Pl8qwgaqujkp3iwq07xj

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ハイドロキノンの美肌効果が知りたい!シミを撃退する正しい使い方

2018.02.01

お肌の漂白剤ともいわれ美白への効果が高いハイドロキノン。なんとなく気にはなるけど本当にシミに効くの?美白効果が高いってどのくらい効果があるの?今更聞けないハイドロキノンの美白効果と正しい使い方をチェックしていきましょう。

  1. ハイドロキノンの働きとは
  2. ハイドロキノンの美白効果とは
  3. ハイドロキノンで効果のあるシミ
  4. ハイドロキノンでは消せないシミもある
  5. ハイドロキノンの効果はどのくらいで実感できる?
  6. 市販品と皮膚科の効果の違いは?
  7. ハイドロキノン配合化粧品の選び方
  8. ハイドロキノンの副作用
  9. ハイドロキノンの正しい使い方を守る
  10. ハイドロキノンを正しく使って憧れの透明肌に
W3vxqu1yfderizu5g0md
ハイドロキノンとはアルブチンという植物の一種になり、コーヒーやイチゴ、ブルーベリーなどに含まれる天然の成分になります。海外ではハイドロキノンは美白において最も一般的な成分になります。日本で美白と言えばビタミンCやプラセンタなどの成分が有名ですが、ハイドロキノンはこれらの成分のおよそ10~100倍ほどの効果が期待できるのです
Kx9wqu5crvvanygbfrpm
肌の漂白剤ともいわれるハイドロキノン。漂白剤と言われるくらい強力な美白成分になるのでその分お肌への刺激や副作用などのトラブルがでる可能性があります。ハイドロキノンの効果や副作用などをこれからしっかりチェックしていきましょう。

1.シミの元、メラニンの生成を抑える

A1i0ntxslcj2r0p7vyvl
元々無色透明なメラニンは紫外線などの刺激を受けると体を守るために黒色に変化し、お肌の表面に現れてきます。そのため、紫外線を浴びるとシミができてしまいます。ハイドロキノンはこのメラニンが黒色に変化するのを防ぐ働きがあるのでシミができるのを予防してくれる働きがあるのです。

2.メラニンの元、メラノサイトの働きを抑える

Tnmz7wwuwxvzql9jjryo
メラニンはお肌の中にあるメラノサイトが刺激を受けることで増加していきます。そのためダメージを受ければ受けるほどメラノサイトよりメラニンが生成され、年齢とともにメラニンが増加してしまうのです。年齢とともにシミが増えてしまうのはまさにこのためなのです。また、加齢などの原因でメラノサイトが異常を起こしてしまうとメラニンを必要以上にたくさん作り出している可能性もあります。ハイドロキノンにはメラノサイトの働きを抑制する働きがあるのでシミのできるスピードを落としたりシミをできにくくする効果もあります。

3.できてしまったシミも薄くしてくれる

Wlcqkuknf7ubse1jpqtg
シミの抑制だけではありません。お肌の漂白剤とまで言われるハイドロキノンの最大の特徴が出来てしまったシミを薄くしてくれる働きです。ハイドロキノンは一度黒色してしまったメラニンに働き独自の還元作用によって一度できてしまったシミ、メラニンを還元し、色素を薄くしてくれる働きがあるのです。
Xu7jdf43jc2zawz2mpp8
そんな優秀なハイドロキノンが有効なお悩み細かくをチェックしていきましょう。

1.ニキビ跡などの色素沈着

Wlgscowixlhomallulgy
ハイドロキノンの還元作用により、できてしまったニキビの後にも効果的です。ニキビ跡と言ってもクレーターのようにえぐれてしまっているニキビ跡には効果は発揮できません。効果があるのは、ニキビができたことによる色素沈着が原因で茶色のシミのようになっているニキビ跡になります。このタイプでお悩みの方はハイドロキノンが有効です。

2.そばかす

L5h9mgjf1njgzdqpu2yk
遺伝が原因のタイプと、紫外線などの外部刺激によるタイプとありますがハイドロキノンはどちらのタイプのそばかすにも有効です。今までハイドロキノン以外の美白成分で効果の見られなかった方はハイドロキノンの使用で効果がみられるようになるかもしれません。

3.加齢や紫外線などによる肌のシミ(老人性色素斑)

