/news/beauty/o/38750474/index
肌のくすみやシミ、くまなど女性の肌は常に悩みでいっぱいです。女性にとってコンシーラーは美肌を作る大切なアイテムです。そんなコンシーラーには正しい使い方があるのをご存知ですか?肌トラブルやシミ、くま、くすみをコンシーラーで解決出来ます。この記事では、コンシーラーの種類、正しい使い方やおすすめの選び方について紹介していきます。
Zu5puvz7xwtp8wpeqcwx
引用: http://colenne.com/3529/
コンシーラーを使う場合と、使わない場合では肌の美しさに違いが出ます。美肌を演出し、普段のメイクとの違いを作る為には、コンシーラーの種類について知る必要があります。種類を知る事で肌の悩み別に使用する事が出来、更なる美しさを演出してくれますよ。

コンシーラーの種類:パレットタイプ

Eppmnfw06kejf79ztzuj
引用: http://favor.life/12849
顔の部分メイクなどでも力を発揮する複数色が揃えられているパレットタイプのコンシーラーは、少し硬めでブラシなどを使用し、シミやくすみなどへピンポイントで使う事が出来、カバーに力を発揮してくれます。

コンシーラーの種類:スティックタイプ

K6pkn5earzva7itqwvpw
引用: https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315057153
スティックタイプのコンシーラーは、若干テクスチャーは柔らかめで、肌にフィットする為、スポンジなどでシミやニキビ跡をカバーする時にその力を発揮してくれます。ただし広範囲に使用するとカラーによっては首との境目がはっきりしてしまう程、顔色が浮いてしまうので注意しましょう。

コンシーラーの種類:リキッドタイプ

Sbcvsh4dzpwoxlydg47n
引用: https://www.biteki.com/make-up/others/248527
リキッドタイプは水分が多い為、広範囲に広がる性質のあるコンシーラーです。パレットタイプやスティックタイプと違い、軽やかに肌に乗る為、カバー力は低いですが、ハイライトに使用したり、ほうれい線を隠す時などにも使う事が出来ます。自然に肌へつける事が出来るので重たくなる事もなく肌をよりつややかに見せる事が出来ます。

コンシーラーの種類:ペンシルタイプ

Fcihocyf4hz7nnjy8qlp
引用: http://www.hiyo-cosme.com/basemake/concealer/post_55.html
ペンシルタイプはその名の通り、鉛筆のようなコンシーラーのタイプとなっています。使いたい部分にピンポイントで使えるので、ニキビ跡やシミなどに使えます。硬めなのでとてもカバー力が高い為、口周囲のくすみなどを消す時にもこのペンシルタイプのコンシーラーを使う事が出来ます。

コンシーラーの種類:パウダータイプ

Bqsyvmsptdcwhsn2ixzu
引用: http://www.tukinohana.com/diamaria/naturalmakeup/item_concealer.html
パウダーファンデーションのように使用できるコンシーラーのパウダータイプは、他のコンシーラーと違い、パウダーである為、さらっとした使い心地の上に、肌にフィットしますので肌全体のくすみのカバーなどに使用できます。
Xohesndy1rhyymychvti
引用: https://cucuru.media/archives/255394
コンシーラーを使用する時に知っておかなくてはならないのは、ファンデーションと共に使用する際の使用する順序です。この順序を理解しておくことでメイクの出来栄えに格段の違いが出ます。
Pp6bhfqh618yipufolno
引用: http://lar-japan.com/archives/36945
一般的にメイクでコンシーラーを使用する順序と言えば、ベースメイクにコンシーラーを乗せ、その後ファンデーションという形がポピュラーな認識ではないでしょうか。しかし、コンシーラーはこの方法だと「くま」や「シミ」が隠れるどころか顔色と首の色の違いが出て浮いてしまうなんてトラブルもあります。まずはしっかりとコンシーラーのファンデーション事の使い方順序を把握するようにしましょう。
Tb4ihg90e86wkkrxtq8r
引用: https://my-best.com/836
リキッドファンデーションは、水分が多いたっめ、コンシーラーを使用してからリキッドファンデーションを乗せると浮いてしまいますので、最初にリキッドファンデーションを使う事がおすすめです。この順序をしっかりと押さえる事で、メイク崩れも防ぎます。
K6lihox3fmblveslqarq
引用: https://hadalove.jp/concealer-cover-6747
まずは、『下地』を作り、その後『リキッドファンデーション』を肌に乗せます。馴染んだら『コンシーラー』を塗り、最後に『フェイスパウダー』で全体を落ち着かせましょう。
Lr9hbo4yvayzohl6n6q2
引用: https://my-best.com/631
パウダーファンデーションは、粉ものなので、下地の後にコンシーラーを塗ってから使用します。パウダーファンデーションの後にコンシーラーを肌に乗せるとコンシーラーでパウダーファンデーションがヨレてしまいます。メイクも崩れ気味になりますので、綺麗な仕上がりになりません。
Tz0uicmjny4srtebvhgj
引用: https://hadalove.jp/concealer-cover-6747
まずはあらかじめ気になるニキビ跡やしみ、くま、くすみなどの上にしっかりとコンシーラーを乗せ、カバーした後、パウダーで肌に密着させるのがメイクの鉄則だと言えます。
Xwqqjtqriggmjghptyd9
引用: https://www.cosme.net/biche/articles/IpIqo
オールインワンタイプとは、BBクリームやCCクリームの事を言います。これは下地とファンデーションが一体化したものです。オールインワンタイプは、美容液成分が配合されているタイプが多く、メイクというよりも、スキンケアの部類に入れ考えます。その為、コンシーラーはBBクリームを塗った後に使用する事がおすすめです。
Dinzduwth4y7twmoaeus
引用: https://mashumalo.com/makeup/dark-circles-using-correct-concealer/
コンシーラーは種類によって使い方が異なります。肌の部分別の悩みを解決するには、このコンシーラーの種類の使い分けが必要となります。

