Hizxrathyq66zh9mgff6

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

なかなか消えないシミに!ハイドロキノン化粧品の効果的な使い方

2018.02.01

一般的な美白化粧水を使ってもなかなか美白効果を感じられない、そんな時はハイドロキノン配合のアイテムを試してみませんか?正しい使い方で理想のお肌になりませんか?詳しくハイドロキノン化粧品の効果的な使い方をチェックしていきましょう。

  1. ハイドロキノンとは?
  2. ハイドロキノンの美白効果
  3. レーザーとハイドロキノンどっちがいいの?
  4. ハイドロキノンで効果のあるシミ
  5. ハイドロキノンで効果の無いシミ
  6. ハイドロキノンの選び方・使い方
  7. 悩みに合わせて使い分けましょう
  8. 効果の高いハイドロキノン化粧品使い方をきちんとチェック
  9. ハイドロキノンの副作用
  10. ハイドロキノンで憧れの透明美肌へ
Lk4nd7rftioghmi5yg8w
ハイドロキノンはお肌の漂白剤ともいわれる美白に対して高い効果を発揮する有効成分になります。ハイドロキノンは天然成分で私たちの身近な食材、コーヒーやイチゴ、ブルーベリーなどに含まれているそうです。
市販品においてハイドロキノンの配合が認められたのが2001年の薬事法の規制緩和の時。元々クリニックでのみの扱いだったハイドロキノンがようやく市販品にも派移動されるようになり、身近なシミ対策の有効手段となりました。
Jt93teedzo4furaetb8z
ハイドロキノンの美白効果は“メラニンの生成の抑制”“メラニン色素自体を薄くする”この大きな2点になります。この2つの大きな効果によってこれからできるかもしれないシミを予防するだけでなく、出来てしまったシミにも大きな効果を発揮してくれます。
以前は美白と言えばビタミンCやプラセンタなどでしたが、それらの成分と比べるとハイドロキノンはなんとそのおよそ10倍以上の効果があると言われている美白成分になります。
Waar8u7msexwzwcvpryi
頑固なシミにはレーザー治療が効果的なんて話聞いたことありませんか?実はハイドロキノンでも効果のないシミが存在します。その場合、レーザー治療が最も効果的なシミ治療となります。シミの種類によって対策方法も変わってきます。次にシミの種類をチェックしていきましょう。
Crxvtkzpdnpm5miuuwyv
Quqfzgeelgohohl3k4qb
ハイドロキノンで効果のあるシミは“紫外線などでできてしまったシミ”“そばかす”“肝斑”“ニキビ跡なのど色素沈着”これらのシミに高い効果を発揮します。ハイドロキノンは出来てしまったシミなどを薄くする還元作用があるのでこれらのシミなどに対して高い効果を期待できます。
ハイドロキノンの特徴は“メラニンの生成の抑制”“メラニン色素自体を薄くする”になります。メラニンに直接働きかけるのですでに出来てしまったシミや、これからのシミを予防する点において高い効果を発揮します。
Pi0jmtk1t6orgw12t17y
残念ながらハイドロキノンでも効果の認められないシミもあります。“ほくろ”“イボ”“クマ”“あざ”“蒙古斑”などです。これらのお悩みに対してはハイドロキノンでは残念ながら効果が認められません。自分の悩んでいるシミが何なのかしっかり見極める必要があります。不安な方は皮膚科へ相談されるのも一つの方法です。
M8m5fqzhhpexfcmorgxg
それではここから具体的にハイドロキノンの使い方や特徴などポイントをチェックしていきましょう。

市販品のハイドロキノンの特徴・使い方

Hrridajvsbtcpcedjrms
ハイドロキノンは今は市販品でもたくさん種類があります。市販品の大きな特徴としてハイドロキノンの配合量になります。一般的に市販されているハイドロキノン化粧品はハイドロキノン配合率が1~4%となっています。この数字はハイドロキノンを使用するにあたって比較的副作用の出にくい、リスクの少ない数字とされているからです。
Jcek5eb6bmgfcn2itgjx
市販品は濃度が低めでリーズナブルなものが多いので、顔だけでなくボディにも使えるのがうれしいですね。