Zaoqaaddljfak1ccimyh
紫外線が原因のシミや、加齢により増えてきたシミに対してはハイドロキノンが有効です。ハイドロキノンの還元作用が今あるシミを薄くし、お肌の奥のメラノサイトにも直接働きかけるのでこれ以上シミを増やさない、濃くしないためにもおすすめです。

4.肝斑

Z0wmcu9udzjicbrw1nsz
ホルモンバランスの乱れや紫外線などが原因で頬骨あたりにうっすら広がるシミが肝斑です。肝斑に対してもハイドロキノンは効果を発揮します。ハイドロキノンだけでなく、一般的な美白成分ビタミンCや、トラネキサム酸との組み合わせも効果が高いそうなので併用してみてもいいかもしれません。
Cyadjdcsabegg3drj4rv
残念ながら“ほくろ”“イボ”“クマ”“あざ”“蒙古斑”などはハイドロキノンでは効果が認められない種類のシミです。これらのお悩み対策には真皮のメラニンまで分解できるレーザー治療などが効果的とされています。自分のシミがどのタイプかしっかり観察し、正しいケアを行いましょう。自分のシミの悩みが何が効果的なのか悩まれる場合は皮膚科を受診し相談してみてもいいですね。
R5y0xjjzspygqgdoxvcw
ハイドロキノンを使い始めて効果が出るのは、個人差もありますがおよそ3か月ほどと言われています。ハイドロキノンの使用期間は1~3か月を目安に使用しましょう。3か月を超えての使用は肌への負担も考えてなるべく控えて、間に少しお休みをはさみながらの使用をおすすめします。
Hnavutzzelkpysibby8r
ハイドロキノン市販品と皮膚科で処方されるものとの違いは何?効果に違いはあるのか見ていきましょう。

皮膚科の特徴

Wcb12q1fisut1hhonmcm
皮膚科で処方されるハイドロキノンは、配合量が市販品に比べて高めとなります。市販品とハイドロキノンの成分に大きな違いはありませんが、配合量が高ければ高いほどシミに対しての効果が高くなります。市販品を試してみてあまり効果を感じられなかったり、ハイドロキノンに対しての不安がある方は悩みを相談できる皮膚科へ行かれることをおすすめします。

市販品の特徴

Pvjfox36cm5zlzc3iykh
市販品は手軽に購入できるのがメリットですが処方品との違いは配合量が比較的少なめなところです。一般的にハイドロキノンの副作用が起こりにくいとされている1~4%の配合となっています。配合量が少なめなので気軽に始めてみたい方や、コストを抑えたい方にはおすすめです。
Mo0iysfrrp4vuo3slibj
ハイドロキノン配合のアイテムは調べてみると様々なタイプのものが販売されています。あなたの悩みに合わせた対策ができるアイテムを選ぶのも効果的です。
M6nbzr1bvkll1vz6csgl
美白への効果の高いハイドロキノンはその分副作用もあります。副作用もしっかり理解したうえでハイドロキノンを使用しましょう。
Wacliiw3xsjxqy7wwg0y
ハイドロキノンを使用する上で最も気をつける点は、“紫外線対策”と“長期の使用”になります。ハイドロキノンを使用している部分は紫外線を浴びてしまうと、その部分がさらなるシミを発症してしまう場合があるのです。ですのでハイドロキノンを使用しているときは普段以上に紫外線対策を念入りに行いましょう。また、3か月を超えて使用を続けると、お肌の一部が白くまだらになってしまう『白斑』という症状になってしまう恐れもあります。長期の使用の際はお休み期間を1か月はとるか、皮膚科医に相談してみましょう。
Z4xu9klqyfo5iyxifl2h
副作用をきちんと理解したうえで正しい使い方を守りましょう。各メーカーやアイテムごとに使用方法や容量などが必ず明記されています。それらをきちんと理解し、正しい使い方を守ることが大切です。皮膚科で処方される場合も同じで病院で言われたことはしっかり守りましょう。たくさん使えば効果が高まる、などと思い込み自分勝手な使い方をしてしまうと深刻な副作用に悩まされる場合もあります。市販品、処方品ともに不安なことがあればメーカーや病院い知問い合わせするのも大切ですね。
Lcsr0pfo77i4tswo48ab
お肌の漂白剤ともいわれるハイドロキノンは長年シミやそばかすなどに悩み続けている方にとっては魔法のような成分です。正しい使い方さえ守れば副作用も怖くありません。ハイドロキノンを上手く活用しくすみやシミのない憧れの透明美肌へ近づきましょう。