コンシーラーの使い方~毛穴編~

Qmki3x0gl6ayv5cyzbn5
引用: http://any-stress.com/cure-strawberry-skin
間違った方法のスキンケアや、加齢、ストレスなどによって毛穴は開き、崩れます。開いてしまった毛穴は、ファンデーションでも隠れません。コンシーラーはその開いてしまった毛穴を埋める事が出来ます。毛穴の開きにはリキッドタイプのコンシーラーがおすすめです。

コンシーラーの使い方~くま・くすみ編~

Otkswfom8pbbdklsh21a
引用: http://www.toyoshinkyu.ac.jp/column/269
くすみやくまには、伸びのいいリキッドタイプや、クリームタイプのコンシーラーがおすすめです。この場合、ブラシや指でコンシーラーを伸ばしていくと綺麗に塗る事が出来ます。また、くまにも種類があります。くまをコンシーラーで隠したい場合は、くまのタイプによってカラーを変えると綺麗にカバー出来ます。
くまの種類と言えば『茶色のくま』『青色のくま』『黒色のくま』の3タイプに分かれます。茶色のくまは、黄色のコンシーラーを使用、青色のくまは、黄色と赤い色2色を使用、黒色はパールの入ったオークル系のコンシーラーが綺麗にくまを隠してくれます。通常のコンシーラーを使う事も綺麗にくまをカバー出来ますが、2色使いや、他のカラーを使う事でメイクの仕上がりに違いが出来ます。

コンシーラーの使い方~ほうれい線編~

Og6pxvj5og4umj8lwnbo
引用: https://woman.infoseek.co.jp/news/bodycare/lar_32219
ほうれい線は、リキッドタイプのコンシーラーをおすすめします。コンシーラーを使ってほうれい線をカバーするには「埋める」のではなく「飛ばす」という方法が最適です。その為には肌にコンシーラーをフィットさせなければなりません。使う時には普段のカラーのワントーン上のコンシーラーを使うようにしましょう。
Zmt5yotjo1hwxwdddiz5
引用: http://01.gatag.net/0007227-free-illustraition/
コンシーラーは肌トラブルの解決にも使われます。悩み別にコンシーラーの種類を使い分ける事でさらに綺麗な肌を演出する事が出来ます。使い分けが肌の綺麗さの違いを演出します。

コンシーラーの使い方~ニキビ編~

Nbao4ccuoezxxy76xzjk
引用: https://matome.naver.jp/odai/2139761323093070701/2139762334500990803
ニキビは主にポピュラーな肌トラブルです。メイクをする際も、ニキビの炎症などでファンデーションが上手く肌に乗らない、厚塗りすると悪化する心配などでメイクをする事も気が引ける場合もあります。ニキビは、ペンシルやスティック状のタイプで綺麗にカバー出来ます。

コンシーラーの使い方~赤み編~

R9xuxdxjv6vllx7wpcph
引用: http://vh-u.com/kaonohadaakami/
赤みは、クリームやリキッドタイプを使う事がおすすめです。パレットタイプだと複数のカラーがある為、顔の部位によって肌なじみしやすいナチュラルな色を選びましょう。ブラシでコンシーラーを取り、トントンと肌に乗せる様にする事で綺麗に仕上がります。

コンシーラーの使い方~口回りのくすみ編~

Ntd0anuyw2sorc8fladu
引用: http://na6kitchen.com/178.html
口回りは、くすみが起きやすい部位です。唇は、様々な摩擦にさらされます。その為、色素沈着などでくすみが目立つ場所です。特に口紅を塗る際は、唇の周りのくすみを消してから行う事で綺麗に色が乗ります。くすみを消す際は、リキッドファンデーションを使用すると綺麗に仕上がります。くすみを消してから口紅を塗るのと、そのままの状態で口紅を塗るのとでは仕上がりに違いが出ます。
Ztuiftsxrgr5jgcdy90b
引用: https://eijingukea.nahls.co.jp/cosmetics/keshousui/alcohol-free/
コンシーラーは選び方も大切です。正しい選び方をする事でさらに肌の悩みやトラブルを解決し、メイクを綺麗に仕上げてくれます。

悩み別に選ぶ

まずは悩み別で選ぶようにしましょう。①ニキビ②くすみやシミ③くま④ほうれい線など様々な肌の悩みがあります。悩み別にコンシーラーを買い、使い分ける事によってさらにメイクの仕上がりが綺麗になります。まずは、あなたの悩みについて分析し、何が必要なのかを把握してから自分に合ったコンシーラーを選ぶようにしましょう。

ポイントメイクとしての使用方法で選ぶ

コンシーラーは、ハイライトや顔の凹凸を作り出す為に使用するアイテムとしても使われます。パレットタイプのコンシーラーは、様々なカラーがセットになっています。自分に合ったカラーが入ったパレットを選ぶといいでしょう。
Yrdsmuvhnlra0avqwoom
引用: https://konkatsu-collecton.com/articles/UlUqG
いかがでしたか?コンシーラーの使い方について紹介してきました。コンシーラーは、肌トラブルや悩みなどを解決してくれる以外にも、ポイントメイクとしても使用できます。コンシーラーを悩み事、目的別に使用する事で、あなたのキレイを更に演出する事が出来ますよ。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.skincare-univ.com/article/045368/