皮膚科のハイドロキノンの特徴・使い方

Bx8u88x33w6liwbvfrco
一方、皮膚科で処方されるハイドロキノンは主に5%前後のものが主流となっています。ハイドロキノンは濃度が高いほどその効果は高くなるのでどれだけでも早めの効果を期待される方は皮膚科へ相談にいくのも一つの手段となります。しかし、美容目的での診療は『自由診療』となり保険適用外となるので料金には注意が必要です。受診の前に電話で相談されてもいいかもしれませんね。
Ux7waq6fmd76byagxblw
病院で処方された場合は必ずお医者に言われた用法用量、使用期限などきちんと守りましょう。濃度が高めだからこそ気をつけてほしいポイントになります。
Gzl4jp1bpd4ddrkrvrzr
美白に有効なハイドロキノン、自分のお悩みに合わせて有効的に使用していきましょう。
Hjakhz9zk0ny4bcmjkeu
低濃度で配合されている化粧水タイプなら日焼けしてしまったお肌やボディ、全体的にくすんでしまっているお肌の改善に、高濃度で配合されているクリームタイプや美容液タイプならピンポイントのお肌の悩みに向いています。自分の改善したい部分はどこなのかも考え自分の用途に合ったタイプのアイテムをチョイスしていきましょう。

肌全体へのお悩みへのおすすめの使い方

Aw7sd3qpbl9baetceht3
最近お肌が全体的にくすんでしまってきた気がするという方は化粧水に配合されているタイプか、洗顔料に派移動されているタイプもあるのでそちらの使用をおすすめします。これらのアイテムはハイドロキノンの配合量が比較的に少なめなので、ハイドロキノンの使用が初めてな人にもおすすめなアイテムになります。

部分的な集中ケア向けおすすめの使い方

B3xkdcj1fsj9sku5si2z
ピンポイントでできてしまった濃いシミなどに対しては、高濃度で配合されたクリームタイプや美容液タイプがおすすめです。しっかり塗り込むことにより、できてしまったシミにもこれから濃くなってしまいそうなできかけのシミにも高い有効成分がお肌に浸透し高い効果を発揮してくれます。
Gczsx27arnixrjxouztg
美白効果の高いハイドロキノンだからこそ、しっかり使い方を守りましょう。市販品を買われた場合は必ず、各メーカーの取扱説明書や、注意点をしっかりチェックしましょう。使用方法を誤るとせっかくの美白効果が台無しになってしまう事もあるのです!皮膚科で処方された場合も配合量が高い分、病院で受けた使用法をきちんと守りましょう。
C6j8bi9fqjl9cbf9lyps
正しい使用法などを守らないと大きな副作用に悩まされてしまう事もあります。 正しい使用法が、きれいなお肌、美白への近道ですよ。
Jubdbx3epmsgz66deby9
効果の高いハイドロキノンの主な副作用を理解しておきましょう。副作用を理解し、リスクを避けることが ハイドロキノンを使用する上での重要なポイントとなります。

紫外線対策は念入りに

ハイドロキノン使用中は紫外線を浴びるは最も避けたい注意点です。ハイドロキノンを使用している部分に紫外線を浴びてしまうと、さらにその部分がシミになってしまう事があります。ハイドロキノンを使用しているときは普段以上に紫外線対策を念入りに行いましょう。

赤み、炎症が出たら使用をストップ

少量でも効果の高いハイドロキノンはその分お肌への刺激も強くなってしまいます。配合量が高くなればなるほど刺激も強くなるので、初めて使用する際はパッチテストを行うようにしましょう。もしお肌に使用して少しでも刺激を感じたらすぐに使用を中止するようにし、症状がひどい場合は必ず皮膚科を受信するようにしてください。

長期の使用はさける

市販品、処方品ともに3か月を目安に長期の使用の際は注意が必要です。あまり長期にわたってハイドロキノンを使用していると“白斑”と呼ばれる、お肌が一部分白くまだらになってしまう症状が出ることがあります。長期にわたえ使用される際は、お肌の状態をよく観察しましょう。気になる方は使用を少しお休みしたり皮膚科医に相談してみましょう。
Qrendzcxm9qgakqel10s
しっかり副作用も理解していればそんなに怖いものではありません。副作用を避けるためにも正しい用法用量を守ることが大切ですね。
Kgyl4whhbegk62jdekzy
シミで悩むあなたに高い美白効果を発揮してくれるハイドロキノン。その特徴、使い方をしっかり理解し使用すれば副作用も怖くありません。ハイドロキノンを上手に活用してあなたの憧れの透明美肌を目指しませんか?