Iidnsgvepjucd6hdoa4p

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ハイドロキノンの副作用って?高い美白効果の裏側にあるデメリット

2018.02.01

お肌の漂白剤ともいわれる美白効果の高いハイドロキノン。そんなに効果が高いなら副作用が怖いとお思いですか?ハイドロキノンの使い方ときちんと理解し、正しく利用すれば副作用も怖くありませんよ。ハイドロキノンのリスク、デメリットをここでしっかり理解しましょう。

  1. ハイドロキノンの美白効果
  2. 市販品のハイドロキノン
  3. 皮膚科処方のハイドロキノン
  4. ハイドロキノンの副作用・注意点
  5. 1.ハイドロキノンの副作用 紫外線によるお肌への影響
  6. 2.ハイドロキノンの副作用 肌への刺激による赤み。湿疹
  7. 3.ハイドロキノンの副作用 誤った使用による白斑
  8. 4.ハイドロキノンの副作用 妊娠中の使用について
  9. ハイドロキノンの副作用を理解し正しい使い方を
  10. ハイドロキノンのリスクを理解しシミのない透明肌へ
ハイドロキノンの美白効果は“メラニンの生成の抑制”“メラニン色素自体を薄くする”この大きな2点になります。この2つの大きな効果によってこれからできるかもしれないシミを予防するだけでなく、出来てしまったシミにも大きな効果を発揮してくれるのです。ハイドロキノンはシミを作らせない、シミに変えない、できてしまったシミを漂白するに大きな効果を発揮してくれるシミに悩む方々にとってまさに救世主的な存在ですね。

■ハイドロキノンは実は天然成分

Mzsemhdddzaxcelciv10
お肌の漂白剤としても知られるほど美白効果のとっても高いハイドロキノン。実はそのハイドロキノンは天然成分ってご存知ですか?私たちの身近な食べ物、ブルーベリーやコーヒー、イチゴなんかにも含まれている天然成分ねんですよ。
日本で美白と言えばビタミンCやプラセンタなどと比べるとハイドロキノンはそのおよそ10倍以上の効果があると言われている成分です。

■ハイドロキノンで効果のあるシミ

F7uhelpmein9z0gvw1ty
では美白効果の高いハイドロキノンですが、一体どんなお悩みに効果的なのでしょうか?“紫外線などのシミ”“そばかす”“肝斑”“ニキビ跡なのど色素沈着”これらのシミに高い効果を発揮します。ハイドロキノンは出来てしまったシミなどを薄くする還元作用があるのでこれらのシミなどに対して高い効果を期待できます。

■中には効かないシミもある!?

I6abygwtixng7iqfrcjd
優秀なハイドロキノンでも効果の認められないシミもあります。“ほくろ”“イボ”“クマ”“あざ”“蒙古斑”などです。これらのお悩みはハイドロキノンではなくレーザー治療の方が有効だとされています。自分のお肌を観察し、お悩みに合ったケアを行うのが大切です。
Zh19uykv9r9zwnqki6su
市販品へのハイドロキノンの配合は2001年の薬事法の規制緩和の時に初めて認められました。ハイドロキノンの市販品における配合率は大体1~4%となっています。この数字はハイドロキノンの副作用が最も出にくいとされていてリスクを抑えています。この薬事法の改正のおかげで元々クリニックでのみの扱いだったハイドロキノンがようやく市販されるようになり、多くのお肌の悩みを解決してくれたのです。
Bhrzwzfmrdkecllcxxiz
皮膚科でハイドロキノンを処方してもらう場合は、美容目的であるため、保険適用外となってしまいます。補填適用外の場合『自由診療』となり、病院によって値段にばらつきが出てきます。値段は違ってもハイドロキノンの効果はかわりません。皮膚科で処方を受ける際は、自分の信頼できる病院なのか、ハイドロキノンの濃度は自分に適正なのかよく先生とお話しするのも大切です。
Faz0ovlr84ao1s1rfuzk
シミへの高い効果が期待できるハイドロキノン。実は怖ーい副作用があるのでは?と不安な方も見えるかと思います。ここからはハイドロキノンの副作用を理解しリスクと向き合いながら上手に活用する方法もチェックしていきましょう。
Nvbk7mdnbrzkmrx2vxdp
ハイドロキノンの副作用として最も避けてほしいのが紫外線になります。ハイドロキノン配合化粧品を使っているとその部分に紫外線をあびてしまうとさらなるシミや、そばかすを発生させてしまう原因になってしまう事もあるのです。ハイドロキノン使用中はいつも以上に紫外線対策に気を使いましょう。初めて使用される場合は、日焼け止めが汗などで落ちるリスクの高い夏などの季節を避けたほうがいいかもしれませんね。
W4y3ypu12xfvsntqmymc
ハイドロキノンは高い効果が成分です。そのためその成分が肌への刺激となってしまう場合があります。ハイドロキノンの配合濃度が高ければ高いほど刺激は強くなるリスクが高くなってしまいます。初めて使用される場合は特に注意してお肌の様子を見ておきましょう。炎症がひどいときはすぐに使用を中止し、病院へ行きましょう。
U8lhkii7z2e3vx9kh3pw
ハイドロキノンは漂白剤ともいわれる強い美白成分です。高濃度のハイドロキノンクリームなどを無計画に使い続けるとその部分のお肌だけが白くまだらになってしまう“白斑”と呼ばれる状態になることがあります。市販されている4%までのものは白斑になりにくいとされていますが、少しでも異常を感じたらすぐに皮膚科を受信しましょう。クリニックで処方された方は、必ず医師から伝えられた用法、用量を守りましょう。
Z9igdsoyshhkcnk6yywf
妊娠中はホルモンバランスの関係でシミやそばかすができやすくなります。そんな妊婦さんもハイドロキノンを使えばシミの悩みから解放されると思います。しかし、低濃度なら問題はないとされていますが、もし、お腹の我が子に何かあったとき、ハイドロキノンが原因かもと後悔してほしくありません。できれば妊娠中はハイドロキノンの使用を避けたほうが無難です。
Omezzfer3dwut81j2vfy
V0amqz3qtvw7ir4tjnbp
ハイドロキノンの副作用をきちんと理解し、正しい使い方をしっかりチェックしておきましょう。

■パッチテストを行う

Wvyajdkalheyvgryoik5
お肌の弱い方も、そうでない方も必ずハイドロキノンを使用する前はパッチテストを行うようにしてください。ハイドロキノンの濃度が高ければ高いほどお肌への刺激も大きくなってしまいます。いきなりお顔に塗って赤く炎症してしまったなんて事のないようにパッチテストを行いお肌への反応を観察しましょう。

■清潔な手、お肌で使う

H4tp5m6cbb3pwcoivhmx
せっかくの有効成分をしっかりお肌に届けるためにキレイになったお肌や手でハイドロキノンを塗り込んでいきましょう。洗顔後すぐに塗り込むと刺激が強い場合もあるので化粧水などでお肌を整えた後、気になる部分に使用するようにしてください。
Hukhbbxyu5lkchqlqkb1

■使用期限をきちんと守る

Qyztqka39rugejmmpx4o
ハイドロキノンは少量で高い効果の発揮されるアイテムです。気になる部分のお悩みが解決した後、むやみに使用していたクリームを取っておくのはやめておきましょう。一度開封してしまったものなので時間がたつと成分が変化し、肌への炎症を引き起こしてしまう可能性があります。

■しっかり紫外線対策をする

Gutgwislsuzj2heo6ecx
ハイドロキノン使用中は紫外線対策をいつも以上に念入りに行いましょう。ハイドロキノンを使用している部分に紫外線を浴びてしまうとさらなるシミ、そばかすの原因になってしまう恐れがあります。普段よりも紫外線カットの高い日焼け止めを使用したり、つばの広い帽子や日傘など対策グッズも上手く利用して紫外線を防ぎましょう。

■長期間の使用は避ける

Iuwg3kzb3rqc98tjrzlz
気になる部分が改善されたら、ハイドロキノンが残っていても使用を中止しましょう。なんとなく使い続けてしまったせいでお肌の一部分が白くまだらになってしまう白斑の原因になってしまうかもしれません。もったいないからと塗りずづけて、さらなるお肌の悩みを引き起こしてしまっては意味がありませんよ。
P8fkqvjwh6vskhynd6po
ハイドロキノンの正しい使い方はいかがですか?そんなに難しくはないと思います。正しい使い方でハイドロキノンのリスクもぐんと減りますのでここはしっかり押さえておきましょう。
Tmxy6ljvwszzjqzo0oxc
ハイドロキノンは正しい使い方を理解し、使用していればとても有効なアイテムです。副作用やリスクもしっかり理解し、使用できればあなたのお肌のお悩みをきっと解決してくれる強い味方となってくれるはずですよ。
Zbdm6atsi6flhnxqt22h
市販品、処方品ともきちんとした使い方を守って肌トラブルを起こさず、シミのないあなたの理想のお肌へ知被けてくださいね。